broncomaniacのブログ版

19.07.31 キャンプ11日目

現地火曜はキャンプ11日目。木曜のプレシーズン前の最後の本格的な練習。といっても鬼のFangioヘッドも試合前最後の練習はパッド無しとした。火曜までキャンプ練習で怒号の7日連続パッド装着練習と厳しい練習が続いていた。
先発QBにKevin Hogan、次ぎがDrew Lock。練習ではLockが試合を想定してのスカウトチームで先発組を相手にプレイ、新人にとっては試合準備の練習も初体験となる。
今年のプレシーズンはHOFゲーム出場のため5試合をプレイするBroncos。
Fangioヘッドは
「もっとも恩恵を受けるのは若手選手。通年より多く出場機会があることになる。彼らも4試合の場合だと出番が少ないと感じているだろう。皆に相応の出場プレイを与え選手評価のための試合テープを十分集められるようにしたい」と話している。
注目のポジションはILB。毎年泣き所といわれるILB。キャンプでは先発のTodd Davisが怪我で練習不参加。Josh Watson、Alexander Johnsonがキャンプ中、Josey Jewllの相棒ILBとして先発組の機会を多くもらっていた。2人は共にILBで木曜に先発する予想。

ほとんどの先発組はお休みの予定のHOFゲーム。ただし攻撃ラインの若手は出場する。FangioヘッドはGarett Bolles、Connor McGovern、新人のDalton Risnerは出場の予定と話した。



  1. 2019/07/31(水) 23:18:39|
  2. 未分類

19.07.30 キャンプ10日目

現地日曜はキャンプお休み。月曜、キャンプ10日目を迎えた。悪天候で外ではなくインドア施設で練習開始、途中から外のフィールドに出たが残念ながらファン公開は中止となった。

アキレス腱断裂から早い回復を見せているWR Emmanuel Sanders。11on11に参加。明らかに予定より早いペースで回復している。

土曜のスタジアムでのスクルメージ練習では反則を多発。Fangioヘッドもおかんむりだったが1日休みをおいたこの日の練習では反則は少なかった。

このキャンプ、ショットガンからのスナップが乱れ気味のセンターConnor McGovern。この日もショットガンのスナップが地面を転がってしまった。
Fangioヘッドは
「木曜の試合は少しプレイさせないといけないかな。土曜の練習ではよかったんだけど」と話している。現地木曜、日本時間金曜午前に今年最初のプレシーズンを迎えるが先発組はプレイしない見込み。McGovernもお休み予定。

この日、今季シーズン最初のデプスチャートが発表された。
Offense
WR: Emmanuel Sanders, DaeSean Hamilton, Juwann Winfree, Kelvin McKnight, River Cracraft, Steven Dunbar Jr
LT: Garett Bolles, Elijah Wilkinson, Chaz Green
LG: Dalton Risner, Sam Jones, John Leglue
C: Connor McGovern. Jake Brendel, Austin Schlottmann
RG: Ron Leary, Don Barclay, Ryan Crozier
RT: Ja'Wuan James, Jake Rodgers, Quinn Bailey
TE: Jeff Heuerman, Noah Fant, Troy Fumagalli, Jake Butt, Austin Fort, Bug Howar
WR: Courtland Sutton, Tim Patrick, Fred Brown, Trinity Benson, Brendan Langley, Jamarius Way, Nick William
RB: Phillip Lindsay, Royce Freeman, Devontae Booker, Khalfani Muhammad, Devontae Jackson, David Williams
QB: Joe Flacco, Kevin Hogan, Drew Lock, Brett Rypien
FB: Andy Janovich, George Aston

Defense
DE: Adam Gotsis, DeMarcus Walker, Billy Winn
NT: Shelby Harris, Zach Kerr, Mike Purcell
DE: Derek Wolfe, Dre'Mont Jones, DeShawn Williams
SLB: Bradley Chubb, Justin Hollins, Aaron Wallace, Ahmad Gooden
WLB: Von Miller, Dekoda Watson, Jeff Holland, Malik Reed
ILB: Josey Jewell, Joseph Jones, Keishawn Bierria, Joe Dineen
ILB: Todd Davis, Alexander Johnson, Josh Watson
LCB: Chris Harris Jr., Isaac Yiadom, Horace Richardson, Alijah Holder
RCB: Bryce Callahan, De'Vante Bausby, Linden Stephens, Trey Johnson
SS: Kareem Jackson, Su'a Cravens, Trey Marshall, Jamal Carter
FS: Justin Simmons, Will Parks, Dymonte Thomas, Shamarko Thomas
K:Brandon McManus
P:Colby Wadman
LS:Casey Krieter
KR:Devontae Booker, River Cracraft, Brendan Langley, Devontae Jackson
PR:River Cracraft, DaeSean Hamilton, Brendan Langley, Kelvin McKnight

