broncomaniacのブログ版

21.09.30 OL不安が・・・

Von Millerが9月のAFC月間守備MVP選出。9月は4サック、8タックル。またProFootball Focusの9月のMillerのグレードはパスラッシュ85でエッジ9位、パスラッシュ勝率は26パーセントでエッジ4位。

Broncosは今季FA契約した期待のスピードバックMike Booneを復帰可能の怪我人リストからリータン指定。まだ53人ロースターには登録されていない。プレシーズンのMinnesota戦で太ももと傷めていた。今後3週間チーム練習にロースター未登録のまま参加することが出来る。3週間以内に怪我の回復が見込まれずロースター登録出来ないとシーズンエンドの怪我人リスト戻りとなるが、Booneはそれほどの重傷ではなく試合復帰する。
「Minnesota戦以後彼の動きは見ていないからね。今日どれだけ動けるか見てみたい」とFangioヘッド。Booneはスペシャルチームでの貢献も大きいため、スペシャルチームでの失態が多いBroncosゆえBooneの復帰は大きい。

先発両ガードGraham Glasgow、Dalton RisnerのBaltimore戦の出場は厳しいか。膝のGlasgow、脚のRisnerに関してFangioヘッドは
「現状では二人ともクエスチョナブル」と話した。Glasogowはダウトフルよりのクエスチョナブル、RisnerのほうがBaltimore戦出場出来る可能性がある。
二人とも先週のJets戦で傷めた。二人が途中で退いてからはNetane Muti、Quinn Meinerzがガードに入った。少し不安なのはMeinerzもハムストリングの痛みで現地水曜の練習はlimited参加だった。BroncosはPS枠の控えガードAustin Scholottmannを今週の流出阻止登録している。試合当日ロースターで登録される可能性が高い。
またPS枠にG Harry Crider、G Javon Pattersonを水曜日に加えた。Criderは昨日の記事でも伝えたとおり、今年のドラフト外新人FA選手。昨日Indyに所属していた・・・と書いてしまったけど間違えでIndiana大出身でPhilly Eaglesのキャンプに参加していた。
Pattersonは2019年のIndy Coltsのドラフト7順指名選手。
いろいろロースタームーブがありすぎて、もしかしてどっかで情報抜け落ちているような気がするんだけど、現在BroncosのPS枠は16人で一杯。

Baltimore Ravensの守備CはDon Martindale。BroncosにはJosh McDanielsヘッド時代に2シーズン在籍(2009-10)。09年はLBコーチ、10年は守備C。12年にBaltimoreのLBコーチ、18年から守備Cに。強力なRavens守備を引き継ぎその後も強力守備をキープしている。Martindaleは2000~のWestern Kentuckyの守備C時代はJack Harbaughヘッドの下でコーチ。Jack Harbaughは現在RavensヘッドJohn Harbaughの父親。Harbaugh親子二代の元で守備Cをつとめている。
Ravens守備といえばブリッツ。Martindaleが守備Cに就任してから18-20年シーズンは3年連続守備ブリッツ数リーグトップ。しかし負けじとBroncos QB Teddy Bridgewaterは今季のブリッツ時の成績が素晴らしい。
以下地元メディアMike KlisのTwitterのコピペ
QB passing vs. blitz (2021):
1. Murray 12-17, 70.6, 249Y, 3TD-0 INT, 152.6
2. Bridgewater 19-22, 86.4, 236, 4-0, 150.9
3. R. Wilson 12-14, 85.7, 158, 1-0, 137.5




  1. 2021/09/30(木) 22:06:34|
  2. 未分類

21.09.29 Rypien流出阻止のロースター契約

Brett Rypien流出阻止。
BroncosはプラクティススクワッドのQB Rypienとロースター契約。AFCの球団からロースター契約のオファーがRypienに。BroncosサイドはすぐさまRypienにBroncosのロースター契約オファーを出し、RypienがBroncosを選択したと地元メディア。Broncos内部でのRypienの評価はかなり高いということになる。
Rypienの枠を空けるためスペシャルチームでのプレイを期待されていたJonas Griffithをハムストリングの怪我で復帰可能の怪我人リスト入りした。
またPS枠は今年のドラフト外新人FAでIndiana、Phillyに在籍していたG Henry Criderで埋めた。

