broncomaniacのブログ版

ManningとWilsonがRockies戦訪問



  1. 2022/06/17(金) 19:33:08|
  2. 未分類

ミニキャンプ最終日は練習なし

現地水曜日、Broncosはミニキャンプ最終日の練習をキャンセル。
選手交流会となり、バスケ大会などでリラックスした時間を過ごし選手は5週間の夏休み。
ただしRussell Wilsonが7月中頃に、チームメイトを集め自主パッシングキャンプを予定している。

アイスホッケーのNHLのスタンレーカップファイナルの初戦が現地水曜日開始。Denver地元球団のColorado Avalancheが遠征してTampa Bay Lightningと対戦。Avalancheが延長で勝利した。
この日ミニキャンプ最終日の練習をキャンセルのBroncos。ミニ運動会で遊んだあとに、多くの関係者がTampa入り。Russell WilsonはTampa入りして観戦、家族と観戦している映像、写真を自身SNSに投稿。
他地元メディアのTory Renchkは複数のBroncos選手がTampaで観戦と伝えている。NBAのDenver Nuggetsの選手も複数が試合会場で目撃されている。

Robert Griffinが今年のスーパーボウルにBroncosが優勝と予想。
「Russが3年連続移籍初年度の優勝を狙う。BradyとStaffordがやれたんならRussならどうだ。Let's Ride」と自身Twitterで発言。
Griffinは20年にBaltimoreで控えQB。21年にESPNと契約。大学、NFLの解説業。
  1. 2022/06/16(木) 21:40:45|
  2. 未分類

WR Cleveland怪我も軽傷

現地月曜のミニキャンプ練習で足を痛めたWR Tyrie Cleveland。
重傷ではと不安視されていたがMRI検査で問題なし。単なる足首の怪我。3年目のWRは激戦WR陣の中で生き残りをかけたシーズン。大事なく夏のキャンプをスタート出来る。
怪我が軽傷で喜んでいるのはスペシャルチームコーディネーターのDwayne Stukes。
「彼がスペシャルチームの中心であることは秘密でもなんでもない。私には決定権がなく、Paton GMやHackettコーチの判断にはなる。しかし彼は我々スペシャルチームが求める選手。彼の怪我が軽傷であったことはスペシャルチームには大きい」とStukes。

Broncosはミニキャンプ最後の水曜の練習を行わないかもしれない。
最終日の練習はキャンセルの見込み。Hackettヘッドは練習テープを見直してから決めると話している。
Broncosは水曜の夜には選手は一旦解放。5週間の夏休みで7月末の夏のキャンプまでシーズン前最後の長期休暇となる。
ここ数年NFL球団では参加義務のあるミニキャンプの練習は行わない傾向になっている。BroncosではVic Fangio時代の3年間は参加義務のあるミニキャンプ練習はなし(20年はコロナが理由)。オフシーズンワークアウト最後のミニキャンプはキャンセルで先週に一週間早い夏季休暇を与えていた。
Hackett新ヘッドになって一応2日間のミニキャンプ練習は行われていた。

  1. 2022/06/15(水) 22:09:31|
  2. 未分類

選手間もなく夏休み

夏休み近し!
のBroncosのオフのワークアウトも現地月曜から水曜までの参加義務のあるミニキャンプでおしまい。
7月後半の夏のキャンプまでしばし選手は公式行事なし。自己練習のみの夏休みになる。4月11日から開始したオフのワークアウト。新ヘッド招聘チームは1週間多めにオフのワークアウトが可能なため、Broncosは9週間のオフのワークアウトプログラムだった。
選手は参加義務のないオフのワークアウトプログラムに1度の参加で295ドルのワークアウト参加ボーナス。サラリーが低い選手、新人選手らには嬉しい収入に。

殿堂入りの元BroncosのRB Terrell DavisがBroncos買収入札に参加していたJosh Harrisのグループに加わっていた。
「誘いの連絡を受けたときはとても光栄だと思ったよ。選手としてBroncosでプレイをしたんだ。それも唯一のチーム。オーナーシップグループのメンバーになれるなんてまるで夢のような話だ」とDavis。Harrisグループの入札額は4.25~4.ビリオンだったという。ウォールマートの創業者グループのWaltonグループが4.65ビリオンで新オーナーとなっている。
Davisは
「Broncos組織の一員として協力したいと思っている。アドバイザーでもアンバサダーでも、なんでも協力したいと思っている」とDavis。
Davisは昨年9月から家族とDenverに引っ越してきているという。現在フラッグフットボールのチームのコーチをしており、DavisのチームBroncosは地区チャンピオンシップに進出。チームには子供3人のうち11才と9才の2人が在籍しているという(もう1人は7才、皆男の子)。

