broncomaniacのブログ版

17.11.29 Talib 1試合の出場停止に

OaklandのWR Michael Crabtreeとの乱闘騒ぎで2試合の出場停止処分をリーグから受けたAqib Talib。出場停止処分は1試合に。両選手2試合を不服としてリーグの見直しを求めていた。火曜日に公聴会が行われJohn Elway、Vance JosephもTalibの支援のため援護の弁護を行った。なおCrabtreeも1試合に減刑。Talibはサラリーが今季約9.7ミリオン。制裁処分中のサラリーは支払われないので17分の1にあたる約57万ドルを失った。Talibは次のMiami戦を欠場。その次のNYJets戦で復帰。
Miami戦ではBradley RobyがChris Harrisのコンビを組み、新人Brendan Langleyがニッケルバック。3人しかコーナーがいないためプラクティススクワッドのMarcus Riosのロースター昇格の可能性も。

次戦Miami。オッズはイーブン、もしくはBroncosの1ポイント有利。

Peyton Manningの弟Eliが次戦で先発から降格。NY Giantsが若返りでEli解雇Broncosが獲得に動くのではと予想が。

Broncosを解雇されたCB DossがBuffaloと契約。
  1. 2017/11/30(木) 00:02:48|
  2. 未分類

17.11.28 Lynch捻挫、Talib欠場

Oakland戦で今季初先発したものの足首を痛め退場したQB Paxton Lynch。ハイアンクルスプレインで足首の捻挫では重いもので2-4週間のアウト。2年目のLynchは昨年2試合先発。Oakland戦でキャリア3試合目の先発。LynchがどれだけNFLでプレイ出来るかを試される先発起用と期待されたがテスト完了せずに怪我。Oakland戦では怪我で退くまで14回投げ9回成功41y1インターセプトだった。
とうことで次戦はTrevor Siemianが先発返り咲き。Siemianは昨年に続き先発でシーズンイン。3-1と素晴らしいスタートもその後3連敗。続いて先発となったBrock Osweilerも3連敗。Lynchで敗戦で現在7連敗中。Broncosとしては1967年以来の最長連敗中。

DT Domota Pekoが右膝MLCの第2度の捻挫。1-2週のアウト。Pekoの連続先発出場は123試合でストップとなる。

大乱闘で退場処分となったAqib TalibとOaklandのMichael Crabtree。NFLは月曜日、両選手の2試合出場停止処分にすると発表した。Talibは処分取り下げ・軽減の訴えをおこすという。NFLのJohn Runyanが出した制裁に関する文章では、ことの発端はCrabtree。まずCrabtreeがChris Harrisを殴り、さらにTalibをサイドラインまで押し込んだことが騒動の発端としている。Talibはやり返した立場ということはリーグもはっきりさせているが喧嘩両成敗という判断。
Talibは処分が出される前に
「リーグはそもそもなんでこんなことが起きたのかをよく理解してから判断して欲しい」と話していた。可能性として、Talibがやり返しただけに過ぎないという主張は通る可能性は少なくはなく1試合の出場停止ですむ可能性も今までの例からありえるとDenver地元局のMike Klisは伝えている。
Broncosとしてはタイミングは最悪。遅刻をしたとしてCB Lorenzo Dossを先週解雇したばかり。Oakland戦ではTalib退場後新人Brendan Langleyが代わりに入るもターゲットにされてしまっていた。

日曜の試合後、OaklandのJack Del RioヘッドがBroncos S Darian StewartのOaklandのWR Amari Cooperへのヒットに苦言。強烈なヒットでCooperは脳震盪で退いた。Stewartはアンスポーツマンの反則。ただし審判はヘルメットからのヒットと反則を適用したもので、実際は肩で違法ヒットではなく完全な誤審。しかし試合スピードで見る限りは判断が難しく、頭からのヒットに見えた。Del Rioヘッドは
「あれは醜いヒットだった」と試合後の会見で話していた。
試合日の翌日、Josephヘッドは
「コーチとしてフィールドに起きたことを試合後テープで確認する必要がある。コメントするならちゃんと確認してからにしないといけない。昨日の試合に関しては4か5プレイ、納得いかない判定があった。しかし試合直後にそのような話はしない。後で試合テープを見て確認しないと、それが本当にそうだったかわからないからだ。Stewのプレイに関して言えば、Stewは相手選手を避けるようにヒットしていたため、彼自身が怪我を負ったんだ。私の意見ではStewはボールに向かっていって、相手レシーバーはダックムーブをして頭を下げていた。Stewは頭に当たらないように向かっていき肩で当たっている。Cooperの頭はDarienの肘下にあった。あれは私の意見では素晴らしいフットボールのプレイだった。私の見解ではけして汚いプレイではない」とJosephヘッド。

