broncomaniacのブログ版

19.09.19 Davis今季初出場へ

GB戦に向けた練習が現地水曜開始。キャンプ初日にふくらはぎを痛めた先発ILBのTodd Davisが練習フル参加。痛めた当初は開幕に間に合う見込みも、開幕から2試合に欠場。ようやく3戦目が今季初出場となる。FAの補強の目玉の1人の先発CB Bryce Callahanは足の怪我で限られた練習のみの参加。週末のGB戦にプレイの可能性。またプレシーズンで胸筋を痛めて長らく練習を休んでいたFB Andy Janovich、三頭筋を痛めて長らく休んでいたILB Jo Jonesの2人が限られた練習ながら練習復帰。

開幕2試合で守備はサック無し、奪ったターンオーバーも無し。これはNFL過去50年では4チーム目のこと。開幕に試合で守備のサック、奪ったターンオーバー無しのチームはこれまで成績は芳しくない。2002年のDetroit Lionsは開幕2連敗でシーズン3-13で終わり。2007年のNY Jetsも開幕2連敗でシーズン4-12。2009年のDallas Cowboysは、開幕2試合をサックもターンオーバーも奪えずも1-1で乗り越えシーズンを11-5と勝ち越しフィニッシュ。当時のDallasはWade Phillipsが率いており守備はリーグ7位でシーズンサック数は42だった。
Broncosは0-2ゆえ歴史で的にはDet、NYJのように沈没シーズンか・・・。

Broncosは開幕2試合で攻撃はトータルで16位、パスは15位、ランは20位。ところが得点は1試合平均15点でリーグ28位。ボールを進めている割に得点がとれていない。ボールを進めることに関しては驚くほどよく進めている。攻撃はリーグトータル16位だが攻撃のドライブ数は2試合で17ドライブとリーグ最少。今季最も攻撃がプレイするドライブが少ないチームながら攻撃16位。1ドライブ辺りの平均ゲインは42y、かなり前に進んでおりこれはリーグ4位の数字。1ドライブ平均1位のDallasは1ドライブで約51y、得点は1試合平均で33点でリーグ5位の得点をあげている。2位のBaltimoreは1ドライブ平均約49yで得点は1試合平均41点で1位の得点数。この2チームは進めば進むだけ得点を挙げている。ところがAFC西地区2球団は進めど進めど得点にならない。3位のLA ChargersはBroncos同様進めても得点出来ず、1ドライブ平均45yで得点は1試合平均20点でリーグ18位の得点。
ドライブ数が少ないのはBroncos守備が奪ったターンオーバーがゼロ、長いドライブを相手に許す、などの理由があるが、得点は少ないのはレッドゾーンに入ってからのTDが奪えない攻撃陣の責任。

スポンサード・リンク

  1. 2019/09/19(木) 23:15:51|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)