broncomaniacのブログ版

Broncosヘッドサーチ週明け月曜も動きなし!

なんとBroncosのヘッドサーチ未だ霧の中。Broncosはぐだぐだにならず予定通りコーチ探しが行えているのだろうか。。
一応現在のところ、
Jim Harbaughは大学に残ることを決断。
Dann QuinnもDallasに残ることを決断。Raheem Moore、David Shaw、Jim Caldwell、Ejiro Everoはすでに候補ではない(一部メディアはすでに候補ではないと伝達すみと報道)。
DeMeco Ryansは候補であるもののHouston Texansのヘッド就任濃厚。すでにBroncosにはRyansからお断りに連絡ありとの報道も。
Sean Paytonはまだ候補。
NFLインサイダーIan Rapoportは
「Denverはどうやら超超超でかい候補を狙っているようだ。ゆえ決定までには時間を要すかもしれない」と伝えている。上の中にそのターゲットがるとなると、HarbaughでないならPaytonしかいない。現地日曜の各カンファレンスのチャンピオンシップが終了。Broncosはインタビュー要請を月曜日にどのチームにも出していない。
Paytonは現在アナリストを務めるFOX局に戻るのではと推測もされているが、自身のヘッド復帰に関して日曜の試合のプレゲームショーで
「来週にはもっと多くのことを知ることなると思う。今週は多くのオーナーや球団と話をした。今年はコーチ探しのプロセスが変わってきていると思う。じっくり時間をかけてきている。でもこれは正しい候補を探すことを考えると良い方向に変化していると思う」と話していた。
Broncosは新人ヘッド3連発で外して続けている。新人オーナーグループは正しく時間をかけて予定どおり行動を出来ているのか、それとも特に前任ヘッドのように内部でぐだぐだになっているのか・・・・。


Broncosの今年のドラフト最初の指名は1順全体29番目となった。

2023年シーズンのサラリーキャップは224.8ミリオン。2022年は208.2ミリオンだった。
Broncosは12ミリオンほどの空きと見られている。
G Graham Glasgowはキャップヒット14ミリオン。カットすれば3ミリオンのデッドマネーは出るがカット候補。RB Chase Edmondsはキャップヒット約6ミリオンでデッドマネーなし、OLB Jake Martinは4.8ミリオンでデットマネー1ミリオン。CB Ronald Darbyはキャップヒット10ミリオン、デットマネー3ミリオン。CBは若手が活躍してくれたが、ベテランの手助けは必要。Darbyは契約見直しでキャップ軽減も選択肢か。

  1. 2023/01/31(火) 13:18:46|
  2. 未分類

Broncos、Harbaughに2回目の面談をしていた

今週BroncosがMichigan大のJim HarbaughとMichiganで2回目の面談を行っていたと地元メディア。Harbaughは1月16日に大学残留をBroncos及び大学側に連絡。しかし2度目のBroncosの面談要請に応じたという。ただしBroncosはHarbaughにはオファーを出さなかったという。2度目の面談の内容がHarbaugh説得のためだったのか、1度目がリモート面談だったことで、直接の面談で状況の説明を求めたものかは不明。BroncosはHarbaughに2度断れれる失態と伝えるメディアも。
Denver地元局のMike KlisはPenner CEOは一度目がリモートだったため、ちゃんとした形で話をということでMichiganに出向いたと伝えている。
Broncosは現在SFの守備C DeMeco Ryansをヘッドトップ候補としていると見られている。週明けにHoustonが2度目のインタビューを予定。RyansはHoustonは古巣ゆえHoustonが本命ではと予想されている。Broncosはすでにインタビューした以外にも明らかになっていない候補がいるとも伝えられている。

  1. 2023/01/29(日) 19:13:50|
  2. 未分類

未だBroncosヘッドトップ候補は8人、かと思ったら秘密の候補も?

