broncomaniacのブログ版

C職探し続く

情報筋によるとBroncosはBaltimore RavensのDLコーチAnthony Weaverの守備Cのジョブインタの申し込みをしたと現地メディア。LA Ramsの守備バックコーチEjiro Everoと2人が新しい守備Cの最終候補ではとみられている。
また攻撃CはGBのTEコーチJustin OuttenがBroncosの攻撃Cが候補と現地メディア。
Nate Hackett新ヘッドが21年シーズンまで所属していたGBでOLコーチだったAdam Stenavichへのインタビュー要請はGB側が拒否。StenavichはGBの攻撃Cに昇格。WRコーチのJason VrableをターゲットにするもこもれGBから拒否されている。
ほか攻撃C候補ではBroncosはLA ChargersのTEコーチKevin Kogerのインタビュー要請を行ったと伝えられている。KogerはGBも攻撃C候補としてインタビューしていた。
Hackett新ヘッドの就任祝いのお食事会がMike ShanahanオーナーのレストランShanahan'sで行われた。Hackett新ヘッドはShanahanにご挨拶。メンバーは球団フロントメンバーとされている。G Dalton Risnerも偶然か、その日にShanahan'sで食事をしたようで、Mike Shanahanと一緒に撮った写真をTwitterにアップしている。


  1. 2022/01/31(月) 22:08:41|
  2. 未分類

Hackett新ヘッド Denverメディアに初めて答える

Broncos新ヘッドNathaniel Hackett。
Nathanielと長ったらしいなぁ、と思っていたらNathanielはお父さん専用呼び名で、そうでないときは相性のNate、もしくは性のほうの相性のHackで良いそう。なので今後はNate Hackettで書くことにします。

新ヘッドHackett。Nneurobiology and physiology behaviors(神経生物学および生理学的行動by Google先生直訳)の学位を持つ変わり種。
就任会見の後に地元メディアのインタビューで
Steve YoungよりJoe Montana、MontanaよりElwayと答え、また身体能力よりも精神的な自信を信じると答えている。なおQBには”俺を倒して見やがれ”メンタリティを持っているQBが良いという。自信家ならDrew Lockもかなりの自信家だが・・・・。
Hackettは今週月曜にDenver施設で日帰りの2回目のジョブインタビューを受けた。Geroge Paton GMとは翌日火曜もZOOMで2時間にわたり多くの話をしたという。Patonはその会話の後に、Hackettが次期ヘッドと決めたという。
Hackettの父Paulは1969年に大学でコーチを始め81年にCleveland BronwsでQBコーチ。その後2010年まで攻撃C、QBコーチでコーチ業を続けた。息子Hackettは子供の頃から父の姿を見て育ち、父の後を追うように若くしてコーチ業を始めた。
父が著名なコーチであることは有利であるとは思えるが息子逆は一番下の下積みから始めることになった。
「下積みからやれてよかったよ、そういう環境で育ち成長することが出来た。洗濯係では誰よりも多くのタオルを畳んだと思う。それが自分を作ってきた。選手を理解する助けになった。組織全ての人間が大事ということを学んだ」とHackett。
Hackettは自身がヘッドの立場から攻撃プレイのコールを出すことは決まっているが、決まっていないことが多い。そもそもBroncosの選手のこともまだ把握出来ていない。
そして攻撃Cも決まっていない。噂されていたHackettの同僚でGBのOLコーチAdam StenavichはGB残留。昇格移籍のためインタビュー要請を断る権利はGBはないが、GBはStenavichを攻撃Cに昇格させ残留させる見込みと伝えられている。
また同じくGBのパスコーディネーターのLuke GetsyはChicagoの攻撃Cへ移籍と伝えられている。
AFC西はKC、LA C、LVと強豪揃い。しかしHackettには懐かしい響きになるという。
「僕が高校の頃は父がKC Chiefesでコーチをしていたからね。だから昔から好きな地区だったんだ。今やリーグ最強の地区だと思う、こういうプレミアな地区でこそ望むこと。我々組織の皆の挑戦となる。一丸となって勝つ方法を見つけたい」とHackett。Nate Hackettはカリフォルニア生まれで大学もCalifornia Davis大。大学時代のコーチ歴も同校とStanford大。以降NFLに転身しあちこち動くも26才まではずっとカリフォルニアだった。なおHackettは学生時代はMLB、LS、センターをプレイ。

