broncomaniacのブログ版

18.12.31はい今季終わり!!

1234
LAC077923
Denver03069


LA Chargers戦
試合登録から外れたのh
OLB Shane Ray S Su’a Cravens DE DeMarcus Walker G Nico Falah CB Craig Mager CB Harace Richardson OLB Aaron Wallace。

前半
第1Q
McManusがオンサイドキックも失敗。
Chargers攻撃1
Broncos陣48yから。CB Robyホールディングでファーストダウン与える。元BroncosのTE Virgil Green落球。新人CB Yiadomインターセプト。もちろんNFLキャリア初。マンツーでアウトパターンの前に出た。

Broncos攻撃1
自陣32yから。反則で一度ファーストダウンもらっただけでパント。Keenumパスばっかりで終わる。全部短いショートパス。

パンターWadman今日も絶妙なところにパントを落とす。おしくもタッチバック。

Chargers攻撃2
自陣20yからRB Gortonのラン、QB Riversのパスでフィールド中央にくるも3rdだうン8でChubbがLT Okungを破りRiversにラッシュを浴びせパス失敗。パントで終わる。

Broncos攻撃2
自陣20yから。3凡。ラン出ず、Keenum激しいラッシュでパス失敗。

控えCB Langley素晴らしいヒットでリターナーを仕留める。

Chargers攻撃3
自陣11yから。2つのファーストダウンの後に今度はS Will Parksがインターセプト。Rivers序盤からインターセプト連発。

Broncos攻撃3
Chargers陣45yから。3rdダウンでKeenumスクランブルでファーストダウン。本日初のファーストダウン。しかしホールディングで下がりそうすると何も出来ることは無くパント。ブーイングが出る。

Chargers攻撃4
タッチバックで自陣20yから。Wadomanのパントはいいとろこに落ちるもバウンドがChargers贔屓に転がりエンドゾーン入りとなってしまう。3凡。

Broncos攻撃4
自陣22yから。RB Freemanの8yランで第1Qおしまい。

第2Q
Broncos攻撃中。WR Parickへファーストダウンパスヒット。3rdダウン6からロングボム、Sutton両手の中にボールは落ちてきた物のボールキャッチ出来ずすり抜けて失敗。パント。

Chargers攻撃5
自陣11yから。1度のファーストダウンでパント。

Broncos攻撃5
自陣20yから。Billy Turnerのホールディングの後の3rdダウン8がHamiltonでファーストダウン。Bookerが抜けて54yTDは早々にイエローが飛ぶ。LB Bollesのホールディング。さらにBollesがBosaを掴んでぶん投げてホールディングでさらに下がる。Keenumがラッシュを受けて横の安全バルブのFreemanにパス、ヒットを受けてファンブル、リカバーされてエンドゾーンまでいかれる。ファンブルリターンTDを食らう。
LA Chargersが7-0と先行。

キックオフリターンでホールディングのBroncos。今日5つめのホールディング。

Broncos攻撃6
自陣10yから。Patrickファーストダウンキャッチ後多分足を痛める。Patrickの代わりにはCracraftしかもうWRがいない。Sutton、Hamilton、CracraftのみのWR陣。Patrickは膝を痛めたそう。自分の足で歩いて下がっており多分重傷ではないと思う。そのCracraftがロングハイボールをジャンプキャッチで44yパス。Hamilton簡単なフラットTDパスを落球・・・・。なんじゃこれ・・・・・。TE LaCosseへのパスは大きくバスがはじかれ宙に、エンドゾーンでインターセプトされる。リターンするインターセプトのAddae。無理して自陣守備選手にラテラルパスをしようとしてファンブル。Broncosリカバー。
ということで敵陣6yまでせめてインターセプト、ファンブルリカバーにより敵陣20yからファーストダウン。KeenumがBosaにサックされてFGで終わる。McManusのFGで終わる、7-3と追い上げるBroncos。

