broncomaniacのブログ版

21.01.18 いろいろミニニュース

Vic Fangioの下で働いた経験がある2人のコーチがヘッドコーチ就任。
SFの守備CのRobert SalehはNY Jetsのヘッドに。Houston TexansでFangio守備Cの元インターン守備コーチ。もう1人はLA RamsのBrandon StaleyがLA Chargersヘッドに。StaleyはChicago時代からBroncosと2球団でFangioの元OLBコーチ。

John Elway GMが施設内のGMルームから故Pat Bowlenの会議室へ引っ越し。球団からは10年使った部屋は移動せずそのままで・・・と提案があったElwayだったが練習フィールドが見渡せるGM室は新GM George Patonのもの、と金曜午前に荷物をまとめすぐそばへ移動。
「Pat(Bowlen会議室)の部屋を良い感じにレイアウトしたよ」とElway。
Paton GMはGMインタビューを火曜に終えた後一旦Minnesotaに戻っていたが土曜に再び球団施設に。Fangioヘッドとの意思、意見統一、互いの信頼を育てること、また選手の状況、怪我人の状況、ほか多くのことを早急に進めていかなくてはいけない。選手評価のためにはアシスタント探しも必要になる。BroncosはJohn Elwayの右腕Matt Russellが引退。Minnesotaから知った人物を肩書き昇格で引き抜くか、Broncos内部から選ぶのか。

Paton GMも気になるはずの2021年のドラフトコンバイン。ドラフト候補の大学生の見本市となるこのイベントはNFLオフのビッグイベントの一つ。しかし今年はコロナのため例年通りには開催は出来ない。現在NFLは開催の方法など最後の詰めに入っていると伝えられている。来週には計画が明らかになる見込み。
コロナのため一同集まってのワークアウトなどは行われないとみられている。

BroncosのセンターLloyd Cushenberryが自軍攻撃スナップを全てプレイした新人2人の攻撃選手のうちの1人に。もう1人はTampaのLT Tristan Wirfs。


  1. 2021/01/18(月) 22:16:38|
  2. 未分類

21.01.16 Von Mill警察の捜査対象、元婚約者とのトラブルか

BroncosのVon Millerが刑事事件の捜査対象になっていることが明らかに。警察側が認めており、今のところ詳細は不明。
元婚約者Megan DeniseとMillerの間に問題が起きているのではと見られている。
Deniseは今年に入り、Millerとのスマホを通じたメッセージによるやりとりをネット上に公開。
その中でMillerは妊娠をしたDeniseに
「お前とのつきあいは人生の間違えだった」
「流産を祈っている」などと話していた。
Deniseは元ストリッパーという職業だったこともあり、Deniseの金ほしさ、売名行為のフェイクメッセージだろう、と思われていた。しかし今回警察がMillerの捜査を明らかにしたことで、あのメッセージはフェイクではなく本物だったのか、というのが現在の何もわからない中での憶測の状況。
ところがすでにMillerとは別れているはずのDeniseが現地金曜Instagramに
「Vonと私の関係に虐待や暴力的は物は一切ありません。そのように伝える人がいたとしてもそれは間違っています。Vonと私は生まれてくる赤ちゃんに喜びを感じています。二人で、家族として子供を育てることに尽くしたいと思う。愛を込めてMegan Denise」という文面をあげている。
ストーカー状態なのかは不明も、今年になって暴露したMillerのメッセージは、誤解を皆に与える物だったなどとし、二人の間の関係は良好としている。
なおMillerには新しい彼女がすでにいると見られている。今年年明けに、Millerはインスタグラムに顔を隠した女性とメキシコのカボでバケーション旅行の写真を投稿。女性正面からの写真では絵文字で女性の顔は隠されている。
Deniseの顔はすでに知られているだけに、その女性はDeniseでないことは明らかとみられている。
Broncos球団は
「我々はVon Millerが捜査対象になっていることを把握しており、現在情報収集につとめている」と声明を出している。