George Paton GMがHackett雇用に関して、Aaron Rodgersファクターは一切ない、と会見で断言。Rodgers獲得なくとも、プランを持っている。

Hackettヘッドが”フットボールは楽しくなくちゃ”ということでキャンプの練習で音楽を流すことが再開。Fangioヘッド時代は音楽は禁止になっていた。
Broncosは攻撃C候補としてLA ChargersのTEコーチKevin Kogerにインタビューと現地メディア。Kogerは19-20年にGBで攻撃クオリティコントロールコーチ。20年まで末端のクォリティコントロールコーチからもう攻撃C候補に。Kogerは32才。2012年に大学でTEコーチから。18年までいたEastern Kentucky大でスペシャルチームコーディネーター経験が唯一のコーディネーター職。

Hackett新ヘッドとなりBroncosの攻撃システムはウエストコーストオフェンス、ランはゾーンブロッキングスキームになる。Pat Shumurのランはギャップ、ゾーンをまぜまぜのミックスだった。


  1. 2022/01/29(土) 21:57:28|
  2. 未分類

Hacketの次はフランチャイズQBだ!

Broncos新ヘッドNathaniel Hackettの就任会見は現地28日午後3時(米山岳時間帯)に球団施設で。
Kubiakが病気を理由に辞任してからVance Josphe、Vic Fangioと守備畑のコーチで失敗したBroncos。Hackettの加入は長年にわたる攻撃低下の起爆剤が期待される。またヘッドのキャラクターも180℃変わる。まじめモードの前任と違い、フットボールは娘とやってるダンスと同じく楽しいもの、ととらえミーティングでもスターウォーズからオースティンパワーズ、ジャスティン・ティンバーレイクらを話にからめるHackett。
Bronncos移籍が噂されるAaron Rodgersは以前のインタビューで
「うちで彼ほど僕に楽しみをくれる人はいないし彼ほど一緒のいたいと思う人間もいない」とぞっこんぶりだった。
非常に優れたコミニュケーターとして知られ、話を聞き、全ての選手、コーチが同じ方向に向かうよう指導する。GBのLaFleurヘッドは攻撃CのHackettに関して
「彼はうちのグルーガイ(接着材人間)。彼が皆を一つの方向にまとめてくれるんだ。私が今まであった中でもかなりのまとめ役で整然とした人間。労働家で4人分くらいの仕事をすることが出来る。何が起こっているか全てを把握する知性があるんだ。攻撃ラインルームにいてもQBルームにいても、RB、TEとどの部屋にいても彼には問題いんだ。彼なしにはうちの成功はない」と話していた。
多くの人間はBroncosはAaron RodgersをつりたいためにHackettをヘッドに選んだ、と感じているかもしれない。とはいえHackettの能力はGreen Bay前にすでに証明されている。2017年にJacksonviile Jaguarsで攻撃CだったHackettはQB Blakeでスコアリングリーグ5位の強力オフェンスを構築。チームはAFC選手権まで上り詰めた。
Bortlesは現地木曜日、Broncos公式サイトのインタビューに
「攻撃Cがチームにいかに影響を与えるか、それがあの年だった。彼は毎週毎週有利になる変更やギミックを用意していた。皆それが大好きだった。それはフィールドに入れる選手の布陣だったりフォーメーションだったり。それで試合が終わるとそれがいつも成功していた」と話している。
Bortlesのプロ入り2年目にHackettがQBコーチで入団。BortlesはHackettと2年QBコーチ、2年攻撃Cとして4年一緒だった。
「僕は彼とは長かったからフィールド内外での彼を知っている。彼の人間として、コーチとして。フィールドの外では彼が父として、夫としてまで。全部知っているよ。僕にとって知識という点では彼はNFLで最も影響を受けた人間だ。彼とは一生続くような関係を築けたことはとてもよかった。彼は特別な人間だよ。とてもユニークなリーダーシップを持っている。いつも思うのは彼は誰とても素晴らしい関係を築くことが出来るんだ。前に彼に言ったことがあるんだ。”コーチがヘッドコーチになるのが楽しみでしょうがないです”って。彼は誰よりもヘッドになるにふさわさい人だからね」とBortles。
たとえRodgersがBroncosに来なくとも、HackettにはQBを育成する高い能力がある。
「僕たちはJoe MontanaとかSteve Youngとか昔のプレイをよく見たんだ。それを彼が簡潔に解説してくれる。NFLはとても進化して昔とは違ってきてはいるが多くの部分は昔と変わらないこともあるんだ。彼は昔の試合から一つ一つ理解するために説明してくれたんだ」とBortles。
BortlesはミーティングルームのHackettのエネルギーの爆発は類を見ないと話す。
「彼はへんなかっこうしてたり、叫んだりジャンプしたり叫んだり。まぁものすごいよ。どうにもならないエネルギッシュぶりだけど、みんなとてもいいムードになるんだ。彼と古いタイプのコーチとの違いは選手とコーチが良い関係になることを許すことだと思う。時に行き過ぎでやり過ぎな時もあるけど、それでも彼はけしてぶれず。達成すべき目標に集中している」
Jacksonville JaguarsがHackettをヘッド候補にしていた理由はTrevor Lawrenceの成長にHackettは必要と考えたため。
もしRodgersがBroncosにこなくても、BroncosはHackettがBroncosの次のフランチャイズQBを育ててくれると信じている。