  1. 2017/11/29(水) 00:23:16|
  2. 未分類

17.11.27 試合後記

OaklandのWR CrabtreeがTalibをホールディングしたたまサイドラインに押し込み大乱闘に。Talibは昨年同様またCrabtreeのつけていたチェーンを引きちぎりまさにチェーンリアクションパート2となったが、その前のプレイではChris HarrisがCrabtreeにボディにパンチを入れられていたという。Harrisが試合後話したもので、Harrisはサイドラインに下がる際に何か文句を言っていた。
「彼は今日は喧嘩をしに来ていたんだ。フットボールなんてするつもりなかったんだろう」とHarris。
直後の乱闘は去年からの因縁だった。昨年Talibに首のチェーンを引きちぎられて怒り心頭だったCrabtree。今年の最初のBroncos戦は欠場だったので、今日の試合が前回のもめ事から最初のBroncos戦になっていた。
Harrisへの行為が次の大乱闘に繋がったのかはわからない。Crabtreeにフィールドからサイドライン方向へTalibは押し込まれると、押されながらTalibはCrabtreeのチェーンを昨年同様引きちぎる。CrabtreeはそのままTalibをサイドライン外へ押し出すと、TalibはCrabtreeのヘルメットを脱がす。Crabtreeは目つぶしで応戦、そしてTalibはパンチを出し殴り合いに。2人は退場。
問題児TallibだけにNFLから数試合の出場停止処分が出る可能性が。Talibは2015年シーズンに目つぶし攻撃で出場停止処分を受けている。
試合後JosephヘッドはTalibの癇癪に
「許されない行為。個人的な争いでベストの選手を失うなんて余裕は亡いんだ。あれは単なる個人的な喧嘩。そして試合はBroncosチームの争いだ。あの行為は弁解の余地はない。ベストの選手を失い若い選手で戦うことになった」と怒っている。代わりに出場した新人のBrendan Langleyはワンムーブでひっかかりピボットには対応出来ず、何度も狙われた。TDを許し、反則をとられ、大事なファーストダウンパスのターゲットになった。
Talibは試合後、メディアが取材でロッカーに入る前に、ロッカーを去ったため試合後のコメントはとれず。LangleyはいきなりTalibの代役に
「辛いとかいうのはない。誰も僕が出るなんて思っていなかっただろうが、僕はいつでも準備は出来ていた」と試合後。ただしそれは自分の出来る範囲での話しだった。

試合後のVon Miller。
「身体的にも精神的にもベストな今。自分のキャリアのプライムを無駄にしている思いがある」と話した。ただし攻撃が悪いとはいっておらず今日の試合は
「攻撃ではない。そんな意味ではない。今日は我々が問題だった」とMiller。
またMillerはTalibとCrabtrreeの争いに頭を痛めている。3人ともテキサス州出身。
「CrabもLib(Talib)も自分にとって兄貴みたいな存在だからあんな場面は本当に残念だ。2人ともダラス界隈のビッグネームだし地区に大きな影響がある。皆が良い関係で行動すればDallas地区のためにもいいことんだんだけど。2人とも試合にちゃんと出ないといけないけど、今日はもう完全にコントロール出来るものではなかった。言えることはとにかくあれはチームにとって大きい痛手となった。ただLibはうちのキャプテンだし、もしあれが彼のスタイルというなら100%彼を支持するよ」とMiller。

足首を痛めたLynch。その後涙を浮かべるシーンをテレビカメラがとらえていた。
「また怪我をしてしまったことが不満だったんだ。最後まで試合に出られないことで困惑してしまった」とLynch。足首を痛めたのはLynchによると第2Q最初のドライブでサックを受けた時に痛めたものではないかという。その後もプレイを続けていたが、ロールアウトしながらパスを投げるプレイで激しい痛みが出たという。
「詳しくどのプレイかとは覚えていないんだ。多分誰かが僕の足に倒れ込んできた時だと思う。ただ自分はこれくらいならプレイが出来ると思っていた。まだプレイ出来る。プレイ出来る、プレイ出来るんだってただただ思いながらプレイした。しかしある時点で恐ろしく痛み出したんだ」とLynch。
今季初先発での自分のプレイには
「自分では良くプレイ出来たと思っている。今週が先発組の皆と練習出来た初めての週だった。もちろん結果は望ましいものではなかったけど。今週も練習に戻れることを願っている。そしてまた試合に出られることを。もちろん僕は試合に出たい」とLynch。
足首の怪我の状態に関しては月曜のMRI検査の結果を待つことに。
ほかDerek Wolfeは首を痛めた。最初のシリーズで痛めたものだが、Wolfeはここ2年の間慢性的に首に痛みを抱えている。DT PekoはMCLを痛め月曜にMRI。Pekoは2010年から123試合連続先発出場を続けており、現在のNFLの守備ラインでは最長。捻挫程度で済めば良いが。

