broncomaniacのブログ版

2016.1.20 口撃開始

Pitts戦で膝の靱帯を傷めたOmar Boldenが怪我人リスト入り。正式にシーズンエンドとなった。空いた枠にはプラクティススクワッドの新人CB Taurean Nixonをロースター昇格。肩を痛めているChris Harrisは、先週の今よりは肩の調子は良いと話している。
NEは控えLBのJarod Mayoが肩の怪我で怪我人リスト入り。今季49タックルに1サックを記録していた。

Broncos選手がNE選手へトラッシュトークを仕掛けている。Brandon Marshallがラジオに出演。Rob Gronkowskiのカバーが難しい理由を
「彼は押すからね。しかも98%くらいは審判にとられないんだ」と発言。
しかしこれに対してNEファンは、”おいおい、そんなことないだろ、最近Gronkは審判にばんばんとられてるだろ”と思っている。前回のBroncos戦でもDavid Brutonを押したGronkにイエローが投げられている。Gronkは今季6回も攻撃パスインターフェア(一回はディクライン)でイエローを投げられている。NFLの26球団がチーム全体の攻撃パスインターフェアの回数が6回以下。NEのチーム全体の攻撃パスインターフェアは11回でリーグ最多。
さらにChris HarrisがGronkを止めるには
「低いヒットだね。膝元にヒットをすることだ」と発言。これに対してGronkがTwitterで
「どうやらチーム全体でlow blowが得意なようだ(可愛い絵文字)」とつぶやき返した。文面だけとらえればフィールド上での汚いプレイを言及しているようにとれるがNFLインサイダーIan RapoportはTwitterで
「これって彼はどういう意味でいってるんだろう?」と何かしら意味を含んでいるのではとつぶやいている。
単にフィールド上での汚いプレイを言及しているのではなく、エロ好きのGronkだけにSEXジョークなのではとの推測も。
ほかMalic JacksonやAntonio Smithら守備ラインがQB Tom Bradyを口撃。JacksonはBradyを”文句ばかりいう奴”といい、Smithは”サックを受ける度に審判に文句を言って15y反則を促している”と話している。ただし2人とも、BradyのQBとしての能力は十分に理解している。
「ただ彼は泣いただけでは終わらない。必ずやり返してくる」とSmith。
JacksonはBradyを止めるには言葉ではなく、プレイとし、その方法はインサイドから乃ラッシュと考えている。BroncosのアウトサイドラッシャーのDeMarcus WareとVon Millerは強力。しかし圧倒的なスピードでショートパスを投げ続けるBradyにプレッシャーを与えるにはアウトサイドからでは遠すぎる。
「QBは皆、中央からのラッシュを嫌う。これは僕たちがシーズンを通してやってきたこと。QBに激しく迫ればセカンダリーが楽になる」とJackson。

AFC選手権の審判は筋肉弁護士のEd Hochuliさんと発表。
  1. 2016/01/20(水) 23:26:09|
  2. 未分類

2016.1.19 Boldenシーズンエンド

S Omar BoldenがPitts戦で後十字靭帯を損傷でシーズンエンド。断裂ではなく捻挫のため手術は不必要。Pitts戦ではハムストリングの痛みから復帰。42yのパントリターンを見せ、さい先良いスタートを見せたが、その後のスペシャルチームでのプレイで傷めてしまった。パントリターンはWR Norwood、キックオフリターンはWR Caldwellとなるが、場合によってはEmanuel Sandersもパントリターンでは入るかも知れない。
Kubiakヘッドは
「彼は怪我人リストに登録となる。ロースターが空くが誰でうめるか、まだどうするか決まっていない」と話した。
また肩を傷めているChris Harrisに関して
「彼は試合後は大丈夫だった。それほど悪化ということではない。彼は片腕でよくプレイしてくれた。今週はもっと回復してくれることを祈っている。今日(月曜)トレーニングルームで彼と会ったが、彼は気丈だった。痛んではいるが誰でもシーズンのこの時期痛んでいる。彼がその痛みの中で頑張ってくれていることは素晴らしい」とKubiakヘッド。
Harrisは公式戦ではほぼ100%に近いプレイ出場だったがPitts戦ではおよそ70%でプレイ。相手に6回狙われ4レシーブ70y、1ミスタックル(Profootballfocus調べ)。
Harrisが痛んだためBradley Robyが83%でプレイした。KubiakヘッドはNE戦でもHarrisは出場する見込みだがどれほどプレイするかは現在のところい不明とした。次戦ではNEはWRのDanny Amendola、Julian Edelmanと揃い踏みする。

Brady vs Mnning17が話題のAFC選手権。多くのメディアは2人のこれまでの対決データを出し試合を盛り上げているが、正直Brady vs MnningのデータはBroncosファンにとって凹むデータばかり。通算成績はMnning のIndy時代がBrady8勝、Manningの4勝。Broncos移籍後はBradyの3勝、Manningの1勝。通算Bradyの11勝5敗。明るいデータと言えばBradyがManningにプレイオフで勝利したのは2005年1月16日が最後。以降はプレイオフの対戦が少ないがManningの2戦全勝。ついでにプレイオフでのBrady vs ManningはホームチームのQBが4-0。Brady vs Broncosでみると地元マイルハイではBroncosはBradyをたたきのめしている。マイルハイでのVS BradyはBroncosの6-2と勝ち越し。敗戦の2つは2011年シーズンのQB Tim Tebowで41-23、2003年のJake Plummerの怪我で出場したQB Danny Kanellで30-26で敗戦。Plummer、Orton、Manning、Osweilerでは負け知らず(Cutlerは敵地対戦なし)。つまりQB Tebowレベル以上なら勝利間違いなし!最近2試合でも今季公式戦でBrock Osweilerで30-24の延長戦勝利。2年前のAFC選手権でもManningで26-16で勝利している。なお敵地GilletteスタジアムではBroncosは2006年以降5連敗している。
オッズではNEn3ポイント有利。

Pitts戦でManningが受けたサックはわずか1。Broncos攻撃ライン負の象徴だったMichael Schofieldは`Pitts戦で攻撃74スナップすべてに出場、パスブロック39。相手ラッシャーに許したものはQBハリー1のみと大健闘。Kubiakヘッドは
「Michaelを誇りに思う。彼は戦いそして素晴らしい仕事をしてくれた。これが観たかったことだ。公式戦より大きな舞台で彼は成長してみせた」と称賛。
GとEvan Mathisもすべてのスナップでプレイした。これまでMax GarciaがG Louis Vasquezと二つのポジションでローテーションしていたが、Mathisはローテーションから外れオールスナッププレイ。GariciaはVasquezの代わりに9スナップ入っただけだった。
Mathisは足首に怪我をかかえており公式戦ではGarciaに多くの出場スナップを譲っていた。しかしバイの間に足首はほぼ完治に近く回復、Mathisは今後はほとんどのスナップで出場することなると思うと話している。MathisはProfootballfocusでPitts戦でプラス6.3、特にランブロックではプラス5.2と高いグレードを受けた。

