broncomaniacのブログ版

20.10.31 先発G Glasgowコロナ陽性

現地金曜、先発GのGraham Glasgowがコロナテスト陽性。
リーグからは金曜の練習は許可されているが、Fangioヘッドの判断でBroncosは金曜の練習をキャンセルした。土曜日にもう一日練習を行う。
またDemar DotsonとAustin Schlottmannのライン2人はテスト陰性だが濃厚接触者とうことで自宅隔離。土曜のテストで陰性だった場合は土曜の練習に参加出来る。2人とも症状は出ていない。

LA Chagers戦出場ステイタス
OUT:
Diontae Spencer (shoulder)
Andrew Beck (hamstring)

QUESTIONABLE:
Phillip Lindsay (concussion)
Tim Patrick (hamstring)
Jeremiah Attaochu (quad)
Jake Butt (hamstring)
Demar Dotson (not injury related)
Austin Schlottmann (not injury related)
コロナ陽性のGlasgowはコロナリスト登録のためロースターから外れているため出場ステイタスには名前はない。

  1. 2020/10/31(土) 22:49:39|
  2. 未分類

20.10.30 木曜練習参加状況

現地木曜の練習参加状況。
先日ベテランオフで休んだDemar Dotson、病欠のShelby Harrisがフル参加。
脳震盪プロトコル下のPhillip Lindsayはチームワークには不参加も、ヘルメット着用で個人ドリルで練習。
Fangioヘッドによると脳震盪プロトコル下どおりのペースで、日曜のLA戦の出場はメディカルクリア次第で“おそらく土曜までは医師は判断しないだろう”と話している。
前日limitedのJeremiah Attaochu、TE Beck、TE Buttは同じく木曜もlimited。ハムストリングのWR Tim Patrick、肩のDionatae Spencerは2日連続休み。
Patrickはフィールドの端で簡単なフィールドワークを行い、水曜日よりかなり状態は良くなっているとFangioヘッド。日曜の出場へ望みを持たせている。
足首にで木曜limitedだったNoah Fantはフル参加。

シーズンエンドとなったDT Mike Purcell。主にNTでプレイしており誰が穴埋めをするのか。
Fangioヘッドは
「Sly(Williams)は以前にNTをしていたし、ShelbyもNTでプレイ出来る。DeMarcus(Walker)もやれる。我々は皆が多くのポジションでプレイ出来るよう練習させてきた。1人で穴を埋めるのではなく皆で埋める形になるだろう」と話している。

開幕直前に足首の腓骨筋腱を脱臼したVon Miller。足首の保護具がついに外れた。
Fangioヘッドは
「驚いたよ。昨日彼は来週半に保護具が外れると話したばかりだったから。彼に尋ねたら回復具合が良いからだと話していた。ただまだまだ復帰の道は長い。保護具をとれたが練習が出来るわけではないからね」と話している。

今週末対戦するLA ChargersのRG Ryan Groyがコロナ陽性。木曜の練習はキャンセルされた。

早くもPhillip Riversの次のフランチャイズQBを見つけたLA Chargers。新人Justin Herbertはここまで先発5試合で大活躍。
BroncosフロントもHerbertの能力を知っている。2018年秋、Broncosは大学3年のHerbertがドラフトにアーリーエントリーした場合は指名候補として評価。2018年の10月、John ElwayとMatt Russellはその年最初の大学ドラフト候補のスカウティングのためHerbertのOregon大とWashington Stateの試合をスカウト観戦。Missouri大のDrew LockのMissouri大へのスカウトトリップはその6週間後だった。Herbertは19年ドラフトにエントリーせず大学に残った。
Broncosは19年ドラフトで2順でLockを指名。LAが今年1順でHerbertを指名した。

LA Chargersには元BroncosのTE Virgil Green、CB Chris Harrisらが在籍。Greenは木曜に怪我人リスト入りして対戦とならず。