  1. 2021/01/16(土) 17:43:24|
  2. 未分類

21.01.15 Al Wilson カレッジフット殿堂

現地11日のニュースで、ぱっこり忘れてしまっていたニュース。
元Broncosの先発MLBでTennessee大全米制覇時のキャプテンAl Wilsonがカレッジフットボールの殿堂入り。1999年のBroncosのドラフト1順指名選手。
言葉が少ない寡黙な人柄でプレイぶりは野獣なみの激しさ。Tennessee大ではPeyton Manningと3年チームメイト。98年の同大学全米チャンピオン時のキャプテンだった。
Broncos入りしてからも5度のプロボウル、オールプロファーストチーム1度、セカンドチーム1度。2007年にNY Giantsへトレードも身体テストで落ちトレードはなし。その後リリース。首の怪我が原因でそのまま引退。
Wilsonは2011年にBroncosのメディカルが首を誤診していたとし裁判に。裁判でWilsonは敗訴。これが原因で長らく球団とWilsonは疎遠になっていた。Broncosの歴史で5度以上プロボウルに選ばれ球団の殿堂に入っていないのはWilsonだけ。
しかし広報のPatrick Smythの努力により、2018年シーズンにWilsonはBroncosの球団施設で練習を見学。試合の招待にも応じ、Cleveland戦ではBroncosの名誉キャプテンとして来場した。
Wilson含め11人が今回殿堂入り。Tony Romo、Carson Palmer、Darren Sproles、CJ Spillerら後にNFLで活躍した選手が選ばれている。

10月に飲酒運転とスピード違反でつかまったRB Melvin Gordon。Zoomによる公聴会があり、陪審が入った裁判は4月2日。有罪となれば21年は開幕から3試合、リーグより出場停止処分を受ける見込み。

新GM George PatonにはリーグからはBroncosの最良の人物を得たとなかなかの評判。Broncosは攻撃に若い人材が多く在籍。Broncosの現攻撃CのPat Shumurは16年から17年にPatonのMinnesotaに在籍。17年はCase Keenumを擁し力強いオフェンスを展開。Shumurオフェンスを知り尽くしているPatonだけに、攻撃の足りないピースをみつけてくれるか、と期待。


  1. 2021/01/15(金) 22:07:26|
  2. 未分類

21.01.14 の2 Paton決定

Broncosの新GM George Paton。6年契約でBroncos入り。昨年はCleveland Bronwsの新GMの最終候補ながら自ら正しいとは思えないと辞退。一年待ちBroncosnGM職を受け入れた。Joe Ellis CEO、John Elwayの球団トップ2人が22年3月契約切れ。可能性として2人去った後もチームを支えることになる重要なポストを6年という長期契約で得たPaton。
Patonは現地火曜日、Broncos施設でGMジョブインタビュー。夜はJohn ElwayがオーナーのステーキハウスでElway、Fangioヘッド、Smyth広報とPatonの4人で食事。この時点で大筋合意。夜の食事会に参加していないEllis CEOはこの時、Chicagoを拠点としているPatonの代理人と契約内容の詰めに入っていた。
食事会でPatonは12オンス、約340グラムのNYストリップステーキ、Smythは8オンスのフィレミニョン、ElwayもステーキでFangioヘッドだけバーガーを食した。
2時間半のディナーが終わったのは夜8時半。Fangioヘッドが車で空港までPatonを見送り。水曜の朝、すべての契約事項が合意に達し、新GM決定の報が地元メディアに一斉に報じられた。
「5人のすべての候補は素晴らしかった。Georgeが1番我々にフィットしていると感じたんだ」とJohn Elway。Elwayは水曜の朝は、NOのTerry Fontenot、ChicagoのChamp Kelly、そして自軍のBrian Starkに連絡を入れ、Paton決定と感謝の言葉を伝えた。NEのDave Zieglerはジョブインタビュー後自身から辞退を申し入れNE残留となっていた。
Patonは
「チャンピオンシップの歴史を持つアイコン的なフランチャイズのGMに指命されとても光景だ。この組織には素晴らしい人材がおり、若い選手、素晴らしいコーチがいる。このチームは眠れる巨人だと感じている。自分にとって正しい場所であり、正しいタイミングだったと思う。過程を通し、JohnやJoeそしてVicらと話し自分の家と感じることが出来た」と声明で述べている。奥さんと2人の子供はColoradoへの引っ越しをすでに大喜びだという。
Patonは今週はMinnesotaの自宅に止まり、土曜日にBroncos施設に戻り、来週火曜に就任会見が暫定予定として組まれている。Patonはまず最初の仕事はBroncosのスカウトなどの球団関係者との面談だという。
PatonはMinnesotaではアシスタントGMの肩書きだが、単にGMの補佐ではなくかなり力を持ったアシスタントGM。その14年間の経験はアシスタントからGM職への昇格昇格というものではなく、すでに十分GMとしての経験のある移籍と考えられている。Minnesotaは過去10年間のドラフトで13人のプロボウラーを出しておりこの数はリーグ最多タイ。
Patonの就任でBroncosファンにとって気になるのは
Von Millerの処遇。来季もBroncosでMillerがプレイをするのか。18 ミリオンのサラリーは32才の全休シーズンだったベテランには高すぎると判断するのか、ペイカットオファーを出すのか、カットをするのか。Justin Simmons、Shelby Harrisらの長期契約はあるのか。そしてQB Drew Lockを評価するのか。Minnesota Vikingsは過去にFAでベテランQBを獲得することが多かった。少なくとも21年シーズンは20年シーズンのように若手だけでシーズンを臨むのではなくベテラン先発対抗馬を加入させるのではという見込みも。

