broncomaniacのブログ版

キャンプ4日目 Broncosキャンプ史上最多のファンが集まる

FA契約した先発スロットコーナーK’Waun Williamsが膝を痛め、一時は重傷の可能性もあるのでは、と伝えられたがMRI検査異常なし。数日間のアウトですんだ。
Williamsは怪我が多く、毎年数試合怪我で休む選手。今オフに新スロットコーナーとして2年7ミリオンで契約していた。

キャンプ練習初めての週末。4日目の土曜日はキャンプ見学に7121人のファンがつめかけた。スタジアムでの練習を除くとBroncosのキャンプ最大の観客が集まった。Peyton Manning時代にもなかった大観衆。フィールド横の芝生の丘は人で埋め尽くされていた。Hackettヘッドは
「凄い、施設から出ると、緑の芝がまったく見えずにすべてがオレンジに染まっていた」と喜びを。練習前にはRussell WilsonとJustin Simmonsがファンの前に出て、マイクで感謝のスピーチを。
この日はPeyton Manningが息子を連れ立って来訪。サイドラインで練習中にRussell WilsonとManning、Mannning息子Marshallがタッチをするシーンなどが見られた。ほかOrlando Franklin、Knowshon Morenoも来訪。公式サイトでは2013年チームの同窓会、という写真をアップしている。
DenverのMayor Michael市長、カントリーシンガーのKenny Chesney の姿も。Chesneyは同日夜にマイルハイスタジアムでコンサートを行っている。テネシー出身で、ツアーでDenverに来るときは、何度かBroncosの施設で練習見学をしている。以前ChesneyのDenverでのコンサートのステージにPeyton Manningが登場し歌を披露したことも。Manningはテネシー大学出身ゆえ、お友達?

キャンプ初日からパッシングドリルは11on11のみ。1on1や7on7などは行っていない。
「フットボールがやりたいんだ。いろいろな考え方がある。僕は皆が一緒にプレイさせることが好きなんだ。それがフットボールだ」とHackettヘッドは話している。
Evero守備Cは
「7on7はQBがラッシュを受けずボールを持ち続けることが出来るしリアルな状況ではない。実戦で見るレーンとも違う視界になっているしね。我々の練習はなるべく実戦に近い状況で行いたい」と話している。

現地日曜日は練習お休み



  1. 2022/07/31(日) 22:35:55|
  2. 未分類

キャンプ3日目 Derek Wolfe引退

元Broncosのドラフト2順指名のDL Derek Wolfeが引退を発表。現地金曜日、Broncos施設を訪問。Broncosと一日契約を結びBroncos選手として引退。
2012年のBroncosのドラフト2順指名。2015年のスーパーボウルチャンピオンチームの主力だった。2020年にBaltimore RavensにFA移籍。3年契約だったが2年目のキャンプで怪我、2021年は怪我でプレイせず。先月Baltimoreはinjury settlementでWolfeをリリース。
「今年はもう臀部に2回手術を受けていて、まだ必要になるかもしれないんだ」とWolfe。Wolfeは現役時代は怪我が非常に多かった。2013年のプレシーズンで首を痛めキャリアエンドの可能性もあったという。シーズン中に移動バスで意識を失うことも有り、長い間脳震盪の後遺症に悩まされた。肘や臀部の怪我など、キャリア後半は怪我続き。
「怪我が体のあちこちを痛んでいる。引退は自分にも喜びだよ」とWolfe。
BroncosではWolfeと同じサイドのOLB Von Millerがサックを量産。Millerは多くのサックは前にいるWolfeのおかげとよく話していた。
「8年でVonと僕はコンビで100サックくらいしたけど、そのうち僕がいなかつたプレイは6プレイしかないんだ。彼が成功するのを見るのは特別だった。彼がスーパーボウル50でMVPをとった時もね、彼はそれだけの努力をしていたし。彼をブロック出来る選手はいなかった。彼と一緒のプレイした8年は本当に素晴らしかったよ」とWolfe。
Wolfeら家族は今後はコロラドに住む予定。
今後は本人が行うビジネスプランは今のところなし。二人の娘の良い父、良い夫になることに専念するという。本人が現役時代の稼いだ金・・・も十分あるが、
「妻が不動産業で相当稼いでいるからね。自慢の妻なんだ」とWolfe。コロラドでBroncosの試合を追い続ける予定。ただし9月だけは趣味に没頭。9月はアーチェリーを使った狩猟シーズン(ボウハンティング?)なので山に向かうという。
キャンプ三日目の練習は軽い練習で終わり。キャンプ練習に見学するファンは増え続け本日は3270人が集まったものの、通常の流し練習のウォークスルー練習より少し早い程度のジョグスルー練習。とはいえ意味の無い練習ではなくHackettヘッドはゆっくりの動きでの練習も基本確認、動きの確認には十分とし、練習でメンタルエラーがまったくなく素晴らしかったと選手を賞賛。スピードはスローながらヘルメットも着用した練習。肉体的に優しいだけで、精神的にはフルスピードドリルとかわらないものだと話している。
今までのコーチ歴で、練習三日目は怪我などがおこりがちと感じているという。ゆえ二日間激しい練習したあとの三日目は肉体的負担を減らすスロー練習というパターンを続けたいという。