もしBroncosがGBからトレードでAaron Rodgersを獲得するとして、その見返りは?
地元メディアMike Klisは
22年のドラフト全体9番目、さらに2順ふたつ、3順ふたつ。加えて新人契約のサラリーが安いJerry Jeudy、もしかして23年の1順も必要になる場合も、とわりと適当な感じで予想。
GBはサラリーキャップが厳しいので地元メディアTroy RenckはJeudyの他、Pat Surtain、Devontae Williamsらがターゲットになる可能性もとしている。
ESPNのBill Barnwellは22年、23年の1順、2順の四つ。さらに未来の殿堂入りTE期待の Albert Okwuegbunam。
Pro Football FocusのBrad Spielbergerも22年23年のドラフト1順2順と推測している。

現地月曜日、DenverにJacksonville Jaguarsのフロントが飛行機で到着。Vic Fangio元BroncosヘッドとのJaxヘッドジョブインタビューが目的だった。

来週Joe Ellis CEOがBroncosオーナーシップに関する会見を予定。身売りに関するものと見られている。


  1. 2022/01/28(金) 14:10:04|
  2. 未分類

Hackett新ヘッド就任でRodgers移籍先筆頭候補に

情報筋からの話として、Broncosの新ヘッドはNathaniel Hackettに。現地木曜に4年契約にサインと地元メディア。
Broncosは今後Dann Quinn、Kevin O’Connellらとも2度目のインタビューを予定していたがトップ候補はすでに2回のインタビューを終えていたHackettだった。
George Paton GMはHackettがJacksonvilleの2度目のインタビューオファーを受けたため前日までヘッド捜しは急がない、というプランをオーディブル。現地水曜午後からHackett契約合意に向けBroncos側は一気に話をつめ深夜真夜中前に4年契約合意となった。現地空けた木曜の正式契約となる見込み。
HackettのBroncosヘッド就任でオフの主役はBroncosとなる。Aaron Rodgersの移籍先としてHackett加入のBroncosはトップ候補になる。Rodgersはプレイオフ敗退後に引退を含めた今後の進退を考えたいと話していた。
もちろんRodgersの存在を外してもHackettにはヘッドコーチとして大きな可能性があるとNFLの多くの関係者は見ている。QB探しを必要としてないJaxでも最終候補になっているHackett。父親は40年以上NFL、大学で攻撃コーチとして活躍したPaul Hackett。息子HackettはMike Shanahan、息子Kyleの関係と同様父の姿を見て成長をし学んできている。Hackettが頭角を現したのは2011年~に在籍していたSyracuse大。当時ヘッドのDoug Marroneに認められMaroneがBuffaloのヘッドに就任するとHackettも追従。その後JacksonvilleでMaroneの下でコーチング。GBでは攻撃Cであったがプレイコールは行っていなかったがJax時代のプレイコーラー時代は高く評価されている。QB Blake Bortlesでリーススコアリング5位をたたき出している。
明日からは新攻撃C(攻撃コールはHackettがヘッド兼任で出すと予想されうr)、新守備Cなどのコーチ人事が始まる。
  1. 2022/01/28(金) 00:52:00|
  2. 未分類