Broncosのヘッドサーチ、本命ではと見られているSFの守備C DeMeco Ryansは来週Houston Texansの2度目のジョブインタ。Broncosも来週2度目のジョブインタと予想されている。現時点ではHouston有利説多し。なにせHoustonはRyansのNFLの故郷。2006年にHoustonにドラフト2順で指名。守備新人王、オールプロ選出、プロボウル選出。奥さんとはHoustonで出会い、子供3人をもうけている。
全米メディアがHoustonはRyansをトップ候補と考えており、両サイド共通の認識を持っていると伝えている。
となるとBroncosはトップ候補を失うことになる。とはいえBroncosは一度のインタ終了後、2度目のインタは誰とも行って折らず、またQuinn、Harbaughと自身から候補を降りた候補はともかく、のこり全てのインタした候補を除外していない。Denver地元メディアのMike Klisは、Broncosは現在もすべての候補と連絡をとりあい、全人をまだ候補としているとし、さらに驚きの情報も。
”Broncosには隠された候補がおり、彼らの名前はわからないが、Broncosは話をしている”とラジオに出演したKlis、さらにBroncosラジオの実況でもお馴染みDave Loganも、自身の情報筋からKlisの話の情報は確かにありLoganも同じ話を聞いているとしている。
地元メディアのBenjamin Allbrightは推測として、ただいまプレイオフに勝ち残っている忙しい組だと、Phillyの守備C Jonathan Gannon、Cincyの攻撃C Brian Callahanか?と名前を挙げている。Gannonは昨年のヘッドサーチでBroncosのヘッド候補となりジョブインタを受けている。

  1. 2023/01/28(土) 16:32:50|
  2. 未分類

今日もPayton誤情報が出回る

現地木曜日、Broncosヘッドサーチで動きが。
といっても動いたのはBroncosではなくヘッド候補。
Dallas Cowboysの守備CでBroncos他Arizona、Indyなどで候補になっていたDan QuinnがDallasに残留することを決めた。Broncosが今オフにヘッド候補としてインタビューしたコーチで自身から辞退したのはJim Harbaughに次いで二人目。
Sean Paytonに関しては木曜も誤情報が。Washington PostのMark Maskeが
「PaytonとBroncosのジョブインタビューでは問題があった。Broncosオーナーグループとの間にパワーバランスの恐れを感じている」などと伝えた。
Rice女史とは好感触もPenner CEOとは軋轢が、ととれるリポートをMaskeが行った。
ただしDenver地元メディアはこのMaskeの報道には追従せず、そのような情報がまったくないのか、静観を保っていた。
その後Payton本人がTwitterでMaskeのTwitterのリポートをリツイートし
「全て真実ではない。Broncos訪問はとても良いものでありオーナーシップも素晴らしかった」と否定している。Paytonはこの日Arizonaのジョブインタを行っており、時間的にPaytonはこの報道否定のつぶやきをArizonaのジョブインタで訪問中に行っていたと言うことも話題になっている。
Paytonに関しては、Broncosの2度目のジョブインタがArizonaのジョブインタのため延期された、BroncosのオーナートップのRob Waltonが狩猟旅行に出るので延期された、などの情報も出たが、これもすぐに誤情報であるおとが明らかになっている。
毎日Payton情報が話題になるも、毎日毎日結局尻すぼみでおわる毎日。

Broncosはどの候補とも2度目のインタを行っておらず、となるとNFCチャンピオンシップに進出しているSF 49ersの守備C DeMeco Ryansに注目が集まる。Ryansにはチャンピオンシップが終わるまで2度目のインタビューは出来ない。そなるとRyansが最終候補ではという考えるになるの誰もが同じ。ただしRyansには古巣Houston Texansも候補に。RyansはHoustonの2006年のドラフト2順指名選手。Gary Kubiakの元でプレイ。妻はHouston出身。BroncosはVance Joseph、Vic Fangio、Nate Hackettと三人続けて初ヘッドで失敗。しかし三人とも現在のオーナーグループの前に雇われている。
Ryansが守備畑ゆえ、就任となると現在のEvero守備Cの去就も気になるところ。しかしEveroが他のチームのヘッドとならない場合、Broncosは守備畑のRyans就任でもEveroを戻す可能性もあると現地メディアの予想。Broncosは長い間3-4守備を続けている。4-3のRyansに合わせるには完成している守備陣を解体しないといけなくなる。

Nate HackettがNY Jetsの攻撃Cに。またもAaron Rodgers移籍の布石か・・・と話題に。23年シーズンはBroncosはJetsと対戦する。