前半は7-3でChargersリードで折り返し。
両チームオフェンスはたいしたことはしていない。Keenumはパスを前半だけで27回も投げるバカなげっぷり。とはいえほとんどがチェックダウン程度。Cracraftに44yボムをヒットした以外はたいしたパスは投げていない。それ以外は15回成功で99y。ランはFreemanが10回37y。ホールディングも多くまともなドライブはゼロ。Hamiltonが6yTDパスを落球し、Keenumはエンドゾーンでインターセプト。Chargersのミスで3点もらった。
Broncos守備はRiversをサックこそしていないものラッシュでパス失敗に追い込んでいる。Riversは15回投げ7回成功84y。インターセプトを2つ奪っている。ランもRB Gordonに5回19y。ほぼ何もさせていない。両チーム勝ちを譲っているような展開が続いている。

後半
第3Q 
Broncos攻撃1
自陣25yから。膝を痛めたPatrick戻ってファーストダウンキャッチ。TE Parkerのホールディング。Chagers陣入ったところでパント。

Chargers攻撃1
自陣11yから。RB Gordonが今日一番のランで20yくらいゲインはTE Greenのホールディング。しかしRiversがWR Mike Williamsにファーストダウンパスヒット。ダブルリバースをHollandがつめ最後Shaq Barrettがタックルで大ロス。一度のファーストダウンでパント。

Broncos攻撃2
WR Patrickファンブルロスト・・・・・。

Chargers攻撃2
Broncos陣16yから。WR WilliamsへRiversスラントパスヒットでTD。14-3とChargers攻撃が本日初得点で差を広げる。

Broncos攻撃3
自陣25yから。

第4Q
Broncos攻撃中
Patrick14yパスレシーブも次のパス落球。スナップミスでKeenumサックでパント。

Chargers攻撃4
こっちもスナップミス。ショットガンが転がってRiversの後ろへ、Rivers必死にボールにダイブ。一度もファーストダウンとれずにパント。

Broncos攻撃5
RT Veldheerあばら痛めて退く。Billy TurnerがRTにMcGovernがLGに、GradkowsikiがCに。WR Suttonが25yパスキャッチ。FB Janovichがフリーで20yパスキャッチ。Janovichプロ入りして初TDパスキャッチ。14-9でエクストラはキックにいかず2ポイント。Keenumパス、エンドゾーンでCB Casey Haywardがインターセプト、なんと101tリターンされエンドゾーンまでいかれ2点を失う。16-9と一応Broncos差を詰める。

Chargers攻撃5
RB Gordon、RB Ekelerがロングゲインを重ねる。Yiadom、Robyがやられファーストダウンゴールに。EkelerのつっこんでTD、Chargersが23-9と試合残り6分弱で2ポゼッション差をつける。

良いリターンのCracraft、ボール叩かれファンブル。リカバーはChargers。

Chargers攻撃6
怪我を避けるためRivers下がる。QBにはGeno Smithが入る。SmithがMillerに追われパス投げだしをしようとしたらボールが手から落ちてファンブル、Millerリカバー。Millerキャリア通算99サックとなる。

Broncos攻撃6
自陣34yから。一度4thダウンギャンブルに成功も次の4thダウンロングは駄目。終わる。

Chargers攻撃7
Millerサック、Smithファンブルも自軍リカバー。と思ったらYiadomのホールディングでMillerのサックなし。Miller今季中で100サック到達と思ったら取り消されてしまった。この攻撃試合時間つかいきりLA勝利。
Broncos敗戦で今季6-10で終わる。試合後MillerとRivers談笑。


  1. 2018/12/31(月) 09:38:18|
  2. 未分類

18.12.28 お別れ近し?

