broncomaniacのブログ版

17.2.26 アシスタントOKコーチ契約間近

情報筋によるとBroncosはアシスタントOLコーチとしてChris Strausserと契約間近まできているという。Boise Stateの攻撃ラインコーチを12年つとめ2014年からWashington大でアシスタントヘッド&攻撃ラインコーチ。Broncosの先発センターMatt ParadisのBoise大時代のコーチ。Paradisは大学入学時は守備ラインで攻撃ライン転向時のコーチだった。Broncosのアシスタント守備ラインコーチはJohn Bentonが1月就任、わずか1ヶ月でSFの攻撃ラインコーチとプロモート移籍していた。Washington大は今季ラン攻撃全米4位で1試合平均で約200yと走りまくった。16年シーズンのPac12のカンファレンス選手権でColorado大がWashington大に265y走られ41-10で敗戦している。Washington大は大フィーバーを巻き起こしたChip KellyのOregon大のスタイルをくんだスプレッドオフェンスでゾーンブロッキングとパワーブロックにミックス。ただOregon大よりはゾーンは少なかったという。

  1. 2017/02/26(日) 23:13:31|
  2. 未分類

17.2.25 FA戦線初戦敗北

FAのDT Earl MitchellがSFと契約と情報筋。SFのオファーは4年16ミリオンで初年度5.5ミリオンをMitchellが受け取る契約内容。Broncosは3年で初年度4.5ミリオンの内容だったと情報筋。今オフ補強のFA初戦は敗退で終わった模様。
その一方で守備ラインの層を厚くするための契約が。Broncosは現地金曜に元NOのエンドBobby Richardsonと契約。24才のRichardsonは15年のNOのドラフト外FAで同年11試合に先発した。16年シーズンは9月にカット。その後KC、Washingtonのプラクティススクワッドで試合出場はなし。280パウンド、24才は開幕ロースターを狙う。Indiana 大出身。Broncosの守備ラインの層は薄く、契約下にある16年に試合出場があるラインはWolfe、Peko、Gotsisのみ。今季先発予定でシーズンアウトだったVance Walker、ドラフト1順で入ったS WilliamsらはFA。今後はCalais Campbell、Brandon Williams、Dontari Poeらの獲得に動く可能性も。

現地金曜日、FA流出によるドラフト補償ピックが判明。Broncosはもらえる最大の4つのピックをもらい合計10個の指名権をもち2017年ドラフトにのぞむ。昨年はOswiler、Malik Jackson、Danny Trevathanを失った。
こんな感じ
First Round(Original pick) 20
Second Round(Original pick) 51
Third Round(Original pick) 82
Third Round(Compensatory pick) 101
Fourth Round(Original pick) 127
Fifth Round(Compensatory pick) 177
Sixth Round(Via Trade) 203
Seventh Round(Original pick) 238
Seventh Round (Compensatory pick) 252
Seventh Round (Compensatory pick) 253
なおいままで補償ピックはトレード出来なかったが今年から補償ピックもトレード対象になることになっている。

Denver地元ラジオ局が投げる方の肩はない左肩を手術をしたQB Trevor Siemianはトレーニングキャンプ開始までフル練習は出来ない見込みと伝えた。しかしその後Broncos広報のPatrick SmythがTwitterで4月のOTAには間に合うプランだと伝えた。Siemianと2年目のPaxton Lynchの競争でもしキャンプまでSiemianが間に合わないということはSiemianにはかなり不利な戦いになる。

夏のプレシーズンゲームのNFL殿堂ゲームがDallasとArizonaの対戦に決定。BroncosからTerrell Davisが殿堂に選出されていたためBroncosも殿堂ゲームの候補と考えられていた。

  1. 2017/02/25(土) 23:28:46|
  2. 未分類

17.2.24 Okung退団へ

Broncosは先発LT Russell Okungの2年目オプションを行使しないことをOkungに伝えたと情報筋。Okungは昨年オフにFA契約。最初の1年は8ミリオンでその後の4年48ミリオンうち20ミリオン保障がBroncos側に選択権があった。Okungは期待通りのプレイが出来たとはいえず、Broncosはオプションを行使せず破棄すると見られていた。Denver地元局の記者Mike KlisによるとBroncosはOkungにRTコンバートでかなりの減給でというプランをもっていたがOkungは受け入れなかったと伝えている。Denver PostのCameron WolfeはBroncosは契約見直しを提案しなかったと伝えている。BroncosはRTのDonald Stephensonも解雇する見込み。今季オフはFA、ドラフトでも攻撃Tの層は薄く両タックルが必要となるBroncosには厳しい状況。FAのタックルトップレベルはCincinnatiのAndrew Whitworth。本人はCincyに戻りたい意思もあるが、残りのキャリアで優勝したいと話している。ただし年齢は35才。攻撃ラインは他のポジションより高齢でもプレイ出来るがセンターやガードと比べタックルは素早いエッジラッシャーを相手にするため高いアスリート能力が必要。中央の3選手よりも衰えが早い。しかし16年シーズンのWhitworthはProFootballFocusの16年シーズントップ101選手では26位に選出。パスブロックではリーグベストタックル。年間をとおしQ Bプレッシャーわずか14で先発クラスではリーグ最小だった。