今週木曜、日本時間今週金曜に迫ったHOFゲーム。先発QB Joe Flaccoは出場せずKevin Hoganが先発。
「Kevinが先発し、Drew(Lock)が次ぎ、そしてRyp(Brett Rypien)がプレイする」とFangioヘッド。K Brandon McManus、P Colby Wadman、ロングスナッパーのCasey Kreiterはプレイするもののほぼ控え組による試合となる。今年のBroncosのプレシーズン試合は通年より1試合多い5試合をプレイ。控え組にとってはチャンスが増える。
先発組選手にとっては体を休める時期になる。火曜の練習の後は、水曜の移動日は軽いワーク、木曜の試合は先発組はお休み、金曜は試合翌日でオフ、さらに土曜の練習も簡単な筋トレワークのみに変更となっている。Flaccoほか先発組初戦は来月9日のSeattle戦となる。

月曜午前、元DetroitのRB Theo RiddickがBroncosのワークアウトを受けた。契約をせずにDenverを去っている。情報筋によるとNO SaintsとBroncosのどちらかと契約、Riddickは時間をかけて決めたいという。RiddickがDetroitで6年を過ごしたリーグでも有数のレシーブRB。過去4年では年平均約61回のレシーブを記録。先週土曜日に3.2ミリオンという高額サラリーが原因となりカットされている。RiddickはFangioヘッドが守備CだったChicagoをパスキャッチでここ数年苦しめてきた。昨年は同地区対戦の2試合目の試合に13キャッチ108yレシーブ。Broncosの昨年のRBはランダウンはPhillip LindsayとRoyce Freemanの若手コンビ、3rdダウンではパスプロに優れたDevontae Bookerが主にプレイとなっていた。Broncosは今季からRich Scangarelloが攻撃C。Scangarelloがパスレシーブに優れた3rdダウンバックを求めRiddickが加入するとなると、Bookerのロースター残留に暗雲が。

  1. 2019/07/30(火) 22:22:00|
  2. 未分類

19.07.28 キャンプ9日目

キャンプ9日目。
現地土曜のキャンプ練習はBroncos Stadium at Mile Highで行われ21,234.人のファンが集まった。今年Broncosに入団した新加入選手にとっては初めての5桁観衆の前での練習、プレイとなった。新人QB Lockは歓声に応える反応が出来ずで
「スタジアムに出てきたときに大きな歓声を浴びて・・・申し訳ない。正直に言うと、どう反応していいのかわからなかったんだ。少しは手を振って笑ったりしてはみたんだけどね。でももうちょっと良い対応が出来たと思う。でも本当に素晴らしい体験だったよ」とLock。Lockと同じくドラフト2順で指名された先発G Dalton Risnerは
「今日は自分の10歳の頃の夢をついにかなえたよ。自分はDenver Broncoとなったんだ」と地元出身でBroncosファンとして育っただけに感動もひとしお。Risnerはフィールドに入るなり集まった観衆をスマホのビデオで撮影していた。高校時代にスタジアムで試合経験がありそれ以来のマイルハイのフィールドでのプレイだという。

このキャンプ、ほぼ守備が攻撃を圧倒する毎日だった。しかしここ3日間は攻撃も盛り返しを見せている。Joe Flacco新先発QBに関してFangioヘッドは
「Joeはだんだんいい感じになってきた。新しいチームと新しいシステム。彼はだんだん効果的なオフェンスが出来るようになってきた。効果的というのはいろいろなことを意味しているんだ。正しいレシーバーに前より素早いタイミングでパスが投げられる、前より少しづつ正確になっていっている。もちろんまだ時間が必要だしまだ我々の望むポイントまではきていない。しかしどんどん良くなっている」と話している。
Flaccoは
「この3日間、攻撃陣はようやく上達の成果を見せてきていると思う。Vicヘッドの守備は素晴らしい仕事をしているからね。ここまで苦労することも多かったがようやく攻撃陣がはじけてきたと思う」と話している。
ドラフト2順指名の未来の先発と期待される新人QB Drew Lockも良い動き。
Fangioヘッドは
「今日は良かった。7on7の練習ではこのキャンプベストだった。まぁ7on7はフットボールと言えるものではないけどね。それでも進歩を見せている。11on11で、そして最終的には試合でその動きを見せないといけない。まぁ彼はどんどん良くなってはいるよ」と話している。

