broncomaniacのブログ版

Jax戦勝利 今季残り7勝2敗でプレイオフ、厳しいな

ax戦でまさかのレッドゾーンオフェンス3回、3TDと攻撃が機能。6回のスリー&アウトオフェンスの一方、75y、98y、80yのロンドドライブを決めて見せた。駄目なときと、良いときの差が激しいものの、イギリス開催NFL試合最多動員となったの 86,215人のファンの前で21-17で勝利。

前半8試合を終えて3-5で折り返しのBroncos。プレイオフに出るには最低あと6勝が必要。となると後半9試合は6勝3敗、合計9勝8敗。昨年はAFCワイルドカード最低成績はPittsの9-7-1の成績。3チームが9-8で脱落。NFCはワイルドカード最低がPhillyの9-8で入るも、NOは9-8ながらタイブレークで脱落。
プレイオフロックとなると、残り試合は7-2で合計10勝7敗の成績でいかないといけない。現在AFCのワイルドカード7枠目は今週バイのLA Chargersの4-3の成績。同じ4-3のCincy Bengalsはタイブレークで現在ワイルドカードアウトになっている。


来週はバイ、選手も家族と様々な予定が。OLB Bradley Chubbはバイの予定は?とメディアの質問に、予定は何も入れていない、と話した。逆に質問し、”君の次の予定は?”と問い、メディアが
「火曜日のトレード締め切りまで待機かな」と答えると
「だから予定を入れていないんだよ」とChubb。冗談か、本気か。
ドラフト1順指名の権利が見返りで手に入りそうなChubbのトレード放出。
果たして・・・。

満員の観客のウェンブリーアリーナ。Jaxはロンドン試合が多いためファンも多い、と思ったらわりとBroncosファンも多く、Jerry Jeudyは
「ロンドンにBroncosファンがこんなにいるとは知らなかったよ」と話していた。Broncosの地元マイルハイのチャントIN-COM-PLETEの声援も響いており、地元ファンに加え、ロンドン旅行でDenverから来ていたファンも多かったようだと伝えるメディアも。
DenverメディアのPau Kleeは
”Jaxはこの試合が9試合目のロンドンゲームだったがBroncosファンのほうがはるかに多い”とつぶやいていた。

Broncos、本日反則12、罰退ヤード81。
反則の多さと共に、Jax戦で最も最悪と評価されたのがWR Courtland Sutton。マンツーの状況でまったくマッチアップコーナーをセパレート出来ず、またたまに投げられたパスは落球。Jax戦だけでなく、ここ数試合は大活躍のWR Jeudyの影に隠れるばかりのプレイぶり。

Justin Simmonsが2QにQB LawrenceのTD狙いのパスをゴール前でインターセプト。このドライブでTDされると14-0とリードされる状況だった。
Simmonsは奥さんがMVPと話した。
「彼女がもし今週出産となったら、Denverに戻らなくてはいけなかったからね」と話している。なお奥さんは試合をテレビで見ていたようで、Simmonsが相手に口をあらげたことでトーンティングを取られたことに
”トーンティングが選手の安全のためにって何よ”とつぶやいている。
4QにJaxのラストドライブでQB Trevor LawrenceのパスをインターセプトしたCB K’Waun Williams。試合序盤にSimmonsに
「あのルートをまたやってきたらインターセプトしてやる」と話していたという。Jaxは逆転を狙うドライブで一度Williamsに挑んだ同じルートをWRに走られ、Williamsは即座に反応。

  1. 2022/10/31(月) 22:14:21|
  2. 未分類

Jaxに終盤逆転勝ち 単なる延命か、希望の勝利となるか、

1234
DEN077721
JAX730717

Denver Broncos@Jax Jaguars in Londonゲーム
イギリス開催試合のNFLゲーム最多の 86,215人の観衆発表
試合登録から外れたのは
Tyrie Cleveland
Marlon Mack
Essang Bassey
Baron Browning
Cam Fleming
Albert Okwuegbunam
Eyioma Uwazurike
Albert OはTE Dul復帰後はすべて試合登録アウト。契約したばかりの3番手RB Mackも今日は登録から外れた。
OLB Chubb、WR Jeudy、HamlerのラストBroncoゲームになるのか。

さすが第2のホームロンドン。Jaxファン多い。Jaxの旗を振ってる人が多い。スタジアムで配ったのだろうか。

Jaxコイントス勝ちディファー。

前半
1Q
Broncos攻撃
QB Wilsonいきなりインターセプト危機の危ないパス。3rdダウンでRisnerが豪快に破られてWilsonロケットサックでパント。

Jax攻撃
反則で一度ファーストダウンでパント。WRのロングワンハンドスーパーキャッチおしくも失敗がびびった。

Broncos攻撃
RB Gordonがランをしているが、今日もランはあまり出る気配なし。Suttonへややハイボール狙いはえらいアンダースロー、ほとんど相手に投げ込むインターセプト。

Jax攻撃
Broncos陣38yから。ホールディングで下がるもファーストダウン、QB LawrenceがTE Evan Engramに22y TDパスヒット、7-0でJax先行。深いところゾーンでセーフティーのKareem Jacksonがカバー出来ず。