Broncosは今週のPS選手流出阻止選手としてOT Quinn Bailey、WR Tyrie Clevland、LB Curtis Robinson、G Austin Scholottmannを指名。




  1. 2021/09/29(水) 21:43:20|
  2. 未分類

21.09.28 WR HamlerがACLシーズンエンド

NY Jets戦で膝を痛めて退いたWR KJ Hamler。現地月曜、MRI検査を受け左膝靱帯断裂、ACLと判明、シーズンエンドとなった。Hamlerは高校時代の5年前にも同じ左膝のACLを経験。キャリア2度目のACLとなってしまった。BroncosではBradley Chubbも同じ膝のACLを経験している。
BroncosはHamlerの穴を埋めるべくLV RaidersのプラクティススクワッドにいるWR David Mooreと契約。Mooreは2017年のSeattle Seahawksのドラフト7順指名選手。6-0に220パウンド。ドラフト前のプロデイでは40yを4.3で走っている。
17年はレシーブ記録なしも18年は26キャッチ、445y、5TD。19年は17キャッチ301y、2TD。昨年も35キャッチ417y、6TDを記録している。リターナーとしてもプレイしていた。3シーズンで先発14試合。Seattleは新人年の契約を更新せず、MooreはFAでCarolina Panthersと2年4.75で契約も開幕ロースターに残れずカット、その際には驚きのサプライズカットと伝えられてた。
9月6日にRaidersとPS契約。ディビジョン2のEast Central University出身。
同じくJets戦で脚を痛めて退いた両先発ガードのDalton RisnerとGraham Glasgowは重傷ではなく、状態の回復を見ながらの判断。二人が不在の間は新人Quinn Meinerz、Netane Mutiが入る。

次戦はBaltimore Ravensと対戦。QBはオプション能力の高いLamar Jackson。
スカウトチームのQB Lamar Jackson役をWR Kendall Hintonが務めるかも知れないとFangioヘッド。
Hinton はQB経験もあり昨年はQB陣がコロナリストで誰も出場出来ないため緊急先発した。ただしプロレベルのQBとしての能力はとてもとてもというプレイだった。
ただしWRに怪我人が続出していることで、HintonはWRとしてプレイするプランとなると難しい判断に。

ランアタックを構築したいBroncos。Baltimoreは今季1試合平均約80yのランしか許していない。
Fangioヘッドは
「Ravensは伝統的にラン守備が良い。DLも大きいし素晴らしい選手も多い。彼らのスキームも良くランを出すのは難しい。しかしなんとか出る方法を見つけないといけない」と話している。

Sports Business JournalによるとW3の日曜日のNFLの試合でJets@Denver戦が7万5882人の観衆を集め日曜の試合の最多観客動員だったという(地元メディアの当日の情報だと71,985人だった。)。ただしマンデーナイトで10万人収容可能のDallasのAT&T Stadium開催のPhilly@Dallasが9万人以上の観客を集めW3の最大観客数。


  1. 2021/09/28(火) 21:59:04|
  2. 未分類

21.09.27 試合後記

9月を3戦全勝。NY GiantsJax JaguarsNY Jets相手と今季最も楽な月を順調に乗り切ったBroncos

次戦の10月は試練の月となる。次戦がBaltimore以後PittsLV RaidersClevelandと続く。

多くが楽な9月の3戦全勝は評価にはならない、と考えているがなんとラスベガスのオッズメーカーは割と評価してくれている模様。次戦のBaltimore戦のアーリーオッズでBroncos1.52ポイント有利予想を出すオッズメーカーが複数。Baltimoreは今季開幕でLV Raidersに敗戦もKCに勝利。W3Detroitに歴史に残るJustin Tucker66yサヨナラFGで逆転勝利。

 

膝を痛めた退いたWR KJ Hamler。現地月曜にMRI検査。ベストシナリオで軽傷で数週間アウト、最悪シーズンエンド。両先発ガードのGraham GlasgowDalton RisnerMRI検査を受ける。