日曜のLA Chargers戦は今季最終戦。プレイオフはすでに可能性なし。多くの選手にとって今季最後、そしてその中にはBroncosとして選手最後の試合になる選手も。契約切れ、高額サラリーのためのカット選手・・・。
チームで愛されているDomota Peko、Brandon Marshall、Darian Stewart・・・。
Marshallは高額サラリー、Josey Jewellの存在のため解雇の可能性が。
「可能性は無視は出来ない。自分は次の試合が最後の試合になるかもしれないと思って準備しているよ」と話している。
契約切れの選手はPeko、Bradley Roby、Shaq Barrett、Shane Ray、Jared Veldheer、Zack Kerr、Billy Turner、Jell Heuerman、Matt Paradis、Max Garcia。
年齢の高額サラリーのためのカット候補としてEmmanuel Sanders、Ron Reary、Marshallらの名前が予想として出ている。

  1. 2018/12/28(金) 23:28:50|
  2. 未分類

18.12.27 Lindsay自腹?

手首の怪我を負ったPhillip Lindsay。試合に出場出来ずともプロボウルイベントに参加したいとLindsay。が、リーグと選手会で結ばれた労使協定では怪我で試合に出場出来ない選手への飛行機代、ホテル台、出場サラリーなど一切NFLは出すことは出来ず、またBroncos球団がかわりに支払うことも禁じられている。ということでLindsayは多くの人と同じように、自分で費用を負担しないといけない。Von Millerに連れてってもらえば・・・・。
Lindsayは手首の靱帯、骨の骨折で、セカンドオピニオンの判断を仰ぐ。チームドクターの診断では手術が必要で4-6ヶ月の回復期間が必要となっている。

Peyton ManningがBroncosにFA入団する前のBroncosの成績は20勝28敗。Manning引退後の3年はあと1試合残しているがただいま20勝27敗。今季最終戦で負けると20勝28敗。

Oakland戦。Oaklandの攻撃のランプレイでDoug MartinがBroncos選手に囲まれながらドスドス前進。プレイがまだ終わっていないのにプレイを辞めていたCB Bradley Robyに中継局の解説者Jason Wittenが“プレイを諦めた”と激しく批判。Robyは試合後すぐにTwitterにプレイは終わったものと思っていた、自分はけしてプレイを諦めることはない、とWittenの批判に反撃。
「僕はあのコメントはチームスポーツの解説で最も侮辱的な言い方だと思う。僕はプレイが終わったと思ったんだ。実際は終わっていなかったんだけど。僕は(ボランティア訪問の)ガンなどの病気の子供達に諦めないでがんばれっていつも言っているんだ。あんな解説は必要ないことだった」とRoby。
Robyは前回のDallasとの対戦でBroncosがDallasを42-17と圧勝、Robyが当時現役だったWittenにトラッシュ攻撃を仕掛けたことが原因なのではともしている。
「僕が彼にトラッシュトークをしかけたのを覚えていたのかもしれない。彼は今年が解説デビューだと思うけど、彼にも学んでほしい。あれを聞いた人は信じてしまう。彼にはちゃんと確証があることを解説してほしい。彼に対しては別に怒ったりしていない。これは自分が解説どおりに選手ではないとう自己防衛をしてるんだ。僕がミスをしてしまったからといって、それは僕が諦めたじゃないんだ」とRoby。



  1. 2018/12/27(木) 23:04:43|
  2. 未分類

18.12.26 Lindsay手首重傷

Oakland戦で右手首を痛めたPhillip Lindsay。MRI検査を受け、靱帯の損傷があり、また手の舟状骨骨折の可能性もあることが判明。今後さらに検査は行われるがシーズンエンド、今季Lindsayのプレイはもう見られない。Oakland戦では痛めて退くまで10キャリー46y。ドラフト外新人ながら年間1037yのラッシュ。ドラフト外新人の記録1104yの更新とはならなかった。
Oakland戦の試合後のLindsayの様子からかなりの重傷と見られており、今回の診断はある程度予想できたものだった。プロボウルも欠場となる。

腓骨骨折で怪我人リスト入りしているCB Chris Harris。プロボウルでCBの代替選手トップ候補になっている。Harrisは脚の回復具合は良く、もし欠場選手が出て繰り上げ出場となればプロボウルに出場したいと話している。