  1. 2022/06/14(火) 22:23:27|
  2. 未分類

オーナー決定と公式サイト

Rob WaltonとそのグループがDenver Broncosの新オーナーに。アメリカのスポーツ球団の売却史上最高価格の4.65ミリオン。
Broncosはアメリカ、だけでなく世界最大のスーパーマーケットチェーン一家により運営されることになる。
Rob Waltonは10月で78才。娘Carrie Walton-Penner、娘婿のGreg Pennerが実戦部隊で日々の業務にあたると見られている。ウォルトン一家3世代がBroncos運営かかわる。今後はNFLオーナーの24票の支持が必要となる。
Broncosは1984年より故Pat Bowlenがオーナーに。アルツハイマーのため2014年に球団から離れ、Bowlenオーナーの委託委員会がBroncosを仕切っていた。
4.65ビリオンでの売却。1ドル130円とすると日本円で約6000億円。Bowlen元オーナーの弟John Bowlenが22パーセントで1ビリオン、1300億円を受け取る。残りはBowlen元オーナーの7人の子供達が78パーセント。均等に分けると1人約11パーセント、5億ドル、だいたい660億円を受け取る。



参加義務のないヴォランタリーワークのOTAを欠席しているRB Melvin Gordon。
来週火曜に始まる参加義務のあるミニキャンプには
「ちゃんと出席するよ。罰金はなしだよ」とGordon。参加義務のあるミニキャンプは欠席すると罰金となる。Gordonは5月のオフシーズンワークアウトプログラムには何回か出席していた。今年はRussell Wilsonが加入。新しいオフェンスになっているが、チーム練習とは別にWilsonとは何回かワークアウトを行っているという。
「新しいプレイブックでRussとはワークをやってるよ。朝6時半からね」とGordon。
  1. 2022/06/08(水) 21:49:42|
  2. 未分類

新オーナーは来週には決定か

Forbesなどの経済メディアが、Rob Waltonが4.58ビリオンの入札で新Broncosオーナーとなる、と報じた。将来的には正しい報道になる可能性が高いが現時点ではまだ未決定と地元メディア。
Broncosのオーナー入札は現地月曜曜に2回目の入札。上記Waltonに加えJosh Harris、Jose E. Feliciano、Mat Ishbiaの計4グループが2回目の入札に参加。
また情報筋によると上記4人のグループはすべてPeyton Manningにも連絡。Manningが新オーナーグループへの関与に興味があるかどうか確認をしているという。マイナー株主か、アドバイザー的な立場か。
来週もしくは再来週にBroncos球団は新オーナーを決定。その後オーナーグループはNFLに財政レポートを提出。新オーナーグループが球団のオーナー投票で24票の支持を受け正式決定となる。おそらく7月には投票が行われる見込み。

NFL選手会によるとBroncosはサラリーキャップの空きは約11ミリオン。
ドラフト組では5順のEyioma Uwazurike。7順のFaion Hicksと未契約。とはいえ現在のロースター数は90人、現在のキャップ枠はヒット額トップ51人の額で計算。ゆえ2人の契約は加算されない。現在Broncosのキャップヒット51番目はWR Tyrie Clevelandの約90万ドル。

毎年オフにパスラッシュサミットを開催している元BroncosのVon Miller。今年はBroncos選手としてではない初めてのパスラッシュサミットを開催。昨年までの5回開催しているMiller。今年はBuffalo Billsの選手として6回目のサミットをLas Vegasで先週末の二日間開催。
BroncosからはOLB Baron Browningが参加。他
Cam Jordan (Saints)、Justin Houston (Ravens)、George Karlaftis (Chiefs)、Calais Campbell (Ravens)、Dee Ford (49ers)、Maxx Crosby(Raiders)、Chandler Jones (Raiders)らが参加。
ほか500人以上の選手、コーチがライブフィルムセッションに参加。
  1. 2022/06/07(火) 22:25:47|
  2. 未分類

やっぱり今年のオフェンスは大変だ

先週インタビューでHackettヘッドの新オフェンスはとても難しいと Javonte Williamsが話していた。今週はWR Tim Patrickも同じコメント。
「今年はRuss(Russell Wilson)がいて、Hackettヘッドがいる。彼らは互いの好むシステムを合わせているので今までで教わったこともないようなシステムになっている」と話している。
このオフはミーティングの嵐だ。攻撃、守備、ポジションミーティング。WIlson招集の時間外ミーティング。
「毎日だよ。でも大きな助けになる。とにかく今年のオフェンスは難しいんだ。いつものように通常の練習だけでは理解するには不十分。だから僕たちは自主的もやっていかないといけない。新しいコーチ、新しいQB、新しいオフェンス。シーズン終わる頃にやっと習得しましたなんて言っていられない。今年は最初から飛ばしたい。スーパーボウルにいけなければ失敗シーズンと思っているからね」とPatrick。