ChicagoからFA加入した新先発CB Bryce Callahanが練習序盤に足を痛めロッカーに。X線検査で問題なし、重傷ではないと見られている。

Von MillerとEmmanuel Sandersはスタジアムでの練習を休み会場にも姿を見せず。2人共通の知人の葬儀に参加のため。チームで最も人気があるであろうMillerが不在のため、今日のスタジアム練習でスタジアムに入った時の歓声が一番大きかったのはChris Harris Jrだった。またQB陣にももれなく大歓声だった。
またPhillip Lindsayも休んだ。カイロプラクティックを久しぶりにやってもらったら背中が痛くなったとLindsay。しばらくやってないとよくある事とLindsay。

NFL TOP 100でBroncos RB Phillip Lindsayが68位にランクイン。Lindsayは昨年のドラフト外新人FA選手。ドラフト外新人選手が翌年のTOP100にランクインするのは2011年に開始されてから初めてのこと。昨シーズン後のプロボウルにはドラフト外新人FAの攻撃の選手で初選出されており、今後もドラフト外選手としてNFL入りした選手としての多くの記録を作りそうだ。

  1. 2019/07/28(日) 22:24:34|
  2. 未分類

19.07.27 キャンプ8日目

キャンプ8日目。今日の記事は眠いので少しだけ。
前日足首を痛めたTE Bug Howardは足首の捻挫で1週間程度アウト。大事なく幸いだった。

WR Nick Williamsと契約。DL Deyon Sizerをリリース。Broncosはプレシーズン開幕のホールオブフェームボウルを現地来週木曜にプレイ。E Sandersはアキレス腱からの回復、Daesean Hamiltonがハムストリングを痛めるなどWR陣が手薄になっていた。Williams は2013年のWashington Redskinsのドラフト外新人FAで2年間Washington、その後Atlantaで3年間、昨年はTennessee Titans、LA Ramsでプレイ。5-10、184パウンド。攻撃CのRich ScangarelloはAtlantaでWilliamsをコーチしている。すでに現地金曜のキャンプ練習に参加。11on11に入れられるなど、いきなり実戦モード。プロ通算6年で30キャッチ、280ヤード、2TDを記録している。
またTE Moral Stephensとも契約。今年のBuffalo Billsのドラフト外新人FA選手。6月にカットされていた。TEではHoward、Jake Buttが怪我で来週木曜のプレシーズン初戦は欠場する。そのための補強。かわりに契約したばかりのパンターJustin Vogelをカット。

キャンプ8日目の練習も前日に続き攻撃サイドが守備に勝り、このキャンプ最高の攻撃陣の日となった。



  1. 2019/07/28(日) 00:30:12|
  2. 未分類

19.07.26 キャンプ7日目

キャンプ7日目。
ドラフト外新人TE Bug Howardが足首を痛めて退いた。かなりの重傷に見えカートで搬送。X線検査では異常なし。捻挫と見られMRI検査でどれだけの重度かの結果待ち。Fangio

前日ハムストリングを痛めたWR Daesean Hamiltonは練習休み。ハムストリングは痛めると休ますことしかなく、また時間がかかる。
Fangioヘッドは
「予想よりも悪くない。それほどかからないと思う。ただハムストリングの難しさは皆も知ったとおりだ」としている。
TE Jake ButtはACL明けの回復に時間がかかっておりまたも休み。ほかWR River Cracraftも怪我で休み。

Emmanuel Sandersはまだまだ怪我の回復途中、ハムストリングでHamiltonがアウトで先発スロットレシーバーで多くの練習機会をもらっている新人のKelvin McKnight。スタンフォード出身のドラフト外新人FA選手。同じくドラフト外新人のWR Trinity Bensonも多く先発組に入っている。ともにロースター争いの選手だけにこの機会に乗じて評価を上げておきたい。
Fangioヘッドは
「レシーバー陣に怪我が多くなっているがその代わりに若い選手にはチャンスになっている。こういう流れが良い素材を見つけるチャンスにもなる。」と話している。