TE Vernon DavisがPitts戦で出場わずか1プレイのみ。Owen Danielsが52スナップ、Vergil Greenが31スナップでプレイしており、すっかり3番手の控え扱い。

KubiakヘッドはPitts戦のプレイヤーオブザゲームはパンターBritton Colquitt、K Brandon McManus、CB Kayvon Webster(スペシャルチームでビッグヒット連発)と発表。
「3人から誰を選ぶのは難しかった。なので3人全員としたよ」とKubiakヘッド。

  1. 2016/01/19(火) 23:52:31|
  2. 未分類

2016.1.18②

Broncosはなんとか土壇場でPittsをかわし勝利。AFC選手権へ駒を進めた。
今季のBroncosは公式戦からほとんどの試合がぎりぎりの勝利。攻撃がやらかし、守備が粘り、攻撃が最後の最後の得点、やられやられてなんとか第四Qに勝利を決めるという試合を繰り返してきた。
本日のPitts戦ではCB Brardley Robyが1人で今季のチームの状況を表現した。問題が起きたのはChrisの怪我。傷めていた肩は前半早々に悪化。
「まともにタックル出来ず、レシーバーにプレス出来ず、今日はまったく自分のプレイが出来なかった」とHarris。Robyがベース守備でアウトサイドコーナーに入り、Harrisはパスシチュエーションの3rdダウンでのプレイになった。おかげでRobyはBen Roethlisbergerのパスアタックの餌食となりカバーミスにタックルミスで大苦戦。
しかし試合で最も有効なプレイを決めたのもRobyだった。13-12でPittsリードの第4、Broncos陣34y。Pitts RB Toussaintのランプレイ。Darrius Heyward Beyのブロックを受けながらToussaintからファンブルフォース。DeMarcus Wareがリカバーして決勝点となる攻撃ドライブを生んだ。
「僕はボールをただパンチしたらそれが完全にヒットしたんだ。最高のタイミングだった」とRoby。
「僕は腕が長いんだ。ボールをパンチして、そんなにうまく飛び出るものではない。でも彼はきっと彼は何かしらのムーブをしようとしてたんじゃないかな。うまく飛び出てくれた」
Harrisは次のNE戦でも肩の怪我からフルにプレイするのは厳しい見込み。Robyが先発アウトサイドコーナーになる。Robyは常に自分を先発コーナーと考えておりなんら問題ないと話している。また一部のバストカバレッジではRobyが一番近いためRobyのミスと見られているプレイもあるが、Heyward Beyの58yレシーブなどはRobyは自分のカバーではなかったと話し、その一方誰の責任だったかはあかさずチームメイトの責任とすることはしなかった。

それまで2落球だったWR Fowlerが決勝ドライブの3rdダウン12で31yパスをキャッチ。Manningは
「あれは大きかった。皆にとってね。4人のレシーバーのオプションだった。ブリッツが入りBennieはうまくアクロスで守備バックの前に出てくれた。タイトカバーの中でよくキャッチしてくれた」とManning。

バストカバーに7落球。ミスのオンパレードだったPitts戦。肩を痛めているHarrisは
「今日は皆何度もやらかした。これはコミニュケーションエラーではない。ただちゃんと自分達のプレイが出来なかった。次の試合はやらかすことは出来ない。Tom Bradyだ」と話した。
強風でのプレイだったことも理由か落球を繰り返したBroncosレシーバー。
「落球の何個かは風が影響していた。でもレシーバーはそういったボールでもキャッチしないといけない。QBからはちゃんとしたボールが来ていた。我々がキャッチしなくてはいけなかったんだ。僕たちに落球の言い訳はない。次の対戦相手にはこれは許されない」とDemaryius Thomas。Thomasはこの試合でプレイオフでのBroncosのパスレシーブ記録を更新。50キャッチでRod Smithwを抜いた。獲得ヤードは739yで860yのSmithを追っている。
そのThomasは試合後にロッカールームで試合ボールを観戦に訪れたお母さんに手渡した。母親がコカイン販売で逮捕されたのはThomasが12歳の時。15年間収監され11月に釈放された母親は、父親や叔父と共にDenverに土曜日到着。息子の試合を初めてライブで観戦。。日曜の試合ではスイートルームから観戦。Thomasは
「スイートルームから観戦することは知っていたけど、どこから見ているかはわからなかったよ。だから特に見られていることが気になるなんてないよ」とThomas。試合後にPeyton Manningが試合ボールをThomasへ。母親へのプレゼントのためだった。Thomasはロッカーで待つ母親に試合ボールを手渡し、その後チームメイトやその家族達と記念写真を撮影、歓声と笑顔で一杯だった。

横風でゴールポストがぐらぐら揺れる中、Brandon McManusは51y含めポストシーズン記録の1試合5FGを成功率100%で決めた。McManusは
「今までの経験で最も厳しい状況だったよ。ウォームアップの時は風はなかったんだ。それがキックオフ前にフィールドに出たら時速30マイルの横風だったんだ」と話した。
決めたキックは28、41、51、41、45ヤードだった。準備週の木曜の練習が強風の中でのものだったのでキックの調整の大きな助けになったという。
最後の10点差を付ける試合を決定づける45yFGは混乱もあった。7点を追うPittsの攻撃、ギャンブルにいくRoethlisbergerをWareがサック。攻撃権を得たBroncosは3度ランで時間とタイムアウトを消費。3回目のランの前までは、ラン後パントの予定だったという。通常はFGの距離だが7点差、Roethlisbergerの爆発力から強風の風の中、FG失敗の危険よりパントで陣地回復がプランだった。ところが3回目のランがわりと出てしまったため急遽FGに。
「大混乱だったよ。キックチームもパントで行くと伝えられていたから。でも最後のゲインで行くことになって、僕たちスクランブルでフィールドに出たよ。考える時間もなかったけどうまくいったよ」とMcManus。

McManus以外のも本日のスペシャルチークは3ユニットで一番活躍。Omar Boldenも42yのリターン。カバーチームもPittsのパントリターンを合計20y。CB Kayvon Websterは何度もリターナーに迫りビッグヒットを見せた。

Chris Harrisを別として一番今日痛んだBroncosはWade Phillips守備C。
第2QにPittsのWR Bryantがアウトオブバーンズに出るときにPhillipsと激突。Cinccinati戦でコーチとCincy選手のやり合いがあったことを引き合いに出し
「起き上がって仕返ししてやりたかったけど1万ドルの罰金払いたくないからね。夜は痛むだろうなぁ」よPhillips。

Manningは今季シーズン先発試合で初めてインターセプトを投げず。またプレイオフでTDパスがなかったのは2試合目。

肩の怪我はどこにいった?というプレイを見せたRoethlisbergerだったがTalibは理由を知っていた。怪我は嘘だったとし
「Benは今日も健康だったよ。知ってたけどね。誰も彼の話に騙されなかったよ」とTalib。Roethlisbergerは公式戦と今日の試合で共に300y以上のパスを投げた。今季Broncos守備は300yパサーをRoethlisberger以外は出していない。