Broncos攻撃
3シリーズ目でRB Murrayが入る。ホールディング+フォルスでどんどん下がるBroncos。さすがに3rdダウン17は厳しく3凡。

ベルギー生まれのパンターWaitman。ヨーロッパ開催のため、親族がたくさん来ているそう。お母さんはNFL初観戦。

Russell Wilsonはサイドラインに戻ると肩にアイシングをしているとリポート。

Jax攻撃
こちらは非常に短いパスでちびちび進も、モーションしたり、動きと反対方向にプレイをするなど前進している。CB Williamsが巨大攻撃ラインにロータックルしたと15y与える。80キロ差の開いてでなんか可愛そうな反則だけど、今の足下守るルールではしかたないのか。Broncos守備悲惨。守備が相手を止める度になんか反則とられる。Williamsは足下タックル、Justin Simmonsがトーンティングで15yとられる。相手攻撃の二つの守備のロスタックルでやったと思ったら全部反則で30yもとられている。
1QだけでBroncosは5反則50yの罰退

2Q
Jax攻撃中
レッドゾーン入る。ワイルドキャットで11走られファーストダウンゴール。Simmonsホールディング、Surtainパスインターでハーフタードを反則でちびちび前進しまくるJax。
ゴール手前でJustin Simmonsインターセプト。プレイが横にながれ、動きながらTD狙うLawrenceをSimmonsがスパイし続けて投げたボールをレシーバーのはるか手前でジャンプキャッチ。Lawrenceも無理なげしすぎてくれてよかった。

Broncos攻撃
自陣20yから。3凡。3rdダウン1で審判、ボールの置き所あってるのか、えらい手前におボールおく。自陣深くギャンブルいかずパント。しかし時間かかりディレイとられる。
守備ぶち切れ必死の攻撃のていたらく。インターセプトして戻ってきたら、5分後くらいにもうフィールドに出される。

Waimanパント良し。

Jax攻撃
自陣28yから。タックルミスでTravis Etienneに50yランいかれる。Kareem Jacksonが10yランくらいで止められるチャンスあるもタックル出来ず。50y一発で後は守備止める。10-0とJaxリード広げる。

Broncos攻撃
Suttonのスラントで今日初めてのファーストダウン。二つ目のファーストダウンとり、敵陣で4thダウン1となる。35y上でFG狙えるもギャンブル。Wilsonスニークでファーストダウン。WRスクリーンでSuttonブロック失敗、WR Washingtonゲイン出来ず。解説に指摘される。SuttonはWRスクリーンでブロック失敗多い気がする。Jeudyに25yヒットで課題のファーストダウンゴール7y。Jeudyのジェットスイープで一発でTDとる。10-7とBroncos追撃。このドライブ、前半はとても短いルートのパス二発で開始。Wilsonに考えさせるとへんなとこなげるので、決め打ち一発ショートパスを続けて、リズム作り、Jeudyのルートをうまくみつけ25yヒット。珍しくBroncosオフェンスがさくさくすすんでTDをとった。

なぜかTD後のキックオフでディレイとられるBroncos。パントでディレイ、キックオフでディレイ。

Jax攻撃
自陣32yから。Broncos前半で早くも10反則。

前半残り2分

Jax攻撃中
ランで進められFGもありえる流れもQB Lawrenceのパスインテンショナルグラウンドもありパント。

Broncos攻撃
自陣10y、残り1分、タイムアウト2個。FGまでいけるか。センターCuchenberry足痛める。かなり痛そう。センターにGlasgow入る。敵陣入ったとこで残り15秒、タイムアウト1。あと15y進んでMcManus。Wilsonここにきてサック。TE Dulワイドオープンだったが、Minerzが抜かれる、ただWilsonももう少し早く投げてほしかった。Wilson背が低いからアクロスしてフリーだったDul見えなかったのか、一応Dulサイド見ていて投げようとしていたが、右からくるのを早く察知出来ていれば。FG圏内届かず時間切れ。

前半終わり。Wilsonはダウンフィールドを見ていると、ラッシュが見えず、サックを受けている。ただ短いルートのパスはかなり良いので、基本ショートパス路線で後半もせめてほしい。Wilsonのダウンフォールド見させると、ろくなことがない
Wilsonは12/19で117y。サックは2回。
ランはあまり使っておらずGordonが5回24y、Murrayが5回12y。WRはJeudyが5回58y。攻撃ラインが悪いのか、ランがまったく効果的でないけどRB GordonはレシーブでいいとこでそこそこゲインしたりJeudyのジェットスイープで良いブロックをしてたり、良いプレイを見せていた。    
守備はTravis Etienneのランストップに苦戦。ショットガン、ワイルドキャットみたいのからぱかすか出され11回で94y。パス体型でフロント減らしたところでランされてかなり出されている。かわりにLawrenceのパスは11/19、80ヤードのみ。WRへのパスはほとんど成功せず、TE Englamが3回37y。
Etienneのランだけがやられているので、後半はEtienneの出番を減らす、つまり攻撃がなんとか先行して点をとりリードしたい。ただそれが出来ないのが今年のBroncos。
あと反則が多すぎて話にならない。