先発センターConnor McGoverのショットガンからのスナップが右サイドに乱れがち。本職ガードで昨年緊急センター。今年は先発センターとしてキャンプイン。
「ここまで毎日1度ミススナップを出している。今日は2回か3回出した。ただそれほどの問題ではない。修正の方法はわかっているし、ちゃんと修正する。何度か守備陣の陣形に目がいってしまいスナップの時に尻がちゃんとスナップの時にあるべき体制になっていないことがあった。まだセンターの経験が浅く、体の動きが反応で出来ていない。とにかく開幕戦までに動きを反応で出来るようにしなくては」とMcGovern。McGovernは長らくガードでプレイ。昨年W9でMatt Paradiseの怪我を受けセンターコンバート。大学時代もセンターは経験していなかった

これまでのキャンプ、毎日にように守備サイドの圧倒の日であったが、ようやく攻撃が巻き返した。

オフにFAでHoustonから獲得したS/CBのKareem Jackson。OTAからずっとSで練習。Fangioヘッドは
「緊急事態には彼はCBに入るし、フォーメーションによってはスロットを守ることはあるよ」と話している。

  1. 2019/07/26(金) 22:47:13|
  2. 未分類

19.07.25 キャンプ6日目

キャンプ6日目。現地火曜日はキャンプ練習休み。明けて水曜日、キャンプ練習再開。
WR Emmanuel Sandersが昨年12月にアキレス腱修復手術を受けて以来初めて7on7ドリルに参加。見事なダイビングキャッチを見せた。
Fangioヘッドは
「まだようやくスタートラインに立ったという状態。これからどんどんペースを上げていって欲しい」と話している。
Sandersはここまで多くの時間をサイドラインで若手レシーバーの練習ぶりを見ていた。
中でもこのキャンプ、ドラフト外新人FA選手ながら評価を上げ続けている小型のTrinity Bensonを賞賛。
「TBは爆発的でとても早い。彼には“昔の自分を見ているようだよ”と話したよ。スピードも落ちないしキャッチ能力も高い。まだまだ上があると思う。彼には“まだまだ君は白帯だ。黒帯目指して努力しろ。ルートランをマスターして美しいレシーバーとなるよう目指すんだ”って言ってるよ」とSanders。
WRは怪我人が多く、River Cracraft、Juwann Winfreeが怪我で休んでおりまた水曜の練習でDaeSean Hamiltonがハムストリングを痛め途中で練習を退いている。ゆえこの日はBenson、そしてKelvin McNightらが先発組に入るシーンも。
WRはSanders、Courtland Sutton、Hamiltonはロースターロック。Tim Patrickもロースター残留に向け好調。休んでいるが新人Winfreeも評価を上げている。CBから転向組のBrendan Langley、Benson 、CracraftらがWR最後の椅子を争う展開か。
またTE Jake ButtもACL明けで水曜の練習も休んだ。

今年が終わり来年オフ、Broncosにとって自軍FA契約最重要選手になるのはS Justin Simmonsになるかもしれない。このキャンプ、インターセプトマシーンとなっている。6日間のキャンプ練習でインターセプト3回。
Vic Fangio新ヘッド、そしてセカンダリーが本職の守備C Ed Donatellのシステムの元で大ブレイクが期待される。

水曜の練習にPeyton Manningが息子・娘を連れて練習見学のため施設訪問。

BroncosはキッカーTaylor BertoletをカットしてパンターJustin Vogelと契約。
Fangioヘッドは
「キッカー2人で練習を続けていたから今度はパンター2人で練習だ」と話している。
若いパンターWadmanへの刺激が新パンター契約の理由か。Vogelは2017年のGreen Bayのドラフト外新人FA選手。その年GBで正パンターで71回のパントを蹴りプロボウルの代理候補にも選ばれたが18年5月にカット。その後Cleveland、SFと契約も試合には出ていない。

毎年夏恒例のNFL Top100。82位にBroncosのBradley Chubbが入った。昨年のドラフト全体5番目指名のChubb。12サックとBroncosの新人サック記録を作るなど大活躍した。現在71位までの30人が発表。毎日10人発表で31日にベスト10が発表となる。