 開幕2試合でランが出なかったBroncos。この試合もまぁまぁ程度のラン攻撃で終わった。

Fangioヘッドは前の2試合同様に

「相手がとにかくランブリッツを入れてくる。開幕から3試合は相手はランストップに集中してきている」と試合後。

ということで開幕3試合はQB Teddy Bridgewaterの正確なパスアタックが攻撃の柱。

先週はCourtland Suttonが、今週はWR Tim Patrick5キャッチ98yと活躍した。

 4Q早々に試合がほぼ決した本日のNY Jets戦。先発守備がどんどんお役目御免で下がる中S Justin Simmonsの守備スナップ連続プレイも3377スナップでストップ。この51試合で初めて試合途中で退いた。

Simmons

「終わるとしたら今日みたいな展開だろう。連続スナップ出場が終わってよかったよ。そのことをもう話さなくてもいんだから。これはあくまでも個人的なことだし、もっとチーム全体のことを話す方がいい」と試合後。

Simmonsの代わりにセーフティーに入ったCaden Sternsはチャンスとばかりにインターセプトを記録。







  1. 2021/09/27(月) 22:43:23|
  2. 未分類

21.09.27 勝利も先発級3人怪我で退く・・・

1234
NY Jets00000
DEN7103626


NY Jets@Denver
試合登録から外れたのは
Kary Vincent Jr.
Jamar Johnson
Cameron Fleming
Aaron Patrick
McTelvin Agim
先週心拍異常で欠場のGraham Glasgowが試合登録。膝のDT Mike Purcelも試合登録。
TE/FBのAndrew Beckが今季初試合登録。2試合ランが出ていないのでBeckもさらに投入か。

ハムストリングを傷め復帰可能怪我人リスト入りしているCB Ronald Darbyが試合前にフィールドを走る姿が。違和感のない走り方。ハーフスピードのランニングであったが傷めたハムストリングは順調に回復している模様。

今季地元Denverの開幕戦。71,985人の観衆。ノーショーは3,897人
非常に暑い。9月第3週~4週のDenverは最高気温74F~77Fと25℃くらい。これまでW3以降のDenverでの試合のキックオフ最高気温は2019年のW4に記録した87F(約30℃)。本日キックオフ気温88Fで記録更新。その後中継で90Fを超えていてマイルハイでこの時期この気温は信じられないと実況の人。

前半
1Q
Broncos攻撃
自陣25yから。QB TeddyからWR Patrickショート2連発ヒットでファーストダウンン獲得で開始。3rdダウン7でQB Teddyにラッシュがかかり、サックぎりぎりでパス投げ捨て失敗。復帰のG Glasogowがどかんと突っ込まれる。フィールド中央手前でパント。

Martinパント良し。

Jets攻撃
自陣8yから。新人QB Zack Wilson11yパス成功で開始。3rdダウン6でWilsonがフリーのレシーバー外して1度のファーストダウンンでパント。カバーしてた新人CB Surtain運が良かった。

Broncos攻撃
自陣25yから。先ほどのドライブでもMelvin Gordonが良いラン。このドライブでも新人Javonte Williamsが良いランを見せている。今日はランが良く出るかな。Teddyサック受ける。3rdダウン9はKJ Hamlerがフリーで30yくらい進むファーストダウン。レッドゾーンへ。Gordonが敵陣3yくらいに切れ込むファーストダウンンランを見せる。次のGordonのランはLB Mosleyにビッグヒット受けGordonぶっ飛ぶ。新人WilliamsがFB Beckのブロックの後ろを走りエンドゾーンへ。WilliamsはNFL入りして3試合目で初TD記録。7分以上、11プレイの75yTDドライブ。本日も順調に時間をごそっと削る自軍守備に優しい攻撃で7-0とBroncos先制。

