broncomaniacのブログ版

19.08.02 試合後記 少しだけ

プレシーズン初戦。
怪我人2人。
LBのJoe JonesとDL Billy Winnが共に腕の三頭筋断裂の恐れ。金曜にMIR検査を受ける。Jonesは3年目の選手で昨年Seattleのプラクティススクワッドからロースター契約しスペシャルチームで出場していた、Winnは2017年Broncos在籍時にACLでシーズンエンド、昨年は所属チーム無しで今年4月にBroncosと再契約、再起のシーズンだった。2人とも断裂していればほぼシーズエンド。

初ヘッド采配前日に腎臓結石の痛みに襲われたVic Fangioヘッド。以前にも結石を経験しているので本人はすぐに腎臓結石とわかったという。夜が明けて試合当日病院に。激痛で一時はデビュー戦持ち越しも考えられたと言うが痛みは去りなんとか試合に。
「痛みの中で20分から40分くらいかな、サイドラインに立てるかな?っていう時間があったくらいだよ」とFangio。といことで試合開始の通常より早い時間にスタジアム入り。準備していた。

プレシーズンゆえではあるが、ラスト4thダウン敵陣でFGで同点を狙わずギャンブルの采配。のFangioヘッド。QB RypienからWR Winfreeへ、新人同士のスロー&キャッチで見事逆転勝利となった。

パス5回で2回成功、課題のポケットでのフットワークも落第デビューとなったドラフト2順のQB Drew Lock。Fangioヘッドも6yのスクランブル以外は良くなかったと駄目だし。
「まぁもう少し期待はしてたけどね。でもこの出来にもそう驚きではない」とFangioヘッド。
本人には不運もあった。RB Davis Williamsのファーストダウンパス、Noah Fantのルート間違いのパス失敗。John Elway GMはテレビ中継にゲストインタビューでLockのプレイに
「自分の新人時のプレシーズンデビューも散々だったよ」と話していた。
Lock本人は
「序盤のロングが一本通っていればまた変わったかもしれない。でも最初のシリーズより、一度ヒットを受けた次のシリーズにほうがだんだん落ち着いてプレイ出来た」と話している。

本日評価を上げた選手達
Kevin Hogan キャンプ不調、Lockとの2番手争い。今日の試合ではLcokと同じレベルで争う選手ではなかった。少なくとも、経験のある堂々のNFLの控えQBの貫禄だった。
Dre’Mont Jones ドラフト3順新人ラッシャー 試合終盤Atlantaのロースター争い選手をぼこぼこに。また地元オハイオでの試合。本日HOFゲーム開催のスタジアムでのプレイは高校時代以来だったという。
Malik Reed ドラフト外新人FA選手。4タックル、1サック、1QBヒット。
Khalfani Muhammad 今年が3年目。昨年12月にBroncosとプラクティススクワッド契約で入団。7回50yラン、に4回24レシーブ。MuhammadがBroncosの53人ロースターに残る可能性はほぼゼロに近いが、他球団へのスカウトには良いアピールになった。
Juwann Winfree ドラフト6順の新人WR。4thダウン15から逆転のTDパスレシーブ。コーナーと1対1の競り合いに勝利しての逆転キャッチ。落球などもあったが、勝負どころで1対1で勝つことは大きな評価になる。

スポンサード・リンク

  1. 2019/08/02(金) 21:26:10|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)