Broncosは今年のキャンプでは19回の練習を一般公開。Philly Eaglesは一般公開は1回だけ。Oakland Radersはチケットホルダー向け公開日のみで一般開放なし。Dallas CowboysはBroncosより多い一般公開。ただしDallasは夏のキャンプは地元Dallasでは死人が出ても不思議はない気温ゆえカリフォルニア州でキャンプをしている。ゆえ地元ファンは残念ながらキャンプ練習の見学は出来ない。



  1. 2019/07/25(木) 22:46:52|
  2. 未分類

19.07.23 キャンプ5日目

キャンプ5日目。Fangioヘッド、本日午前の練習はなんと予定時間をフルに使った2時間45分。Mike Shanahan、Gary Kubiak、Vance Josephの3人のヘッドはキャンプでは選手の体力を使い切らないことが大事、と2時間を超える練習は行うことはなかった。Foxヘッドは希に2時間を超えることがあったが通常は2時間以内だった。2時間45分は3人のヘッド時代の練習より1時間以上も長い練習時間だった。
Fangioヘッドは
「選手は練習をしなくては上達しない。更に今はロースターに90人も選手がいるんだ。確かに長い時間フィールドにいるが選手個人で見るとそれだけの時間を練習しているわけではない。また2時間45分というのはハーフタイム15分入れると3時間だ。ちょうどNFLの試合時間と同じじゃないか」と話した。
ただしFangioヘッドは軽いウォークスルー練習は無駄と考えている。2011年の労使協定で午前の練習に続く午後は軽い1時間のウォークスルー練習と決められている。Broncosはキャンプインしてから午後のウォークスルー練習をチーム全体では一度も行っていない。
「ウォークスルー練習は今後もあまりやらないよ。だから選手は午後は体を休めることが出来る」とFangioヘッド。

昨年試合中にランプレイでボールキャリー中ヒットを右手首を骨折したRB Phillip Lindsay。現在は小さい保護具を右腕につけて練習に参加。キャンプ練習ではほぼ左手でボールを抱えてプレイしている。特に右腕をかばってのことではないとLindsay。
「左手ばかりでキャリーだけど右手の調子も抜群だよ。自分としてはどちらの手でキャリーするのかは問題じゃない」とLindsay。

Lindsayがスピーダーなら俺は重量で勝負するわ、とRB Royce Freemanが昨年より10パウンド増の240パウンドでキャンプに参加している。重量アップはランだけの目的ではない。パスプロテクションでもLBに対抗出来るようにするためだ。
「Royceは大きく肉体的なパスプロテクションが出来る。NFLでは何でも出来ることが大事。Lindsayと彼のコンビはAtlantaのTevin ColemanとDevontae Freemanのコンビを思い起こさせる。2人とも違った個性の能力を持ち、それらが作用すれば彼らが出せる最大限のベストにまでもっていくことが出来る」」とScangarello攻撃C。
「Lindsayには毎プレイAギャップに突入するようなプレイはさせたくないからね。ランを使い分けて彼らのベストを出させるのは我々コーチ陣の責任だよ」と」とScangarello。

ACL明けのTE Jake Butt。回復途中であるが月曜の練習も見学と2日連続で休み。火曜はキャンプ練習休みので水曜は練習する予定。
FangioヘッドはButtの膝の回復具合について
「今の段階では問題とは考えていない。想定の範囲内」と話している。
新人WR Juwann Winfeeは足の痛みで月曜の練習見学。RG Ron Learyはベテランオフでお休み。ILB Todd Davisはふくらはぎで当然まだまだお休み。代わりにJosh Watsonが2回目のILB先発組に入った。キャンプ5日が終わり、Davisの代わりに先発組に主に入ったのはWatsonが2日、Alexander Jonesが2日、Joe Jonesが1日。

現地月曜の練習はBroncos OBデー。Steve Foley、Brandon Lloyd、Ken Lanier、Ron Egloff、Mark Cooper、Bucky Dilts、 Don Horn、 Tatum Bell、Demetrin Veal、Le Lo Lang、 Claudie Minor、 Glenn Martinez、Brandon Stokley、さらにTerrell DavisはNFL Networkの取材のため、John ElwayはGMでいつもそこにいるため、Steve Atwaterは球団広報でいつもそこにいるため、ほか数選手が施設訪問し練習を見学。