昨シーズンドラフト3順で指名されたBaron Browning。昨年はILBに怪我人続出のためILBで9試合に先発。ドラフト時はOLBもILBも出来ると評価。キャンプでもILBでの練習が多かった。今年はオフにJosey Jewellとは再契約したもののILBの補強は行わず。BrowningはILBにとどまるのでは、とも予想されたがHackettヘッドはBrowningは今年はOLBと早々に宣言。
Browningは
「僕はOLBでプレイしたかった。コーチ達も同じだった。これが今だけのことなのか今後変わるのかわからないけど、自分としては自分がやりたい位置で毎日努力するだけだよ」と話している。OLB競争は厳しい。先発のChubb、FA移籍のGregory。控えエースがMalik Reed。ドラフト2順のNik Bonitto。ドラフト外でも期待されるOLBがいる。BrwoningはOLBとILBの違いはラインに近いか、遠いか、それによる判断のスピードだという。
「OLBで出たときはスクリメージにちかいのでランかパスかを見極めるときに見てしまったり躊躇したりしてしまった。インサイドでは距離があるから時間も、反応をカバー出来るスペースがある。でもそれほど大きな問題ではないよ。今OLBでいい感触で練習出来ているし、随分成長してきているしね」とBrowning。



  1. 2022/06/02(木) 22:52:21|
  2. 未分類

家庭内暴力で逮捕のJeudy 法的な問題解決

現地5月12日に家庭内暴力で逮捕されたWR Jerry Jeudy。検察が裁判所に事件の棄却を要請。裁判所が認めたため本件は法律的には終了。
NFLのポリシー違反で制裁の可能性はあるものの、法律的に完全クリア。被害者の女性も当初から事件沙汰にすることを求めておらず、またJeudyも逮捕からその後の裁判所での公聴会にいたるまで非常に穏便協力的。リーグからの制裁処分もないと予想されている。
Broncosは現地月曜がメモリアルデーの休日で火曜からOTAの2週目。先週は腰のハリで休んでいたJeudyは練習復帰している。

RT Calvin Andersonが数週間前に鼻骨骨折の手術を受けていたことが明らかに。現地火曜のOTAでは鼻を保護するプロテクターを使用していた。

先週の3日間のOTA練習ではインターセプトを一度も食らわなかったQB Russell Wilson。火曜のOTAでPat Surtainに長いパスでインターセプトされてしまった。

OTAは参加義務のないヴォランタリー練習。先週は複数施設に入らない選手もいたが、2週目はMelvin Gordon以外は施設入り。怪我で練習不参加の選手も施設内でリハビリやワークを。先発LT 先発LT Garrett Bollesは火曜に施設入りしなかったがこれは家庭の事情のため。

S Kareem Jacksonは21年シーズンは33歳でチーム最高齢選手だったが、今年は36歳のQB Josh Johnson加入のため2番目の高齢選手に。

音楽好き、ダンス好き、映画好き、それをチーム施設に持ち込むのも大好きのNate Hackettヘッド。ミーティングに教育、クイズアプリKahoot! を導入している模様。いろいろなテストをミーティングで行っており、Kahoot! はHackettヘッドの子供たちが学校で使っているものだという。そのテストでトップ成績はセンターLloyd Cushenberry。Cushenberryはゾーンシステム初体験ながら、テストの上ではOL最強。
「攻撃の連中には大きな挑戦だ。我々は誰がこのクイズで彼を打ち負かせるか探しているからね。彼のシステムの知識や理解は素晴らしい、毎日よくなっている」とHackettヘッド。
Cushenberryは
「皆、センターはすべてのことを理解していることを求めている。そうなるために毎晩がんばっている。家に帰って最初にすることはフィルムスタディだ」とCushenberry。
Cushenberryはアスリート能力も高くどのシステムでもプレイ可能と本人は信じている。しかしシステムの理解と習得こそが大きな利点になると話している。
Broncosの新オーナー決定オークションは2回目の入札へ。来週月曜の6日が締め切り。情報筋によると1回目の入札に10のグループが参加。その後5つのグループに絞られたという。現在のところうち4つのグループが有力候補と情報筋。
4つのグループはRob Walton、Josh Harris、Mat Ishbia、Jose E. Felicianoらのグループとみられている。4候補は一回目の入札後、Broncos施設訪問をしBrocnos球団と話し合いなどを行っていた。
メディア王で当初Broncosオーナーシップ争いでトップ候補とも予想されたByron Allenは4候補から外れ5番手予想。上記4人が球団施設訪問をしているのに対してAllenは球団施設訪問をしていない。


  1. 2022/06/02(木) 00:12:08|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)