後半
第3Q
Etienneのランが相変わらず出る出る。ドラ2新人Bonittoがストリップサック、ファンブルボールはJax自軍攻撃ラインがリカバー。おしい。フィールド中央辺りでパント。

Broncos攻撃
自陣2yから。TE Dulオープンで自陣20yまで戻す。TE Dul 22yレシーブ、フィールド中央近くまで1人でもっていく。Dulさらに長いので38yゲインのDul祭りでファーストダウンゴール1。RB Gordonがジャンボパッケージで空いた穴をノータッチでエンドゾーンへ。14-10とBroncos逆転。98ヤードドライブは今年最長ドライブか。

前の守備でドラ2のBonnitoがサック、返しのオフェンスでドラ3のTE Dulが大活躍!!。

Jax攻撃
Etienneのランは良く出るもパッシングになるとまったく前に進めないJax。自陣でパント。

Broncos攻撃
自陣25yから。最初のプレイでロングボム投げ失敗、ラン出ず、3rdダウン8でWilsonサック。だから最初からランがわりのショートパス連打でリズム良かったのに、また前の試合までのプレイコールになってしまった。3凡。攻撃ラインも怪我多いし厳しい。

Jax攻撃
自陣38yから。

4Q
Jax攻撃中
3凡

Broncos攻撃
3rdダウン2でRisnerフォルス。3凡。Gordonいダンプパス失敗で終わるもそのプレイでアクロスしてるHamlerがワイドオープンだったのに、とWilson、フィールドが見えてないことを解説される。今日アクロスしてるレシーバーワイドオープンを見逃した、と解説されたのだけで2回目。Wilson、本当に背が低くて前が見えないのか、視野が狭いのか。
今日3rdダウンコンバージョン8回でファーストダウンとれたの1回だけ。

Waitmann、見に来ている親族知人の前で好パント連発の今日。

Jax攻撃
ほとんどEtienneのランだけで進んでるなぁJax。3rdダウンのパスダウンでDreMont Jonesサックでパント。JaxはLawrenceのパスダウンになるとまったく前進出来ず。Etienneのランのみ。今のところLawrenceパス108ヤード、Etienneラン140ヤード。


Broncos攻撃
自陣7yから。3rdダウン10、プレイ崩れ、ロング、Hamler、Dul2人がフリーもボールは2人の間にポテチン・・・。2人がロングボムでフリーになるなんてめったいにないにの間にボールが落ちるとは・・・。守備陣もう疲労で死ぬんじゃないか。

Jax
ロングボムヒットでBroncos陣22yに来る。Etienne一発ファーストダウン。Etienneで押しまくりTD。17-14と逆転のJax。

Broncos攻撃
自陣20yから。残りもう3分50秒しかない。Hamlerにロングボムヒットで49yゲイン。Suttonイージーファーストダウンパス落球。Suttonはスクリーンのミスブロックもあり、今日はさんざんな日だな。3rdダウン5でWilsonスクランブルでファーストダウン。
残り2分でレッドゾーン。FG圏内には入っており、TDとれるかどうかの状況に。Hamlerエンドアラウンド、Murrayランでファーストダウンゴール3yに。Murray一発でTD。
欲を言えば時間を消費したいものの、このドライブ、途中から全部ゲインしまくりで、時間消費しなかったけど、そんなことよりTD奪うことが重要。21-17と逆転のBroncos。

Jax攻撃
自陣25yから。試合残り1分43秒。タイムアウト2個。片腕にキャストをしている片腕CBK'Waun Williamsが見事なインターセプト。凄いプレイだなこれは。Lawrenceも肝心なときに、パスさえないな。

Broncos攻撃
Jax陣35yから。ランでずJaxタイムアウト2個目。Murray5yランでJax最後のタイムアウト。ファーストダウンとらないとJaxは40秒くらい攻撃時間残りそう。Murrayラン。4thダウンショート。Murrayあとボール半分届かず。FGいかずギャンブル。Wilsonスニークでファーストダウン。試合終了。

Broncos勝利。3勝5敗となる。今日負けるシーズンあきらめ、主力トレード放出とも言われていた試合で、攻撃は相変わらずへろへろ、Wilsonもフリーのターゲット見つけられずランもまったく出ず、苦労するもなぜかレッドゾーンでは全部TD。守備はふんばってもふんばっても攻撃があっという間に終わる厳しい展開も、なんとか最後までふんばり、勝利。単なる延命試合になりそうが気もするけど、とりあえず11月もBroncosのシーズンは勝利を求め進むことに。
試合後、Wilsonなんか目がうるうるしている感じ、泣いているのかな。攻撃ラインでCushenberryが足を怪我してまた離脱となると厳しい。ランをなんとか出して、Wison便りのオフェンスにはしないようなんとかしてほしい。
とりあえず次も試合もChubb、Jeudy、HamlerらはBroncosとしてプレイ出来そう。Albert Oはほしいところあったらいないかも。TE Dulが今日大活躍。