ドラフト外新人FAのOLB Christopher AllenがNon-Football Injury (NFI) から外れて練習復帰。プロ入り前の怪我はPUPリストではなくフットボール外怪我人リストに入ることになっている。Alabama大出身で昨年の大学開幕戦で足を骨折。シーズンエンド。それ以来のチーム練習に参加。個人ドリルと、チームドリルにも加わった。BroncosはOLB陣が豊富。今年はプラクティススクワッド候補。

Broncosのドラフト外新人FAのTE Brandon Johnson。お父さんCharles Johnsonは大リーグでキャッチャーでプレイ。Colorado Rocikiesにも2年在籍していた。打者としてではなく守備の人でゴールデングローブ4回。
息子Brandonは
「フロリダで育ったけど、フロリダはだいたいフットボールかバスケだから。野球は退屈なスポーツだって思ってたからプレイしなかった。父にも子供の頃にそう言ったよ。父は僕に野球をやれなんて一度も言わなかったよ」と話している。父は12年の現役時代のうち6シーズンをフロリダで過ごし息子Johnsonも5才から6才にDenverで生活。引退後はまたフロリダで生活していた。Broncosの先発コーナーPat Surtainより年齢は二つ上。フロリダ時代の子供の頃から知り合い。高校の先輩にあたる。Surtainは
「Brandonのころは8才くらいのころからの知り合いだよ。同じチームになるなんて凄いな」と話している。ドラフト外新人FAのTEがロースター入りするには、かなり難しい現状。プラクティススクワッドが目標か。
Brandonには不安はないという。
「キャンプ練習は素晴らしい。自分は今、夢の中を生きている。不満もなにもない。自分は幸せだ」と話している。

NFL選手会によるとNFLジャージー売り上げでRussell Wilsonが2位。1位はTom Brady。3位がLA RamsのCooper Kupp。


  1. 2022/07/30(土) 21:45:46|
  2. 未分類

キャンプ2日目。

キャンプ初日はレッドゾーンドリルを中心に。2日目はもっとフィールドを深くつかったドリルが多かった。初日は守備優勢も、2日目は攻撃が盛り返し。練習序盤は中間ルートでJerry Jeudy、Courtland Sutton、Tim PatrikcへWilsonがパスをヒット。後半には深いルートのパスが投げられた。

守備サイドのハイライトは練習後半。Justin SimmonsがJeudyへのロングパスをカットし集まったファンを沸かせた。Vic Fangioの守備ではフィールド半分担当のケースが多かったがEjiro Everoの新システムではサイドラインtoサイドラインのすべてのフィールドを動くことが増える見込み。

初日に良い動きを見せた新人WR Montrell Washingtonが2日目も好調。初日には練習開始前から準備する姿勢をRussell Wilsonに褒められ、練習でも良いプレイを見せていた。2日目にはHackettヘッドが賞賛の言葉を。
「とても熱心でけして止まらない。まだ2日だか彼は我々が求めていることをすべてやっている」とHackettヘッド。今年のリターナーの先発候補。

期待の新人TE Greg Dulcichがハムストリングの怪我で出遅れている中でベテランTE Eric SaubertがQB Willsonのターゲットとして活躍している。