Broncosのもし今シーズンが終わった場合のドラフト指名順は12番目。最終戦次第で7番から16番めの間の指名順になる。最高で7番目の指名と考えると、次戦対戦相手のLA Chargersとの試合のオッズはBroncosの6ポイント不利。LAはKCとの地区優勝争いをしている。最終戦の結果で1ラウンドバイ、ワイルドカードからの出場の争いで手を抜く段階にはなっていない。KCはOaklandと対戦。
1. AZ (1st-3rd)
2. SF (1st-5th)
3. NYJ (1st-5th)
4. OAK (2nd-9th)
5. DET (2nd-9th)
6. TB (4th-12th)
t7. NYG (4th-12th)
t7. BUF (4th-12th)
9. JAX (4th-13th)
10. ATL (5th-16th)
11. CAR (7th-16th)
12. DEN (7th-16th
  1. 2018/12/26(水) 23:38:59|
  2. 未分類

18.12.25 悪夢もあと1試合で終わるよ・・・・さぁ新シーズン早く

Denver007714
Oakland71001027


@Oakland
試合登録から外れたのは
OLB Shane Ray S Su’a Cravens CB Brendan Langley (concussion) TE Matt LaCosse (ankle) S Trey Marshall CB Craig Mager DE DeMarcus Walker
TE LaCosse欠場とTEはParkerとHighwayのみ。CBもLangley欠場。層が薄くなっている。またCravens、Rayは今週も欠場。二人はもう二度のBroncosのジャージで試合をすることがないのかもしれない。

前半
第1Q
Broncos攻撃1
自陣23yから。Lindsayのランでスタート。さらにLindsayで3rdダウン3、Suttonへのパスでファーストダウン。Billy Turnerのホールディングで下がる。TE Parkerのフラットロス、3rdダウンロング22はチェクダウンで前進しパント。

素晴らしいパント。敵陣1yでYiadomが押さえにかかるも体にボールエンドゾーンに入りそうになったのでボールをフィールド側に押し出す、なんとこのボールをOaklandのHarrisはリターンする権利があると拾って99yのリターンTD・・・。これは素晴らしい判断としかいいようがない。Yiadomのプレイもまぁこれは近年の普通のプレイだったので非難出来る物では無く、Harrisがスマートなプレイをしたということになるのか。

Broncos攻撃2
自陣30yから。WR Patrickへのロングは失敗後S Josephのヘルメットでのイリーガルヒットで15y。Freemanのラン2回で3rdダウン4、Suttonへのわりと長いパスは少し長く失敗。パント。

Wadmanのパントは今日も素晴らしい。今回もぎりぎりでエンドゾーン入るもゴール陣手前に的確にぽとりと落としている。

Oakland攻撃1
自陣20yから。最初の攻撃プライはショットガンスナップが乱れCarr、プレイせず拾ってダウン。3rdダウンでGotsis、ChubbがQB Carrを襲い多分Gotsisの単独サック。パント。

リターナーCracraft、パントを見送るもBroncos陣ゴールに転がる、なんでそんな浅いところでパントを見送るんだの失敗判断。

Broncos攻撃3
自陣20yから。Janovichパスでファーストダウン。リバース読まれてPatrick逃げるも7yロス、試合前のあと9yで1000yラッシュだったLindsay。先ほどのドライブで1000y達成と思ったらTurnerの反則で取り消し、このドライブでやり直してめでたく1000y到達のLindsay。4thダウン1をギャンブル。今ギャンブルならなんで先週ギャンブルしないんだと解説のWitten。Lindsay中央抜けるもKeenumが時間までスナップ出来ずディレイとられる。ギャンブルやめる、パント。

Oakland攻撃2
自陣20yから。Carrノーハドルで攻める。CarrはTEのJared Cookばかりに投げている。今日ここまで投げた4回全部Cook。3rdダウンからYiadomカバーのJordy Nelsonに投げるもべたつき失敗。パント。

Broncos攻撃4
自陣36yから。スイープやら横パスと横にストレッチさせようとしているもほとんどカバーされている。Suttonへのロングパスヒット、47yゲイン。しかしリプレイでは完全にボールは地面に落ちている。4thダウン1で自陣47yをギャンブル。オプショントスがOakland守備の手にあたり地面に落ちるも運良くLindsayの目の前にバウンドし