  1. 2022/10/31(月) 01:39:46|
  2. 未分類

Paton GM語る

George Paton GMがHackettヘッドに信頼を置いてるとイギリスでメディアに語った。
現在ロンドン試合のためイギリス滞在のBroncos一行。Jaxに敗戦となると2-6の成績。
Paton GMは現地木曜日、
「Nathanielを信じている。100%彼を支援する。彼は今季ヘッドとして7試合。彼への目はかつてないほど厳しいもの。なにせ4試合もの全米中継だから。彼も全世界の面前で学ばなくてはいけなかった。しかし彼がこのチームを一つにまとめている。皆一丸となっている。彼が我々の組織をまとめてくれている。彼がいかにチームを一つにしてくいれているか、私は感謝している。すでに5試合負けているということは大変厳しいことだが、彼は素晴らしいリーダーシップを持っており、コーチ陣、チームを一つにまとめているのは彼だ」と話している。
QB Russell Wilsonが加入も、攻撃陣はここ数年と同じ・・・それどころか酷い惨状でもあるが
「たくさんの新しいこと。新しいコーチに選手にQB。それがまだ一体化していない。時間がかかるとわかっていたこと。やらなくてはいけないことがたくさんある。もちろん言い訳は出来ない。攻撃はもっとうまくやらないといけない。守備がなんとか持たせてくれてはいるが、攻撃はなんとかしなくては」と話している。
Wilsonとは早々に長期契約を結んだ。次の4年で161ミリオンの保障額。一年待ってからの契約でもよかったのに・・・という声も出始めている。
「契約サークルの先を行きたかったんだ。オフ、キャンプのRussを見てRussにとても良い感触をもった。早い時点の契約で額の値上がりの先を行きたかった。今でも契約は良いものと思っているし、額もうちキャップ的に問題ない額だし、Russにも良い感触を持っている」とPaton GM。
Jax戦の結果次第では主力のトレード放出も予想されている。今季はドラフト1順の5年目オプションでプレイしているBradley Chubb放出の予想は多い。今オフにFAとなれば年15~20ミリオンは最低必要になる。
Paton GMは
「Bradleyの代理人とは連絡を取り合っている。我々はBradleyをどれだけ評価しているか、皆も知っているだろう。我々は中心選手はチームに残したい。彼はその中心選手だ」と話している。

  1. 2022/10/28(金) 22:36:27|
  2. 未分類

Wilson出場へ

ロンドン開催Jax戦にQB Russell Wilson出場へ。先週のNY Jets戦をハムストリングの怪我で欠場のWilson。現地水曜の練習はlimited参加発表ながら、ほとんどの練習スナップで先発組。先週のNY Jets戦で先発したBrett Rypienはわずかに先発組に入っただけだった。
水曜の練習後Wilsonは
「状態は良い。ロンドンで素晴らしい勝利を得たい」と話している。
Broncosはロンドンの試合のため、Denverを現地月曜の午後に発ち、8時間45分のフライトでロンドン早朝に到着。Wilsonは海外を飛び回る生活で、もともと時差ボケはあまりしないと話している。8時間45分のフライトでは、2時間試合フィルム、4時間を身体のトリートメント。通路をいったりきたり歩いたり、膝挙げ運動などで体を動かしていたという。皆が眠りこけている脇で、動き回っていたとWIlson。Wilsonは毎朝Broncos施設に6時前に入り、ストレッチ、スイミング、エクササイズを行っており、その代わりを飛行機の限られたスペースで延々と行っていたという。残り2時間あまりは1時間睡眠、また試合フィルムを見て現地到着。ホテルに入り数時間休息をとり、その時点で海外移動に伴う時差ぼけ、体調不良はすべてなしだったという。
「フライトが長ければ長いほど、動いた方がいいんだ。自分にはそのための運動法があって、あとはたくさん水を飲むことかな」とWilson。

Jax戦でBroncosは上がアウェイ用の白ジャージー、下がホーム用のオレンジの線が入った青パンツでプレイ。アウェイ扱いなので上は白と決められていた。下の関してはBroncosのチームキャプテン達と話し合いの結果ブルーwithオレンジ線になったという。



  1. 2022/10/27(木) 21:59:36|
  2. 未分類

Chubbでドラ2、3順か

Broncos一行はロンドン到着。Russell Wilsonと奥様は2016年にリバプールのPeckforton Castleで結婚式を挙げている。

Jax戦で敗戦となった場合、Bradley Chubbはトレード放出になる、という予想が多い。Broncosは今季Randy Gregoryと契約。Baron Browningの台頭、そして今年ドラフトでNik Bonittoを指名している。Chubbは2018年のドラフト1順。新人年の契約は切れ、今季は5年目オプションでプレイしている。
インサイダーAdam SchefterはChubbはドラフト2順+3順の価値があるとラジオで話している。BroncosはQB Wilson獲得のためトレード権を大量放出。1順、2順の指名権は持っていない。
ただしGregoryとBrowningは怪我で現在欠場中。Chubb不在となると、BonittoとJonathon Cooperが先発OLBとなり、あまりに不安。