  1. 2023/01/27(金) 22:45:52|
  2. 未分類

Rosburg、とりあえず契約満了

現地水曜日、Jerry Rosburgとの契約が満了。昨年シーズン途中にクロックマネージメントスペシャリストとして入団。Hackettヘッド解雇後最後の2試合で代理ヘッド。シーズン終了後には、23年シーズンのヘッド職への意欲もチームに伝えていた。
新しいヘッドコーチがRosburgを必要と考えれば、再びチームに戻る可能性も。少なくともヘッド候補にはなっていない。
NFLインサイダー Ian Rapoportは
「私の理解としては、彼はチームから高い評価を受けており、彼は新しいヘッドの元、Denverに返ってくるかもしれないと思っている」と伝えている。

Broncos QBコーチ&パッシングコーディネーターのKlint KubiakはNY JetsだけでなくTampaの攻撃Cジョブインタも。

  1. 2023/01/26(木) 21:55:45|
  2. 未分類

Broncos新ヘッド情報錯綜 とりあえず動きなし

昨日伝えられた、現地水曜のSean PaytonとBroncosとの2度目のヘッドインタビューがArizonaとの木曜のヘッドインタのため延期、と伝えられたが、伝えたライターJeff Duncanが誤りと謝罪のつぶやきをTwitterに。
「情報筋からの情報であったが、確証はなく、リポートとして伝えるべきでは亡かった」とつぶやいている。
Denver地元メディアは、Duncanの情報は誤りで、BroncosはPaytonの2度目のインタビューはセッティングされていない、と伝えていた。
Denver地元テレビ局のMike Klisは
「2度目のインタは設定されておらず。私の情報筋はばかげた話としている。Broncosは1度目のインタ以降にもPaytonとは連絡を取り合っているが2回目のインタビュはない。それでこの話は終わり。Broncosはじっくり時間をかけている」と伝えている。
どの情報が正しいのか情報は錯綜。Pro Football TalkのMike Florioは、Broncosのヘッド決定は寸前。SFのDeMeco Ryans、StanfordのDavid Shawを最終候補に、と伝えている。
なおSFのRyansは2回目のインタビューはNFCチャンピオンシップ終了まで行えない。またPaytonは今年のヘッドは見送りFOX局のアナリストに戻る選択をするのでは、という推測も出ている。
今週に入ってからBroncosの新ヘッド情報は、いろいろな話が出ているが、公式には動きはなし。また現地ライター、メディアも情報を出して折らず静観。現地火曜日はMLBのColorado Rockiesの英雄Todd Heltonの殿堂入り落選の報道が大きかった。

Broncosとヘッドインタを行ったDallasのDan QuinnがArizona Cardinalsと2度目のインタへ。

Broncosの守備CのEjiro EveroがIndianapolis Colts、Houston Texansと2度目のインタビューへ。ヘッド就任濃厚か。

  1. 2023/01/25(水) 18:02:33|
  2. 未分類

Payton2度目のインタ?

Sean Payton大人気。すでにBroncos、Houston、Carolinaのヘッドジョブインタを終わらせさらに今週木曜にArizona Cardinalsのインタも受けると現地メディア。
Arizonaのインタビュー報道の前には、Paytonは水曜にDenverに飛びBroncosとの2度目のインタビューに、と伝えられたがその後にArizonaのインタビューのため延期と伝えられている。
Broncosは昨年はNate Hackettとの2度目のインタビューでそのままHackettを施設に出すことをなく、Hackettを新ヘッドとして決定。Pyatonが2度目のBroncosとインタビューと伝えられたときは、PaytonはBroncos新ヘッドカウントダウンか、とも思われたものの、Arizonaのインタビューが割って入ったことで状況はまた混沌。
BroncosはPaytonプッシュに激しく動くのは、という声の一方で、Broncosはこれまでインタビューした7候補からまだ最終候補を絞っていない、という報道も。
現地メディアの取材も状況把握は難しくなっている模様。
さらに、また新しいヘッド候補なのか。昨年2試合代理ヘッドをつとめたJerry Rosburgがシーズン終了後のミーティングで2023年のBroncosヘッドに興味を見せていたと伝えられている。
昨年シーズンの終了後に行われたミーティングでRosburgは23年シーズンのプランを述べ、オーナーグループも検討するという流れだったという。
ただしその後のヘッド候補インタビューは行われていない。ただしシーズンエンドミーティングが実質ヘッドジョブインタ1回目だったと考えると、他の候補と状況は変わらないことに。