次戦の先発QBに関して、Josephヘッドはまた毎度毎度の
「試合テープを見て判断する」と試合後に。しかしまったく機能せず、パスも不正確であり、足首に怪我をしたLynchが次に出るよりも、Siemianが先発したほうが選手の士気に繋がるかもしれない。
「もう1回Trevorにボールを渡せば試合はどうなったかわからない。Trevがやってくれた。彼が我々を点火させたんだ」とは今日の試合でキャリア通算600キャッチを達成したWR Thomas。
「Trevが勝つチャンスをくれた。2度フィールドを横断したんだ。とても楽しかったよ。Oakland守備をずたずたにして猛進したんだ」とセンターのParadis。もしBroncosが時間をつぶしきったOaklandオフェンスの3rd&9をストップしていれば、もう一度攻撃権がまわりタッチダウンで同点を狙うドライブを行うことが出来た。
ただし現地ファンはSiemianがそこそこの出来で今後先発でシーズ終わり、来年またSiemianで始まる・・・また今年の繰り返し・・・だけはやめてくれという意見多数。ファンの多くは今日のLynchのプレイぶりで、Siemian&LynchはQBの答えではないという意見に大きく傾いてきている。
Oakland戦前にDenver地元局のMike Klisが電子版で、来年のBroncosのQBは今ロースターにいるQBではなくベテランFAを先発する可能性が高い、と意見報道。246sportsはDemaryius Thomas、Aqib Talib、Emmanuel Sandersら10ミリ級サラリー選手らから複数選手の契約見直し、拒否ならカットしスペースを作り大金を用意、未来のQBではなく疑いもなく現在のQBを獲得したほうが勝利に近づくと意見している。すでにBroncosはVon Millerの20才後半という身体能力では絶頂期にあたる次期を2年無駄にしている。Manning引退から2シーズン。未だ答えの導き方さえつかめていないBroncos。John Elwayは選手時代と同じく逆境を跳ね返すことが出来るのか。

MilehighReportがBroncosが良いチームになるに、今季はVance Josephヘッドで最後まで行くべき、と驚きのアイデアを。Josephヘッドが残り5試合指揮を執れば残り全敗。ドラフトの順位が上がるからだ・・・・・という意見。ただいまBroncosのドラフト順位は4番目となっている。
Broncosは次の3試合はドラフトボウル。Miami、NYJetsと現在4-7の成績のチームと対戦。さらにその次の対戦のIndyは現在Broncosと同じ3-8の成績。このIndy戦はなんと申し訳ないがサーズデーナイト全国放送となっておりまたPeyton Manningが来場でもしたら、試合そっちのけ放送になりそうな感じ。
  1. 2017/11/27(月) 22:45:53|
  2. 未分類

17.11.27 Langley集中砲火受ける Lynch涙の自爆足首怪我

1234
DEN0001414
OAK0147021

@Oakland。
試合登録から外れたのは
Brock Osweiler 先発から一気に3番手
De'Angelo Henderson 定位置
DeMarcus Walker 定位置
Cyrus Kouandjio 契約後定位置
Isaiah McKenzie ファンブロスと後定位置
Jeff Heuerman 膝の怪我
Kyle Peko プラクティススクワッドからの昇格
出場が危ういといわれていたRayは試合登録され、クエスチョナブルでアウトはHeuermanのみ。

今週解雇されたCB Lorenzo DossがTwitterで
「Matt RussellとJohn Elwayには僕のフェイクニュースを流したことに失望したよ。僕がロッカールームの問題児であったことなんてないのに。スケープゴートだ」とつぶやいた。そのツイートには
「スケープゴートっておまえ試合にも出てないだろ」
「みぃーティングに遅れるなよ」とファンからはDoss批判のリツイートばかりとなっている。

試合前に地元局のMike Klisが同局電子版で来年のBroncosの先発QBは55%の確率で、現在ロースターにいないベテランQBと伝え、具体的にトップ候補として
Jimmy Garoppolo (end of rookie contract),
Drew Brees ($13 million in 2017 cash),
Kirk Cousins ($23.4 million)
Alex Smith ($13.3 million)らをあげた。

映像は見られないんだけど@Oakland。国歌斉唱はEddie Moneyだったらしい。NY生まれも昔サクラメントでバンド活動をしていたらしい。

強風、気温は10℃ほど。雨。
コイントスにBroncos勝ちディファー。Oakが先行

前半
第1Q
Oak攻撃1
自陣25yから。ショットガンからのドローLynch6yで開始。今日はOakのRB Lynch、BroncosにQB Lynchと2人のLynch。Carrのパス2回失敗で3凡。

Broncos攻撃1
自陣21yから。QBは今季初出場のLynch。アンダーセンターでオフセットIでAnderson4yで開始。3rdダウン5でショットガン。Fowlerがゴールートでオープン、浮いたパスをLynchオーバースロー。解説のGannonに、NFLでは珍しいゴールートでオープンも完全にLynchのミススローと解説されてしまう。

Oak攻撃2
自陣20yから。Chris Harrisがランプレイで傷む。ローヒットを浴びたようで、Harris自分の足でサイドラインに下がる際にOakland側を見てなにか文句を言っている。乱闘、Talib、Crabtreeのチェーン引きちぎり因縁同士の乱闘。Crabtreeがプレイとまったく関係ないところでTalibを延々と延々とブロックしサイドラインへ吹っ飛ばし、殴り合い。先にパンチだしたのはTalib。TalibとCrabtreeが退場。OakのRBのほうのLynchがTalibをなだめている。退場する際もLynchがTalibによっていった。さらにOaklandのRGのJacksonももみ合いの中審判を吹っ飛ばしたことでで退場。BroncosはHarrisとRobyと新人Langleyでプレイする。3rdダウンウルトラロングをCarrが20yパスでファーストダウン。しかし1度のファーストダウンでパント。なおよく状況はわからないがDerek Wolfeが首を痛め本日アウト。
1QにBroncosはTalib退場、Wolfe怪我。OakはWR CrabtreeにプロボウルRG Jacksonが退場と互いに主力2人づつ失った。