Detroit LionsもPaton獲得に乗り出していたが獲得したのはBroncos。MinnesotaのGM  Rick Spielmanは弟の元NFLプロボウラーでもあるChris Spielman Deroit特別球団社長補佐にPatonを推薦するなど後押しをしていたが本人はBroncosを選択。Patonの甥はBroncosで大学スカウトをしている。



  1. 2021/01/14(木) 23:32:50|
  2. 未分類

21.01.14 新GMにMinnのPaton

BroncosはGeorge Patonを新しいGMに決定。6年契約と情報筋。
14年間MinnesotaでアシスタントGMを務めていたPatonは現地火曜日、Broncosの施設でGM職2度目のインタビューを受けていた。その日のうちにMinnesotaに戻っていたので決定には少し時間がかかるのでは、という推測も出ていた。PatonはUCLAで守備バックでプレイ。その後イタリア、オーストリアでアメリカンフットボールをプレイ。米国に帰国後Chicago Bearsでスカウトに。2000年に選手人事副部長。01年Miami Dolphinsへ移籍。ここで長年Minnesotaで一緒に仕事をすることになるRick Spielmanと出会う。Spielmanが07年にMinnesotaにGMとして移籍するとそれについてPatonもMinnesotaに。以来2人はコンビでMinnesotaの選手人事の中心だった。

  1. 2021/01/14(木) 02:49:33|
  2. 未分類

21.01.12 GMインタ2ndラウンドへ

Broncosの新GM候補のジョブインタビュー。現地火曜にMinnesotaのGeorge Paton、New OrelansのTerry Fontenotが2回目のインタビュー。
1回目のインタビューは候補5人全員がZOOMによりリモートインタビューだったが、PatonはBroncosの球団施設で。FontenotはNew Orleansがプレイオフで勝ち進んでいるためDenver入り出来ず今回もリモートインタビュー。コロナシーズンゆえ、試合が残っているNOの関係者はコロナプロトコルが適用されるため。
上記2人が次期GMトップ候補であると見られるが、ChicagoのChamp KellyともBroncosは連絡を取っており、可能性はなくはないと地元メディアのMke Klisは伝えている。
Klisは昨日にはKellyにGMではなくGM補佐役で引き抜く可能性があるとも伝えている。

