broncomaniacのブログ版

19.08.21 Lock開幕間に合わず、Fant問題なし

ドラフト2順の新人QB Drew Lockが右手親指を捻挫。手術などは不要だが回復にはかなりの時間が必要な見込み。専門医の話だとグレード1だと2~3週間のアウト、2だと5~6週間、グレード3だと腱の修復手術が必要で10~12週のアウトだという。この場合のアウトは練習開始までのアウト。Lockはグレード2程度ではと見られており、そうなると練習再開は10月となる。
また1順のTE Noah Fantは足首の捻挫。日々の様子見程度で開幕には問題なし。

Lockの怪我は開幕ロースターに大きな影響がある。OTAからキャンプ中盤までずっと2番手だったKevin Hoganは終盤にかけてLock、さらにドラフト外新人FAのBrett Rypienにまで練習スナップ数を奪われ4番手QB扱いになっていた。Lockの怪我が即Rypienの昇格とはならない。Lockが怪我をしたSFとのプレシーズンではLockの怪我の後に出番を得たのはHoganだった。成績的には見栄えのするものではなかった。とはいえLockの開幕絶望でHoganの53人開幕ロースター入りは大きく近づいた。

ドラフト外新人FAのLB Joe Dineenが手の指の骨折で手術。最低2週間のアウト。ただしドラフト外新人FAで2週間のアウトは実質開幕ロースターカットを意味する。ただし期待は高く、プラクティススクワッド候補。

以下Denver PostのRyan O'HalloranによるBroncosの開幕53人ロースター予想。
Quarterbacks (3): Joe Flacco, Kevin Hogan and Drew Lock.
RypienはPS候補。

Tailbacks (4): Phillip Lindsay, Royce Freeman, Devontae Booker and Theo Riddick.
肩を怪我をしたRiddickを復帰可能怪我人リストに入れるには開幕ロースターに一度入らないとけない。Bookerはロースター危機から確定へ。

Fullbacks (2): Andy Janovich and George Aston.
Riddick同様Janovichも復帰可能の怪我人リスト入りするには一度ロースターにいないといけない。各チーム2人まで復帰可能の怪我人リスト入り選手が許されている。

Tight ends (4): Jeff Heuerman, Noah Fant, Jake Butt and Troy Fumagalli.
Buttはようやく練習復帰となった段階。Buttが開幕までにプレイできるようになるか、ならないか。それによりTE陣容は変化の可能性あり。

Receivers (5): Emmanuel Sanders, Courtland Sutton, DaeSean Hamilton, Tim Patrick and Juwann Winfree.
Nick WilliamsとRiver Cracraftはリターナーとして活躍が出来れば6番目のWRとして残る可能性がある。ただしプレシーズンで今のところ結果を出していない。このまま結果が出なければ、Broncosの開幕リターナーは補強選手になるかもしれない。

Offensive linemen (8): Ja’Wuan James (RT), Dalton Risner (LG), Connor McGovern (C), Garett Bolles (LT), Ron Leary (RG), Don Barclay (G), Elijah Wilkinson (OT) and Austin Schlottmann (G/C).
先発GのRon Learyには若干の不安が。いまだプレシーズンで出場なし。アキレス腱断裂からの復帰イヤーだがFangioヘッドによると、SF戦でプレイしなかった理由は“膝”だという。

Defensive linemen (5): Derek Wolfe, Adam Gotsis, Shelby Harris, Dre’Mont Jones and Zach Kerr.
かつての期待のドラフト2順のDeMarcus Wareカット予想。キャンプを通してのトップ5のまま。Harrisはプレシーズンで活躍中。新人Jonesに期待。

Outside linebackers (5): Von Miller, Bradley Chubb, Dekoda Watson, Justin Hollins and Malik Reed.
ドラフト外新人FAのReedはプレシーズ2試合で活躍。SF戦は怪我で欠場もすでにBroncosはJeff Hollandをカット。Reedは開幕ロースター残留に十分な評価をすでに得ている。WatsonはSF戦控えで活躍、新人Hollinsは今年は勉強イヤー。

Inside linebackers (4): Todd Davis, Josey Jewell, Joe Jones, Alexander Johnson, and Kieshawn Bierria.
先発Davisはキャンプを怪我で休み続けている。不在の中若手が多くのチャンスをもらっている。しかし層を考えるとやや不安。スペシャルチームでの貢献も含め、他球団でロースターに残れなかった選手を補強する可能性も。

Cornerbacks (4): Chris Harris, Bryce Callahan, Isaac Yiadom and De’Vante Bausby.
SのJacksonは本職CBゆえCBは4人のみ。

Safeties (6): Justin Simmons, Kareem Jackson, Will Parks, Su’a Cravens, Dymonte Thomas and Trey Marshall.
スペシャルチームの貢献でボトム3は変わるかもしれない。

Specialists (3): Brandon McManus, Colby Wadman and Casey Kreiter.



スポンサード・リンク

  1. 2019/08/21(水) 22:17:33|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)