現地木曜夜、MiamiをカットされたDT Earl MitchellがDenver入り。夜Josephヘッド、Woods守備C,Kollar守備ラインコーチとレストランで食事をしているところを目撃されている。現地金曜、球団施設で交渉が行われる。

  1. 2017/02/24(金) 22:54:59|
  2. 未分類

17.2.20 コーチ人事ほか

17.2.20
現地月曜、Broncosは守備のクオリティコントロールコーチとしてNorthern Colorado大の守備バックコーチCharles Gordonを加えた。32才でMinnesota VikingsでCBだった。BroncosのJoe Woods守備Cはその時Minnesotaの守備バックコーチ。今回のBroncos入りもWoodsの推薦があったもの。GordonはKansas大出身でTalib&Harrisの先輩にあたり、Talibとは2005年にチームメイト。NFLにはドラフト外で入り、3年目のGreen Bay戦でリターナーでプレイした際に足首を骨折。シーズンエンドの怪我となり引退。クオリティコントロールコーチは試合に備え一足先に対戦相手のビデオスタディを始め、スカウトチームに対戦相手のコピーになるよう指導する、など先に対戦する相手チームの先取り研究コーチ。
なおアシスタント守備ラインコーチのJohn Bentonは正式にSFの攻撃ラインコーチに。

Emmanuel Sandersは昨年12月に第二子を得ていたが、奥さんと離婚騒ぎ。奥さんは”11月にSandersはBroncosに子供が生まれると嘘をつき練習を休み、パーティーをしていた”とゴシップメディアが伝えた。実際に奥さんが第二子を生んだのは12月。その際にはSandersは生まれた子供含め幸せそうな4人の家族写真を自身SNSに投稿していた。
奥さんは"フィールドでフットボールをプレイしていない時は、どこかで女性とプレイしている男”とSandersについて話している。離婚や浮気はともかくとして、子供の誕生を理由に練習を休み遊んでいたとすると問題になる。Denver PostのNicki Jhabvalaは球団に取材を試みたがこの件に関してのコメントは拒否されたと伝えている。
  1. 2017/02/22(水) 00:36:32|
  2. 未分類

17.2.19 DT MitchellがDenver訪問へ

今オフ初のFA選手の訪問はMiamiをカットされたDTEarl MitchellかMitchellは8チームから興味をもたれたが、すでに4チームに絞ったという。現地月曜と火曜にSeattle、移動して火曜と水曜にSF。そして水曜の夜にDenver入り。木曜にBroncosの球団施設を訪問し夜に次の訪問先のAtlantaへ向かう予定と情報筋。29歳でMiamiからは4ミリオンのサラリーが嫌われカットされている。6-3に300パウンド。Vance Josephヘッドは16年シーズンはMiamiの守備C。またKollar守備ラインコーチはHoustonで教えていた。Denver地元局Channel9のMike KlisはDTではなくエンドとしての獲得目標でMalic Jacksonが抜けた穴を埋めるためと伝えている。昨年はJared Crickでは埋められず大苦戦をしたBroncos。早々にMitchellと契約できれば、守備サイドは次のターゲットのDTへと向かうとKlis。Broncosはドラフト1順のSylvester WilliamsがFAに出る見込み。
  1. 2017/02/20(月) 04:20:10|
  2. 未分類