人気ガードのQuinn Meinerzだが今のところ先発RGにはNetane Mutiが多く先発組に。
アウトサイドゾーンスキームになる今年のランアタック。Garrett Bollesは自分のアスリート能力が大きな助けになると話している。
「最近アウトサイドゾーンを使うチームが増え、350パウンドなんてラインはもう必要ではない。みな300パウンド少しくらいだ。クイックで早くないといけない。フットボールは変化している。守備ラインも大型でない選手が増えている。うちのDre’Mont JonesもNFLのサイズがないなんて思う人もいたろうが、彼はクイックで早く多様性があり動き回ることが出来る。DJ Joneだって、まぁ少し彼は遅いかもしれないがクイックネスは素晴らしい。今は早く動けないといけない時代。その中で新しいこのシステムは運動能力と機動力が自慢の僕にはテキしている。動いて走る走路を開ける僕の能力にぴったりだ」と話している。
ILB先発組に入っているJonas Griffith。元SFのドラフト外新人FAで昨年シーズン開始直前にBroncosがトレードで獲得した選手。昨年はBroncos ILBに怪我人が続出。4試合で先発を経験。今年はOTAからJosey Jewellを相棒にILB先発組で練習。
「皆が助けてくれている。Justin SimmonsとかKareem Jacksonとかがね。一緒にプレイして練習することでどんどん良い感じになっている」とGriffith。
脳震盪をさけるためのヘルメットの上からかぶるガーディアンキャップの印象を
「なんかバブルヘッド人形みたいんだよ。それにスピードがマデンなら5くらい低くなりそうな感じがする。まぁ冗談で実際は重くもないだけどね。脳震盪を避けることが出来るし、つけていることで不安なくプレイが出来る感じがするよ」と話している。

Broncosの元Pat Bowlenオーナーの娘でBrittany Bowlenが一ヶ月ほど前に球団を離れていたことが明らかに。
Broncosが売却されずBowlen一家がオーナーを引き継ぐプランだった時にはオーナー最有力候補だった。32才のBowlenはオーナー修行のためフロントスタッフとして広報部やスタジアムとのコーディネーターとして働いていた。先週200人の球団スタッフを前にお別れを伝えスタンディングオベーションの拍手が起こったという。Bolwenは新しいオーナーグループのための決断と話したという。

元Broncosのドラフト2順指名のQB Brock Osweiler。2018年に引退、その後コーチ職、NFLのスカウト職などをセカンドキャリアとして考えていたが放送業を選択。ESPNと大学フットボールの解説として契約した。5月にESPNとFOXの解説オーディションを受けていたが好評だったようで、ESPN、FOX両方からオファーを受けESPNを選択したという。今季16試合を担当する。
家族といる時間を取るにはコーチやスカウトより放送業のほうが良いという判断だったという。

  1. 2022/07/29(金) 22:37:52|
  2. 未分類

キャンプ初日


昨日伝えたOT Cameron Flemingとの再契約。先発RT候補Billy Turnerの膝の内視鏡手術ゆえの契約と伝えたが、さらにTom Comptonも腰の痛みでPUPリスト入り。
ComptonはこのオフにRT先発候補としてFAで契約していた選手。昨年SFで7試合に先発していた。
ComptonはBroncosのオフのチームアクティビティ期間に腰を痛めていた。OTAには全休ではないが、何日か休んでいた。しばらく休ませることで回復すると見られていたが回復せず、マイナーな手術を受けることに。PUPリスト入りで復帰は9月の開幕後あたりになると見られている。Turnerはプレシーズンあたりでの復帰が期待されている。

殿堂候補シニア枠で元Broncos OLB Randy Gradhishar、コーチ枠でMike Shanahan、Dan Reevesがファイナリストに。
Gradhisharは1970年のオレンジクラッシュ守備の中心選手でプロボウル7回。シニア枠以前のモンダン枠で2回ファイナリストも殿堂入り出来なかった。2020年にもシニア枠でファイナリストに。

期待の新人TE Greg Dulcichがスロースタート。オフにハムストリングを痛めており、あまりプッシュさせない方向。Hackettヘッドはサイドラインワークをじっくりやらせてから少しづつフィールド練習を増やしていくという。
キャンプ初日、QB Wilsonの最初のTDパスはTE Eric Saubert。

  1. 2022/07/28(木) 23:26:06|
  2. 未分類

キャンプイン!!