  1. 2021/01/13(水) 00:09:30|
  2. 未分類

21.01.11 GM候補 第1ラウンドインタビュー終わる

BroncosのGM候補のジョブインタビューが金曜から日曜の間に行われ候補5人とのインタビューを終えた。元々土曜までに終わる予定だったが土曜日に行われたNEのDave Ziegler、NOのTerry Fontenotのインタビューが共に3時間を超えたことで自軍から候補になっているBrian Starkのインタビューを日曜延期しに行った。
土曜午前にインタビューを行ったNEのZieglerにBroncosは好感触、と伝えられたがZieglerが自身から辞退の申し出が。地元メディアはNEのBill BelichickがZiegler流出ストップのため良いオファーを出しZieglerを引き留めたと伝えている。NEは先週は球団トップクラスのフロントマンNick Caserio,をHoustonにGMとして引き抜かれている。
Broncosは現在残る4人の候補から選び、新たな候補は出ないとみられている。
MinnesotaのアシスタントGM George Patonは一番経験があり、安全なチョイスとみられる。Detroit Lionsからも候補になっておりNFCの北地区ではかなり評価が高く、同地区界隈のメディアはBroncosのGMトップ候補では、と伝えている。
SaintsのアシスタントGM、スカウト部長のFontenotは、NOが現地日曜のワイルドカードプレイオフでChicagoを粉砕。選手ら大活躍でイメージ的に大きなブーストに。Atlanta Falconsの候補にもなっている。
Chicagoの人事部長KellyはGM職のトップ候補ではなくとも、可能性としてアシスタントGMとしての雇用も可能性が。立場的にはJohn Elwayの右腕として活躍したMatt Russell。FangioヘッドがChicago出身でもあり関係性からGM職でなくとも雇用のトライをする可能性がある。Kellyはステップアップを目指しておりGM職を求めており、Carolina Panthersの候補になっている。
自軍のStarkはチーム内の評価の高さより候補に。しかし今回の候補はあくまでも今回ではなく、さらに将来を考えてのGM職への過程の経験のため、と見られている。今回はGM職を得ることはないと見られている。

Joe Ellis CEOの母親が現地日曜朝死去。

選手月曜にGM職退任を発表したElway。数年前から考慮していたが、20年は3月に母親が死去、コロナという初めての経験の中での疲労、シーズンの不調、の3つの出来事が自ら退任する決断に近づけていったという。シーズンが終わる3週間前にEllis CEOと21年シーズンに向けた話し合いを行った。この時点ではまだ退任の意思はまだ軽いもので、話し合いそのものもカジュアルな話し合いだったという。Ellisは来期もElway体勢で行くことを求めていたが、話し合いの中で新しい血をチーム内にもたらすアイデアも検討されたという。そして、Elwayは15年シーズン以降の不振を立ち直らせるには最も良い方法を何か、3週間考え退任を決めたという。

NFLのトップ記者による投票で決まるNFLオールプロ。
LT Garrett Bollesが13票を獲得。セカンドチームに選出された。他Broncosで票を受けたのはS Justin Simmons。6票でSでは6番目の票数。Sは2人がファーストチームに選ばれる。セカンドチームには2票たりずおしくも2年連続選出にはならなかった。