  1. 2022/10/26(水) 21:51:13|
  2. 未分類

ロースタームーブ

次戦ロンドンでのJax戦でRussell Wilsonが出場か欠場か。
現地月曜HackettヘッドはWilsonの痛めているハムストリングは先週同様に日々様子見、と話している。今季Broncosのスコアリングオフェンスは1試合平均14.3点とBroncos球団の中でもまれに見る低調オフェンスとなっている。開幕から7試合の時点で球団の歴史でワースト2の得点力。
BroncosのQBコーチはGary Kubiakの息子のKlint。昨年Minnesotaでプレイコーラーだった。Hackettヘッドのプレイコーリングに批判があつまり、Klintにプレイコーラーを任せても、という意見も出ている。
Hackettヘッドは
「今週は準備時間が少なく、現状はこのままでいく。我々は皆で試合プランを準備していく。良いオペレーションは出来ていたと思う。ボールはよく進めている。ただ大事なところでファーストダウンがとれなかったんだ」とHackettヘッド。
Jax戦でさらなる敗戦、攻撃不振となると、次はバイを挟むことになる。何かしらの違う方向に行くなら、これが1番のタイミング。

Jets戦で怪我人がかなり。OLB Baron Browningは股関節屈筋を痛め数週間アウト。日曜のJax戦は欠場。次がバイ。もし回復が早くバイ明けに出場出来れば、という状況。Jets戦ではBrowningが下がった後に新人のOLB Bonitoが出場。期待の新人がJax戦で多くプレイする。
RB Mike Booneは足首を痛め数週間アウト。こちらは本当に数週間アウト。短期怪我人リスト入りで最低4週アウト。Broncosは月曜にSFにプラクティススクワッドにいたRB Marlon Mackとロースター契約した。
MackはIndyの2017年のドラフト4順指名選手。18年に908ヤード、19年に1091ヤードを走っている。2020年開幕戦でアキレス腱断裂。21年はわずか28キャリー101ヤード。Jonathan Taylorの台頭で出番はほとんどなかった。22年の今年はSFのPS枠。SFはBroncosと9月26日に対戦。Mackはその週頭にMackはロースター昇格。Broncos戦には攻撃では出場せず、スペシャルチームで数スナッププレイしていた。翌週のLV Raiders戦も同様にスペシャルチームでプレイ。その後PS枠に戻っていた。Booneが戻るまでRBはGordon、Murray、3番手がMackとなる。Booneの怪我でGordonのトレード放出の可能性はかなり少なくなったか。
攻撃T Cam Flemingは太もも。Jets戦は途中からCalvin Andersonが代わりに入った。Jax戦でもAndersonが先発。
BroncosはプラクティススクワッドにT Christian DiLauroと契約している。
またロンススナッパーMitchell Fraboni をロースター昇格。この2試合はPS枠から試合日ロースター契約でLSでプレイしていた。先週Aaron Patrickを怪我人リスト入りしてロースター補充していなかったため、人数はこれで53人ロースター。

CarolinaからSFにトレード溶出されたChristian McCaffrey。Broncos、Philly Eaglesもトレード獲得に興味とSportss Illustratedが伝えた。ただしBroncos、Phillyの用意した見返りはドラフト3、4順程度。SFの出した条件とは雲泥の差と伝えている。ほかBills、Ramsも興味と伝えられている。


  1. 2022/10/25(火) 21:54:55|
  2. 未分類

Jets戦後記す 来週も負けたらどうなるんだろう・・・・

次戦はロンドンでJaxと。Broncosは4.5ポイント不利予想。開幕前のオッズは6.5ポイント有利予想だったことも。
ハムストリングの怪我で欠場のQB Russell Wilsonはプレイする見込み。トレード締め切りが現地11月1日。ゆえBroncos選手としての最後の試合になる選手がいるかもしれない。Bradley Chubb、Jerry Jeudy、KJ Hamler、Albert O、Melvin Gordonらが可能性があると見られている。

Jets戦で、Courtoanld Suttonへロングボムをばんばん投げ込みながら、Suttonはキャッチゼロ。Suttonがプレスカバレッジをされている場合狙おう、と話していたという。全部失敗。タイトなカバーではあったがRypienはわりと良い所にボールを落としていたが、Suttonはカバー選手に勝てなかった。特に4thダウン3でファーストダウンではなくロングを投げ込んだ判断には疑問も残る。ただ試合後の話では、カバーを判断してRypienの判断だった模様。
Hackettヘッドは
「かれらがマンカバーで来たときには我々は相手に勝たなくてはいけない。うちのベストなCourtland Suttonがマッチアップされたので、吾柄あれはチャンスをいかしたいと思った。Rypは彼を狙うと判断し、我々も何度かそのチャレンジを狙った。我々は戦い、あんとかキャッチしなくてはいけない。Rypの判断に問題は無い。なぜならターゲットはCourtland Suttono。我々は彼にいつもチャンスを与えたいと思っているから」と話している
Rypienは
「Courtlandのプレスマンツーは狙い所だった。サイドラインでもそういう話をしていた。彼のボールを投げ込めばパスインターフェアもあり大きなチャンスがある。僕が正しいところにボールを落としていたかには、きっとそうでなかったんだろう。結局は我々は自分たちにプレイを決める方法を探さないといけないんだ」と話している。