BroncosのOC Justin OuttenがBaltimore RavensのOC職のインタを受ける、これまでTenn Titans、LA Ramsからも攻撃C職で候補になっている。
昨年壊滅的だったBroncosオフェンスだったがオフェンス畑コーチは人気に。
Hackett元ヘッドはNY JetsのOCジョブインタ。さらにKlint KubiakもJetsとOC職でインタビューを受けている。



  1. 2023/01/24(火) 19:53:23|
  2. 未分類

R Wilsonが個人的にSean Paytonと連絡とる

Broncosのヘッド候補のSean Payton。現在FOX局でアナリスト。そのFoxでスポーツディレクター、アンカーマンをつとめているColin Cowherdが自身の配信スポーツ番組で、BroncosのQB Russell WilsonがPaytonに個人的に連絡を取ったと伝え話題になっている。現値火曜日に行われたBroncosとPaytonのヘッドジョブインタが両サイドにとって素晴らしい内容だったと伝えられていることもあり、Paytonの行き先はDenverが濃厚ではとの雰囲気が高くなっている。PaytonとCowherdは昨年には、不振にあえぐWilsonの問題修正の話題について番組で話していた。Paytonはすでにアナリストの立場ではあるが、Wilson復活の手段を研究している。

Sean PaytonインでGeorge Patonアウト?の憶測が。もしPaytonがヘッドを受ける条件として、GM権限含め現場全権を求めた場合Paton GMは解雇になるのでは、という憶測が出ているが、地元メディアのMike Klisは否定。誰が今季ヘッドとなってもPaton解雇はないと伝えているPaytonが選手の獲得、ドラフト指名の最終的決定権を持ったとしても補佐となる相棒は必要。NO Saints時代にもGM Mickey Loomisとの関係は非常に良好で2人は友人にもなっている。
Paton GMはBroncosのGMになり2年。今年2年目のPat SurtainはリーグトップCBに成長。RB Javonte Williamsも怪我で22年シーズンこそ泣いたが素晴らしい活躍ぶり。QuinnMeinerz、Baron Browningも活躍。22年ドラフト組では下位のCB Damarri Mathisがまさかの大活躍で怪我人だらけのセカンダリーをささえた。Paton GMの選手を見える目は確か。ただひとつ、昨年Nate Hackettをヘッドに選んだことだけが、大きな失敗だった。

Broncos攻撃CのJustin OuttenにLA Ramsも同職でジョブインタリクエスト。Tenn TitansもリクエストをBroncosに出している。Hackettヘッドの友人のOutten。Hackettヘッド本人は壊滅的なシーズンで解雇されたが、Outtenそして、大学時代からのHackettの友人の守備CのEveroの2人のコーディネーターは評価爆挙げ。Outtenは22シーズン最後の2試合のプレイコールを担当。あれほど点がとれなかった攻撃がリバイブ。突然爆発オフェンスとなりOuttenのプレイコールぶりが話題に。RamsはSean McVayがプレイコールを出しており、LAではOuttenがプレイコールを出すことはなさそうだが、それでもMcVayの元で学ぶことが出来ることは今後のキャリアに大きなものになりそう。

元BroncosのDL Derek Wolfeがmountain lion、ピューマもしくはクーガーを狩り、自身のインスタグラムに挙げた。ラジオに出演したWolfeは州からピューマを狩る許可書をもらっているという。Wolfeは弓によるハンティングを趣味にしており、NFL引退後はコロラドの山でハンティングをするため定住。今回の狩りは、近隣住人からピューマによる被害が報告されたためだとWolfe。
コロラドでは昨年11月、12月で約30件のピューマによるペット被害が出ている。今回のピューマは女性の住宅のポーチに居座っており、女性の飼い犬を2匹殺している個体だったという。女性から現地火曜になんとかしてほしいと連絡を受け出動。木の上にいるところを弓で仕留めたとWolfe。Wolfeによると重さはだいたい195パウンド(88キロ)のピューマ。ピューマに気づかれないよう、遠回りをしピューマに接近。狩った後に自分のトラックにピューマを積み込むため約3キロの距離をピューマをひっぱりながら移動したという。写真を見る限りもっと重そうな感じ・・・。Twitterでは300パウンド級ではないかと書き込んでいる人もいた。
Wolfeには一部動物愛護の人たちから違法では、違法か合法かは別にひどい、などの批判の声が上がっているが、管轄しているColorado Parks and Wildlife(CPW) は、今回のWolfeのピューマハンティングはすべて許可を得た上で行われており、事後の報告もすべてされており、完全に合法なものと発表している。