  1. 2021/01/11(月) 22:26:07|
  2. 未分類

21.01.07 Ellis CEO将来の退陣を語る

Joe Ellis CEOが近い将来の退陣について語った。現在の契約は2022年3月まで。
「必要な期間の臨時CEOという形としてなら考えられるが、契約の延長に関しては考えていない。必要な期間というのは新しい球団社長、CEO探しということになる。これらは新オーナー次第だ。それがBrittanyになるか、他の人間になるか、どうであろうとね」とEllis CEO。
「CEOは永遠に居続けることは組織のためにはならない。ビジネス界を見れば誰も永遠にCEOでいることは出来ない。どこかで退陣を求められる。私にもその時がくる。まぁいつか予想は出来ないが」
Ellisの退陣はあくまでも新オーナーが決まり、新しい組織の形の目星がついてから、ということになると、なかなか簡単には退陣できそうにもない。現在のBroncosは故Pat Bowlen前オーナーから任命された3人の委託委員会が組織を取り仕切っている。ところが現在はBowlen氏の最初の結婚相手の娘と、2番目の奥さんの娘2人が結託。09年に任命された委託委員会ではあるが、09年にはBowlen氏のアルツハイマーはすでに正常な判断は出来なかった、として信託委員会解散の訴えを起こしている。うち1人のBeth Bowlenはオーナーになる夢を持ちながら信託委員からその才能なしと後継ぎの候補者から外されている。裁判はコロナのため延期。次の裁判は今年の7月12日が予定されている。
Ellis CEOはBowlen一家の分裂は望んでおらず、次期オーナー決定はすべての兄弟姉妹の賛成が必要と話している。
「もし兄弟姉妹間で見解が違えば、子供の1人が次期オーナーというわけにはいかないと思っている。今は兄弟姉妹の団結をするための努力が必要だ」と話している。
Ellisは兄弟姉妹間の分裂が続けば、チームはBowlen一家の元を離れ身売りする可能性も口にしている。
NFLはチームは1人のオーナーの元で運営されなくてはいけない、というしているが、Broncosは裁判もあり2022年5月までは信託委員の運営で良いという猶予期間を与えられている。現在の目標は、2022年シーズン前に裁判が終わり信託委員により新しいオーナーが決定、新オーナーで22年シーズンを臨む、ということになる。

John ElwayのGM職退任により、新GM探しが開始されているBroncos。全てZOOMアプリによりリモートインタビューで行われる。現地金曜、土曜と予定されており、来週木曜までには新GM決定となるかもしれない。現在すでにインタビュー日程が決まっている候補、まだスケジュール調整の段階の候補がいるという。
現在はChicagoのChamp Kelly、MinnesotaのGeorge Paton、NOのTerry Fontenot、NEのDave Ziegler、自軍のBrian Starkと5人の候補が明らかになっている。
ZOOMによる最初のリモートインタビューの後にトップ候補として2人がチーム施設でのインタビューに臨むことになる。とある候補の代理人によると、NFL他5球団もGMを探していることから、週明け月曜か火曜には決定するのでAは、と話していると地元メディア。


  1. 2021/01/08(金) 02:48:57|
  2. 未分類

21.01.06 新GM候補は未経験組をリストアップ

John ElwayのGM職退任で新GM探しが開始のBroncos。GMジョブインタビューにはElway、Matt Russell、Joe Ellis、Vic Fangioそして広報のPatrick Smythが参加して行われる。次期オーナー最有力候補で現在組織で勉強中の故Pat Bowlenオーナーの娘Brittany Bowlenも新GM職探しに関わるという。
新GM探しはGM未経験者を多く候補にリストアップ。
まずChicago BearsにChamp Kellyのジョブインタのリクエスト要請を出した。Fangioヘッドが18年まで所属したチームで、Kelly自身もBroncosのフロント出身。
さらにNO SaintsのTerry Fontenot、Broncosの大学スカウト部のBrian Stark、NE PatriotsのBroncos出身のDavid Ziegler、Minnesota VikingsのGeorge Paton(Broncosスカウト部に甥がいる)のインタビューリクエストもすでに出している。
KellyはBroncosのスカウト、選手管理部門に07年から14年に在籍。その後Chicago Bearsで選手人事部アシスタント。Carolina PanthersもKellyを候補。Chicagoがプレイオフに進出しているためスケジュールの問題もありインタビュー実現には調整が必要になっている。
Kellyは黒人でJoe Ellis CEOは人種の多様性を組織に持ち込みたいと話している。
「新GMがマイノリティになるかどうかは別として、我々は組織に人種の多様性を持たせたいと思っている。Vicとも話しをし、彼もその点には同意見だ。なにせ我々のチームの選手の75%は黒人選手。組織内に違う見方をする人材が必要だし、それが組織を良くしてくれると思っている。我々は少しその点で遅れをとっており、先行している組織に追いつきたいと思っている」とEllis。DenverのあるColorado州は白人州で黒人の人口は4%、アジア人の3%と大して変わらず、白人に次いで多い人種がヒスパニック20%の州。
NO SaintsのFontenotも黒人でDetroit、Jacksonvilleからも興味を持たれている。
NEのZieglerはBroncos在籍時にChris Harrisを発見した人物として知られている。2011年のドラフト外新人FAのHarrisはその後4度のプロボウル選出となるリーグを代表するCBとなった。
MinnesotaのPatonは昨年はClevelandのGM職の有力候補となっていた。
Broncos内部からはStarkが候補に。Starkは12年からBroncosの地域スカウト。17年のドラフト後に大学のスカウト部長に昇進。18年にChubb、Sutton、Jewell、Lindsay。19年にFant、Risner、Lock、Dre'Mont Jones。20年はJeudy、Hamler、Cushenberryと昇進後毎年少なくとも3人の先発クラスの選手をドラフトでBroncosは指命。Starkの仕事ぶりの評価の一つとなっている。