Jets攻撃
自陣25yから。3rdダウン6でAlexander Johnsonがサックで3凡。

Broncos攻撃
自陣35yから。Williamsがセーフティーバルブのパスレシーブ、次ぎランとファーストダウンン2連発で敵陣へ。

2Q
Broncos攻撃中。McManusの45yFGで終わる。10-0とBroncosリード広げる。

Jets攻撃
自陣25yから3rdダウンから新人QB Wilsonファーストダウンとる。次の3rdダウンもパスでファーストダウンンのWilson。Broncos陣入る。次の3rdダウン5もショートパスでファーストダウン。短いタイミングパス集中砲火のWilson。このドライブ10プレイを超えた。3rd13でプレッシャーから逃げながらロング投げるWilson、しかしSurtainがカバーしており失敗。Jets61yFGトライへ。成功と思ったもののプレイクロック切れ、反則で下がり68yはいかずパント。13プレイもかけたがなにせショートパスのみの前進。守備を休ませることが出来たとういだけの攻撃にJets終わってしまう。

Broncos攻撃
自陣6yから。WR Suttonのフォルスもあり3rdダウン11。自陣5y上ゆえ、無理せずFantへの短いパスで進んでパントであきらめのプレイに。

Martinエンドゾーンからロングパントで陣地回復。

Jets攻撃
自陣35yから。Shelby HarrisカスクランブルのWilsonをスクリメージ前でしとめてサック。次のプレイではReedがWilson追っかけ回す。さらに次のプレイでVon Millerがダブルブロッカーをかいくぐりサック、Wilsonこのドライブ全部激しいプレッシャーだった。

Broncos攻撃
自陣36yから。Teddy珍しく三人カバーのHamlerへ長い危険なパス、インターセプトされずよかったが、しかし膝を押さえてHamlerかなりの痛がり。まさか今度はHamlerが・・・・。Hamlerの代わりにリターナーのWR Spencerが入ってきた。キャンプの時はWRがうじゃうじゃいる状況で期待されていたTrinity Bensonを放出する位だったのにJeudyが痛み、Hamlerが痛みと層が不安になってきた。
3rdダウン9でTeddyスクランブルでファーストダウンン。
Jets陣入ったところで前半2分。Patrickがカバーされていながらハイボールを素晴らしいキャッチ。27yゲインとなりレッドゾーンへ。Gordonの13yランはGlasgowのホールディングで下がる。上がってLBのMosleyのブロックの際だったので正直いらん反則だった。3rdダウンでSuttonに50-50ボールはSuttonがドラフト6順の新人コーナーB.Echolsに胸捕まれてパスインターフェアもらう。マンツーでSuttonがキャッチか、Jets反則でもいいやパスで反則してくれた。
ファーストダウンンゴール1yになる。Gordonがエンドゾーンに持ち込みTD。Beck2度目のTDランのリードブロックに。17-0となった。

Jets攻撃
リターンの際反則もあり自陣11yから。Malik Reedサック。3凡。

BroncosはJetsの攻撃でタイムアウトで時間とめず流し、最期Jetsのランの後もタイムアウトとらず。30秒くらいパント後プレイ出来たが17-0とリードしていることもあり、無理せず時間をながす。テレビ解説は納得いかない様子。ロングFGも狙えるのにと話している。

前半17-0で折り返し。Teddy Bridgewaterは17回投げ11回成功128y。ランはGordon8回31y、Williams6回30y。WRはPatrickが素晴らしいキャッチで3回43y。先週大活躍のSuttonは3回19y。しかし3rdダウンロングで相手からパスインターフェアをエンドゾーンでもらいファーストダウンンゴール1yをもらうという実質TDレベルのプレイあり。しかし本日の17点は、Jets攻撃陣のぐだぐだから来ているとも言える。
新人QB Wilson率いるJetsオフェンスは1度13プレイのロングドライブがあったたけ。そのロングドライブもパント。Wilsonはフリーのレシーバーにもコントロールがイマイチで通せず、ランも7回28yのみ。短いパスのみしか前に進めず、ドロップバックを深くすると激しいラッシュを浴び、Wilsonはすでに被4サック。Wilsonは15回投げ9回56yのみ。これだけ恐怖のないJets攻撃陣だと、Broncos攻撃も無理なプレイは必要なく、じっくり落ち着いて攻撃出来る。最期Jetsの攻撃中にもタイムアウトをとらず時間をながす余裕っぷりになっている。
SFから獲得したスペシャルチームのスタンドアウトLB Jonas Griffithがハムストリングで今日アウト。