第4QのRoethlisbergerのギャンブルプレイを阻止したWareのサック。試合勝利を確信したVon Millerはダンスを披露。ダンスの最初の部分は自分のオリジナルで以前からあるダンス。後半のダンスは新作だったという。
「あれはWolfeのダンスからもらったんだ。Derekが新契約を結んだ時に見せたダンスなんだ。踊る舞台としてはよかっただろ?僕はTDと思ったんだよ(Wareのサック後に転がったボールをMillerが拾ってエンドゾーンへ、しかし記録はファンブルではなくサックでボールデッド)」とMiller。

Pitts戦を前に”NFLの先発レベルではない、控えレベルだ”と元Broncosのスーパーボウルメンバー(ガード)のMark Schlerethに言われてしまったMichale  Schofield。CJ Andersonのロングランをホールディングで取り消しにしてしまったがそれ以外は大健闘。大きなミスも犯さずなんとか先発起用の期待にぎりぎり応えた。

300yのパスを投げながらTDは1つしかとれなかったRoethlisberger。
「Antonio Brownがいなかったのが理由なのか、何が理由なのか、ゾーンのカバーが多かった。ボールはよく進められたが最後まで到達出来なかった。我々もミスを犯したが、最大の理由ははやり彼らの守備がNo1だったからなんだろう」と話していた。


  1. 2016/01/18(月) 21:24:20|
  2. 未分類

2016.1.18 なんとか勝利!

1234
PIT733316
DEN6331123


一昨日Vernon Davisがあと1つでポストシーズンのTEの記録と書いたけど、本日NEのTE GronkowskiがTDを2本キャッチしたため歴代TDトップの8になった。Vernon Davisは7でNEの試合前までは1位タイだった。

Broncosで試合登録を外れたのは
ガードRobert Myers、CB Lorenzo Doss、OL Sam Brenner、RB Juan Thompson、DT Darius Kligo、QB Trevor Siemian、S Shiloh Keo。QBはManningとOsに2人。RBはThompsonアウトなのでHilmanとAndersonの2人。ランヘビーオフェンスが予想される中、FB兼任するThompsonのアウト。怪我人リストに病気で載っているが、病気のためのアウトか戦術理由でアウトなのか。

晴れ、気温は6℃。風が強い。横風だ。放送局はCBS、解説はPhils Siims
コイントスにBroncos勝利でdeffer

前半
第一Q
Broncosのキックオフ。

Pitts攻撃1
自陣20yから。プレイアクションからWR Wheatonへロングボムはボールリード過ぎ失敗、Roethlisパスを投げられることをアピール。Wardが3rdダウンからのスクリンをロスタックルでパント。

Boldenリターンで自陣30yくらいから42y戻る。

Broncos攻撃1
敵陣30yから。Thomasでファーストダウン。Thomas次ぎ今日も落球。ショットガンで攻めるBroncos。しかし4thダウン1、McManusの28yFGで終わる。Thomasの落球が痛かった。RT誰が先発してるのか見るの忘れた。

Pitts攻撃2
自陣20yから。3rdダウン8で短いパスから大きくゲインで37yゲインする。Harrisが後ろから押したら勢いついてさらに前進してしまった。WR Bryant落球。Broncos陣31yで4thダウン1をギャンブル。TD狙いで投げるもTalibカバーで失敗。Broncos攻撃権奪う。

Broncos攻撃2
自陣32yから。3&2でManningがラインに声を掛けているフリしてHilmanにダイレクトスナップをするびっくりプレイはLB James Harrsionがよく見ておりHilmanストップされる。

Colquitteグレートパント、Websterがエンドゾーン入るボールを中に入れてダウン
なおBolden怪我した模様とリポート。

Pitts攻撃3
自陣3yから。3凡。しかしPittsのパスプロテクションは中々固い。

ミスパントでとんでもない短いパント。

Broncos攻撃3
敵陣31yから。Schofieldいた。3rdダウン2で一度もファーストダウンとれず、McManusの41y、ど真ん中で6-0。Broncosは陣地合戦で勝利し6点。オフェンス的には特になんも出来ていない。ランとパスの割合では最初のドライブだけパスが多いが次ぎに3凡の2シリーズはランが多い。ランもゲインは出来てるランとロスのランがあるので、出るときは出ているものの有効な武器には今のところなっていないが、だんだん安定して出そうな感じはある。

Pitts攻撃4
自陣20yから。Bryantへ21yヒット。今日のBroncosはがちがちのマンカバーではなくかなりクッションを置いている。相手のビッグプレイを許さないプランとSiims。Brownのリバースどかーーんとビッグゲインでレッドゾーンへ。40yランになった。Chris Harris痛む。Toussantのランが今日初めて出る。ファーストダウンゴール1ヤード。Toussantがキャリア初TDで7-6とPitts逆転。ゲインしないプレイは外すと4プレイでTDをとったPitts。ビッグプレイをばんばん許してしまった。

Boldenはひざでクエスチョナブル

Broncos攻撃4
自陣20yから。V Greenでファーストダウン久しぶり。さらにThomasでファーストダウン。Latimerでファーストダウン敵陣入り第一Qおしまい。

第二Q
Broncos攻撃中。Thomasへのロングパスは少しリードで失敗。Sandersアクロスで少しリード気味のボールを手にあてて取れず。パントに終わる。

Pitts攻撃5
自陣15yから。Harris戻っている。3rdダウン5でHey Ward Bayを誰もカバーせず58yパスになる。ビッグプレイを許さないプランとSimms解説してたけど、ここまで大抵のプレイはとめるも、ビッグプレイを許しまくりのBroncos。Antonio Smithがサック。FGで終わる。10-6とリード広げる。一発のバストカバーで得点されてしまった。Robbyがカバーを外しちゃった。

Broncos攻撃5
自陣20yから。3rdダウン4でワイドオープンでAndersonが落球。パント

Pitts攻撃6
自陣38yから。Wolfeサックで3凡。

Broncos攻撃6
パントまた短く外へ。自陣41yから攻撃。Sanders本日初キャッチでファーストダウン.
FowlerフリーもManningサイドライン際ヒット出来ず。風が横風なのでそれでボールが流れたのか。次ぎFowler落球。敵陣38yで4thダウン3ギャンブル。Sandersキャッチ後ヒットされてドロップ。正直レシーバーにManningを助ける要素本日ゼロ状態。足を引っ張りまくり。Sandersのはヒットされてのドロップだけど。本日6ドロップらしい。

Pitts攻撃7
自陣38yから。3凡、またBryantのリバースやるもWareがよいコンテイン。

パントよい。

Broncos攻撃7
自陣5yから。ランがロスばっかりになってきている。と書いたらAndersonが抜けて35yゲイン。Paradisがこじ開けたMathisがさらに守備をどかしてAndersonビッグゲイン。残り2分切る。本日3rdダウンコンバージョン7回目にして初成功で敵陣へ。なんとかFGとって終わりたい。スナップミスでManningボール落として自分で拾ってサックになる。McManusが横風強風の中51yFGトライ。おぉぉ凄い勢いでボールが切れていくも成功。ゲスト解説なのか元キッカーのJay Feeleyが強脚のMcManusなら真ん中狙えば大丈夫と解説していたが、途中までは真ん中へ向かって余裕の成功と思ったらものすごい勢いで右に切れていった。10-9で前半終わり。