John ElwayがGMの座から退いたと同時に、Elwayの右腕として長らくチームを支えたMatt Russellも引退。Russellの引退でのチーム離脱は地元メディアもやや驚きがあったという。なにせまだ47才。フットボールのオペレーション部でいえばキャリアはこれからの年齢。
RussellはColorado大からDetroit Lionsに97年ドラフト4順指名で入団。99年に引退。大学に戻りコーチを1シーズン務めた後2000年にNEにスカウトとして入団。その後Eaglesを経て09年からBroncos。2013年、40才の時に飲酒運転で逮捕され6ヶ月収監されたこともある。
「あのとき、John(Elway)とJoe(Elis CEO)は僕を助けてくれた。僕のキャリアを救い、家族を救ってくれた」と現地月曜、地元メディアにRussellは感謝の言葉を語っている。
Broncosは当時アルコール中毒だったRussellを解雇せず、Russellの社会復帰を支えた。当時は批判もあったが以来Russellは酒を一滴も飲まず、最後までElwayの右腕でありつづけた。実際には右腕以上の存在になることもBroncos内では検討されていた。John ElwayがGM職を降りた場合、Russellがその後継者、と数年前からチーム内で話し合いがされていた。
RussellがElwayのGM辞任を聞いたのは土曜日、John Elwayの自宅でだった。この日Ohio StateとClemson大の中継を見るためにElway宅を訪問していたRussell。Elwayの決断を聞いたとき、Russellも自分の優先事項を確認したという。RussellにはBroncosでないとしても、NFLの他の球団からのオファーがあることも十分考えられる評価をリーグから受けている。しかしRussellは地元メディアに“引退”と公表。まだ47才。数年後にまた戻ってくる可能性もあるが、少なくとも次の数年は家族と過ごす決断をした。娘は14才でバレーボールで州の有力選手として成長している。息子は12才。フットボールで攻撃ラインをプレイしている。Russellの決断は子供達の試合を見る、ということだった。
月曜にElwayはメディアに引退を選んだRussellに関して
「彼は子供達を愛している。家族想いで、子供達の試合を見ることが大好きだからね。ちょうど良い機会だと思う。彼はこのリーグで素晴らしい20年のキャリアを積んできた。私がここに来てから成し得たことは彼無しには出来なかったからね。彼の判断には私も誇りに思うよ。家族と時間を過ごすなんて素晴らしい決断だ。でもMattはまだ若いし、リーグでの評判から、もし彼がまた復帰したいと想ったら。5年、6年、いやもしかしたら3年か。彼には素晴らしい仕事がオファーされると思う」と話している。
Russellは引退と本人が言っているが、また同時にチームが求めるなら来季も手助けをすると話している。まずは新GM選びでElwayのおきまりのポジション、右腕となりサポートする。そして新GM決定後も最初のうちはいろいろな手助けをし、またドラフト前にも求められればアドバイスや情報の提供も行う。本人は自転車に乗ったり、山に登ったり、妻と旅行、子供達の試合を見ている時以外はチームの手助けをするつもりだ。
「来季も僕はBroncos戦は全部見るよ。僕はここに居続ける。ドラフト過程もちゃんと見届けるし手助けはするよ。引退するからって、はいサヨナラ、なんてタイプの人間ではない。僕はここに済住み、常にBroncoの一員だ。ただ少し疲れただけ。家族と過ごしたいだけだ」とRussell。