第2Q
Broncos攻撃中。Keenumサック受ける。ブリッツ入りKeenum、もう無理で短いパスでおしまい。Oaklandのブリッツ守備に苦しんでいる。

Oakland攻撃3
自陣11yから。WR Nelsonヒットで今日初のファーストダウンのOakland。短いパスで前進を続けるOakland。TEやRBへのフラットを重ねるOakland。RB Martinが右サイドのオフタックルを抜けると誰もBroncos守備おらず24yランになる。14-0とOaklandリード広げる。

Broncos攻撃5
Lindsay元気にラン!、Hamiltonもキャッチ!とフィールド中央近くまで戻すもパント。

Oakland攻撃4
自陣20yから。Carrがクイックパスでリズムを出しNelsonに連続ヒット。RB Martinドローから中央抜けるなど前進。FGでリード広げ17-0となる。

Broncos攻撃6
前半残り19秒もキックオフがサイドラインを豪快に割ったため自陣40yから攻撃。FGまではいけるかもしれない。パス一度のみ前進。McManusの58y狙う。ど真ん中!!しかし短く失敗。雨が降っていて少しボールが重かったか・・・・

前半Oakland17-0で折り返し。
Broncos攻撃は見るところ無し。Keenumは激しいラッシュの中なにもできず16回投げ10回成功77yのみ。ラッシュがかかると逃げて浅いパス、諦めて浅いパスの繰り返し。ランはLindsayが7回31yと平均では4.4yと出ているがあまり有効にドライブ継続の助けにはならず。守備はCarrの早いタイミングのパスがだんだん有効になってきている。何度もMiller、Chubbが襲うもCarrは到達前にパスを通している。実際守備がとられた得点は10点。セカンダリー陣大不足の中で10点ならまぁ合格点か。とにかく攻撃が何もしていなんだから守備を攻めることは出来ない。なんせOaklandはリーグ最低レベルの守備陣。

後半
Oakland攻撃1
自陣25yから。Marshallがパス投げたCarrを足下を刈ったと反則でファーストダウン。しかしMarsall可愛そう、リプレイでは押されて転がったところCarrが自分で転んでるだけだった。しかし守備は不運なファーストダウンにも負けずパントに追い込む。

Broncos攻撃1
TE Parkerファーストダウン。3rdダウン2となりBookerのパスでファーストダウンもSuttonのピックルートで守備のぶつかりをさそったことでパスインターフェア。3rdダウン12でラッシュでまたKeenumチェックダウン。ラッシュがかかるともうおしまいのKeenm。3凡。

Oakland攻撃2
3凡。

Broncos攻撃2
Patrick26yパス。Keenum次のロングパスは外す。Keenum3rdダウン10でラッシュを避けて避けて根性の17yラン。さらに激しいラッシュの中HamiltonヒットのKeenum。レッドゾーン突入。Keenum、相手のブリッツパッケージを見抜いたか、このドライブ、激しいラッシュにも的確にゲイン出来るレシーバーにパスをヒット、最後Hamiltonへ7yパスをヒットしTD。Broncosが17-7と追い上げる。

Lindsayが得点ドライブで手をヘルメットでヒットされ手首を痛めた模様。

Oakland攻撃3
3rdダウンからNelsonファーストダウン。今日はWR Nelson大活躍。早いタイミングのパスで必要な時に必要なパスをキャッチ。さらにRB Martinも加速、良いゲインを出し続ける。最後はRB Richardが3yTDラン。OaklandはTDを取られた返しのドライブでやり返しのTD。24-7とリード広げる。

Oakland攻撃中に4Q入った。

Lindsayは手首の怪我で今日はアウト。

Broncos攻撃3
Lindsay怪我でFreeman&Boockerで。Hamiltonがファーストダウンパス、Patrickがファーストダウンパスで前進。Keenum逃げて逃げて左、右、走りまくりパス失敗。Keenum逃げて走り走り右に逃げてSutton見つけて19yTDヒット、24-14と追い上げる。