Broncos攻撃2
自陣23yから。またIフォーメーションからJanovichへの短いパスをLynch決めるもBollesがホールディングで取り消し下がる。またドライブキル反則。1stダウン20からAndersonのランを2回。Lynch QBゆえ保守的・安全路線で行くのかBroncos。3rdダウンロングもラッシュかかりRB Charlesへのダンプパスでロス。パント。Lynch今季初パス成功はマイナス6y。
解説のGannonも保守的なプレイコールと話している。

Oak攻撃3
Broncosが自陣深いところからのパントゆえ、自陣46yから。PekoがスクリーンをロスにするもRayがQB Carrのフェイスマスクにちょこっとかかりパーソナルファウル。Broncos陣へ。悪質なものではなくラッシュで手を伸ばしちゃったら手がかかっちゃったという感じ。
GannonいよるとBroncos守備はリーグで2番目にミスタックルが少なく10試合で36個。MillerとShelby Harrisのサックコンボでパント。

Broncos攻撃3
自陣8y。Booker4y、ブーツからデザインロールアウトランでファーストダウン。ショットガンからD Thomasのバブルスクリンなんだかスイングパスなんだかとにかく横パスで3y。ディレイオブゲームもあり3rdダウン12で投げるとこなくスクランブルでファーストダウンには足りずパント。

Dixon危うくパントブロックされそうになるも蹴る。

Oak攻撃4
自陣29yから。Barrettサック&ファンブルフォース&リカバーをほぼ一瞬。サック、ぽろり、倒れたところにボール、リカバー。いえー!

Broncos攻撃4
Oak陣23yから。Booker4y、またThomasへのショットガンスイングゲイン無し。Lynchこれまで失敗パス以外のパスはウルトラショートパスばっかし。

第2Q
Broncos攻撃中。
3rdダウン6でLBとマッチアップしたRB Bookerが今年よくやってるホイルルートでTD!。が、残念ながらレビューで1yでダウンバイコンタクト。LynchがTDパス取り消しでファーストダウンゴール。ウルトラジャンボパッケージ、エキストララインでMcGorvern登場に加えPekoがFBに。Booker突っ込むも駄目。プレイアクションでロールアウトからLynchエンドゾーンに3人に囲まれているGreenへパス、失敗で浮いたボールが転がっているLB Bowmanの胸元に、インターセプト。Oakland今季初めての板―セプトをなんと11試合目で運良く決める。Broncosは24個目のターンオーバーでリーグワースト2位。

Oakland攻撃5
タッチバックで自陣5y。こっちもRB Lynchに良いパスを通す。20yパスでBroncos陣へ。LB Zaire AndersonのフェイスマスクでBroncos陣レッドゾーン手前へ。Todd DavisカバーのTE Cookへファーストダウンパスヒット。Talibの代わりに出ているLangleyがCooperにやられる。スラントのムーブに簡単に内側に降られてしまったLangley.。7-0とOakland先制。QB Lynchのインターセプトから始まった攻撃だけど、Oaklandは80yドライブしてるからこれはターンオーバーからの失点とかではない、立派な守備の失点だった。

Broncos攻撃5
自陣25yから。Andersonラン、Lynch短いパス、サックで3凡。Broncosは試合プランかLynchには長いのは投げさせないのか。パント。

Oakland攻撃6
パント短い。自陣48yから。ランランで前進を続けるOakland。S Stewartが肩でCooperにヒットはアンネセサリーとられる。Gannonは肩から当たってるしあれを反則とは厳しいと解説している。Cooperは頭を直撃で脳震盪。Stewartも傷んだ。Will Parks入る。ファーストダウンBroncos陣11yとなる。またもTalib代わりのLangley狙われる。TDパスは失敗に終わるもLangleyのパスインターフェア。SimmonsカバーのTE Cookに1yパスをCarrヒットでTD。ただ解説のGannonはカバーは素晴らしかったがボールが完璧で素晴らしいキャッチだった、と話していたがビデオレビューでこれはTDじゃない、ボール動いている、パス失敗だねとGannon。レビューでパス失敗。RB Lynchが1y押し込んで14-0とOaklandリード広げる。