今年のBroncosは20y以上のランが一度も無いらしい。

RB Mike Booneが足首を痛め月曜にMRI。結果次第でGordonトレード放出の噂は消えるか。
OLB Baron Browningも痛めた臀部にMRI検査。OT Cam Flemingは太ももを痛めた。

Broncosは月曜午後にイギリスに発ち、火曜の早朝ロンドン着。
数日前の記事で多分間違えて月曜着にしていたので前の記事も直しました。

  1. 2022/10/24(月) 14:31:42|
  2. 未分類

Jetsに敗戦、攻撃沈黙、守備がターンオーバーしないと勝てない

1234
NY J730616
DEN63009

Jets戦欠場のRussell Wilsonはハムストリングの一部断裂。通常は数週間アウト。欠場の判断はコーチ陣が下したが、本人は現状でプレイ出来ると信じているとIan Rapoportが伝えた。日曜のJets戦の試合前にフィールドで動いたWilsonはかなり良化してきている動きを見せていた。とはいえ来週もコーチ陣が怪我の具合を考慮した決断を下す可能性も。

Bradley Chubb、WR Jeudy、WR Hamlerのトレードに関する問い合わせがBroncosに複数来ていると現地メディア。ただBroncosは安売りはしないと見られているという。

本日のJets戦の試合登録から外れたのは
Russell Wilson     QB
Jalen Virgil     WR
Caden Sterns     S
Essang Bassey     CB
Josey Kewell     ILB
Albert Okquegbunam TE
Albert Oもトレード放出の噂。

天気予報通り強風、風が強いマイルハイ。
元BroncosのWill ParksがJetsのコイントスに。
Broncosがコイントスに勝ちディファー

前半
1Q
Jet攻撃自陣25yから
QB Zach Wilsonパスまったく通る気配なく3凡。

Broncos攻撃自陣17yから
Hackettヘッドの言葉通り、Gordon先発。ファーストプレイはGordonのラン少し。3rdダウン7はショットガンからJeudyのスラントヒットでファーストダウンのRypien。次の3rdダウン4はターゲットなく、動きながらRypien、走るスペースは十分あった感じもパス失敗でパント。Jeudyもカバーされていたし、走らなかったことはRypienのミスか。

Jets攻撃自陣13yから。ホールディングの反則でファーストダウン取り消しがありこれまた3凡。パント。

Broncos攻撃自陣41yから。
ラテラルのレシーバースバブルクリーンでWR Jeudyがキャッチ後ハードヒットを受け倒れ込む。お腹からヒット受けただけで、痛いだけかもしれない。一旦サイドラインに。Gordonのスクリーン失敗。Jeudy戻るもパス失敗。スクリーン2発連発でコールし、共にパス失敗で終わるというひどいオフェンスだった。3凡。

Jets攻撃自陣27y
Jetsスクリーンで初ファーストダウン。 K’Waun Williams痛んで下がる。CB Bassayが欠場、Ojrmudiaが入っている。
RB Hallが62yランTDでJets先制。7-0。

ゲームパスがつながらなくなりました・・・・・
PCもアンドロイドのタブレットもゲームパス駄目になりました。

Broncos攻撃
映像はないのですがネットのスコアを見ると、ラン、ラン、とMurray、Bone、Gordonが走りまくり13プレイ76yのドライブをMurrayのランTDでフィニッシュ。Rypienがレッドゾーンで3rd&10をパスでコンバートしている。
McManusが外しての同点ならず7-6とJetsリードのまま。蹴り損ないではなくWaittmanがスナップのキャッチミスでへんな置き方になっていた。

Broncosの攻撃後、ゲームパス復帰。

Jets攻撃自陣25yから
Wilson逃げる、逃げる、逃げながらひっくり返りながらパスを無理に投げて失敗にしようとするも、映像は転がりながらファンブルして、落ちたボールを上にパス失敗のため投げたようなふうにWilsonが見せているように見える。BroncosがそれをリカバーしてTDしているが、判定はWilsonのダウン。映像ではWilsonが勝手にこけてファンブルして、そのボールを勝ち上げているだけに見える。Broncos守備も触っておらず、Wilson1人劇場。Hackettチャレンジ。チャレンジ失敗、Dremont Jonesの腕が最初に触っているのでダウンでサックとのこと。Jones2プレイ連続サックでパント。

大学時代にWilsonのBYUとRypienのBoise Stateは試合をしておりRypienが勝っている。

Broncos攻撃自陣49
3rdダウン7でRypienスクランブルでファーストダウン、と思ったらボール半分たりずギャンブルのBroncos。Rypienスニークでファーストダウン。映像が死んでいる間にRypienは前のドライブでのスニークでファーストダウンとっているらしい。Jeudyへのロングボムは失敗、ホールディングは審判見逃す。次のパスインタもとってもらえず、なにやら教の審判Jetsびいき。McManusの56yは途中から大きく右に曲がり失敗。強風の教、56yは厳しいのでは。途中から一気に曲がっていった。
今日はスペシャルチームと審判が酷い。守備はラン1発いかれただけであとは完全制圧してるのに。