オフェンスは落球が本日も多く6個らしい。Manningは22回投げ11回成功99y。六回ドロップがあったので17回成功になる。ランもHillmanが8回24y、Andersonは4回41y、1度35yランがあったのでほとんど出ていない。ランが出ない、3rdダウン残るも落球という、ぐだぐだのレシーバー陣にあっさりとパントになる攻撃陣。3rdコンバージョンが8回で成功わずか1。攻撃ラインはわりとよく持っている。セーフティーブリッツでハードヒットを受け、あともう一度ヒットを受けた程度。SimmsはPiitsのクリエイティブでどこからブリッツするのか、カバーに下がるのか、Manningを苦しめていると解説している。
Broncos守備は、Simms解説だとややコーナーはクッションをとり、ビッグプレイを許さない、カバーをかえRoetlisに投げるまで考える時間を与えラッシュをかけるというもの。ほとんどのプレイでBroncos守備がゲインさせていないが。ときおりバストカバレッジになり、出るときはどーんと20y以上稼がれるという感じ。Roethlisbergerは15回で9回成功132y。特に問題あるようには見えないパスを投げている。
Bryantが23yレシーブ、Heyward Beyが58yレシーブ、Coatesが37yレシーブなどとにかくビッグプレイを決められすぎている。前半のMVPはMcManus。
KubiakがManningは良くプレイしているが周囲はもっとプレイをしなくてはと話していたとリポート。

後半
第三Q
Broncos攻撃1
自陣20yから。
ラン2回出ず3rdダウン8はPittsのコーナーGayのパスインターフェアで更新。しかし次の3rdダウン5はWRスクリーンでCaldellロス。Thomasが少し脚を痛めている。

Pitts攻撃1
自陣20yから。また短いパスをロングゲインにされる。Bryantが52yレシーブ、30yくらい走った。RobyとHarrisのコンビネーションカバー。さらにBryantでファーストダウン。3rdダウンでTalibへTD狙うも阻止。FGで終わる。またこの攻撃も52yどっかんゲインで得点された。13-9とPittsリード広げるPitts。

Broncos攻撃2
自陣20yから。落球五個と紹介中。Sandersのはヒットを受けてるので落球にはなっていない。Sandersファーストダウン。しかしランロスで3rdダウン13でパス失敗、パントになる。
Colquittパント短いも転がりよく、Websterのヒットもありボール転がるもリカバーは出来ずボール外に出る。おしい。今日はスペシャルチームでWebster目立っている。パントリターンはAntonio Brownが欠場なのでかわりに出ている選手が大苦戦している。

Pitts攻撃2
自陣6yから。3凡。

Broncos攻撃3
自陣47yから。Sandersファーストダウン敵陣へ。Norwoodでファーストダウン。Andersonランでファーストダウン。ManningサックをJames Harrisonに受ける。McManusの41yで終わる。McManus強風のところご苦労様です。13-12と追い上げるBroncos。

Pitts攻撃3
自陣20yから。Coatesで24yゲイン。20y以上のプレイが6つめ。BradleyがパスインターフェアでBroncos初反則、Broncos陣37yへ。しかしホールディングで下がるPitts。

第四Q
Pitts攻撃
反則で下がったことで次のファーストダウン奪えず。52yFGトライはいかずのパント。

パントエンドゾーンへ

Broncos攻撃4
タッチバックで自陣20yから。Manningがプレッシャーに自らダウン、そしたら守備がさわってないのでManning起ち上がってパス。Sanders敵陣入る。運がよい。Hillman落球。この攻撃で残りタイムアウト1個となる。Hillmanドローがロス。敵陣でパントになる。

パントファンブルアゲイン!しかしまたもPittsリカバー。さっきのパントファンブルはアウトオブバーンズ。運がない。タッチバックになる。


Pitts攻撃4
パス一発で自陣47yまで戻す。さらにタックルミスでファーストダウン許す。Harris肩が痛いので片腕タックルになっていた。ファンブルでWareリカバー。Robyが良いランのTousantをヒットWareがリカバー。
やっとファンブルリカバー出来た。

Broncos攻撃5
Andersonロングランで敵陣43yへ行くもSchofieldがホールディングで下げられる・・・。3rdダウン13yでFolwerがファーストダウンで敵陣36yへ。さらにランで敵陣26yでファーストダウン。さらに敵陣14yでファーストダウン。さらて敵陣3yでファーストダウン。ここにきてランばかりで進み出している。時間をどんどん消費。もう4分を切ってきた。しかしここからラン2回で届かず、3度目でタッチダウンのAnderson、。Broncosはポストシーズンでは23ドライブぶりのTD。昨年のIndy戦以来のTD。18-13となり2ポイントを狙う。Thomasスクリーンで20-13とBroncosリード。

Pitts攻撃5
自陣20y、残り3分でタイムアウト3回。自陣45yまで来る。しかしここからラッシュを入れまくり2回のパスは短め、Wareがあと少しで届かずパス失敗、Millerサック出来ずすかされるもWareサックでギャンブル失敗。Broncos攻撃となる。

Broncos攻撃6
また試合は終わっていない。Pittsはタイムアウト二個。ランを3回でPittsが止めれば1分くらい時間があまる。FGの距離まで行けるか。ラン2回でタイムアウト使われ三度目のランでファーストダウンとれずちょっとしか前進出来ず。McManusの45yFG。McManus余裕で5回目成功。プレイオフ記録タイ。試合を勝利を決めた。
23-13とBroncosリード。

Pitts攻撃6
自陣20y、残り53秒10点差。パスがんがん投げてFG圏内に入るととっとと47FGをけり23-16、オンサイド&ヘイルメイリーにかける。

オンサイド、キック10yいってなくてピッツボールさわり、とれずAndersonリカバー。
Broncos勝利。Brady and Manning 17回目で次週
  1. 2016/01/18(月) 09:57:01|
  2. 未分類

2016.1.16 Wolfe契約延長

エンドDerek Wolfeが4年の延長契約にサイン。4年総額36.7ミリオン、保障17.5ミリオンと情報筋。NFLインサイダーIan RapoportはWolfeは今オフFA市場に出ればもっと高額契約の可能性があったが、Wolfeは強くBroncos残留を希望していたと伝えた。John Elway GMはTwitterで早速ファンに契約を報告、Wolfeをリーグトップクラスの守備ラインと評した。2012年のドラフト2順指名選手のWolfeは今季開幕4試合を薬物違反の出場停止で欠場。復帰後はランストッパーの要としてリーグトップ守備に貢献。ProFootballFocusの2015年シーズンの守備エンドのランストップグレードではWolfはHoustonのJJ Wattに次ぐ2位の評価。W11以降はサックも量産している。
Wolfeは
「昨日(木曜)の夜に代理人電話したんだ。”ただその条件を受け入れろ”と言った。僕はここから離れたくなかった。皆も組織もコーチもを愛している。これ以上の幸せはない。これだけ好きな場所を離れる理由がない」と話している。Wolfeは今季加入した守備ラインコーチBill Kollarをとても感謝をしており、これまでも強力なランストッパーとして知られていたが、今季後半はパスラッシャーとしても評価を上げ、シーズントータルで5.5サック、12QBヒットを記録しドラフト時の契約最終年に大きく評価を上げていた。Broncos公式サイトには顔を紅潮させて契約書にサインするWolfeの動画がアップされている。
Broncosは昨年もChris Harrisと市場より安い価格で長期契約している。
Wolfeとの契約延長でオフの長い必要再契約リストが少し短くなった。OLBVon Miller、エンドMalik Jackson、ILB Danny Trevathan、QB Brock Osweilerなど今季の重要戦力が多くFAを控えている。
Denver地元ラジオ局のEric GoodmanはBroncos関係者の話として、反対サイドのエンドJacksonともBroncosは延長契約合意を望んでいると伝えている。ただし今ドラフトは守備ラインがかなりの豊作とも言われている。