Broncos攻撃7
自陣25y、善は残り2分49秒。どフリーのSandersを外す、ハイボールはThomasがインターセプト阻止のディフレクト、サック。

Dixonまたパント短い。攻撃前に進まず、パント短く、反則だらけのBroncos。

Oakland攻撃8
自陣40y。RBへのパスでファーストダウン一度で終わり。パント。

Broncos攻撃8
パンターKingの素晴らしいパントで自陣1yから。ランで陣地少し回復して、時間つぶしておしまい。

前半14-0Oaklandリードで折り返し。OaklandのCarrは12回投げて8回82y。OaklandはBroncosオフェンスを考え無理をしなくて良い。Carrも長いパスを投げることなく、短いパスを投げるだけで十分。RB Lynchは13回で38y、平均4yを割っている。ただし3凡と何も出来ないドライブが多かったが2TDのドライブだけはLynchランをしっかり出している。決めるときに決めれば問題なし。相手がNEでドライブ毎に得点する必要は無く、あっという間に回ってくる攻撃で何回かに1度TDにまでもっていけば差は開く。
BroncosはLynchは10回投げ5回成功22y。BookerへのパスはおしくもTDならず、その後のドライブでインターセプト。BookerへのパスがTDになっていれば状況は違ったかもしれないが、パスのコントロールは悪さは早くも露呈。Broncosはランも出て折らずAndersonは5回12y。Lynchが2回20y。しかし14点差でBroncosが負けていることは、勝つにはLynchが投げないといけないことになる。前半はThomasへのスイングやらウルトラLynch過保護オフェンスに終始。もう過保護は終わり、檻から出して、ジャングルに放り込め!。駄目なら今季は終わり・・・というかLynchを指名した2016年から2年無駄にしたことになるかもしれないけど、こうなったらばんばん投げろLynch!。

後半
第3Q
Broncos攻撃1
自陣25yから。3rdダウン7でLynchからSandersでファーストダウン。BollesやられLynch手を叩かれファンブルも自分でリカバー。3rdダウン12でLynchサック。Learyが目の前のラッシャーでなく端のMackかなにか見ていたか、ノーブロックでLynch即効サック。いくら投げろといっても投げる時間がまったくなかった。パント。

Oakland攻撃1
自陣35yから。3rdダウン10からWR Holtonに46yボムくらいファーストダウンゴール。6yTDパスヒットで21-0とリード広げるOakland。

Broncos攻撃2
Bookerエンドゾーンからリターンするも15yでダウン。3凡。Lynch足を痛める。ロールアウトでふくらはぎを痛めた。Siemianウォーミングアップ。

なにやらパンターDixonも足を痛めているそうだ。
Lynch足首の怪我で本日アウト。Lynch泣いてるみたいだな。

Oakland攻撃2
自陣33yから。Siemian登場。3凡、パスで1yも進めず。攻撃Cが代わりQBがLynchに代わり、準備週はほとんどLynchでやってたからSiemianも、Musgraveオフェンス俺なんも練習してないぞ、みたいな展開だとGannon。

Dixonパントよし。Lynch目を涙で満たしてウルウル視線でベンチに座ってる。

Oakland攻撃3
自陣32yから。

第4Q
Oakland攻撃中。ちゃっちゃか終わる。

Broncos攻撃4
自陣7yから。Kingのパントでほとんどの攻撃が10y以内な気がするな。本日なんと、やっとこさ4つめのファーストダウンをパスで取る。さらにAustin Traylor、Fowlerでファーストダウン重ねるSiemian。4thダウン6でギャンブル、Latimerへ25yパスヒットで21-7となる。

オンサイドキックいくもOaklandリカバー

Oakland攻撃4
Broncos陣48yから。3rdダウン11でブリッツ入れるもCarrが横に動きながらLynchに短いパス、23y走る。スクリーンかな。これはわずかに残るBroncosの希望を打ち砕くファーストダウンコンバージョンになった。Pekoが足を痛めロッカーへ。FG外す。

Broncos攻撃5
Siemian短いパスを集め前進。フリーのThomasに投げなかったりサックされたり、するも反則はインターセプト危機を運良く逃れ敵陣入る。Fowlerへ22yヒットして21-14と2分39秒タイムアウト2個で21-14と追い上げるBroncos。

Oakland攻撃5
ラン2回、タイムアウト2回つかって3rdダウン8。。前面強調守備。ダウンフィールドの選手を置かずブリッツ、Carrはハイボールでレシーバー、マンツーマンに勝って取れパスでなんと54yパスとなる。やられたのはまたしてもLangley。試合終了となる。
7点差ながら、本日も攻撃、守備、スペシャルチームと全部相手に負けた惨敗だ

Siemian失格→Osweiler失格→Lynch失格レベルも怪我→Siemian1番活躍・・・
この悪循環。来週はまたSiemianなのか・・・




  1. 2017/11/27(月) 09:44:46|
  2. 未分類

17.11.26 Oakland戦速報版は月曜朝10時頃

Oakland戦の怪我人出場ステイタス。クエスチョナブルが5人。OLB Shane RayがMCLの捻挫、TE Jeff Heuermanが膝、エンドAdam Gotsisが足首、WR Emmanuel Sandersが足首、DT Domata Pekoが風邪。うちRayとHeuermanは欠場の可能性。他の3人は出場へ。
またLorenzo Dossの解雇で空いていた枠でプラクティススクワッドのDT Kkyle Pekoを昇格。Pekoは今季2度目のロースターでW2のDallas線に出場。守備機会はなくスペシャルチームでのみのプレイだった。