  1. 2020/10/30(金) 21:52:38|
  2. 未分類

20.10.29 Munchakコーチコロナプロトコル

現地月曜、Curtis Modkins RBコーチがコロナ陽性からチームに復帰、と思ったら翌日火曜に今度はMike Munchak OLコーチがコロナプロトコル下に置かれ、施設から離れ隔離に。Munchakコーチ本人がコロナ陽性なのか、濃厚接触者なのかは不明。Fangioヘッドによるとここ数週間、Modkinsコーチ以外の球団職員数人がコロナ陽性となっているという。NFLでは選手、コーチなどのフットボール現場ではない、球団職員の感染の発表は義務づけられていない。情報筋によると32球団のうち、ほとんどの球団から現場組ではない球団職員からコロナ感染者が出ているという。
週末のLA Chargers戦に向けた練習が水曜スタート。Munchakコーチの離脱でChris KuperアシスタントOLコーチがMunchakコーチの代わりを務めた。
NFL選手会によると、10月18日~24日の間に2500人の選手と5300人の関係者のテストを行い8人の選手の要請、11人の関係者の陽性があったという。

現地水曜の練習の参加状況。
RB Phillip Lindsayは脳震盪プロトコル下。週末の出場までに数回のメディカルクリアが必要。WR Tim Patrickはハムストリング、WR Diontae Spencerが肩で休み。DL Shelby Harrisは病欠(風邪?)。ほか先週欠場した四頭筋のOLB Jeremiah Attaochu、ハムストリングのTE Andrew BeckとJake Buttはlimitedで練習参加。ほか足首を痛めているTE Noah Fantもlimited参加。

次戦LA Chargersの先発QBは今年のドラフト1順のJustin Herbert。5試合で1542y、12TD、3インターセプト。5試合中3試合が300y以上、3試合連続でレイティング100超えと堂々たる新人デビューイヤーとなっている。

スペシャルチームが今年は不調。KC戦では102yのリターンTDを許すなど苦戦。今季キックオフカバーはリーグ最低、パントカバーはリーグ21位とカバーチームが最悪。
Tom McMahon STコーチに批判が出ている。
Fangioヘッドは
「Tomには絶対の信頼がある。経験のあるコーチでリーグで何年も素晴らしい仕事をしている。このところあまり良くないが、彼が立ち直りを導いてくれると思っている」と話している。
スペシャルチームは基本的には攻撃、守備のレギュラー以外が入る者で、今季は選手の入れ替えが激しいため出場メンバーが固定されていない。KC戦では8人が新人、もしくは開幕後にBroncos加入した選手。怪我人の影響は守備チーム、攻撃チームより後回しにるスペシャルチームに大きく影響が出ている。
FangioヘッドはMcMahon STコーチとはスキームに関して、スペシャルチームでの出場する選手に関して、時間を割いて常に話し合いを持っているという。

次戦のLA Chargers戦はBroncosの3ポイント不利予想。

  1. 2020/10/29(木) 21:53:39|
  2. 未分類

20.10.28 Purcell怪我人リスト入り

BroncosはDL Mike Purcellと新人OLB Derrek Tuszkaを怪我人リストに。Purcellは足を痛め回復まで数ヶ月の怪我。シーズンアウト。
TuszkaはKC戦でハムストリングを痛めていた。シーズンエンドではなく3週のアウトで復帰見込み。

次のLA Chargers戦のプラクティススクワッド流出阻止リスト登録はWR Trinity Benson, WR Fred Brown, FB Jeremy Cox, LB Nigel Bradham。
WRが2人プロテクト。WR Tim Patrickがハムストリングを痛め日々様子見。もしPatrickが出場出来ない場合に備えてのWR2人プロテクト。
またプラクティススクワッドのDL Sylvester Williamsをロースター昇格。WilliamsはNE戦前に契約。NE戦で7スナップでプレイ。KC戦前に怪我人リストにいたDL Dre’Mont JonesとDeMarcus Walkerの復帰のため解雇、その後プラクティススクワッド契約していた。
Broncosは53人ロースターに1人枠がある状態。

