broncomaniacのブログ版

2016.1.18 なんとか勝利!

1234
PIT733316
DEN6331123


一昨日Vernon Davisがあと1つでポストシーズンのTEの記録と書いたけど、本日NEのTE GronkowskiがTDを2本キャッチしたため歴代TDトップの8になった。Vernon Davisは7でNEの試合前までは1位タイだった。

Broncosで試合登録を外れたのは
ガードRobert Myers、CB Lorenzo Doss、OL Sam Brenner、RB Juan Thompson、DT Darius Kligo、QB Trevor Siemian、S Shiloh Keo。QBはManningとOsに2人。RBはThompsonアウトなのでHilmanとAndersonの2人。ランヘビーオフェンスが予想される中、FB兼任するThompsonのアウト。怪我人リストに病気で載っているが、病気のためのアウトか戦術理由でアウトなのか。

晴れ、気温は6℃。風が強い。横風だ。放送局はCBS、解説はPhils Siims
コイントスにBroncos勝利でdeffer

前半
第一Q
Broncosのキックオフ。

Pitts攻撃1
自陣20yから。プレイアクションからWR Wheatonへロングボムはボールリード過ぎ失敗、Roethlisパスを投げられることをアピール。Wardが3rdダウンからのスクリンをロスタックルでパント。

Boldenリターンで自陣30yくらいから42y戻る。

Broncos攻撃1
敵陣30yから。Thomasでファーストダウン。Thomas次ぎ今日も落球。ショットガンで攻めるBroncos。しかし4thダウン1、McManusの28yFGで終わる。Thomasの落球が痛かった。RT誰が先発してるのか見るの忘れた。

Pitts攻撃2
自陣20yから。3rdダウン8で短いパスから大きくゲインで37yゲインする。Harrisが後ろから押したら勢いついてさらに前進してしまった。WR Bryant落球。Broncos陣31yで4thダウン1をギャンブル。TD狙いで投げるもTalibカバーで失敗。Broncos攻撃権奪う。

Broncos攻撃2
自陣32yから。3&2でManningがラインに声を掛けているフリしてHilmanにダイレクトスナップをするびっくりプレイはLB James Harrsionがよく見ておりHilmanストップされる。

Colquitteグレートパント、Websterがエンドゾーン入るボールを中に入れてダウン
なおBolden怪我した模様とリポート。

Pitts攻撃3
自陣3yから。3凡。しかしPittsのパスプロテクションは中々固い。

ミスパントでとんでもない短いパント。

Broncos攻撃3
敵陣31yから。Schofieldいた。3rdダウン2で一度もファーストダウンとれず、McManusの41y、ど真ん中で6-0。Broncosは陣地合戦で勝利し6点。オフェンス的には特になんも出来ていない。ランとパスの割合では最初のドライブだけパスが多いが次ぎに3凡の2シリーズはランが多い。ランもゲインは出来てるランとロスのランがあるので、出るときは出ているものの有効な武器には今のところなっていないが、だんだん安定して出そうな感じはある。

Pitts攻撃4
自陣20yから。Bryantへ21yヒット。今日のBroncosはがちがちのマンカバーではなくかなりクッションを置いている。相手のビッグプレイを許さないプランとSiims。Brownのリバースどかーーんとビッグゲインでレッドゾーンへ。40yランになった。Chris Harris痛む。Toussantのランが今日初めて出る。ファーストダウンゴール1ヤード。Toussantがキャリア初TDで7-6とPitts逆転。ゲインしないプレイは外すと4プレイでTDをとったPitts。ビッグプレイをばんばん許してしまった。

Boldenはひざでクエスチョナブル

Broncos攻撃4
自陣20yから。V Greenでファーストダウン久しぶり。さらにThomasでファーストダウン。Latimerでファーストダウン敵陣入り第一Qおしまい。