キャンプイン前にOLB Randy Gregory、 WR KJ Hamler、OL Billy TurnerがPUPリスト入り。皆予定通りのリスト入り。GregoryはFA契約後、開幕を目指し肩の手術。Turnerは膝の内視鏡手術から回復途中。Hamlerは昨年シーズンのACLおよび臀部の怪我からの回復途中。
またOT Cameron Flemingと再契約をした。昨年オフにBroncosと1年契約。タックル控えとして待機。4試合に先発。新先発候補のTurnerが怪我で不在のための補強。

現在日本の深夜すぎ、現地ではまもなく今年のキャンプ練習が開始。
施設前には早くも見学の訪れたファンの列が出来ている。
  1. 2022/07/28(木) 00:30:56|
  2. 未分類

あと二日でキャンプイン

現地水曜日から夏の本格的キャンプ開始。
今年はQB Russell Wilsonが加入。コロナなんぞどこふく風。一般ファンにもキャンプ見学解放。今年はかなりのファンがキャンプ見学に訪れると予想されている。見学無料、さらに各練習セッション終了後には日替わりで選手がサインセッションも行う。

  1. 2022/07/26(火) 20:52:00|
  2. 未分類

もうすぐキャンプ

現地8月9日、Broncosの新オーナーRob Waltonとそのグループの承認投票が行われると情報筋。Waltonとそのグループは6月7日に約6000億円でブロンコス買収に球団と合意。NFLオーナーの承認、リーグ財政委員会の承認を受けてから正式なBroncosオーナーとなる。

来週始まるBroncosの夏の本格的キャンプ。その前にQB Russell WilsonがSan Diegoの自宅でパッシングキャンプを開催している。

  1. 2022/07/22(金) 19:38:29|
  2. 未分類

ルール変更の確認

22年シーズンはPUP(Physically Unable to Perform)リストのルールが変更。これまではシーズン開幕をPUPリスト入りで迎えた選手は6試合分ロースター登録することが出来なかった。今年からルールがかわって4試合。5試合目から試合出場が可能に。
2週の違いは大きく、チームのロースター管理にも大きな影響がある変更。
またコロナの特例の、シーズン開幕ロースター選手の怪我人リスト入り、からのロースター復帰には人数制限がなかったが、今年は8人までと制限が出来た。

  1. 2022/07/16(土) 22:21:07|
  2. 未分類

キャンプは全員ホテル滞在に

夏のキャンプで今年は参加選手は皆ホテルに宿泊することが明らかに。Nathaniel Hackett新ヘッドの方針で、皆が共同生活を送ることでチームの絆が深まるという考えから。John Foxヘッド時代は全選手ホテル。Gary Kubiakヘッドはベテランは通いかホテルか選択制。Vance Josephヘッド時代はホテル滞在が基本もキャンプを通じてではなく最初の10日ほどが全員ホテル。Vic Fangioヘッド時代は初年度に全選手ホテル滞在で開始もベテランはすぐに通いが許可。過去2年は通いだった。今年はプレシーズン初戦までは皆ホテルに集まり寝起きを共にすることに。


  1. 2022/07/14(木) 00:58:55|
  2. 未分類

ライス女史 Broncos入り

Broncosは新オーナーのNFL認証待ち。新オーナーRob Waltonとそのグループに新加入の大物が。
現地月曜日、元大統領補佐官Condoleezza Riceがグループメンバーに入ったことが発表された。
Rice女史はAlabama州生まれだが12歳の時に家族とDenverに移住。Denver大で政治学を学んだ。2000年代に息子Bush大統領を支えた。
なおJoe Ellis CEOはパパBushの甥、息子Bushの従兄弟にあたる。

元Broncos QBのJake Plummerが2021年よりDenverから50キロほどの場所でマッシュルーム農家を始めていた。食用だけでなく薬用目的マッシュルームで、鬱病などに有効とされている。幻覚効果があるとマジックマッシュルームがアメリカで広まったのは第二次大戦中だという。Plummer自身が引退後の不眠や精神安定のため、マッシュルームの成分を使ったサプリメントの助けを借りたことが商売立ち上げにつながったという。
マジックマッシュルームは違法である場所が多いが、2019年Denver市が全米に先駆け合法化、オークランド、シアトルといった都市で合法化されている。


  1. 2022/07/12(火) 02:17:09|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2200)