John ElwayがGM職を辞したものの、現場最高責任者である座はそのまま。
Ellis CEOはElwayが新GMの仕事にづかづかと踏み込むことはない、と明言。チームは今までとは違う、別の舵をとっていることを強調。

OLB Jeremiah Attaochuが嬉しい25万ドルのボーナスを得た。もしかして本人が気づいていない間に。LV Raiders戦でAttaochuはロールアウトからパスを投げるターゲットがいないQB Carrを追いかけてサイドライン際でCarrをプッシュ。ほとんどスクリメージからロスしておらず、単にCarrがラッシュからサイドラインに出ただけ・・・程度のプレイだったがNFLの公式記録ではAttaochuのサックが記録された。Attaochuは1.5ミリオンのベースサラリー。契約内容にサック5で25万ドルのボーナスとなっていた。このサックが今季5個目となり25万ドルのボーナスに。Bradley Chubbが足首の怪我でシーズン最後の2試合に欠場。代わりに先発することになったAttaochuは最後に笑うことが出来るシーズンとなった。

21年NFL殿堂入りファイナリスト15人の中に元BroncosのPeyton Manning、John Lynchが残った。

21年シーズンから公式戦が1試合増え17試合になるプランが今季オフの目玉。
Joe Ellis CEOは17試合制がオーナー会議で可決される可能性は高いと話している。

Fangioヘッドが、来季も今季と下部スタッフ含め同じスタッフで臨むことを期待していると話した。他球団からの引き抜きや自身の辞任などがなければ組織的にコーチ交代は検討されていない模様。特にDonatell守備C、Shumur攻撃C、McMahon STCらコーディネーター職3人はそのままと明言。McMahon STCは解雇される可能性もあると見られていたがFangioヘッドはMcMahonを信頼している、と全面バックアップのコメント。


  1. 2021/01/06(水) 22:01:05|
  2. 未分類

21.01.05 Elway、GM辞す

John ElwayがGMの座から退き、全権掌握の新GMを迎えることが明らかに。
Elwayはチームオペレーションの責任者としての座には止まり、新GMとFangioヘッドのコンサルタントという立場でチームオペレーションに携わるものの、日々毎日のかかわりから外れ、全てのチームオペレーションの権限はGMに託すという。
「新GMとVic(Fangioヘッド)が決定を私に報告することになる。GMはドラフトやFAでのコントロール権を持つ。もちろん私も大きな決断には関わるけどね」とElway。
ElwayのGM職辞任は3週間ほど前からJoe Ellis CEOと話しをしていたという。5年連続プレイオフに出場出来ず、チームの上昇のための話し合いで、コーチの交代は選択肢になくチームのために出来ることは何か、という21年シーズンに向けた話しの中でElway辞任の考えが出てきたという。ただしElway自身は成績不振の責任の辞任ではなく、数年前から頭にあったことで、たとえ今季が13-3の成績であったとしても辞めていただろうと話している。ElwayのGM職辞任の決断には3週間かかり、最後はストレスのない、家族と過ごす時間が決定的な理由になったという。
「新しい方向への決断には時間がかかる。決断までの3週間は自分には有意義だった。何が自分の今の優先事項なのか知ることが出来た。自分は60でほとんどの人生をフットボールだけに費やしてきた。少しフットボールから離れ、自由な時間を持ちたいとなったんだ。Joe(Ellis CEO)は僕に次なる昇進を用意してくれると言ってくれてね。それは僕が以前より求めていたものなんだ。組織全体を見るもので、また毎日の業務に追われるものでもない」とElwayは地元メディアに話している。
「引退は選手として以前にも経験しているが今回の引退にはともて喜んでいるんだ。組織の上の立場になるという話しを聞いたときはとても嬉しかった。勿論フットボールのチームにも携わるよ。今朝7人目の孫が生まれたんだ。家族ともっと時間を過ごす次期だし、時間に余裕を持つ次期だと思う」とElway。
とはいえ明日からすぐに時間が出来るわけではない。
「勝てなかったことは残念だが、また新しいGMを探す仕事には喜んでいるよ。自分とは違う見方を持つ、チームを替えてくれる人材をね」とElway。
Elwayと球団の契約は22年の3月まで。つまりNFLの21年シーズンまでということになる。Elwayがその後も球団に残るのかは現時点では不明。
「来季以降も球団に残ることは勿論自分の興味の一つ。まぁ今は今後どうなっていくか見ていく段階だ」とElway。
Elwayは98年シーズンを最後に引退後は2002年にアリーナフットボールの共同オーナーに、07年にはリーグ幹部に。11年にBroncosにGMとして戻り、以降現場最高責任者として10シーズンを務めた。
ElwayのGM職辞任でElwayの右腕Matt Russellも球団を離れる。
Russellは
「自分は引退する。勿論新しいGMを迎える業務にはかかわるけどね。長いことこの仕事をしていて、妻も旅行に行きたがっているしね。John(Elway)とも何週間前からこの話しはしていたんだ。もちろんJoe(Ellis)やJohn次第だけど、僕に協力が必要なら来季も手助けをしたいと思う」とRussellは地元メディアの取材に答えている。Russellは元Detroit Lionsでプレイした現役あがりのスカウト部のベテラン。2001年のNE Patriotsでスカウトを始めBroncosには2009年に大学スカウト部長。12年からはElwayの右腕としてGM業を支えていた。