Peyton ManningがDenver南にあるCherry Hills Country Golf Clubの12番ホールでホールインワンを達成。196yを5番アイアンで。元BroncosのBrandon Stokley、BroncosのJoe Ellis CEOらの目前でゴルフのコースでもウィナーの貫禄。

John Elwayのドラフトが下手だから全部悪いんや・・・と今年の不振で出てきたElwayの相馬眼疑惑。2011年にElwayがBroncosフロントに戻って7回のドラフトが行われた。Broncosの指名選手は54人。1人平均公式戦で32.2試合でプレイ。平均試合数はこの間のNFLの4番目に多い数字になる。特にBroncosはドラフトの指名順の平均が18.1番目と考えるとさらにこの数字は良く見える。Broncosより上のドラフト成績はBuffaloの34.9試合、Miamiの33.6試合、Arizonaの33.6試合。どの球団もBroncosの指名順より高い指名順を持っている球団。ただしチームの顔ぶれからドラフトした選手が試合に多く出ることがNFLのチャンピオンシップを勝ち取ることにはつながらないようにも見える。とはいえBroncosはElwayが入閣してからほとんどのシーズンでプレイオフ争いをしている。その中でドラフト指名選手が多く試合にプレイをしているということは、確実なドラフトをしているということになる。なおNewEngland Patriotsはこの間56人の指名で選手の平均プレイ数は29,6試合となっている。

BroncosがTEをカバー出来ないのは知らない人はいない。OaklandのTE Jarred Cookはここまで41回526yレシーブとキャリアハイのレシーブ数、ヤードを更新する勢いで記録を伸ばしている。

次戦は@Oakland。Oaklandの試合日の天気予報は雨。雷の可能性もあると出ている。
  1. 2017/11/26(日) 20:11:37|
  2. 未分類

17.11.24 Dossカット チームの引き締めか

現地木曜日、Broncosは2015年のドラフト5順指名のCB Lorenzo Dossをカット。ボールホークで積極的なプレイが売りで、昨年の夏のキャンプ、今年の夏のキャンプも素晴らしいインターセプトを見せるも、公式戦ではほとんど出番が無く、試合登録さえほとんどの試合でされていなかった。BroncosはHarris、Talib、Robyと揃っていることもあるが、今年はスペシャルチームでも活躍している新人Brendan Langleyに4番手を取られていた。
本人はカットされたがBroncosでの選手生活には未練はまったくないようでTwitterで
“Broncosでのチャプターは終わった!次がどうなるか楽しみだ”とつぶやいている。
また解雇の理由の一つかは不明も、情報筋によるとDossは朝のミィーティングの遅刻を複数回しており、現地木曜のミィーティングにも遅刻していたという。
Josephヘッドは
「より良いフットボールチームにするべく我々は努力している」とDossカットの理由を話している。

Cincy戦でマンカバーで2つのTDを許したCB Bradley Roby。Alex Ericksonにやられた29yTDパスに関してやられた理由を話した。
「僕がやられたあのルートは彼らは今季一度も見せていなかった。彼らがサイドにモーションするときはほとんどFollowルート(ゾーン対策ルートで浅いルートを走る。Dig ルート)を走っていたんだ。3rdアンド4でfollowを走ると思ったんだ。あの時彼らが違うルートを取るとういことを考えもしなかった。そしたら違うルートを取られた」とRoby。Robyはこの日は最悪でさらにその後18yTDパスの餌食になった。
「2つのプレイ。ミスを犯したプレイで全部やられた。あのプレイをやり直したいけど、出来ることはあのプレイから学ぶこと。試合ではやられるもの。前に進むにはそれから学ぶことだ」とRoby。

木曜の練習を怪我で休んでいたAqib Talib、Jeff Heuerman、Emmanuel Sanders、ShanRayが練習復帰。足首を痛めているAdam Gotsisはフィールドで練習を見学していたがJosephヘッドによると状態は良くなっているということで日曜の試合は大丈夫そう。

現地木曜は感謝祭。しかしBroncosの練習フィールドは祭りの文字はなし。
選手情報筋によるとChris HarrisとIsaiah McKenzie、Connor McGovernとZach Kerrが小競り合いを起こすなど荒れ気味。もちろん選手のいざこざやキャンプ練習中からよくある話。しかしパントマフが続きCincy戦では試合登録から外されてしまったMcKenzieにとってはつらい日々に拍車をかける事件になったようだ。練習後ロッカールームでMcKenzieは涙を浮かべながら座り込み、CJ Andersonに慰められていた。
ほか大抵の選手は練習後はうれしい笑顔があふれていた。
感謝祭ゆえ早く帰宅し家族と過ごせることで、みなウキウキで施設を後にした。

