broncomaniacのブログ版

17.7.01 元Bronco死去

Broncosに2015年シーズンに5週在籍したTE Mitchell Henryが現地金曜日白血病で死去。15年のドラフト外FAでGreeneBayでキャリアをスタート。開幕前にカットされBroncosと契約。2試合に出場し10月にカットされた。その後Baltimoreでプレイ。16年12月に白血病の診断を受けていた。
以下は当サイト昨年12月6日の記事
「Broncosが15年シーズンに開幕直前に契約したTE Mitchell Henry。1ヶ月強在籍で2試合試合出場。今年は昨年もキャンプに参加していたGBのキャンプに参加、カットされ先月Baltimoreと契約、3日後カットされていたが白血病と診断されたことが兄のBenからの情報により明らかとなった。今年の11月10日にBaltimoreをカットされた直後から肩に痛みが出ていたという。Baltimoreからはロースター調整のカットですぐに契約したいからBaltimoreに止まるように伝えられていたという。昨年短い期間であったがチームメイトだったPeyton ManningはHenryに"Mitchell、君のために祈っている。信じて戦うんだ”とメッセージを送った。Henryが自身のTwitterで紹介している。またGBの選手からも多くのメッセージが届けられている。Henryは化学療法を続けながら骨髄移植のための準備を進めているところだという。」

Von Millerがスタンフォードで“Von Miller Pass Rush Summit”を開催。かねがね()パスラッシャーのみが使う)同じ言語をもつ選手とのワークが大好きと話していたMiller。チームメイトのShane Ray、昨年シーズンで引退したDeMarcus Ware、ライバルOaklandで昨年の守備MVPのKhalil Mack、昨年のサック王AtlantaのVic Beasley、元Broncosで現在JacksonvilleのMalic Jackson、SFの今年のドラフト1位全体3番目指名のスタンフォード大出身のSolomon Thomas、SeattleのCassius Marsh、Cliff Avrillらが参加している。スタンフォード大の守備ラインコーチであるDiron Reynoldsもコーチとして参加。Millerは以前からSDのMelvin Ingramとオフにワークを行うなどしまたOaklandのMackとも連絡を取り合い、テクニックやメンタル、試合へのアプローチの方法など自身の意見、テクニックなどを教え教えられる関係にある。Millerいわく
「同じチームであっても同じ言語を話せる選手は少ない。パスラッシャーにはパスラッシャーの言語がある」という。MillerもKCのJustin Houstonが2年前に22サックを挙げたときに、ムーブテクニックを教えてもらったという。
「このリーグは他人を真似ることは大切。それが皆のためになるならやらないとね。パスラッシャーは同じ言語を話すとても小さいコミュニティ。チーム内でもB-Marsh(Brandon Marshall)とはパスラッシュームーブの話は出来ない。僕やDeMarcus、Shaq(Barrett)やShane(Ray)だけが皆で話し合うことで上達することが出来る。NFLのパスラッシャーにとって皆でやることは大きな利益になるんだよ」とMiller。
millercam
  1. 2017/07/01(土) 23:12:36|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (466)