Oakland攻撃4
ラン3回でパント。

試合残り5分48秒、タイムアウト2個のBroncos。10点差を追う。

Broncos攻撃4
自陣12yから。Keenumインターセプト。3人守備がいるとこの投げてもうた。

Oakland攻撃5
Broncos陣29yから。FGで27-14。

Broncos攻撃5
自陣17yから。Veldheerホールディング。4thダウン14は時間的に自陣深くてもギャンブルしかない。ここでディレイで4thダウン19。解説のWittenが繰り返すディレイ、12メンなど準備不足、対応不足のBroncosにびっくりと話している。前にはタレント能力のわりの負けるのはコーチ陣達の規律不足があるとかなんとかも言っていた。
Keenum投げるもインターセプト。これは4thダウン19なんで無理にでもロングなげなくちゃいけなかったろうからKeenumの全責任とはいえないけが。

Oakland攻撃6
時間つぶしドライブ。プレイが続くのにプレイをやめたRobyにWittenが批判。ついでにJosephヘッドの首も危ういねすねーと解説。いや危ういとか可能性があるとかじゃなうて、間違いなく首やろ・・・・。

27-14でBroncos惨敗。46年ぶりに2年連続負け越し。GrudenはBroncos対戦成績2-10と嬉しい一勝。あと1試合で新シーズンだBroncosファン!!。


  1. 2018/12/25(火) 13:24:19|
  2. 未分類

18.12.23 出場ステイタス

次戦マンデーナイト@Oaklandの出場ステイタス。
CB Brendan Langleyは脳震盪プロトコルから外れた、と前に書いたけど・・・・まだメディカルからクリアの診断をもらっていなかった。ということでアウト。クエスチョナブルはShane Ray。水曜の練習をJared Veldheerと共に風邪で家に帰されていた。Veldheerは土曜に練習、Rayは土曜も不参加、クエスチョナブルになっている。Rayは出場出来る状態となっても試合登録されるか不明。先週は元気にもかかわらず新人Jeff Hollandに出番を奪われた。今週はShaq Barrettも臀部の怪我から復帰する。RayはBroncosとしての最後の試合を終えたのか・・。

現地金曜日、Chris Harrisが今年のAnnual Darrent Williams Good Guy Awardに選出。
WilliamsはBroncosの2005年のドラフト2順指名選手。若き期待のコーナーとして活躍。
2006年の大晦日、年越しパーティーでもめた相手が車にのるWilliamsらのリムジンに銃弾を浴びせWilliamsは複数の弾を体に受け、1月1日未明死去した。 Darrent Williamsの情熱、そして地域とメディアとの協力。死亡後Williamsを称えるため授けられた賞でデンバーローカル記者による投票により受賞者が決まる。2007年創設で今年が12回目。Harrisは2013年にも受賞しており2回目の受賞は初。
12回の受賞者は以下。
2007 John Lynch
2008 Ebenezer Ekuban
2009 Elvis Dumervil
2010 Mario Haggan
2011 Champ Bailey
2012 Wesley Woodyard
2013 Chris Harris Jr.
2014 Terrance Knighton
2015 Brandon Marshall
2016 DeMarcus Ware
2017 Justin Simmons
2018 Chris Harris Jr.

現在12サックのBradley Chubb。NFLの新人サック記録は14.5。残りに試合で2.5サックが必要。次の対戦相手のOaklandのQB Derek Carrは今季48被サックとリーグで3番目に被サックが多い。Von Millerは
「彼が記録を達成出来るよう出来るだけのことはするつもりだ。自分が強烈にラッシュすれば逃げたQBを彼が仕留めるというおこぼれサックが出来るからね。いやこれは冗談だよ。だけど自分はWolfeと同じサイドで今までのようにプレイをするよ。自分に注目やターゲットになるようにしたい。そうすれば彼がダブルで当てられず1対1でプレイ出来るようになるからね」と話している。なおMillerは現在キャリア98サック。三桁の100サック達成を目指している。