金曜の練習にBroncosは全員参加。日曜のPitts戦の出場ステイタスでクエスチョナブル以上の選手はBrock Osweilerのみ。他はリストに名がある選手もプロバブル。これまでLimitedだったChris Harris、Darien Stewartも練習フル参加となっている。RBのJuan Thompsonは金曜は病欠だが日曜は出場予定。Osweilerも試合登録予定。
PittsはWR Antonio Brownは脳震盪でアウト。RB DeAngelo Williamsも足の怪我でアウト。QB Roethlisbergerはクエスチョナブル。金曜日に肩を痛めてから初めてスローイングを行った。

RT Michael Schofieldが先発となっても驚くべき事ではないのかもしれない。BroncosはPeyton Manningを先発に起用するも、一番Manningの能力を引き出すのはパスアタックではなくランアタックと考えている。Schofieldはパスプロテクションでは大問題になっているがランブロックには高い信頼をコーチから得ている。KubiakヘッドはSchofieldとTyler Polumbus両方がプレイすると話している。Broncosはシーズントータルではラン攻撃29位だがシーズン最後の7試合で見るとリーグ7位。
Schofieldはバイの間はテクニックを磨き自信を取り戻すことに費やしたという。Schofieldのパスプロテクションではハンドテクニックに問題があり、かなり独自のハンドテクニックでプレイをしていた。改善に取り組んでいるものの大学時代からのテクニックはなかなか改良出来ずに苦労していた。
「かなりやられているのはわかっている。バイでリセットボタンを押してテクニックをやり直している。自信はあがっている」とSchofield。

TE Vernon Davisは1TDキャッチでプレイオフの最多TDレシーブTDを記録する。現在は元OaklandのDave Casper。個数は・・・記事に載ってないよ!!。

Demayius Thomasのお母さんが日曜のPitts戦を観戦。土曜日にDenver入りする。お母さんは2000年、Thomasが12歳の時に、祖母と共にコカインの密売で逮捕。今年11月9日に出所。しかし2ヶ月間は観察下におかれ自宅のフロリダを離れることは禁止されていた。今週水曜にはEast Georgia Stateでバスケ部にいるThomasの妹の試合を観戦している。Thomasの妹Tyeshia Smithは
「お母さんは試合後写真をとって私のことを誇りに思うって言っていた」と話している。73-57で勝利し妹は22点を上げる大活躍だった。なお妹はバスケシーズン中ゆえ兄の活躍を見るためDenver入りは出来ないという。

PittsとDenverのプレイオフでの対戦は7回でBroncosの4-3の成績。この2チームの対戦7回中5回、勝者チームがスーパーボウルに出場している。
  1. 2016/01/16(土) 22:24:46|
  2. 未分類

2016.1.15 Millerはフォースと共にあらず・・・

現地木曜の怪我人リポート。
Broncosの練習不参加は控えガードのRobert Myers、膝のBrock Osweiler。Oseilerの膝は未だ癒えず本日もサイドラインでトレーナーとワーク。金曜も練習参加を試みる。
昨日病欠だったVon Millerと練習を病気で途中切り上げたMalik Jacksonは二人とも練習フル参加。Millerは昨日は風邪と伝えたがなんと本人が驚きの原因を語った。映画館で食べて飲んだものが原因だという。火曜日に「スターウォーズ フォースの覚醒」を見に行きちょっとばかり体のダイエットのお休みで2カップのアイシー(凍らせたジュースを混ぜ混ぜしたフローズンドリンク。日本でもたまに見かける)とモッツァレラチーズスティック(チーズを揚げた脂質たっぷりのジャンクフード)を飲食。映画の終わりには気分が悪くなってしまったという。
「フェラーリにレギュラーガスは入れてはいけないことを学んだよ」とMiller。The Force May Not Be With Youだった弟子の愚かな行為にマスターDeMarcus Wareは
「どんなチーズを使っていたかは知らないが二度と食べて欲しくない。彼にはポップコーンとGoobers(アメリカの映画館の定番、ピーナッツにチョコがコーティングされているお菓子)にしとけと言っておいた」と話している。
Millerのアホなやらかしはもうチームメイトにはお馴染みのこと。つい最近もミィーティング中におならをぶっ放しチームメイトから罰金を命じられている。その際には
「罰金なんてありえないよ。皆には何度も、おならを我慢して座ってたら体に悪いって言ってるんだけどさ。世界の誰だって我慢する人なんていないよ。僕はちょっとおならの回数が多いんだけど」と言い訳だらだらのMillerだった。
ほかLimitedでの練習参加はDarien Stewart、DeMarcus Ware、TJ Ward、Chris Harris。皆怪我からの復帰組で日曜の試合は出場へ。Wareは日曜は膝にニーブレスを付けてプレイする予定だという。2008年に同じように膝を怪我をした際にも装着していたもので其の際はまったく違和感なくプレイ出来たそうだ。
一人不安なのはこれまで練習フル参加だったMac GarciaがLimitedがグレードダウンしてLimitedとなっていること。怪我の箇所は足の付け根になっている。

対戦相手となるPittsburghはQB Roethlisbergerが木曜の練習でもパスを投げなかった。Cincinnati戦で肩を痛め当初は木曜にスローイングを開始予定だった。金曜日にかなり強めにスローイングを行い状況を見極めるという。しかし金曜の結果がどうあれタフで知られるRoethlisbergerは日曜の試合に出場強行するとみられている。
脳震盪のWR Antonio Brownは脳震盪で日曜の試合はアウトとPitts球団が発表した。

RT先発は誰になるのか?と質問されたKubiakヘッド。Tyler PolumbusとMichale Schofield共にプレイすると答えた。
  1. 2016/01/15(金) 23:40:33|
  2. 未分類