Jets攻撃自陣46yから
3凡。K’Waun Williamsがファーストダウンパスを阻止。

素晴らしすぎるパント。

Broncos攻撃自陣1yから
TE Dulのフラットで9y前進、危険地帯抜ける。Jeudyのミドルが46yゲインになる。3rdダウン8は守備ホールディングでファーストダウン。TE Tomlinsonへファーストダウン。レッドゾーン。Broncosフォルス本日初反則でレッドゾーン出る。Rypienショットガンのスナップ落っことすなどして、前に進めずMcManusの44y成功で逆転
9-7とBroncosリード。

Jets攻撃自陣25yから
RB Hall痛む。
3rdダウン7でWilsonスクランブルでファーストダウン。
またビッグプレイ許す。短いアクロスのRBのパスが37yゲイン。残り2分切りFG県内大きく近づく。Jets反則が多くこのドライブも何度も下がる。そしてがんばり前進する。
前半最後のプレイで45yFGトライ、風はやんでいる様子。ど真ん中決めて逆転で折り返しのJets。10-9で前半終わり。

前半の攻撃は点数こそ9点も、割と前進している。Rypienは8/18とパス成功50%もサードダウンの要所でパスをヒット。106y。ランはGordon8回22y、Boone4回23y、Murray5回16y。Gordonが一番進んでいない。パスプレイはWilsonの時よりブーツで反対方向へのパスやバブルスクリンなど横を使ったプレイが多い。しかしRypienがQBなんだしランがもう少し出ないと厳しい。ただ3rdダウンでRypien頼みから割とファーストダウンをとっているのでWilsonのこれまでの6試合よりましなオフェンス。ランは出していないが、パスプロテクションは悪くない。ただましたオフェンスといっても得点がとれているわけではない。
守備はRB Hallの62yラン、RB Carterのアクロス37yパス以外は押さえている。Hallの1発62yTDラン以外は3点しかとられていない。QB Zach Wilsonには激しいラッシュを与え続けパスは8/14 69yのみ。ランはHallの62y以外は37yだけ。うち18yはZack Wilsonのスクランブル。Jetsは反則が多い。Broncosは珍しく少ない。

ハーフタイムにスーパーボウル32チームのメンバーが紹介。

後半
3Q
Broncos攻撃自陣25yから
ショットガンからパス連打のBroncos。3rdダウン3でTE Dulでファーストダウン。4thダウンフィールド中央はギャンブルせずパント。守備がいいから危険は犯さないか。攻撃の失敗を守備に負担にしたくないからか。

Jets攻撃自陣12yから。守備はいいけど、短いプレイのはずが、タックル出来ずにロングゲインされるプレイが多い。24yランにかれる。それだけでとめてパント。

パントはエンドゾーン入る。

Broncos攻撃自陣20yから。Broncos反則、そしてJetsがラフィンザパサーで前進。TE Dul、NFL初落球。3rdダウン8でRypien今日初サック受ける。反則でもらったファーストダウンのみでパント。

Waitmanパント短い

Jets攻撃32yから
3凡。

Broncos攻撃20yから
一度のファーストダウンでパント。

後半は互いにパントしてるだけ。
OLB Browningが臀部を痛め今日アウト。新人Bonitoタイム。

Jets攻撃自陣14yから
BonitoとPurcellがコンボサック。3凡。

パンターがスナップを落球しかけるも蹴る、おしい。

Broncos攻撃自陣27yから。
Rypienインターセプト、リターンも27yとたっぷり。

Jets攻撃Broncos陣32yから。

4Q
Jets攻撃中
Broncosオフェンスもたいがいだけど、Jetsオフェンスもいい加減にしろレベル。このチャンスいかせず、FGでおわる。13-9と守備の活躍でリード広げるJets。

Broncos攻撃自陣25yから
3凡

Jets攻撃自陣27yから。3rdダウン17、パス失敗もCB Williamsがパスインターフェアでファーストダウン与える。FGで終わり16-9と7点差がつく。

Broncos攻撃自陣25yから
のう試合残りは4分35秒。敵陣入り4thダウン3、ギャンブル。ファーストダウンを取りに行かず、WR SuttonへTDパス、Suttonがボールに両手を当てるもカバーついておりキャッチ出来ず。まぁ普通のレシーバーならキャッチ無理でも、こういうときにスーパーキャッチで取ってくれる、っていう選手じゃSuttonはないのかなぁ・・・。一応つかまれてたりしたけど。また4thダウン3でロングをコールしたHackettヘッドにもまた批判になりそうなコールだった。

Jets攻撃自陣25yから
ラン3回、Broncosは全部ストップ、タイムアウト全部使い、時間消費はほぼなし。パント。

Broncos攻撃自陣20yから
残り1分30秒、タイムアウトなし。Broncos7点を追うラストドライブ。残り53秒で敵陣入る。Suttonへのパス、守備かSuttonか、どっちかがはじいたボールはJetsがインターセプト。敗戦。
と思ったらまさかのレビューでインターセプトなし。敵陣入る4thダウン10。Hamlerにロングパス、失敗。敗戦確定。
互いに攻撃はぐだぐだ。守備でJetsはインターセプト、また攻撃は1発62yTDランなど、ビッグプレイが勝負をわけた。
Broncos攻撃は後半は何もせず、パントしてるだけ。守備がJetsを制圧も、勝負を決めるターンオーバーがなかった。Broncosが勝つには守備のビッグプレイが必要だった。