後半
Jets攻撃
自陣25yから。Wilsonせっかくファーストダウンンチャンスなのにボールうまく投げられずまたレシーバーも手に当ててパスとれず。3凡。

Broncos攻撃
自陣20yから。トーンティングの反則もらって自陣35yから。Gordon一発ファーストダウンン、さらにフェイスマスクもらって1プレイで敵陣入る。
Glasgowが倒れている。プレイ後は普通に歩いていたけど。自分で歩いてサイドラインに。。Mutiが入る。3rdダウン11、Tddey投げると来なく安全バルブのGordonがタックル交わしてすたたたーーとファーストダウンン取る。高速WR SpencerにスクリーンやったらPatrickがブロックミスしてロス。
Glasgowは膝でクエスチョナブル。自軍RT Massieにからまれたらしい。
Teddyが左右両方からラッシュ受けサック受け、McManusの47yFGで終わる。20-0となる。

Glasogowの膝は重傷ではないようでサイドラインでストレッチとかしている。

Jets攻撃
自陣25yから。Dremont Jonesがランを7yロスに。それが効いて1度のファーストダウンンのみでパント。

Risner脚怪我して下がる・・・・・。新人のお腹ぽっこりMeinerzがLGに入る。

Broncos攻撃
自陣22yから。反則で下がる、ランで下がる。3rdダウン13はTeddyスクランブルでファーストダウンンに足りず3凡。

Martinのパントはブロックにはいかずも叩かれて短いパントに。

Jets攻撃
自陣40yから。Jets今日1番のプレイ。Callahanカバーに22yパスヒットされる。Broncos陣に。

4Q
Jets攻撃中
この攻撃、TDしないと勝利は厳しいJets。Broncos陣で4thダウン1をギャンブル。Wilsonパス失敗。

Broncos攻撃
自陣25yから。Broncosは得点より時間消費を目指す。なんてランしてたらWR Patrickにプレイアクション25yパスヒット。さらにSuttonヒットでファーストダウンンゴールになる。しかし3度のランでエンドゾーン届かず。McManusのFGで終わり23-0。一応8点×3回で24点なので3本差内ではあるが、まぁ駄目押しといってもいい得点。残り試合時間は6分20秒ほど。

Jets攻撃
自陣25yから。Wilsonパス馬鹿投げ時間帯。完封阻止の得点ドライブ。パス2回成功後Justin Simmonsがインターセプト、さらに32yもリターンした。

Broncos攻撃
Jets陣38yから。WR Patrickがまたも素晴らしいバックショルダーパスを華麗にキャッチ。凄いなぁ・・・と書いていたらRB Williamsが敵陣2yくらいでファンブルロスト。
JetsのLBがリカバーしてかなりのリターン。

Jets攻撃
自陣36y。今度こそ完封阻止ドライブなるか。4thダウン6、自陣も得点するためにギャンブル。Alexander Johnsonが今日2つ目のブリッツからのサック。ターンオーバーになる。
なおこの守備、Von Millerはもうお役目御免でサイドラインからニコニコ見学。

Broncos攻撃
Jets陣から時間消費ドライブ。RBもCrockettが出てきた。残り1分まで時間つぶしてMcManusのFGで26-0となる。McManus大忙しの本日。

Jets攻撃
残り1分タイムアウトなし。新人Wilson、最期のドライブ。Broncos守備は完全に控え組み。ミスター全プレイ出場男Justin Simmonsも下がっている。Simmonsが全スナップ出場でなかった試合は2年ぶりくらいか?。Caden Sternsがインターセプトしておしまい。