プラクティススクワッドから昇格後のCincy戦でいきなり先発、TE陣ではトップのスナップ数をプレイしたAustin Traylor。4キャッチ36ヤードを記録。
「とても素晴らしかった。ボールキャッチにスペシャルチームでのプレイ、ブロッカーとしてもよかった。とても感心したよ」とJosephヘッド。
試合は敗戦もTraylorにとってはうれしい日となり、故郷であるオハイオ州コロンバスに住む家族友人にとっても素晴らしい日となった。
試合後電話でTraylorは小学校からの友人と会話。その友人のDenver訪問の予定などを話しあった。電話を置いた数時間後。友人は日曜深夜の2017年に起きたコロンバスの118件目の殺人事件の被害者となった。
“この24時間で、文字通り最も幸せな瞬間と、もっともつらい痛みを感じた。友達とは試合後に話をしたんだよ“とTraylorはTwitterでつぶやいている。
Traylorは現地火曜日、Denver Rescue Missionが行っている感謝祭の七面鳥の食事配給のお手伝いにチームメイトと参加。悲しい中、社会・地域貢献活動を行っていた。Traylorは2011年のWisconsin大時代にもコロンバスで友人が射殺される経験をしている。
「今はいつものように自分の準備をするよう努めている。自分でやるべきことがあるんだと言い聞かせてね。とにかく今は、脇道にそれないよう、やるべきことをやり続ける必要があるんだよ」とTraylor。

  1. 2017/11/24(金) 23:20:07|
  2. 未分類

17.11.23 Lynch先発発表

いよいよBroncosの未来が試される。昨年ドラフト1順指名のQB Paxton Lynchが先発とJosephヘッドが正式に発表。ドラフト時での評価は素材型。1年目からの活躍ではなく、しばらくは鍛える時間が必要といわれていた。あれから1年半。もし残り6試合、Lynchが十分な働きを見せれば、オフシーズンのチームの悩みはなくなる。18年ドラフトでQBを上位指名しなくてもよい。FAで30ミリオンを出して、Brees、CousinsらFA市場に出てくるかもしれないQBを追わなくても済む。Lynchのプレイぶりはこのオフどう球団が動くかを決めることになる。

Vance JosephヘッドはLynchのプレイに関して
「若い選手には自ら走ってパスを決めやすい状況を作ることが大事。それは若いQBには必須だと思う。彼のQBぶりが待ち遠しいのは彼が走れるQBだからだ。もしプレイが崩れたら、走ることが出来る。彼には“ポケットパサーになろうとしなくてもよい。我々がコールしたプレイが崩れたら走っていい”と話した」と話している。

過去3試合先発していたQB Osweiler。Oakland戦でLynch先発、Siemian控えとなり、3番手QBに降格、しかし水曜の会見では落ち着いてメディアに対応。屈辱的な扱いにも思えるがとても紳士的である意味、立派な態度と伝えるメディアも。

MoCoy前攻撃Cの後を継ぐBill Musgrave。
「ミスや間違え少なくするクリーンなフットボールというアプローチ。ボールを守り、QBを守り、いけるときには爆発的に。私の立場は先生と同じ。生徒の能力を最大限引き出す。それがコーチとしての仕事。選手第一に考え、選手の強みを持ってプレイさせる」とMusgrave。MusgraveはQBとして現役時代はGeorge Seifert、Mike Holmgren、Mike Shanahanとウェストコースト畑のコーチの元でプレイを続けていた。Lynchの機動力から、プレイアクション、ロールアウトブーツなど昨年までのKubiakオフェンスに近いものになるか。


現地水曜の練習で先発5人が怪我を理由に欠席。エンドAdam Gotsisが足首、OLB Shane Rayも足首、Emmanuel Sandersも足首、Aqib Talibが肩。

現地水曜日、プロボウル投票の中間発表。Von MillerがAFCのOLBでトップの80781票。

  1. 2017/11/24(金) 00:02:47|
  2. 未分類

17.11.22 Lynch通算3試合目、今季初のNFL先発へ

月曜の会見で、次戦の先発QBは月曜の夜、Bill Musgrave攻撃Cと話し合いをすると話していたVance Josephヘッド。明けた現地火曜日、情報筋の情報でPaxton Lynchが次戦Oakland戦で先発すると地元メディアが一斉の報じた。またBrock Osweilerは3番手QB、Trevor Siemianが2番手QBとなると地元テレビ局のMike Klisは伝えている。Broncosは今季3-7の成績でプレイオフはほぼ絶望状態。今年の興味は未来のQBとしてLynchに能力があるのかどうか。2016年のドラフト1順QBは昨年2試合先発、1試合の半分をプレイ。今年はキャンプでSiemianに敗れ、さらにプレシーズンで投げる肩を強打し怪我。開幕から2ヶ月半。未だ公式戦で出番がない状態だった。LynchのNFLでのQB成績はパス83回投げ49回成功、497y、2TD、1int、レイティングは79.2。
Oakland戦ではQBコーチを務めていたBill Musgraveが代理攻撃Cとなっており、ニューオフェンスでOakland戦でプレイする。
現地火曜は選手は練習お休み。水曜の午前に正式にJosephヘッドからメディアにLynch先発が発表されるとみられる。

Denver地元スポーツブロガーBenjamin Allbrightが月曜日に
「Broncosは今年のドラフトの締め切り間近までDemaryius Thomasをトレード先を探していた。今年ダイエットで体重を落としたThomasは今までの同じ選手ではないとBroncosは考えている」とTwitterで伝えたところ、Broncosが公式に“間違えだ”と否定。