  1. 2019/07/23(火) 23:31:57|
  2. 未分類

19.07.22 キャンプ4日目

キャンプ4日目の練習は現地日曜ということもありこのキャンプ最多3691人ファンが集まった。前日土曜に続きこの日の練習もフルパッド装着。

Rich Scangarello攻撃Cが今季のRB Phillip Lindsayのプランについて語った。
「彼はいつでも1対1のマッチアップで勝つことが出来る。NFLで一番簡単にミスマッチを作るにはRBを相手LBにカバーさせればいい」とScangarello。
Scangarelloの言葉はランプレイではなくパスプレイでのこと。昨年あまりパスプレイにはからまなかったLindsay。今年はパスルートに多く出ることになるのか。
またScangarelloはここまで一番驚いている選手として控えTのElijah Wilkinsonをあげた。2017年のBroncosのドラフト外新人FA選手。昨年は7試合RTで先発した。
「彼はとても重量級のタックルだったと思うが体重を落とし、身体能力も高く、ゾーンスキームにとても適している。きっとMike Munchakがうまくやってくれているんだと思う。今のところ彼のプレイぶりにはとても喜んでいる」とScangarello。

いまいち目立たないキャンプスタートとなったドラフト1順の新人TE Noah Fant。この日もボールキャッチ後のランでファンブルを犯すなどミスが目立つ。落球の数も多い。
Fangioヘッドはそれでも日曜の練習後に、Fantのプレイには素晴らしいものがあったと話している。
「新人は誰でもそうだがキャンプ序盤は相手にやられ体も痛み苦しむものだ。2週間目、3週間目となればすべて彼もよくなっていくだろう」とFangioヘッド。
Scangarello攻撃Cは
「これがNFLというもの。プレイのスピードも違うし、彼が多くのことが出来るとわかっているから我々も彼に多くのことを求めている。ドラフト前には彼はランブロックがあまり出来ないという評価だったが、実際は素晴らしいブロックをしている。まぁ時間もあるし彼も早く物事を学ぶことが出来る選手。パッドつき練習のこの2日は彼は随分よく動いている」と話している。

ドラフト外新人FAのQB Brett Rypienがセカンドチームに入りプレイする機会が。相手は守備先発組。いきなりサック、投げミスから始まるもその後は3回パスを通した。
Fangioヘッドは
「私は彼は、多分ではあるが、NFLでは良い未来が待っていると思う」と一応お褒めの言葉を。Broncosは現在4人のQBがロースターに。Fangioヘッドは皆になるべく多くのプレイチャンスを与えたいとしている。Broncosは今年は殿堂ボウル出場のためプレシーズンが5試合ある。エースFlaccoは調整程度。控え争いのKevin Hogan、Drew Lock、そしてRypienらは通年より多くのプレシーズンでのプレイ機会を与えられることになる。

WRで新人Juwann Winfreeが好調を続けている。
Chris Harrisは
「15番がいいね。毎日ボールをキャッチしまくっている。いいルートも走ってるし他の多くの選手よりも強いよ。15番のプレイぶりはとても気に入っている」とHarris。
キャンプ序盤は新人に注目がいきがち。その中で2年目のTim Patrickが日曜の素晴らしいキャッチで観衆を沸かした。2017年のBaltimoreのドラフト外新人FAは昨年2018年シーズンにBroncosでNFL試合デビュー。Broncos最後の4試合で242yレシーブ。これはラスト4試合に限ればチームのリーディングレシーバーだった。今年のキャンプは体がとても大きくなり皆を驚かせた。
「みんなびっくりしてたよ。まだ体が成長してるみたいなんだ」と25才のPatrick。6-4の大型レシーバーのPatrick。今年は10パウンド増でキャンプイン。昨年のサラリーはミニマム48万ドル、加えて出場ボーナスが約23万ドル入った。
「お金に余裕が出来たんで毎食たくさん食べたんだよ。体重増加分は筋肉だといいんだけどな。でもお金に余裕が出来たことでオフにも本物のトレーニングが出来たんだ。トレーニングそのものはもちろん毎回リアルにやっているけど、お金に余裕が出来たんでオフにフロリダと施設の揃ったところでトレーニングしたんだ」と話している。
「去年はテクニックなんてなかった。ただただプレイしたくでがんばった。たいしたテクニックなしであれだけプレイ出来たのは、このオフにテクニックを学ぶのに自信を持てたんだ。もし僕がちゃんとした技術を覚えれば自分は誰にも止められないよ」とPatrick。