26-0とBroncos勝利。
Broncosオフェンスは今日はイマイチ。特に後半はランも沈黙。Gordonは18回61y、Williamsは12回29y、ファンブルロスト1。QB Teddy Brigewaterはそんな中、25回投げ19回235yと高い成功率で攻撃を支えた。Broncos守備がJets攻撃を完全制圧しているので、プレイコールも控えめ、保守的。無理強いすることなくMcManusのFGでこつこつ使い点を重ねていった。
守備はラントータル13回42yしかゆるさず、新人QB Wilsonを火だるま5サック、35回のパスで19回160y。どうでもいい完封阻止ドライブでファーストダウンンパスを何度か通しただけでまったく寄せ付けずだった。
とはいえ開幕から3試合。毎試合二人先発組が倒れるという異常事態。
Broncos先発の怪我人は現状
WR Jerry Jeudy
WR KJ Hamler
LG Dalton Risner
RG Graham Glasgow
OLB Bradley Chubb
ILB Josey Jewell
CB Ronald Darby。
今日さらに痛んだGlasogowとRisner、そしてHamlerの状況はどうなのか。
来週はまた新たに他のチームのPS枠の選手のロースター契約、FA選手との契約があるかもしれない。

  1. 2021/09/27(月) 08:10:50|
  2. 未分類

21.09.25 NY戦出場ステイタス

日曜のNY Jets戦の出場ステイタス。
心拍異常のG Graham Glasgow、膝のMike Purcellの二人がクエスチョナブル。ほかアウト、プロバブルはなし。
Fangioヘッドはクエスチョナブルの二人とも症状の悪化が見られない限り出場と話している。

LA Ramsのプラクティススクワッドからロースター契約したILB Micah Kiser。加入したばかりだかがNY戦は出場登録される見込み。
スペシャルチームでプレイとTom McMahonスペシャルチームC。


  1. 2021/09/25(土) 23:28:41|
  2. 未分類

21.09.24 連日のLB補強

BroncosはJacksonville JaguarのプラクティススクワッドのOLB Aaron Patrickとロースター契約。枠を空けるためにRB Nate McCraryをカット。
Patrickは今年のドラフト外新人FA選手。Bradley Chubbが怪我で長期離脱。OLBは先発がVon MillerとMalik Reed。控えが新人3人でJonathon Cooper、Andre MintzeそしてPatrickの5人の布陣。またJosey Jewellが怪我をしたILBは先発がAlexander Johnson、2年目Justin Strnad。控えが昨日契約したMicah Kiser。以下はほとんど経験がないJonas GriffithとOLBも出来るBaron Browningとなる。OLBもILBも控えは経験のない選手が多くなっている。
解雇されたMcCraryは開幕前にBaltimore Ravensからウェイブ解雇されたところをウェイブ獲得。超高速RBとしてスピードをもたらすと期待された。システムになれるために暫くは・・となっていたが怪我人続出のためか何もしないで解雇。現在PS枠も一杯な状態。

現地木曜の練習でBroncos選手の練習欠席はなし。前日膝で休んだDL Mike Purcellもlimitedで練習。先週心拍異常で欠場の先発ガードGraham Glasgowも練習フル参加。

昨年足首の怪我でシーズン全休のVon Miller。今季は開幕2試合で3サックを記録。
MillerはSNS、Youtubeを使い釣りビデオやらいろいろな動画を配信している。しかし自分で配信発信はするものの他からのネット情報はネガティブなものになるため、自分からはあまり見ないという。かわりにインスピレーション動画や動機付けになるような動画を見るのが好きだという。

次戦NY JetsのヘッドコーチはRobert Saleh。
BroncosヘッドのVic Fangioヘッドとは20才の年の差はあるが友人関係にある。FangioがHouston Texansで守備Cをしていた2005年にSalehが見習いでHoustonのコーチで入団。その後SalehがSF 49ersで守備Cをしていた時代に関係は親密になったという。

次戦Jetsで元Broncos。
先発センターがConnor McGovern。コーチではパッシングスペシャリストのGreg Nappコーチは7月22日、自転車を運転中の事故で死去している。

現地水曜日、2022年度NFL殿堂入り近代枠候補122人が発表。元Broncosから7人。
WR Rod Smith、Wes Welker。DL Michael Dean Perry、Niel Smith、Simeon Rice。CB Dre' Bly。そして今季殿堂入り資格初年度のOLB DeMarcus Ware。
11月に25人候補に、1月に15人の最終候補に絞られる。