2016.1.14 Pitts戦へプレイインストール開始

現地水曜日の練習から日曜のPitts戦の怪我人リポートが開始。水曜は練習不参加はVon Miller、OL Robert Myers、QB Brock Osweiler。
Millerは風邪。現在チーム内でやや流行となってり、Malik Jacksonも練習参加ながら風邪をひいている。Millerは施設に入ったが、他の選手への広がりを防ぐため早々に帰宅した。Osweilerは痛んでいる膝があまり調子がよくなく、チーム練習には出ず、トレーナーとワーク。サイドラインでパスを投げていたが下半身はほとんど動かさなかった。
「かなり膝に痛みがあるようだったので休ませた」とKubiakヘッド。回復具合は想定より悪い模様。日曜の試合には控えで登録予定も、Kubiakヘッドは場合によってはTrevor Siemian も試合登録し、QB3人全員試合登録する可能性もあるとしている。
ほか肩を痛めているChris Harris、ハムストリングのDarien Stewartらがlimitedで練習復帰。
対戦相手のPittsは脳震盪のWR Antonio Brown、肩のBen Roethlisbergerは練習に参加せず。

Roethlisbergerは肩を痛めているが日曜の出場を目指している。Roethlisbergerは公式戦ではパスアタックでBroncos守備を圧倒したが
「今回は我々の今季最大のチャレンジになる。前回は運がよかった。彼らはフルメンバーではなかったからね(SのStewart、Wardが欠場)」と話した。また肩を痛打する不安に関しては
「Broncosは汚いヒットで肩を狙うことはないだろう。Broncosは一流の組織だと思っているからね」と話している。

公式戦の対戦でPittsのセンターCody WallaceがBroncosのDavid Brutonにレイトヒットの反則。それに怒ったBroncosのS Darien Stewartは日曜の試合にWallaceにしかえしのヒットをすると発言。この発言を受けPittsのガードRamon Fosterは
「審判はちゃんと見ていて欲しい。リーグもだ。彼らは選手をターゲットにしている」と話した。一方ターゲットのWallaceはStewartの発言に
「彼は彼らの仲間を守りたかったんだ。僕がAntonio Brownの味方のようにね。これはいいことだ。彼らが仲間を守る良いチームということだからね」と話している。Wallaceは自分のヒットが違法なもので間違えだったことを理解している。
「彼らのことも理解出来る。僕もあのヒットの後に間違ったことをしてしまったと思った。リーグから罰金を課せられ払ったよ。だから今の僕にとっては、さぁ次ぎに進もう、という気持ちだ」とWallace。なおBroncosのCB Talibは
「次の試合は肉体的な試合になるだろう。ただそれだけだ。けしてそれ以外にものにはならない。僕はWallaceのことを知らないわけじゃない(2012年にTampaでチームメイト)。僕の覚えている限り、彼は凄いいい奴だよ」と話している。

Demaryius Thomasのお母さんはThomasが12歳の頃にThomasの祖母と共にコカインの販売で逮捕。お母さんは24年の刑期だったが特別措置により減刑。今年11月に釈放。しかし2ヶ月間は旅行制限があるため自宅のフロリダ州を出られず、息子の試合はまだ見ることが出来なかった。釈放から2ヶ月、Thomasはお母さんを今週末のPiits戦観戦のためDenver旅行の手続きをすすめている。
「今やっているんだ。うまういけばいいんだけど」とThomas。Thomasのスーパーボウル出場の際には、お母さんは刑務所のテレビで応援とメディアに取り上げられた。
「とても意味があるよ。彼女にとって最初の息子の試合だよ。喜ぶと思う。僕の試合を生で初めて見るんだから」とThomas。

TE Virgil GreenがNFLゲームのMaadenで遊ぶ時はPeyton Manningの実際のプレイを大いに参考にしているという。
「正直にいうと、僕のMaddenのゲーム内のスキームは、僕がPeytonが守備相手にやっていることから学んだきたものなんだ。彼は守備の弱いところを攻めるコツを知っている。彼とプレイする時はフットボールIQを次のレベルまで上げないといけないからね」とGreen。
ManningはシーズンフィナーレのSD戦に後半から出場したが、先発QBはOsweilerだったため、十分に先発組みと練習はしていなかった。しかし今回は先週早々に先発指名。先発組みに入り練習をしている。動きは今季ベストの動きを見せ続けている。
Pittsはブリッツを好む。どこからブリッツが入るか。誰がパスのプロテクションをするのか。パスブリッツが入ったらオーディブルでランをコール出来るか。Pitts守備を相手にするにはチェスマッチになる。Greenは
「Peytonはチェスマッチに勝利することが出来る選手だよ」と話している。GreenによるとManningは会議、練習と、オフェンス選手皆が正しい動きになるよう、久しぶりの先発準備練習を精力的に過ごしているという。
Osweilerにもオーディブルの権限があったが、しかしManningの究極のオーディブルオフェンスとははるかに度合いが違う。CJ AndersonはSD戦の後半にManningが投入されたことに
「最初に僕たちが思ったことは”すべてがライブコールになるな”ということだった。ハドルを組んでプレイを決めても彼は何かを見ると全てを変えるからね」と話している。
Kubiakヘッドは
「彼が見たことのないものなんてフットボールのフィールドではないからね。彼は今先発組み戻り良い感じで進めている。皆を正しい方向に導いて暮れるだろう」と話している。
Osweilerが先発の間にはManningはプラクティススクワッドに入りスカウトチームとして練習していた。そのスカウトチームでManningのパスを受けていたプラクティススクワッドのWR Jordan TaylorはManningとの練習時間は精神的にとても大きな物になったという。
「彼の知識と経験はとても素晴らしい物だった。彼と一緒にいるだけで周囲の人間がもっとハードの練習するようになり、良い選手になっていくんだからね」と話している。

公式戦の@Pitts戦で試合前にManningはスタジアムへ通じるトンネルでファンの差し出すBroncosのジャージ、BroncosファンでないPittsファンが差し出すもものにもサインをしていたが、Pittsの応援グッズの黄色いテリブルタオルを差し出した子供には酷い仕打ちを。タオルを手にとったもののサインを拒否した。
Manningは
「あの日はたくさんのPittsファンにもサインしたよ。でも彼らのタオルにサインするのは間違ったことだと思ったんだ。僕はGiantsの帽子にもサインしないよ。以前にEliのサインが入ったGiantsの帽子にサインしてくれと言ってきファンがいたんだけど”おいまてよ、これは彼のチームだ”と断ったよ。僕はチケットとか色々なものにサインしたよ。これからもタオルにでもなんでもサインするよ。でもPittsのタオルは彼らのもの。Terry BradshawとかBen Roethlisbergerらがサインするためのものだ。」とManning。
即席サイン会は楽しかったようで
「試合に出るときはあまりファンとかかわるチャンスはないからね。準備があるから。Pittsのファンは皆僕をリスペクトしてくれたからとても楽しかったよ。たくさん話もしたしね」とManning。

一年前のディビジョナルラウンでIndyに敗戦したBroncos。CB Talibは
「あの時はチャンピオンシップで対戦するであろうNE戦への準備万で一杯だった。今一年前を振り返ると、あの時は”来週はNEとの対戦だ”という話ばかりだった。正直僕たちはColtsという次の相手がいるのに未来の話ばかりだった。それが昨年の問題点だったんだと思う」と話している。Demaryius Thomasは
「何人かの選手はColtsを相手にもしていなかった。僕たちはその次の心配で一杯だった。でも今年は皆わかっている。最大のゲームに出場するには2試合必要だということを。今我々はPitts戦の心配をしている」と話している。Chris Harrisはもっと激しく昨年の状態を批判している。
「選手は契約で大金が入るだのコーチ達はヘッド職をつかもうとそっちに集中しているとかいう状態だった」と話している。昨年のIndy戦の試合前に”BroncosはIndy戦敗戦した場合Foxヘッドは解雇する”とインサイダー情報として伝えられていた。FoxヘッドはBroncos解雇の四日後に早速Chicagoヘッド就任。Del RioはOaklandのヘッドへ。攻撃CのAdam Gaseもプレイオフバイの間にヘッド職のジョブインタビューを他球団から受けていた。また大金が入ると話していたのはFA選手ということで、去年のオフのFA選手といえばJulius Thomas、Terrance Nighton、Orlando Franklin、Demaryius Thomasらになる。みんなそんなんだったの??