  1. 2023/01/20(金) 22:12:42|
  2. 未分類

ヘッドコーチ探し情報

Broncosヘッド決定は来週か。今週で候補7人のインタ第1ラウンドが終了。来週最終候補として1人から3人のセカンドラウンドインタと見られている。
トップ候補の1人と見られていたJim Harbaughが自身から退きMichigan大ヘッド残留。トップ候補はSean Payton、Dan Quinn。スリーパーがStanford大のDavis Shawではと現値メディア。現値火曜に行われたBroncosとPaytonのインタビューは両サイド互いに強い興味を見せ、順調なジョブインタだったと情報筋。Parytonはテレビ局のFOXで2023年もアナリストとして働いた場合のギャラは約10ミリオン。ヘッド就任となると15~20ミリオン、もしかすると25ミリオンのサラリーとなる見込み。情報筋によると、火曜の面談ではサラリー、またNO Saintsの契約下であることで放出しなくてはならなくなる見返り、に関する話はなかったという。
BroncosとNOサイドも話は現状ではなにもしてないと現値メディア。その一方で話をしなくてもBroncosはNOの求める見返りはすでに把握しているとも伝えている。PaytonはラジオショーでNOはドラフト1順中頃~末くらいだろうと話している。
Carolina PanthersもPayton獲得に動いている。
PanthersオーナーのDavid Tepper は、Paytonの求めるものは全て与える腹づもりと伝えられている。他Houston Texans、Arizona CardinalsらがPayton獲得競争に。
Dallas CowboysのQuinnは昨年はBroncosヘッド捜しの最終候補。Nate Hackettに決定のため予定された最終インタビューはキャンセルされた。今年が2年連続で同じ球団でのヘッド候補。Paytonに候補とみられているが、Quinnはジョブインタで自身の守備ではない本職以外の分野でアピールが必要となる。今年大不振だったRussell Wilsonと攻撃のアップグレード案。Quinnがヘッドになった場合はBrian Schottenheimer、Darrell Bevellが攻撃C候補ではと見られている。Schottenheimerは2018~20年にSeattleの攻撃C。今年はDallasでコンサルタント。Bevellは2011~17年にSeattleで攻撃C。Wilsonのキャリア初期を支えた。
今季はMiami DolphinsのQBコーチ兼パス攻撃コーディネーター。

Tennessee TitansがBroncos攻撃CのJustin Outtenの同職ジョブインタリクエスト。
Hackett元ヘッドがNY Jetsの攻撃Cのジョブインタ。
Vic FangioがCarolinaに続き、Atlantaと守備Cインタ予定。



  1. 2023/01/19(木) 21:55:44|
  2. 未分類

Payton、 Morrisのジョブインタ終わる

現値火曜日、Greg Penner他Broncosのヘッドサーチ委員は元NOヘッドSean Payton、LA Rams守備CのRaheem Morrisのヘッドジョブインタをカリフォルニア州のLAエリアのホテルで行った。ジョブインタ、残る候補は2人。木曜にDeMeco RyansとSFエリアで、金曜のDan QuinnとDallasエリアで面談が予定されている。

Ejiro Evero守備Cがヘッド候補で多くのチームから注目を浴びている。ルーニールールの一つとして、マイノリティコーチの他球団への流出の場合、元の所属チームは見返りとしてリーグよりドラフト3順指名権を2年間受け取ることが出来る。ただし2年以上の在籍が必要でEveroはBroncxosに一年のみのコーディネーター在籍。ゆえこのルーニールールの条件には当てはまらず、ドラフト指名権はもらえない。ルーニールールにはいくつかのルールがあるが、これは2020年に決められたルールの一つ。
ルーニールールはマイノリティ人種のチャンス拡大のため、2003年に導入されたルール。当時ルール作成のチェアマンをつとめた元PittsオーナーDan Rooneyの名を取っている。

元BroncosヘッドのVic FanigoがCarolina Panthersの守備Cのジョブインタを受けたと現値メディア。CarolinaはPaytonヘッド招聘にも動いており、それの布石とも見られている。Paytonは自身はNFLヘッドに返り咲いた場合、Fangioを守備Cに迎えると見られている。

  1. 2023/01/19(木) 00:30:20|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)