  1. 2021/09/24(金) 22:19:54|
  2. 未分類

21.09.23 ロースタームーブ

胸筋断裂のILB Josey Jewellが現地木曜に修復手術を受ける、
足首の骨棘を除去する関節鏡手術を受けたOLB Bradley Chubbは6~8週のアウト。おそらくW11のバイ明けが復帰の目標とみられる。
二人とも既に怪我人リストに登録。
空いた枠はすぐに埋めた。
LA RamsのPS枠にいたILB Micah Kiserとロースター契約。昨年Ramsで9試合先発。昨年のRamsの守備CはBrandon Staley。Chicago、DenverとVic Fangioの下で守備アシスタントだった。20年にDenverのOLBコーチからRamsの守備Cに栄転移籍。今年からLA Chargersのヘッドに就任。そのStaleyの元で昨年先発していたのがKiser。
Fangioヘッドは
「昨年Staleyの下でプレイしているしうちと同じシステムだった。だからうちのシステムをすぐにも学べると思う」と話している。
KiserはVirginia大出身の18年のRamsのドラフト5順指名選手。怪我をしたJewellと同期となる。6-0、244パウンド。当時のドラフト前評価ではスピードはあまりなく、パスカバーは弱いがタックラー。スペシャルチームでもプレイが出来、控えクラスとしては十分な選手と評価されていた。今年もPS枠ではあるがコロナ禍ルールで先週も試合日ロースター登録でスペシャルチームでプレイをしていた。
また今年のBroncosのドラフト3順のマルチLB Baron Browningは当面OLB控えとFangioヘッド。
「今後は可能性はあるかもしれないがまずはMicah次第。もし彼がいけなければBaronが次のILBの控え候補になる」と話した。
Browningは大学でもILB、エッジとプレイ。ドラフト後に膝を痛め出遅れ。オールラウンドアスリートとBrowningには期待が高かったが出遅れが響いているか、Browningは今季2試合で守備スナップのプレイはゼロ、スペシャルチームでのプレイのみ。
もう一つの枠は自軍PSのRB Damarea Crockettのロースター昇格で埋めた。Crockettは開幕2試合ともPS枠から試合日ロースター登録でスペシャルチームでプレイしている。RBとしてはプレイはしていない。
明いたPS枠はキャンプ後カットされたLB Pita Taumoepenuを呼び戻し契約で埋めた。


  1. 2021/09/23(木) 22:51:48|
  2. 未分類

21.09.22 Jewell怪我人リスト入り Chubb手術・・・・

OLB Bradley Chubbが足首に関節鏡手術を受ける。足首の骨棘を除去するもの。復帰可能リスト登録となると予想される。Chubbは昨年シーズン最後の2試合を右足の足首の怪我で欠場。5月中頃になり痛みがとれず飛び出た骨の骨棘の除去手術。その後のOTA、ミニキャンプは不参加でキャンプからの始動だった。練習復帰までおよそ二カ月半。
今回はプレシーズンで追った前の怪我とは反対の左の足首。程度が同じと考えると復帰を急いでも二か月は回復にかかるとみられる。
Chubbが最後の健康にシーズンを過ごしたのは18年シーズン。19年はACL。昨年はACLからの復帰シーズンでプロボウルに選ばれたもののシーズン終盤に足首を痛め2試合の欠場だった。
Chubbの代わりに入るのはMalik Reed。控えには新人Jonathon Cooper、Andrew Mintzeとなる。
胸筋断裂となったILB Josey Jewellはすでに怪我人登録済。2年目のJustin StrnadがJewellの代わりに先発すると予想されている。また新人Baron Browningも控えでチャンスがあるかもしれない。今年のドラフト3順LBは膝を痛めOTA、キャンプと出遅れ。スピードがありILB、OLB共にプレイ出来る。とはいえ今季は怪我の影響でかなり出遅れており、どこまでやれるのかは未知数。JewellとChubbの2人を怪我人リスト入りで枠があるためPS枠からLB Curtins Robinson、Barrington Wadeのどちらかを昇格もしくはFAで未契約のLBのワークアウト後の契約が予想される。