  1. 2016/01/14(木) 23:57:27|
  2. 未分類

2016.1.13  ロスリスかなりの重傷

Pitts QB Ben RoethlisbergerがラジオでCincinnati戦で傷めた肩は捻挫だけではなく、肩腱の断裂もしていると話した。Mike TomlinヘッドはそれでもRoethlisbergerの日曜のBroncos戦出場の可能性はあると話している。また脳震盪のWR Antonio Brownも出場へ望みを持っているとTomlinヘッド。

PittsのMike TomlinヘッドがCincy戦後ゲームボールをJoey Porterコーチに渡したという報道を否定した。

Roethlisbergerは出場するのか否か。たとえ出場してもロードでのRoethlisbergerは恐れるるに足りず。今季のRoethlisbergerは地元Pittsでは6試合で5-1、TDは16に対しインターセプト7でレイティングは102.4。しかしロードでは同じく6試合で3-3、TDは5に対してインターセプトが9、レイティングは86と落ち込む。

毎日Denverメディアに話題に出ることはなんと、チケット転売問題。Pitts@Denverのでビジョナルラウンドの76125席のインヴェスコ@マイルハイスタジアムのチケットはすでに完売。現在その10%程度が転売サイトなどで販売されている。チケットはチケットホルダーに優先的に販売、チケットホルダーが購買しなかったものと一部一般販売分はColorado州界隈に住所を持つ人限定で売り出され15分で完売していた。当日Denverに来週するPittsファンであるテリブルタオル軍団は10%以下の見込み。
Denverメディアがチケット転売の話題を毎日伝えるのは2006年のPtts@DenverのAFCカンファレンス決勝戦で大挙してPittsファンが押し寄せたことが理由。John Lynchは2014年のDenver Postのインタビューで
「酷かった。Champとスタジアムのトンネルを出たとき二人してスタンドを見渡して”なんだんだこれは?”って言い合ったよ。Pittsのファンはみなテリブルタオルを振るから数がさらに大きく見えるんだ。本当にあのときはSteelersファンのほうがBroncosファンよりたくさんいるように感じた。こんなことが試合に影響を与えてはいけないんだけど、実際はとても影響したよ」と話していた。Broncosはこの試合を34-17で敗れている。
しかしチケットが正規で購入した額よりも5倍で売れればBroncosファンでも売りたくなる人も居る。とあるチケットホルダーは
「シーズンチケットを持つために高額な額を払っている。一試合のためにそれが少しでもカバー出来るならしょうがない」と話す人も居る。逆に売ることはBroncosファンの恥と話すファンも居る。Luke Binder氏はBroncosの忠誠心を強く持っている。Denver在住で職場にダイハードPittsファンがいる。チケット2枚を1200ドルで売って欲しいと頼まれたという。
「俺はきっとバカなんだろう。でもBroncosファンなんだ。チケットを売ることは出来ない。売るファンもいるだろうけど俺には出来ない」と話している。
Denver PostのMark Kiszlaは
「Broncosより金を選ぶ人はBroncosファンではない。チケットをSteelersファンに売って金を稼げばいい。おまえはもう単なるダフ屋だ」と書いている。
Gary Kubiakヘッドも地元ラジオ局で
「皆に伝えたい。チケットを売らないでくれ。我々はこの日曜にファンの大声援が必要なんだ」と呼びかけた。

Champ BaileyがFOX局のお仕事でChris HarrisやAqib Talib、Demaryius Thomasらへインタビューを行っていた。Baileyは現在FOX局でコメンタリー契約をしている。なおPitts戦の放送局はCBS。
  1. 2016/01/14(木) 00:18:47|
  2. 未分類

2016.1.12 Ware&Os練習復帰

今オフにFA加入したエンドAntonio Smith。地元テキサス州で幼児虐待容疑で捜査されていたが、刑事事件としての立件はなく、捜査も終了した。貴重なローテーション選手としてFA契約したが、オフのワークアウトを捜査のため参加見送り。夏のキャンプから、捜査進展ないためチーム合流。シーズンインしてからFA契約時の期待通りのプレイを見せていた。

月曜の練習にSD戦で膝を傷めた2人、DeMarcus WareとBrock Oswilerが練習参加。先週の練習は休んでいた。共に限られた練習だったがWareのほうが元気いっぱい、スムーズな動きで怪我の不安は見せなかった。Osweilerのほうが逆に明らかに足に問題のある動き。日曜のディビジョナルラウンドは控えとして出場出来る見込み。
ハムストリングのS Darien Stewartと肩のCB Chris Harrisは先週に引き続き練習不参加。共にPitts戦に向けた練習開始の水曜練習復帰する予定。
前回Pittsと対戦した時にはStewart、さらにTJ Wardと先発2人のSが欠場していた。

Stewartは前回のPittsとの対戦で、先発したS David Brutonが攻撃ラインCody Wallaceにプレイ後の不必要なヒットを受けたことに怒りを未だ感じている。しかし復讐にもルールはあると話している。
「怒っている。くそったれだ。72番。僕たちはその番号を覚えている。けしてチープショットのような酷いことはしない。ちゃんとルール内で、審判のホイッスルとホイッスルの間のプレイ間でだ。彼は試合後には痛みでつらい経験をするだろう。もし彼がスクリーンプレイで上がってきたら僕のほうへこないほうがいい。彼をカットしてやる」と話している。足下のブロックをお見舞いするつもりらしい。
Stewartは前回の対戦ではBroncosのタックルミスが大きな問題だったと話し
「前回は僕たちは自分達のフィジカルを見せられなかった。タックルが出来なかった。次の試合はで素晴らしいタックルをしないといけない」と話している。とはいえ注意は必要だ。Pittsは相手チームを怒らせることを好んでいる。CincyはPiitsの術中にはまり愚かな反則で敗戦。けして冷静さを失ってはいけないとMalik Jacksonは話している。