新GMになるのは誰か。現地メディアはSFのAdam Peters、ChicagoのChamp Kellyらが候補になるか、と予想。
Petersは2016年までBroncosのスカウト部に在籍。John Lynchが17年にSFのGMになったときに、LynchのリクエストによりSFにBroncosから昇格移籍していた。
当時Elwayは
「彼を失いたくなかったが彼には大きな責任を与えられる大きなチャンスだからね。彼はJohn(Lynch)の大きな助けになるよ。John(Lynch)だから彼の移籍を許すことに決めたんだ」と話していた。Lynchは現役引退後はFOXの放送局で解説者をしながらGM業は暇を見てはBroncos施設に入りElwayの下で学んでいた。
PetersはCarolina PanthersのGM候補になっておりすでにSFにはジョブインタビュー要請が来ているという。
KellyもまたBroncosに馴染みがある名前。2007年に大学スカウト部に。14年までBroncos在籍で最後の肩書きはAssistant director of pro personnel。15年にChicago Bearsの昇格移籍。
ChicagoということでFangioヘッドの古巣でもあり、KellyとFangioヘッドの関係次第では最有力になるかもしれない。

John Elwayが指命したQB Drew Lock。Elwayという後ろ盾がなくなり、新GM次第ではLockの未来も危ういのでは?
Elway GMから辞するというニュースが出る前に行われた月曜の会見で、Lockは来季に向けては
「外野の声は聞かないようにし自分がしなくてはいけないことだけをするよ。オフにしなくてはいけないこと、自分がコントロール出来ることコントロールするだけ」と話していた。
ElwayはGM辞職発表後のインタビューで
「ときに時間はかかるもの。私はDrewがリーグで素晴らしいQBになると信じているし、まだまだやることはたくさんあるが彼こそがチームのQBと考えている」と話している。

来季32才、シーズン全休明けとなるVon Miller。Broncosからカット、もしくは契約見直しオファーが出され、Miller次第では退団も、と噂されている。
Elwayは
「私は彼にはここで引退をして欲しいと思っている。我々のゴールは彼をチームにとどめここで引退させることだ」と話し、またMillerの今後に関しては決定に関与していくという。

Broncosは以下の選手と21年に向けたフューチャー結んだと発表。
OT Bailey Quinn
WR Trinity Benson
WR Fred Brown
DB Chris Cooper
FB Jeremy Cox
RB Damarea Crockett
WR Kendall Hinton
TE Jordan Leggett
OT Darrin Paulo
DT Deyon Sizer

  1. 2021/01/05(火) 16:23:48|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1429)