KC戦で守備は健闘したものの、攻撃は完全にお荷物状態。試合中からBradley Chubb、Shelby Harrisらが不満からか声を荒げているシーンが見られた。
TE Noah Fantによると試合後のロッカールームで攻撃サイド、守備サイドで何らかの言い合いがあったという。
「確かに何かしらの言葉の交換はあった。ただ細かいことは言えないよ。彼らのプレイぶりから、彼らが不満に思うことは正しいと思う。KCはリーグで屈指の攻撃陣。彼らはFGに押さえ、何度も3&アウトに押さえていたんだ。我々攻撃陣は逆に能力を出せなかった。自分が守備サイドの人間だったら同じように感じたと思う。」とFant。 

  1. 2020/10/29(木) 00:03:11|
  2. 未分類

20.10.27 Purcellシーズンアウト

BroncosがカットしたCB De'Vante BausbyがArizona Cardinalsと契約へ。
すでにArizonaに移動し待機している。6日間のコロナプロトコルクリアで契約に。
BroncosはBausbyをカットしたがプラクティススクワッドで呼び戻せる希望を持っていた。今季AJ Bouyeの怪我で3番手CBでプレイ。BouyeがKC戦から復帰。スペシャルチームでのプレイが見込まれないためカットとなっていた。

KC戦で足を痛めたDT Mike Purcellがシーズンエンド。リスフラン関節の怪我で情報筋によると手術後回復には6ヶ月の見込みだという。怪我は第1QにRB Edwardsを止めた際に痛めた。
Purcellは去年シーズン途中に先発昇格しブレイク。10月6日に3年11.5ミリオンの延長契約を勝ち取ったばかりだった。契約が遅かったら今季でFA。不安の中リハビリ生活を送ることになっていた。6チーム、合計10回カットを経験しているPurcellだが今回は安心してリハビリ生活が送ることは本人にとっては幸い。
プラクティススクワッドにいるSylvester Williams、もしくはほとんど出番がない新人McTelvin Agimらが穴を埋める。

KC戦で頭部をヒットされ途中で退いたRB Phillip Lindsay。今週は脳震盪プロトコル下になるとFangioヘッド。

KC戦でShelby Harrisがアンスポーツマンコンダクトの反則後サイドラインに下げられFangioヘッドと言い争いに。
Harrisは試合後に“我々は家族。家族間の言い争いにすぎない。我々は皆勝ちたいと思っているだけだ”とTwitterでつぶやいていた。FangioヘッドはHarrisと試合後話しをし問題はないと話している。

Broncosのパスオフェンスは壊滅的な状況。
6試合を消化しBroncosのパスランクは
29th in TD passes
30th in rating
31st in comp pct
2nd-most INT
30th on third down
26th in pass yards per game
27th in pass yards per play
Fangioヘッドは復帰後2試合のQB Drew Lockに関して、成長するには試合でプレイするしかない、と話した。
「彼が学び成長するには試合でプレイをするしかない。他に方法はない」とFangioヘッド。昨年ドラフト2順のLockは昨年4-1、7TD、3インターセプト。しかし今季は開幕戦で肩を怪我。復帰後NEとKC戦で2試合にプレイ。TDゼロに4つのインターセプト。Lockの今季のQBスタッツはほとんどがどん尻レベル。ダウンフォールドに投げたがり、空いているレシーバーを何度もみつけられず、また空いているレシーバーに投げてもコントロールミスなど、特にKC戦はひどかった。しかしFangioヘッドはパスゲームの低迷はLockだけの問題ではないとしている。
「チームとしてパスゲーム全体を向上させないといけない。我々はこの2試合、パスを効果的に投げられていない。これは11人でのオペレーション。同時に我々コーチ陣もその中にいる。彼がQBとしてその中心とされてしまうが、しかしこれはフィールドに出ている11の選手のゲームであり、また我々コーチも当然オペレーション向上に関わっている」とFangio。

  1. 2020/10/27(火) 21:41:22|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1358)