新ヘッド捜しは 焦らず正しいリーダーを

Broncosのヘッド候補の1人、GBの攻撃CのNathaniel HackettがJacksonville Jaguarsのヘッドジョブインタ2回目を受ける。Broncosは今週月曜にHackettと2回目のインタビューを行っている。
Hackettは15-16にJaxのQBコーチ、16-18に攻撃Cを務めていた。J
同じくBroncosヘッド候補で2日目のインタビューが見込まれているDallasの守備C Dan Quinnは現地水曜日Chicagoの2回目のジョブインタビューを受けた。QuinnはNY Giantsのヘッドも有力と伝えられている。
Broncosヘッド最終候補に残っていると見られるLA RamsのKevin O'Connellは今週末にRamsがNFC選手権に出るため来週火曜まで2回目のインタビューは出来ない。
O'ConnellはGeorge Paton GMとはNFLスカウトコンバインで何度も合っている関係。またBroncosのdirector of player of personnelのDarren Mougeyとは大学時代のチームメイト。2人はQBとして競争をしO'Connellが勝利。MougeyはWRに転校。MougeyはO'Connellから2007シーズンに32キャッチ、368レシーブヤード、2つのTDパスを受けている。

今回のヘッド捜しは非常に時間がかかっている。通常1回目のインタビューで候補がしぼられ2回目のインタビューでは契約内容のまとめに入り、オファーが出されることがほとんど。Denver地元メディアのTroy Renckは記憶ではあるが、今年の各チームのヘッドサーチほど遅い進行は近年ではない、と伝えている。火曜にNO SaintsのSean Peytonヘッドが自らヘッドを退いたため現在ヘッドの空は9つ。
各チームじっくり路線。
Broncosの最近では2015年1月12日にJohn Foxヘッド解雇、Gary Kubiakヘッド就任が一週間後の19日。Kubiakヘッドが病気を理由に辞任したのが17年1月2日、Vance Josephヘッド就任が9日後の11日。Josephヘッド解雇が18年12月31日、Vic Fangioヘッド就任が1月10日。Fangioヘッド解雇が今年の1月9日。今までは前任ヘッド解任がシーズン最後の試合。明けた週は通して新ヘッド候補インタビュー。そして2週目の早い段階でヘッド決定。今回はFangioヘッド解雇の明けた週は新ヘッド候補の絞り込み。明けた2週目からヘッドインタビュー開始。そして3週目はしぼりこんだ候補の2回目のインタビュー週。とはいえ現地水曜と週半ばまで来ているもの1人しか2回目のインタビューを行っていない。Paton GMはヘッド捜しは急いでやらず正しいリーダーを見つけると話しているものの、他のチームも進行が遅いので何かしらの全チームに共通するリーグの新しい流れというものがある模様。