17.2.18 新コーチ早くも退団か

17年シーズンのBroncosコーチ陣が早くも引き抜かれる。今年の1月15日にアシスタント攻撃ラインコーチとしてBroncosに加入したJohn BentonにSFから攻撃ラインコーチとしてインタビュー要請が。Broncosはインタビューを許可した。Bentonはコロラド生まれでコーチ歴はColorado Stateで開始。06-13年にはHoustonでKubiakヘッドの下ゾーンブロッキングでコーチを。昨年はJaxで攻撃ラインコーチだった。BroncosはKubiakヘッドの辞任でシステム変更するがゾーンブロック完全撤廃はせず、パワー&ゾーンのミックスで臨むとJosephヘッドも話していた。そのゾーン担当として雇ったBenton。SFはゾーンブロックシステムのウエストコースとオフェンスのコーチKyle Shanahanがヘッドに就任。ゾーンに長けている攻撃ラインコーチを求めていた。Bentonはわずか1か月のBroncos在籍でプロモーション(昇進)移籍濃厚。Broncosも移籍先がAFC西地区のライバルであったなら断ったとみられるが、カンファレンス違いでしかもBroncosには関係が深いJohn LynchがGM就任。先月にはBroncosスカウト部のAdam PetersがLynchの右腕としてSFにプロモーション移籍している。
  1. 2017/02/18(土) 23:28:31|
  2. 未分類

17.2.17 戦力補強情報

MiamiがDT Earl Mitchellをカット。BroncosヘッドVance Josephヘッドは16年シーズンはMiamiで守備C。Mitchellには獲得の興味を見せる可能性が高いと一部地元メディアが伝えた。Mitchellは2010年のHoustonのドラフト3順。BroncosのBill Kollar攻撃ラインコーチがHouston在籍時に教えていた選手でもある。またLT Brandon Albertも次期シーズンは戦力ではないとMiamiから伝えられた。トレード、相手がいなければカットとMiami Helald。情報筋によるとトレードでかなり強い興味を見せている球団があるという。Albertは32才で怪我がち。現地木曜午前にカットされると球団がから伝えられたがその後に他球団から強い興味をAlbertがもたれているのを感じたMiamiがプラン変更。カットかトレード放出の道を探っているという。
ほか元BroncosのLT Ryan CladyがNYJetsからまもなくカットされるとNFLインサイダーAdam Scheffterが伝えている。LTではJaxのLT Kelvin Bechaumも球団が契約のオプションを葉機する見込みでFA市場に出る見込み。
DallasはQB Tony Romoをトレード放出出来る見込みはないと感じており、カットされる見込みとESPNが伝えている。
  1. 2017/02/17(金) 23:13:45|
  2. 未分類

17.2.16

昨年オフにFA契約したLT Rusell Okung。2年目はオプションとなっており3月9日に17年シーズンから4年48ミリオンうち20ミリオン保障が確定する。Broncosはこのオプションを行使することはなく、Okungが17年シーズンもBroncosでプレイするには契約減給見直し必須と見られている。今季FAまたドラフトでも攻撃ラインの層は薄くBroncosとしては額を安くしてOkung残留を目指す。BroncosはRTのDonald Stephensonを解雇するとみられ、先発タックル2枚を層の薄い今季オフのFA、ドラフトで埋めるには厳しい。

今季FAとなるDT Sylvester WilliamsとはBroncosは再契約を試みない見込みとChannel9のMike Klis。WIlliamsは16年シーズン前にドラフトされてからの5年目オプションをBroncosが行使しない選択をしたことで大きく失望していたという。ただしBroncosはWilliamsのドラフトしてからのプレイ振りにはもっと失望している。今年はCB Bradley Robyに5年目オプションを使うかどうかの選択イヤー。3月2日までにBroncosは18年シーズンの5年目オプションを行使するか選択しないといけない。行使した場合サラリーは8ミリオン強になる。

先発センターMatt Paradisが今オフ2度目の臀部の手術を現地火曜受けた。5週間前に1度目の手術。今回の手術も予定されていたもの。臀部の痛みは大学時代から悩まされていたもの。16年シーズンは痛みの中でParadisは全試合に出場していた。

元BroncosヘッドMike ShanahanがBroncosのQBに関して地元ラジオのインタビューで
「Trevor Siemianにはとても感心したよ。彼の自分自身の扱いにもよい印象がある。リリースもいいしナチュラルなリーダーだと思う。問題は怪我なくいられるかだろ思う。Paxton Lynchの身体能力はみながわかっている。ただ今季の彼はシステムに合わせなければいけなかったからね。次のシーズンはコーチも彼にもっとあったシステムでやるだろう。ただPaxtonも能力はあってもTrevorに競争で勝つにはなかなか難しいと思う」とShanahan。
今季はMike McOoyを攻撃Cに迎えLynchが大学時代行っていたシステムに近いものになるとみられているBroncos。Lynch勝負イヤーともいわれており、Siemianが開幕先発となるとLynchのドラフト1順は失敗だったことになるのでは・・・という雰囲気の中でShanahanのSiemian高評価。といってもShanahanはKubiakのウエストコースとの師匠。ウエストコーストコーチにはSiemianは優秀に感じるのか。
  1. 2017/02/16(木) 23:11:19|
  2. 未分類