プレシーズン試合、あと少し





  1. 2019/07/22(月) 22:37:27|
  2. 未分類

19.07.21 キャンプ3日目

キャンプ3日目の練習はFangio体制となり初めてのフルパッド装着での練習。

現地土曜日の練習でドラフト外新人FAのWR Trinity Bensonが先発組に入るシーンが見られた。QB Flaccoから2回のパスを受けた。5-11に182パウンドの軽量スピードスター。Oklahoma州のEast Central Collegeで昨年は45キャッチ、507y、ラン出も54回324yを記録。もちろんキックオフ、パントリターンも出来る。
Fangioヘッドは
「若い選手に何が出来るかを見るにはその中にに入れてしまうことが一番。そこで彼らがやれるかどうかだ」と話している。
WRではドラフト6順の新人WR Juwann Winfreeも魅せた。Drew Lockからのロングパスを受けた。Winfeeはこの3日間良い動きで好調。

Todd Davisがふくらはぎの怪我で抜けたILB。先日はAlexander Johnsonが先発組に。明けた現地土曜日に練習ではColorado State出身のドラフト外新人FAのJosh Watsonとこの2年Broncosでスペシャルチーマーとして活躍しているJoe Jonesが先発組に。Fangioヘッドは連日新人を先発組に入れ動きを確認している。

WR River Cracraftが筋肉を軽く痛め1週間ほどアウト。TE Troy Fumagalliが練習参加を試みたが臀部の痛みで参加をとりやめた。Jake Butt、そしてここまで好調のFumagalliが怪我で休んだ分、ドラフト外新人FAのTE Austin Fortの株が上昇している。キャンプ最初の2日間も目立っていたがFumagalliが抜けた3日目はTEに関してはFortが主役となっている。

Broncosは早朝WRのワークアウトトライアウトを行った。前日WRのRomell Guerrieが引退したため。South Alabama大の新人Jamarius Wayを契約の見込み。

キャンプ3日間でBroncos守備が攻撃陣を圧倒。連日インターセプトが多く見られ、金曜はKevin Hoganが3つ投げ、土曜日には先発QB Joe Flaccoも2回やられた。Hoganも喰らっている。
Fangioヘッドは攻撃を批判するよりは守備が素晴らしいということ・・・としながらも
「ただターノーバーはOKというわけではないからね。試合ではターンオーバーの数に比例して勝つことが厳しくなる。インターセプト1つ1つの原因については今はわからないがちゃんと(フィルムを見て)見極めてないといけない」とFangioヘッド。
オフのHoustonからFA契約したS Kareem Jacksonはセカンダリー陣の連携はとてもうまくいっていると話している。
「コミニュケーションがとれてボールスナップのタイミングも皆同様に理解している。我々セカンダリーが仕事を遂行するには大事なことだからね。今日の練習は素晴らしかったよ。もちろん練習フィルムをみないとわからないこともあるけどね。でも感じとしてはとてもいいよ」とJackson。

アキレス腱の回復途中にある先発RG Ron Leary。徐々に練習参加量を上げているがまだまだ控えめモード。代わりに元Green Bayの先発ガードDon Barclayが先発組に。

前日の情報どおり土曜のキャンプ練習にMike Shanahanが見学のため訪れた。
Fangioヘッドは
「彼が来てくれて楽しかったよ。彼はこの組織の素晴らしい歴史の大きな一部だからね。彼が望めばいつでも大歓迎だよ」と練習後。FangioヘッドによるとShanahanとはものすごい昔からの知り合いであるが友人と呼べる近い関係になったのはここ数年のことだという。ShanahanはフィールドでFangioヘッド、Joe Ellis CEO、Shanahanの息子Kyleの元でQBコーチを務め今年からBroncosの攻撃CのRich Scangarello、元Broncos先発ガードで引退後Miamiでコーチ業スタートし今年からBroncosでコーチ音Chris Kuper、元Broncos WR Brandon Stokleyらと話しをしている姿が見られた。
Coloradoの地元出身の新人Dalton RisnerはShanahanの訪問の感想を
「僕が子供の頃はいつもMike Shanahanを見ていたからね。練習後に握手をしてもらうと思ったんだけどチャンスがなかったよ。でも彼が僕の練習風景を見ていたことはわかったしそれだけでも凄いクールなことだよ」と話していた。