Oakland戦でBroncosは5ポイント不利のオッズが出ている。

現地火曜、2018年殿堂入りセミファイナリスト27人が発表。元Broncos選手は、S Steve Atwater、LB Karl Mecklenburg、S John Lynch、S Brian Dawkins、CB Ty Law、エンドSimeon Riceが残った。

次戦はBroncos同様期待外れのシーズンとなっているOakland Raiders。
Broncosが攻撃CのMike McCoyを解雇すれば、Oaklandは守備CのKen Norton Jrを解雇。アシスタントヘッドコーチJohn Paganoが守備Cをつとめる。Paganoは昨年までSDで守備Cをつとめていただけに、BroncosもPaganoはよく知っている。ただしBroncos攻撃CはMusgrave。昨年までOaklandの攻撃Cだけにこちらも相手に知られている。
Oaklandの今季は
攻撃は スコアリング20位、トータル21位、パス14位、ラン27位
守備は スコアリング21位、トータル26位、パス27位、ラン17位。
奪ったサック数がわずか14さっくりでリース最小。昨年MVPのエッジラッシャー0Khalil Mackは5.5サック。
  1. 2017/11/22(水) 23:06:44|
  2. 未分類

17.11.21 McCoy解雇そしてLynch先発はまだ未定

攻撃CのMike McCoyが解雇。
Vance Josephヘッドが現地月曜の会見で
「QB交代の問題は解雇とは関係ない。必要な変化で前に進むべき時が今だと感じた。私はもっとパス攻撃を効果的にしてほしい。ランプレイは良いものになっている。しかしパス攻撃に関しては私はずっと良いとは思っていない」と話した。
解雇前日に、McCoyの複雑なスキームにJohn Elwya GMがおかんむり、との情報が出たが、今回の解雇はJosephヘッドによる判断だとJosephヘッド。McCoy攻撃CはTim Tebow時代からBroncosに関わっていたが、Josephヘッド就任の際に入閣したのはJosephヘッドの第一希望コーチだった。
「Mikeが我々を選び、私もMikeを選んだ。だから全てがMike McCoyの責任ではない。Mikeがファンブルをしたわけでもインターセプトを投げたわけでもない。しかし結局Mikeの責任ということになってしまう。Mikeが攻撃Cゆえ責任を受けることになる。Mikeは素晴らしい人間で素晴らしいコーチ。だからとても辛い決断だった」とJosephヘッド。
複数の選手の話によると、McCoy攻撃Cのプレイシートの中に書き込まれているプレイ数は膨大。練習をしていないプレイが試合中にコールされることもあったという。
Broncos選手はMcCoy解雇の報を受け、ほとんどの選手がMcCoyコーチを良いコーチとしながらも、なにかしらの変化は必要と感じているようで、解雇を受け入れている。
今後はill MusgraveQBコーチがMcCoyの後を継ぎプレイコールを出す。
「Billyが後を継ぎ、コンセプトを簡素化しもっと効果的なパス攻撃が出来ると思う」とJosephヘッド。Musgraveコーチなら今までのターミノロジーを継承しながら、かつ混乱を招かず出来るとJosephヘッド。
なおJospheヘッドは次のOakland戦の先発QBに関しては
「まだ決定していない。今日Billと話し合う。ただしPaxton Lynchはもう出場出来る状態にある」と話した。Lynch先発の可能性が高いと地元メディアの多くは、2年目のドラフト1順QBの登場を予想している。

以下今季のBroncosの攻撃成績
Scoring offense: 18.3 points per game (24th)
Turnovers: 23 (31st)
QB rating: 72.3 (30th)
Red-zone TD pct: 45.5 (29th)
4th-down pct: 20 (25th)
Sacks allowed: 31 (25th)、

Josh McDaniels時代以来のどたばたになってきたBroncos。Josephヘッドが悪いだの、Elwayのドラフトする選手が外れるのが悪い、Josephを雇ったのが悪いだの、メディアは、あいつが悪い、こいつが悪い協奏曲となってきている。今期の体たらくで大金をもらっているベテラン選手の多くが、今季オフチームを去ることになるかもしれない。来年は15年シーズンを制覇した鉄壁守備の系統・系列ではないまったく新しい守備になるかもしれない。好きな選手がいたら、、その勇姿を今じっくり応援しながら見ておこう!

  1. 2017/11/22(水) 00:02:14|
  2. 未分類

17.11.21 McCoy解雇

攻撃CのMike McCoyが解雇。Vance Josephヘッドが現地月曜にMcCoyに伝えたと情報筋。Bill MusgraveQBコーチが次戦から攻撃Cとなりプレイコールを出す。Musgraveは昨年まで2年間Oaklandで攻撃C。またGary Kubiakの息子Klint Kubiakが攻撃アシスタントからQBコーチに昇格する見込み。
Denver地元局のMike Klisは、John ElwayがMcCoyのオフェンススキームが複雑すぎって、選手がプレイをやりきれずにいると思っていたと伝えている。
  1. 2017/11/21(火) 00:55:04|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (901)