Pittsは怪我人が多い。肩を痛めているBen Roethlisbergerは出場するとみられているが、脳震盪のエースWR Antonio Brownは厳しい状況。土曜日にCincy戦で脳震盪、その後のテストでも後遺症が残っており、ワイルドカードラウンドが土曜の試合で、次戦が日曜ゆえ普段より1日多い試合間にもかかわらず、出場は厳しいとみられている。足を痛めているRB DeAngelo WilliamsもCincy戦に続き欠場の可能性が高いとみられている。
Broncosは欠場することを考えずに準備する。Aqib Talibは
「なにいってんだ。BenもABも出場するよ」と話している。

Cincinnati戦でPittsのWR Antonio Brownが脳震盪を起こした後、フィールドでCincyのCB Pac Man JonesとPitts LBコーチJoey Porterが言い争い。結果Jonesにアンスポーツマンコンダクトの反則が適用。15y前進したPitsは直後のプレイで逆転FGを成功。Porterは試合後Tomlinヘッドからコーチからゲームボールを与えらたと伝えられるなど、CincinntiサイドにとってはPorterはプレイオフで勝利を盗んだ悪人となった。
Porterはミズーリ州カンサス生まれ。大学はColorado大でPittsにドラフト3巡で指名されたPittsの名LB。プロボウル4回、オールプロ2回。2011年でArizonaで選手生活を終え、2013年からColorado大でコーチ。BroncosのOLB Shaquil Barrettをコーチした。

月曜の練習でRTの先発組みにMichael Scofieldが入った。多くのファンは「え??」と驚きを覚えるであろう。とりあえず、Tyler Polumbusはベテランゆえ、Pitts戦にプレイインストール日から先発組みに入るのでは・・・という希望的予想がファンの間に囁かれている。

3年前、Pitts@Denverのプレイオフ。ワイルドカードでTim Tebowが延長最初のプレイでD Thomasへスラントをヒット、Thomasはエンドゾーンまで駆け抜けBroncosが延長サヨナラ勝利。NFLの延長ルールはこの年のプレイオフから変更。それまでははどんな理由であれ最初に得点をしたチームが勝利だったのが、この3年前のプレイオフからは延長最初に攻撃するチームがTDならば試合終了だがFGだった場合には、相手チームに攻撃するチャンスが与えられる。Thomasは新しいルールをよく把握しておらず、TD後も自分達は勝利したのかわからなかったという。
「Champ Baileyが僕たちが勝ったことを教えてくれたんだ。開始からたったの11秒だったと記憶している。衝撃的だったと同時に凄い嬉しかったよ。信じられなかったよ。タッチダウンを決めたんだから」とThomas。

  1. 2016/01/12(火) 23:50:42|
  2. 未分類

2016.1.11 相手決まる

Broncosのディビジョナルラウンドの相手が現地土曜日、Pittsburghに決まった。ワイルドカードラウンドでPittsは地区ライバルで地区優勝したCincinnatiとの対戦で大激戦の末に勝利。最高順位のBroncosはプレイオフは常にシード最下順チームと対戦することになっているため、ワイルドカード初日の土曜にPittsと決定した。オッズはBroncosの7ポイント有利。ただしこれはPittsの怪我人を考慮した数字。元々は2.5ポイント有利程度だった。
Broncosは12月20日に暖かい天候下で@Pittsで34-27で敗れている。しかし今回は一ヶ月前の対戦とは大きく状況は変わっている。開催地はDenverに。そしてBroncosのQBはBrock OsweilerからPeyton Manningに。PittsはCincy戦勝利したもののQB Ben Roethlisbergerはヒットされた際に肩から落下。試合翌日の日曜もかなりひどい痛みで、今後のプランは木曜まで投げる練習をせず、痛みがひくのを待ちディビジョナルラウンドに備えるという。また前回の対戦でCB Chris Harrisを圧倒したWR Antonio Brownも脳震盪。こちらはNFLの脳震盪プロトコル下に置かれる。Pittsの主力2人の回復具合はPittsの今週を通しての最大の話題となる。

Broncosサイドの怪我人はかなり回復して次戦を迎えられる見込み。土曜の練習後Kubiakヘッドは今週の一番の心配事はハムストリングを傷めているS Darien Stewartと話した。現在のプランではStewartは水曜には練習に参加、そのまま日曜のPitts戦まで問題なければプレイ。

前回の対戦では前半攻撃が素晴らしい立ち上がり、守備も素晴らしい立ち上がり。しかし後半は攻撃は沈黙、守備はRoethlisbergerのパッシングアタックに沈み最大17点あったリードを守れず34-27で敗戦した。今季守備でほとんどの試合で相手に勝ったBroncos守備が唯一、こてんぱにやられた相手がPittsオフェンスだった。

Pitts@Denver戦当日のDenverの天気予報は晴れ、気温も暖かく試合開始時間で2℃、体感マイナス1℃。

BroncosのPitts戦のチケットは早々に完売。NFL Ticket ExchangeやStubHubなどの転売サイトではまたも値段が跳ね上がっている。ゴール裏最上部が170ドルから200ドルと何とか手が出せるが低い位置やフォールド中央に近づくにつれ値段は2000ドルから1万ドルを超える価格のものも。
Pitts戦一つの不安はテリブルタオル軍団。Pittsファンは遠征好きでどのスタジアムへもPittsエリアから遠征していく。2006年のAFC決勝は@DenverでBroncosはPittsと対戦。マイルハイにテリブルタオル軍団が大挙して押し寄せた。Broncos敗戦後、John LynchやChamp Baileyはマイルハイに押し寄せたピッツファンの光景に、”なぜマイルハイで敵チームファンがこれほど多かったのか、信じられない”とコメント。
それゆえBroncos球団は、対戦相手分配分のチケット以外は、プレイオフでのBroncos戦の正規価格チケット販売に購入可能地域制限を設けている。住所がコロラドエリアではないとチケット購入出来ないのだ。今回もPittsファンの侵略を恐れネット上のBroncosファンは、”チケットホルダーで金欠のためチケットを売るとしても、Broncosファン以外に売るなよ”とあちゃこちゃでつぶやき、またブログなどに書き込んでいる。

どうでもいい話。寒くなって本日の@Minnesota戦は氷点下20℃で行われるというとんでおない試合だった。そんな試合で特にQBにはかかせないハンドウァーマー。
下の写真でManningがしているのは現代のスタイル。これは1980年代にTampaBay Buccaneersの用具マネージャーが考えだしたものだという。Tampaそのものはフロリダなので暖かいが寒冷地での遠征の際に使用するため考えたという。それまではジャージにポケットを縫い付けるというスタイルだったという。右の写真はBroncosのキッカーRich Karis。確かにジャージと一体化している。あんまり暖ったかくなさそうだし、ホッカイロとか中に入れておくと脹らんじゃいそうだ。Brett FavreもGB時代、このジャージ一体化を使用していた時期があるという。しかしほとんどはやはりジャージとは別となっているスタイルのものが使用されている。しかし現在は技術が進み、薄くても暖かさをキープ出来る繊維なども出来ており、カレッジフットボールではジャージと一体化のハンドウァーマースタイルも増えてきているという。
一番下のJohnny Manzielの写真。一体型だ!。



  1. 2016/01/11(月) 17:37:25|
  2. 未分類
前のページ 次のページ

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (541)