今週のPS契約選手流出阻止リスト登録
QB Brett Rypien
RB Damarea Crockett
C-G Austin Schlottmann



  1. 2021/09/22(水) 21:50:01|
  2. 未分類

21.09.21 Jewellシーズンエンドか?

開幕戦に続き2戦目も先発選手喪失。ILB Josey Jewellが胸筋断裂で怪我人リスト入り、恐らくシーズンエンドと情報筋の情報として地元メディアが伝えた。ただ断裂の程度は不明。部分断裂なのかまだ公式には明らかにされておらず、同じシーズン内で胸筋部分断裂で復帰した選手もいるだけに、可能性は少ないが、復帰の可能性が絶望的ではないかもしれない。Fangioヘッドは 現地月曜の会見で、Jewellの詳しいメディカルの診断は火曜になると話し、まだ判断は出ていないとしている。
Jewellの怪我はスペシャルチームのカバーチームでリターナーにヒットした際に負ったもの。Jewellは主にパントカバーチームに先発ILBながら参加。シュアタックラーであることから新人時から2年目まではスペシャルチームで60%のスナップでプレイしていた。昨年からは先発主力格として主にカバーチームでスペシャルチーム20%ほどのプレイだった。Broncosはカバーチームが弱く、もしカバーチームがきちんと仕事をしていたらJewellはカバーチームに出る必要などなかったのに・・・と嘆くBroncosファンのつぶやきがTwitterで多く見られた。今季4年目、開幕戦から素晴らしい動きでキャリア最高のスタートを切ったJewellだけにファンのJewell喪失の失望感は大きい。
Fangioヘッドは月曜にメディアに
「スペシャルチーム強化のため先発組何人かがスペシャルチームでプレイをしている。私がSFにいたときもオールプロのNaVorro Bowmanがパントカバーチームでプレイをしていたんだ」とスペシャルチームも重要なユニットと強調していた。
Jewellは守備コールを受信機で受け取り他守備選手にコールを伝える役目をになっていたためJewellの欠場は戦力的に、守備ケミストリー的にも痛手になる。プレイコールはILB Alexander Johnsonが受けつぎ、2年目のJustin StrnadがJewellの代わりにILBに入る。Strnadは日曜のJax戦でJewellの怪我の後に出場。5タックルを記録した。
さらにOLB Bradley Chubbもしばらく欠場。プレシーズンで傷めていた足首を再び悪化させてしまった。Chubbの不在はこちらはすでにある程度の実績を残しているMalik Reedが入る。
Broncosは開幕で先発CB Doland Darbyをハムストリングで復帰可能の怪我人リスト、先発WR Jerry Jeudyを重度の足首の捻挫で復帰可能の怪我人リスト。さらに心拍異常で先発ガードGraham GlasgowがJax戦欠場。そしてJax戦でJewellとChubbが離脱と次戦NY Jets戦は少なくとも4人先発が欠場、可能性として5人欠場とえらいことになってしまった。
Fangioヘッドは
「我々のデプスは以前より厚くなっている。今年の最終ロースターカットデー以後、以前より多くの選手の獲得を行わなかったのも層が厚いからだ。我々の層には自信がある」と話している。

心拍異常でJax戦欠場となった先発ガードGlasgowの代わりにNFLキャリア2戦目の先発となった2年目のNetane MuはProfootballFocusでガードでリーグ4番目の評価を受けた。
Fangioヘッドは
「素晴らしいプレイだった。サック受けたプレイでからんでしまったが彼のプレイはよかった。次ぎの彼の出番となってももっと良いプレイを見せるだろう」と話している。

QB Teddy Bridgewaterな投げまくりの開幕からの2試合。反対にランは沈黙。
Fangioヘッドはランゲーム不振とは考えてない。
「2試合とも相手チームがランストップに非常に集中した守備をしてきていたからで、それによりパス重視オフェンスで成功出来た。2試合のパスアタックの成功で次の試合からはランが出るようになるかもしれないよ」と話している。
スタッツ的にはMelvin Gordonの70yロングランが開幕戦であったこともありBroncosのラン攻撃はリーグ5位。1回当たりの平均ではリーグ12位。


  1. 2021/09/21(火) 22:07:54|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)