クリスマス前。Von Millerは毎年恒例のMillerサンタとなって、チームメイトにカーハートのジャケットをプレゼント。Domota PekoはBroncosデザイン仕様のBumpboxxのスピーカーをチームメイトに用意していた。
  1. 2018/12/23(日) 23:27:34|
  2. 未分類

18.12.21 Oakland戦に向けた練習開始

現地水曜日、BroncosはChris Harrisを怪我人リスト入り、CB Craig Magerと契約。Harrisは腓骨骨折後プレイオフ出場に備え回復を待っているところだった。プレイオフ進出が無くなったことでHarrisは怪我人リストに。かわりにロースター入りしたMagerは2015年のChargersのドラフト3順指名選手。新人時に10試合出場、2年目には11試合出場8試合先発もここ2年は3試合のみの出場。今年9月にChargersをカットされていた。5-11に200パウンドと小型CB。

次戦がマンデーナイトゆえ今週は木曜が練習開始日。足首を痛めているMatt LaCosse、脳震盪のBrendan Langleyは練習不参加。LaCosseはチームから離れて個人ドリルでは動いており、またLangleyも脳震盪プロトコルから外れている。共に月曜の試合の出場は可能の見込み。

マンデーナイトの@Oakland。天気予報は雨。2020年のLasVegas移転、スタジアム完成を待つRaiders。来季はOakland Alameda County Stadiumを出て借りのスタジアムで1年を過ごす可能性もあり、このBroncos戦が最後の同スタジアムの可能性があるため、多くのRaidersファンがスタジアムに訪れると予想されている。

現地木曜のBroncos練習施設に120人もの警官が訪問。Von Millerが音頭をとり、地元警官、消防に多くの安全キットを無償で提供している非営利団体Shield 616におよそ20万ドルを寄付。同団体はその寄付から防弾ベスト、ヘルメットなど130におよぶキットを用意、本日はその寄付式でもあった。Millerは、近年銃乱射などによる複数の人間が被害者になる事件が増えていることを懸念。市民を守る警察のためにと今回の活動を始めた。
「今日集まった警察官の中に昨年銃で撃たれた警官がいたんだ。もし早く今回の寄付の中にあったベストがあればって言ってくれたんだ。とても感謝してくれて嬉しいしこれ以上の感謝はない言葉だったよ」とMiller。
集まった警官達はBroncos選手と握手をし、中にはPhillip LindsayのColorado大時代のチームメイトも警官となっており参加。Lindsayは今でも警察官はなりたい職業の1つだよと話していた。

  1. 2018/12/21(金) 23:12:32|
  2. 未分類

18.12.19 Miller&Lindsayプロボウル選出

現地火曜日プロボウル出場選手が発表。BroncosからOLB Von Miller(先発)、RB Phillip Lindsayの2人が選出。選手の欠場による代替繰り上げ補欠選手としては第1繰り上げとしてCB Chris Harris、第2OLB Bradley Chubb、第5WR Emmanuel Sanders。
Millerは選出7回目。Landy Gradisharと並びBroncosのLBとして最多選出。Broncosから選出最多はJohn Elwayの9、Steve Atwaterの8、Champ Baileyの8。Millerは8年間で7回目。
Lindsayの選出は選手、コーチ間での評価が非常に高いことがわかった。プロボウル選出の3分の1の比重を占めるファン投票ではLindsayはRBのトップ10に入っていなかった。ドラフト外選手の新人年のプロボウル選出は1981年のDallasのCB Everson Walls以来。ドラフト外の攻撃選手としてはNFL初。Broncos選手で新人プロボウル選出はAFLとNFL合併以後ではK David Treadwell、そしてMillerについで3人目。
プロボウルは来年1月27日、フロリダ州オーランドで開催。

Lindsay大活躍だが今年のBroncosのオフェンスの新人はパッケージとしても優秀。WR Courtland Suttonはレシーブで624y、RB Royce Freemanはラン440y。Freemanはレシーブで29y。Freemanは残り2試合でラン&レシーブで31yを稼ぐとスクリメージゲイン500y達成。新人が3人スクリメージゲイン500y以上達成はリーグの歴史で過去2回。2012年のIndy、2014年のClevelandのみ。