第二Q
Broncos攻撃中。Thomasへのロングパスは少しリードで失敗。Sandersアクロスで少しリード気味のボールを手にあてて取れず。パントに終わる。

Pitts攻撃5
自陣15yから。Harris戻っている。3rdダウン5でHey Ward Bayを誰もカバーせず58yパスになる。ビッグプレイを許さないプランとSimms解説してたけど、ここまで大抵のプレイはとめるも、ビッグプレイを許しまくりのBroncos。Antonio Smithがサック。FGで終わる。10-6とリード広げる。一発のバストカバーで得点されてしまった。Robbyがカバーを外しちゃった。

Broncos攻撃5
自陣20yから。3rdダウン4でワイドオープンでAndersonが落球。パント

Pitts攻撃6
自陣38yから。Wolfeサックで3凡。

Broncos攻撃6
パントまた短く外へ。自陣41yから攻撃。Sanders本日初キャッチでファーストダウン.
FowlerフリーもManningサイドライン際ヒット出来ず。風が横風なのでそれでボールが流れたのか。次ぎFowler落球。敵陣38yで4thダウン3ギャンブル。Sandersキャッチ後ヒットされてドロップ。正直レシーバーにManningを助ける要素本日ゼロ状態。足を引っ張りまくり。Sandersのはヒットされてのドロップだけど。本日6ドロップらしい。

Pitts攻撃7
自陣38yから。3凡、またBryantのリバースやるもWareがよいコンテイン。

パントよい。

Broncos攻撃7
自陣5yから。ランがロスばっかりになってきている。と書いたらAndersonが抜けて35yゲイン。Paradisがこじ開けたMathisがさらに守備をどかしてAndersonビッグゲイン。残り2分切る。本日3rdダウンコンバージョン7回目にして初成功で敵陣へ。なんとかFGとって終わりたい。スナップミスでManningボール落として自分で拾ってサックになる。McManusが横風強風の中51yFGトライ。おぉぉ凄い勢いでボールが切れていくも成功。ゲスト解説なのか元キッカーのJay Feeleyが強脚のMcManusなら真ん中狙えば大丈夫と解説していたが、途中までは真ん中へ向かって余裕の成功と思ったらものすごい勢いで右に切れていった。10-9で前半終わり。

オフェンスは落球が本日も多く6個らしい。Manningは22回投げ11回成功99y。六回ドロップがあったので17回成功になる。ランもHillmanが8回24y、Andersonは4回41y、1度35yランがあったのでほとんど出ていない。ランが出ない、3rdダウン残るも落球という、ぐだぐだのレシーバー陣にあっさりとパントになる攻撃陣。3rdコンバージョンが8回で成功わずか1。攻撃ラインはわりとよく持っている。セーフティーブリッツでハードヒットを受け、あともう一度ヒットを受けた程度。SimmsはPiitsのクリエイティブでどこからブリッツするのか、カバーに下がるのか、Manningを苦しめていると解説している。
Broncos守備は、Simms解説だとややコーナーはクッションをとり、ビッグプレイを許さない、カバーをかえRoetlisに投げるまで考える時間を与えラッシュをかけるというもの。ほとんどのプレイでBroncos守備がゲインさせていないが。ときおりバストカバレッジになり、出るときはどーんと20y以上稼がれるという感じ。Roethlisbergerは15回で9回成功132y。特に問題あるようには見えないパスを投げている。
Bryantが23yレシーブ、Heyward Beyが58yレシーブ、Coatesが37yレシーブなどとにかくビッグプレイを決められすぎている。前半のMVPはMcManus。
KubiakがManningは良くプレイしているが周囲はもっとプレイをしなくてはと話していたとリポート。

後半
第三Q
Broncos攻撃1
自陣20yから。
ラン2回出ず3rdダウン8はPittsのコーナーGayのパスインターフェアで更新。しかし次の3rdダウン5はWRスクリーンでCaldellロス。Thomasが少し脚を痛めている。

Pitts攻撃1
自陣20yから。また短いパスをロングゲインにされる。Bryantが52yレシーブ、30yくらい走った。RobyとHarrisのコンビネーションカバー。さらにBryantでファーストダウン。3rdダウンでTalibへTD狙うも阻止。FGで終わる。またこの攻撃も52yどっかんゲインで得点された。13-9とPittsリード広げるPitts。