17.2.15 そろそろ自軍FAと

NY Giantsを解雇されたWR V CruzにBroncosが接触と現地火曜日ESPNの元Denver PostライターJeff Legwold,が伝えたがその後Denver地元メディアは一斉否定。Denver PostのNicki Jhabvala、Channel9のMike Klisがそれぞれ
”BroncosはCruzにはまったく接触していない””Broncos情報筋はその話はデマと話している”などとそれぞれが伝えた。

Broncosは16年シーズンで新人年の契約が切れるCB Kayvon Websterの代理人と連絡をとった。Broncosはスペシャルチームのエース格Websterと再契約を求めている。ただし再契約は困難になるかもしれない。昨年もBroncosはスペシャルチームのエースS David Brutonを失っている。Brutonは先発を求めてWashingtonへ移籍(すでに解雇)。WebsterはCBではTalib、Harris、Robyがいるため出場機会は限られている。ガナーとしてリーグ屈指の働きぶりも、CBでは1試合平均でわずか4.5スナップのみ。WebsterはCBとしての出場を求めFAで価値を試すと予想されている。
  1. 2017/02/15(水) 23:22:33|
  2. 未分類

17.2.09 Talib&Wardカットなしか

Channel9のインタビューでVance JosephヘッドがAqib Talib、TJ Wardについて話した。両選手2014年のRA獲得選手。17年シーズンは契約4年目。Talibは今季サラリーが11ミリオン。保障額はほぼ支払い済みのためカットしても球団の金額的痛手はなくまたFA選手の契約4年目はカットの時期。Talibも31才となりカットの可能性もあるのではと見られていた。
「2人とも良い選手。素晴らしい選手は失いたくない。Talibはリーグトップ5に入るCB。キャップ的な問題がない限り我々は彼をカットすることはない。彼は我々の選手。来年も我々のためにプレイしてくれるよ」とJosephヘッド。TalibとBroncosとの契約は17年以降も残っており18年が11ミリオン、19年が8ミリオン。
またWardは今季が14年に結んだ契約最終年。今季は4.5ミリオンのサラリー。昨年はSで新人Justin Simmons、Will Parksが活躍。Wardは現在30才。
「Wardはプロボウルの能力がある選手。若い選手が学ぶには良い選手。彼にもいつかその時が来るだろうが現在は我々の戦力。彼にはいてほしいと思っているよ」とJosephヘッド。

以下各サイトBroncosの1順20番目のドラフト指名予想。

6人予想
OT Ryan Ramczyk Wisconsin
Todd McShay(ESPN)、Rob Rang(CBS)、Dane Brugler(CBS)、Daniel Jeremiah(NFL.com)、Steve Palazzolo(Pro Football Focus)、Dan Kadar(SB Nation)
今年のドラフトは攻撃ラインの層が薄いがその中ではトップクラス。1月に臀部を手術して不安があるがすぐにでも攻撃ラインのアップグレードになる。

3人予想
OT Garett Bolles Utah
Mel Kiper(ESPN)、Bucky Brooks(NFL.com)、Lance Zierlein(NFL.com)
Bollesは短大から転校、Utahでは先発一年のみだったが素晴らしかった。BroncosはAFC西のJustin Houston、Khalil Mack、Joey Bosaら強力ラッシャーと年2回対戦しないといけない。

2人予想
TE OJ Howard Alabama
Denver PostのMark Kiszla(注目として複数選手をピック)、Chris Burke(Sports Illustrated)
レッドゾーンオフェンスの改良の手助けは優秀なTEになるかもしれない。ルートランナーとしてはまままだ原石だがサイズとスピード。アンストッパブルな存在になりえるTE

1人予想
LB Haason Reddick Temple
FOX
ReddickはエブリダウンプレイヤーですぐにもBrandon Marshallの相棒として先発出来る存在。


G Forrest Lamp W Kentucky
Chad Reuter(NFL.com)
誰がQBであれ攻撃ラインのアップグレードは必要

CB Adoree’ Jackson USC
Denver PostのMark Kiszla(注目として複数選手をピック)
CB?と思う人もいるかもしれない。しかしDenverはCBが必要になる。Talibは来週31歳になる。Talibは17年もシャットダウンコーナーであるかもしれないが12か月後はどうなるかわからない。Jacksonは今ドラフトのベストのCBではないが、新人イヤーからリターナーとして活躍が出来る。

あと真面目にやってんのかBroncos公式サイトのAndrew MasonはEd McCaffreyの息子Christian McCaffreyを予想。
  1. 2017/02/10(金) 00:28:21|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)