  1. 2022/01/27(木) 21:49:37|
  2. 未分類

ヘッド探し第2ラウンドウィーク

Broncosのヘッド候補の1人Dan QuinnがChicagoのヘッドジョブインタビュー2回目が現地水曜日に行われることに。BroncosもQuinnと2度目のインタビューを行う予定と伝えられているが日付はまだ明らかになっていない。
Chicagoはヘッドコーチ候補としてQuinnの他、Indyの守備C Matt Eberflus、ここ2シーズンNFLから離れているJim Caldwellも候補になっている。
QuinnがChicagoと2度目のジョブインタビューということで、そのままQuinnがChicagoでヘッド就任になる可能性もある。ただしChicagoのフロント事情からQinnはChicagoの2度目のインタビューはまだ候補絞り込みのインタビューになる可能性が高い。Chicagoは現地火曜日にKCにいたRyan Polesを新GMとして雇ったばかり。新GM Polesが当然これまではChicagoのヘッドサーチに加わっていなかった。Polesは自身が就任した火曜日にはCaldwellもChicago球団施設に入っていた。新GMは火曜にCaldwell、水曜にQuinnとEberflusと面談。Chicagoは上記3人の候補をPoles就任前に絞り込んでいたため、Polesの入団によりヘッドサーチがどのような方向に向かうのかは不明。Polesがヘッドサーチにどれだけの発言力があるのか、Polesが他に好みのヘッド候補がおり、さらなる候補を新たにインタビューをするのか。
現地メディアは水曜が終わる段階でChicagoはヘッド候補にオファーをまだ出すことはないだろうと見ている。

KC Chiefsがスーパーボウルに選出された場合、同チームからプロボウル選出となっているOT Orlando Brown、S Tyrann Mathieuが辞退となる。BroncosのT BollesとS Simmonsがプロボウル第一補欠のためKCがスーパー進出となればプロボウルへ。CBで第一補欠だったPat Surtainは選出選手がNE、Miami、Cleveland、Indyからだったため出場の可能性は低くなっている。今後選出選手が怪我などの理由で辞退などがあれば出場に。

  1. 2022/01/26(水) 22:14:27|
  2. 未分類

新ヘッド捜し Hackettと2回目のインタ終わる

ヘッドコーチ職ジョブインタ第2ラウンド。
現地月曜にGBの攻撃C Nathaniel Hackettと2回目のインタビューを行った。HackettはBroncosが用意したチャーター機でDenver入り。HackettがDenverのトップヘッド候補でDenverを離れることなく就任決定の可能性も予想されたがインタビュー終了後HackettはDenverを発った。
Broncosは日時はまだ不明もDallas Cowboysの守備C Dan Quinnともインタビュー予定と地元メディア。またLA Ramsの攻撃C Kevin O’Connelもまだ候補と現地メディアは伝えている。RamsがNFC選手権出場のため2回目のインタビューは最速で来週火曜になる。

  1. 2022/01/25(火) 22:23:27|
  2. 未分類

QuinnかHackettかGannonか

Denver地元メディアのMike Klisが、Bronocsは新ヘッドジョブインタビューを行った10人のうち少なくとも5人にすでの候補から外れたと連絡を入れたと伝えた。
情報筋によるとDallas守備CのDan Quinn、GBの攻撃C Nathaniel Hackettはまだ候補に残っているという。ほかLA Ramsの攻撃C Kevin O’Connellもおそらくまだ候補に。KCの攻撃C Eric BIeniemyはまだ候補なのか外れたのかは不明とKlisは伝えている。
また地元メディアのTroy Renck、Jonathan GannonはPhillyの守備C Jonathan Gannonの可能性もあると伝えている。多くの名前が上がった候補情報をまとめると、Quinnトップ候補、Hackettが続きGannonが穴、という感じ。
Broncosヘッドサーチは第2ラウンド、今週にも候補の二度目のインタビューが行われる見込みという状況。KCのBIeniemyはプレイオフのAFC選手権出場のため今週はインタビューは出来ない。BIeniemyが候補でない場合は今週末にもヘッド決定になる見込み。
  1. 2022/01/24(月) 22:05:45|
  2. 未分類