元BroncosのCJ AndersonがLA Ramsと契約。
またGB PackersがPaxton Lynchのワークアウト。シーズン後のフューチャーコントラクト選手用のワークアウトらしい。
  1. 2018/12/19(水) 23:06:55|
  2. 未分類

18.12.18 Josephヘッド恒例会見

Vance Josephヘットが現地月曜、恒例の週明け会見。
昨年シーズン後、Elway GMはJosephヘッド解雇、Shanahanヘッド&QB Cousins同時獲得を考えていた、とメディアが伝えたことに関して
「特に不愉快に思ったりはしなかった。自分の仕事は試合に勝つこと。誰を解雇し雇うということは自分の仕事ではない。次戦はOakland戦。それが自分の集中していること。その報道に関してはまったく自分に影響はない」と話した。
Broncosは今季残り2試合をJosephヘッドで闘い、ヘッド交代などの人事はシーズン終了後になると見られている。
月曜にはElway GM、Ellis CEOと個別にJosephヘッドは話し合いを行ったという。
「記事に自分に関する悪いことが書かれているが自分の心配事はフットボールチームのことだけだよ」とJosephヘッド。

Cleveland戦で試合登録されなかったOLB Shane RayとS Su’a Cravens。コーチ判断を尊重しながら明らかに不満を持っている。Rayは試合前日の金曜日に試合登録されないと伝えられたという。
「直前すぎて選手へのレスペクトがないと感じた。理由はどうあれ決定する権利はコーチ達にある。残りに試合も、もちろんプレイオフはもう絶望となっているが、自分はプロとしての仕事をするつもりだ」とRay。今季1サック、そしてベンチ降格。Rayは
「そりゃ不満だらけだよ。ただそれはこの2年ずっとだよ」と話した。
Josephヘッドは試合後RayとCravensを試合登録しなかった理由を
「ベストの選手で闘うため」と話したがCravensはそれには同意していない。
「自分はチーム内のことを悪く言ったりはしない。彼がコーチだし彼の指示に僕は従う。ただベストの選手と言ったことには同意できない」とCravens。
「別に自分は不満には思っていない。もしチームが僕無しのほうが良いと思えばそれでいいよ。自分はチームプレイヤー。どんなことであれチームの助けをする」と話している。

プレイオフの出場の可能性がなくなったBroncos。脚骨折のChris Harrisは怪我人リスト入りする可能性は非常に高いとJosephヘッド。臀部の怪我のOLB Shaq Barrettは次戦Oakland戦で復帰出来る可能性がある。
「Shaqはプレイしたがっている。彼の選手としての価値を試すためにね(今季終了でFA)」
とJosephヘッド。

  1. 2018/12/19(水) 00:06:38|
  2. 未分類

18.12.17 Shanahan再招聘案は確かにあったらしい

昨日元Denver PostライターWoddy Paigeが、昨年シーズン後、Elway GMはJosephヘッド解雇、Shanahanヘッド&QB Cousins同時獲得をもくろんでいたと伝えた。
翌日これまたDenver Postの元ライターMike KlisがKlis自身の取材の内容を9news.comに投稿。それによると、Elwayは確かにJoe Ellis球団CEOにJosephヘッド解雇、Shanahan招聘の案を話したという。Ellisは数時間考慮し、Elwlayに2つのオプションを提案。Josephを解雇し新ヘッドを探す。もしくはQBをアップグレードしてJosephに2年目を任せる、球団はShanahanとの再契約はないと話したという。
KlisはCousinsがShanahanのレストランでもしShanahanがBroncosヘッドになった場合ディスカウント価格で契約してもいい、と話したというPaigeの報道は否定。CousinsはNFLの多くのコーチと情報収集のため話すことは多いが、Shanahanとは昨年Broncosヘッド騒ぎの中では合っていないとKlis。
Klisは以下の2点は自信をってないといえるとしている。
1 Josephヘッドシーズン内の解雇
2 Shanahanのヘッド再就任



  1. 2018/12/18(火) 02:12:53|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1059)