  1. 2019/07/21(日) 21:31:59|
  2. 未分類

19.07.20 キャンプ2日目

Broncosのキャンプから音楽が消えた。Mike Shanahan時代からキャンプ練習中には音楽が流れ、時には選手が流れる音楽のリストを作るなど、音楽はキャンプの楽しみの1つにもなっていた。Fangioヘッド就任となり音楽はフィールドに選手が出てウォームアップまで。その後練習前のストレッチから音楽は消されることになった。
Fangioヘッドは
「ポジションコーチ達は皆音楽が好きじゃないんだ。音楽の中で選手に話をするのは大変。練習で音楽により恩恵を得るなんてことも考えられない。私もポジションコーチ時代に音楽の中で大声で選手と会話するのは好きではなかった。そもそも試合のプレイ中に音楽はないだろ」と話している。

現地土曜日のキャンプ練習にMike Shanahanが見学のため施設入りする。
「Vic(Fangio)、John(Elway)と話をして、訪問しても問題ないと確認したよ。とても楽しみだよ。私が去ってから11年。新しい施設など私が見ていないものも多いからね」とShanahan。ShanahanはBroncosを去って以来、Denverエリアに在住となっているが球団とあまり拘わりをもっていなかった。2015年にGreen Bay Packersと対戦した際に1997年のBroncosワールドチャンピオンチームを称えるイベントのためスタジアムを訪れた程度。今回のShanahanのキャンプ訪問は、Shanahanの球団の殿堂入りが球団内で検討されているためだと地元メディアは予想している。

キャンプイン前日に引退したWR Aaron Burdridgeに続いてキャンプ2日目にWR Romell Guerrierが引退。Florida Tech出身の今年のドラフト外新人FA選手。現地金曜日、John Elwayに引退を伝えたという、OTA終了後からフットボールから身を引くことを考え続けていたという。大学で心理学を学んでおり特に恵まれない子供達の救済活動に興味が向いているという。

ILBのTodd Davisが怪我。まずチャンスをもらったのはAlexander Johnson。Tennesee大学時代の婦女暴行容疑で昨年3年半ぶりにフットボール復帰。
「自分はトップを目指している。子供の頃からね」とJohnson。
6-2に245パウンドと十分な対格を持ち大学時代は強烈なタックラーで鳴らしたJohnson。大学では年平均で106のタックルを記録している。3年半のブランクで昨年はスペシャルチームでのプレイが主だった。
FangioヘッドによるとDavisのふくらはぎが癒えるまでILBは多くの控え選手がローテーションで先発組に入り練習するという。Joe Jones、Joe Dineen、Josh Watsonに加えドラフト5順指名のどこでも守れる超便利屋LBのJustin Hollinsもその中に入るかもしれない。さらにエッジラッシャーのJeff HollandもILBで練習をしているという。Fangioヘッドが話したもの。
「色々なポジションで練習することは問題ではない。問題は新しいポジションで練習すること。彼は大学のオールスターでILBをやったことがあるくらい。まぁそれでも彼は今のところよくやっている」とFangioヘッド。

BroncosのQB2番手争いは盛り上がりなくすすみそう。激しい争いで勝者が勝者になるのではなく負けなかったものが勝者になりそう。ベテランKevin Hoganは金曜の練習で3つのインターセプトを投げている。
Lockに関してはまだまだ荒削り。Fangioヘッドは
「彼が大学時代に行っていたオフェンスはNFLにはなんら持ち込める要素はない。まだまだNFLのQBには遠いし、今の彼は投げ方を知らない強肩のピッチャーだ」とLockについて話している。2人の争いが本当にバトルになる日はいつ・・・

ChicagoからFA入団したCB Bryce Callahan。Fangioヘッドが守備Cを務めたChicagoでリーグトップクラスのスロットコーナーの評価を得ていた。FangioヘッドのBroncos移籍とともにCallahanもFAでBroncosを選択。FangioヘッドはCallahanはアウトサイド固定となるかもしれないと話した。
「彼はフットボールを理解している。彼は昨年までは私の下でニッケルガイだった。しかし彼はアウトサイドも守ることが出来るし、アウトサイドコーナーが彼の定位置になるかもしれない。彼がニッケルコーナーになる姿は見られないかもね」とFangioヘッド。ベース守備ではアウトサイドはCallahanとChris Harris。ニッケル体系ではHarrisがスロットにシフトしアウトサイドにはIsaac Yiadom、De'Vante Bausbyの若手が入ることになるのか。HoustonからFA移籍したKareem JacksonはここまでSで練習をしている。

  1. 2019/07/20(土) 22:33:35|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1107)