Broncos攻撃2
自陣20yから。落球五個と紹介中。Sandersのはヒットを受けてるので落球にはなっていない。Sandersファーストダウン。しかしランロスで3rdダウン13でパス失敗、パントになる。
Colquittパント短いも転がりよく、Websterのヒットもありボール転がるもリカバーは出来ずボール外に出る。おしい。今日はスペシャルチームでWebster目立っている。パントリターンはAntonio Brownが欠場なのでかわりに出ている選手が大苦戦している。

Pitts攻撃2
自陣6yから。3凡。

Broncos攻撃3
自陣47yから。Sandersファーストダウン敵陣へ。Norwoodでファーストダウン。Andersonランでファーストダウン。ManningサックをJames Harrisonに受ける。McManusの41yで終わる。McManus強風のところご苦労様です。13-12と追い上げるBroncos。

Pitts攻撃3
自陣20yから。Coatesで24yゲイン。20y以上のプレイが6つめ。BradleyがパスインターフェアでBroncos初反則、Broncos陣37yへ。しかしホールディングで下がるPitts。

第四Q
Pitts攻撃
反則で下がったことで次のファーストダウン奪えず。52yFGトライはいかずのパント。

パントエンドゾーンへ

Broncos攻撃4
タッチバックで自陣20yから。Manningがプレッシャーに自らダウン、そしたら守備がさわってないのでManning起ち上がってパス。Sanders敵陣入る。運がよい。Hillman落球。この攻撃で残りタイムアウト1個となる。Hillmanドローがロス。敵陣でパントになる。

パントファンブルアゲイン!しかしまたもPittsリカバー。さっきのパントファンブルはアウトオブバーンズ。運がない。タッチバックになる。


Pitts攻撃4
パス一発で自陣47yまで戻す。さらにタックルミスでファーストダウン許す。Harris肩が痛いので片腕タックルになっていた。ファンブルでWareリカバー。Robyが良いランのTousantをヒットWareがリカバー。
やっとファンブルリカバー出来た。

Broncos攻撃5
Andersonロングランで敵陣43yへ行くもSchofieldがホールディングで下げられる・・・。3rdダウン13yでFolwerがファーストダウンで敵陣36yへ。さらにランで敵陣26yでファーストダウン。さらに敵陣14yでファーストダウン。さらて敵陣3yでファーストダウン。ここにきてランばかりで進み出している。時間をどんどん消費。もう4分を切ってきた。しかしここからラン2回で届かず、3度目でタッチダウンのAnderson、。Broncosはポストシーズンでは23ドライブぶりのTD。昨年のIndy戦以来のTD。18-13となり2ポイントを狙う。Thomasスクリーンで20-13とBroncosリード。

Pitts攻撃5
自陣20y、残り3分でタイムアウト3回。自陣45yまで来る。しかしここからラッシュを入れまくり2回のパスは短め、Wareがあと少しで届かずパス失敗、Millerサック出来ずすかされるもWareサックでギャンブル失敗。Broncos攻撃となる。

Broncos攻撃6
また試合は終わっていない。Pittsはタイムアウト二個。ランを3回でPittsが止めれば1分くらい時間があまる。FGの距離まで行けるか。ラン2回でタイムアウト使われ三度目のランでファーストダウンとれずちょっとしか前進出来ず。McManusの45yFG。McManus余裕で5回目成功。プレイオフ記録タイ。試合を勝利を決めた。
23-13とBroncosリード。

Pitts攻撃6
自陣20y、残り53秒10点差。パスがんがん投げてFG圏内に入るととっとと47FGをけり23-16、オンサイド&ヘイルメイリーにかける。

オンサイド、キック10yいってなくてピッツボールさわり、とれずAndersonリカバー。
Broncos勝利。Brady and Manning 17回目で次週

スポンサード・リンク

  1. 2016/01/18(月) 09:57:01|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (543)