現在ヘッドコーチインタビューツアー第一弾中

Fangio前ヘッド以外のコーチ陣は現在まだBroncos在籍。ほかのコーチは新ヘッド決定後、新ヘッドの意向により今後が決定と伝えられている。
他球団との交渉は許可されている。これまで誰も他球団との接触は確認されていなかったが、McMahonスペシャルチームコーディネーターがCarolina Panthersとリモートジョブインタを受けたと地元メディアが伝えた。

現在新ヘッド候補インタビューツアーに出ているGeorge Paton GM他Broncos一行。現地木曜、Detroit Lionsの守備C Aaron Glennの4時間のジョブインタビューを行った。金曜にGBのパスコーディネーター兼QBコーチのLuke Getsy、土曜に同じくGBの攻撃C Nathaniel Hackettのインタビューを行いDenverに戻る。残りのコーチは来週。

  1. 2022/01/14(金) 21:59:53|
  2. 未分類

Broncos身売り近しか

Broncosヘッドコーチ候補2人追加。前日月曜の8人に続き火曜日に2人の候補をピックアップ。新たな2人は
Luke Getsy GB Packers パスコーディネーター兼QBコーチ 37才
BroncosはGBの攻撃CのNathaniel Hackettもすでに候補としている。GB QB Aaron Rodgers獲得へ動いているのか、偶然なのか。

Brian Callahan Cincy Bengals攻撃C 37才
NFLコーチキャリアはJosh McDaniels時代のBroncos。2010年~15年にBroncosに在籍。Broncos時代最後は攻撃アシスタント。16年にDetroitにQBコーチで昇格移籍。19年からCincyの攻撃C。

Broncosは今週木曜にDetroitの守備C Aaron Glenn、土曜日にGBのHackettとGetsyのジョブインタビューを行う。

Joe Ellis CEOがBroncosオーナーシップに関する発表をヘッドコーチ決定後すぐにも行いたいと話した。
Bowlen一家から球団は離れ身売りとなると見られている。
84年までBroncosオーナーだったEdgar Kaiserの一族が起こしていた法的問題に結論が出た。Bowlen一家が球団売却することに拒否権があるとKaiser一家が訴えていたが現地火曜、Kaiser一家にはすでに拒否権なしと裁判所の判断が出された。もともと1984年のPat Bowlen故オーナーがBroncos球団を前オーナーより買ったときに同意がされていたもの。しかしBowlen、Kaiserともにすでに死去。遺族にその権利はない、と裁判所。
またBroncosは新ヘッド決定コミティーにBowlenの娘で、身売りがされなければオーナーの跡継ぎとみられていたBrittany Bowlenが入っていない。
そのことからも身売り交渉は裏ですでに合意レベルにまで達していると予想される。

Broncosはフューチャー契約で若手選手との契約をすすめているが、うれしい一人が戻ってきた。CB Essang Bassey と契約。20年のドラフト外新人FAのBasseyは20年12月にACLでシーズンエンドの怪我をするまで控えCBで活躍。今年は怪我の回復が遅れ、シーズン終盤に復帰。しかし21年のコロナ禍シーズンでロースター調整が大変の中、ロースターからカットしてPS枠に戻そうとしたときにLA Chargersにウェイバー獲得されて流出していた。LAはプレイオフ出場出来ずシーズンエンド、Bassayをウェイバー解雇、Broncosがウェイバー獲得した。
またベテランGのGraham Glasgowとリストラ契約合意。22年の基本サラリー8.4ミリオンから3.1ミリオンに+出来高1.4ミリオンに。20年に4年44ミリオンの契約でFA入団のGlasgow。すでに20年と21年に宇23ミリオンを受け取っている。
今季は11月に足首を痛めシーズンエンド。Broncosのガードは先発でDalton Risner。控えで来年が3年目のNetane Muti、2年目となるQuinn Merinerzがおり先発争いのチャレンジを受ける。
またGlasgowはセンターも出来るためセンター先発のLloyd Cushenberryも競争相手になるかもしれない。Glasgowは見直し交渉は予想していたという。

  1. 2022/01/12(水) 22:30:32|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)