  1. 2022/10/24(月) 08:27:47|
  2. 未分類

Wilsonアウト、Rypien先発

今週末のNY Jets戦をハミーを痛めているQB Russell Wilsonが欠場、控えQBのBrett Rypienが先発することをBroncosが発表。WilsonはLA Chargers戦の4Qにハムストリングを痛め、試合を最後までプレイしたものの、今週の練習はかなり控えめ。日を追う毎に練習スナップは増えていたが欠場となった。Hackettヘッドは試合当日まで回復を見極めるかもしれないと話していたが、現地土曜に欠場発表。Wilson本人はプレイをしたがっているが、Hackettヘッドは怪我が優先と判断と現地メディア。
また現地金曜の練習後にWilsonとPaton GMが10分ほど話し合っていたという。これも何かしら怪我に関する会話だったのでは、と推測されている。
JetsのヘッドRobert Salehは、Wilsonの欠場は驚きであり、Wilsonが出場するとして準備をしていたという。
Wilsonの欠場で先発はBrett Rypien、また控えとしてプラクティススクワッドからQB Josh Johnsonを試合日ロースター登録した。またLS Mitchell Fraboniと試合日ロースター登録。
RypienはJets戦がNFLキャリア2度目の先発。前回もJets戦。Rpienは身体能力はNFLでは平均的。肩も平均的。スマートで、判断力が早くクイックリリース。肩は平凡的なもののロングパスの精度も悪くない。ショートパスアタック&ブーツのロングボムで本来のウエストコーストオフェンスならWilsonよりも合っているかもしれない。
大学時代のBoise State時代は300yパスゲームを21試合記録。
今年はベテランJosh Johnsonに競争で勝ち2番手QBの座を勝ち取った。


25th

1997年のスーパーボウル制覇チームの25周年同窓会。Denverダウンタウンのホテルで多くの選手が久しぶりの再会を果たした。金曜日に入る選手、そして土曜にも多くの選手が集まる。
Bill Romanowskiは
「25年前だったなんて信じられない。スーパーボウルに、しかも二連覇したみんなと再開出来るのはプライスレスだ」と話している。
土曜日にBroncosの試合前の軽い練習にも多くのメンバーが見学に。

  1. 2022/10/23(日) 16:09:08|
  2. 未分類

Jets戦後、翌日Broncosはロンドン移動

NY Jets戦の出場ステイタス。ここ数週間の中ではわりと少なめになってきた。
アウトがCB Essang Basseがハミーでアウト。S Caden Sternsが臀部でダウトフル。
クエスチョナブルがDL Deshawn Williams、G Meinerz、DT DJ Jones、QB Russell Wilson awaits。Wilsonが痛めたハムストリングは徐々に回復。Jets戦出場の判断が下されるのは当日になるかもしれない。
Hacketヘッドは
「多分試合日まで待つことになるかもしれない。重要なことは彼が自分自身を守れるかどうか」と話している。水曜の練習は控えのBrett Rypienがほとんどのスナップで先発組。木曜はWilsonが少し先発組、金曜の練習では2人が先発組スナップを分けあった。
メディアに練習を公開されていた時間での練習ではWilsonは良い動きだったという。
Wilson本人は日曜のプレイに関して
「その予定だ」と反している。たとえ日曜にプレイ出来る状況になっても不安はハムストリングを悪化させること。ハムストリングの怪我は数週間にわたり長引くことが多い。
Rypienは
「何も聞いていない。ただ今週は僕が先発で多く練習に参加していたというだけで、確かなことはない。もちろんNFLに入った以上はチャンスはほしい。そうでなかったとしてもRussを戦力でサポートしたい」と話している。

現地11月1日締め切りのトレードで放出されるのは誰か。Melvin Gordonの噂は強い。WR Jerry Jeudyの予想も出る一方、BroncosにはJeudy放出の意思はないという報道も。TE Albert Okwuegbunamにも興味がもたれているという。3年目の期待のTD。しかし今季は目立つ活躍もなく出番も少ない。Broncosは新人TE Greg Dulcichが怪我から復帰しており、Albert Oの出番はさらに少なくなる。

10月2日、ロンドンでプレイしたRB Latavius Murray。当時はNO Saintsに在籍。試合後NOに戻りNOのプラクティススクワッド枠に戻り、Broncosがロースター契約。Murrayは今週末のJents戦後、2回目のロンドンゲームのため再びイギリスへ向かう。BroncosはJets戦の次はJaxとロンドンゲーム。BroncosはJetsと日曜に対戦する約24時間後となる、翌日月曜に9時間のフライト予定でロンドンに向かう。
アメリカとイギリスの時差に関してMurrayは
「飛行機で寝るようつとめること。ロンドンでは就寝時間まで寝ないこと。むこうについたら眠いからって軽い昼寝みたいなことはしてはいけない。それで時差ボケを直すことが出来る。これば僕の皆へのアドバイスだよ」と話している。月曜の午後Denverを出て火曜の朝に現地着。
試合会場は9万人収容のウェンブリースタジアム。
  1. 2022/10/22(土) 22:06:44|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)