broncomaniacのブログ版

19.11.02 Flacco IR入り

Broncosは首のヘルニアのQB Joe Flaccoを怪我人リストに登録。オフの大型FA契約組が怪我に見舞われ続けるBroncos。先発QBがシーズン半分でシーズンエンドに。球団メディカル以外のセカンドオピニンを専門医に仰いでいたが結局5-6のアウトの診断。
Fangioヘッドはその後に練習を開始しても数週間かかるため怪我人リスト入りは迷うことのない判断と話した。Flaccoの首の異変は数週間前からあったがさほど重傷とは見られず、Indy戦の試合後もFlaccoは大したことはない、と話していた。しかし試合翌日の月曜にMRI検査で異常発覚。ただしFlacco自身はそれほどの重傷とは感じられないくらいの状況だという。Fangioヘッドは
「彼自身は首にそれほどの痛みなどは感じておらずかなり不満を持っている。逆に医師はFlaccoが首にそれほどの異変を感じていないことに驚いている」と話している。
Denver PostのKyle Newmanは”FlaccoのDenverでの選手生命は終わったかもしれない“と伝えている。Flaccoは2021年までBroncosの契約下。今季終了後リリースすると13.6ミリオンのデッドキャップ。もともとオフのFA契約時には保証サラリーのない契約だったが夏に契約見直しによりデッドキャップが生まれることに。
Broncosの今後は数試合QB Brandon Allenが先発。シーズン最後の少なくとも2試合は現在怪我人リストにいる今年のドラフト2順QBのDrew Lockが先発すると見られている。Denver地元局のMike Klisは”Allenは少なくとも2試合は先発する“と伝えている。これは取材でRypienにもチャンスを、という情報でも掴んでいるのか。
また二頭筋を痛めたILB Corey Nelsonも怪我人リストに。空いた二つの枠でBroncosはPSから当座のQBトップ控えとしてQB Brett Rypien、ILB控え兼スペシャルチーマーとしてJosh Watsonをロースター昇格させた。

ILB Nelsonの怪我人リスト入りでPSからロースター昇格したJosh Watson。Colorado State出身で今季の53人ロースターカットに生き残ったが翌日ロースター補強でカット。PS契約していた。今年のドラフト外新人FA選手。キャンプでは先発ILB Todd Davisが怪我をしていてため先発組に入っていた。主にスペシャルチームでのプレイとなり。またILB Todd Davis、Alexander Johnson、Josey Jewellの控えとなる。

Cleveland戦の出場ステイタス。
RT Ja’Wuan James、TE Jeff Heuermanがアウトと発表。DE DeMarcus Wareが肩の怪我でクエスチョナブル。

スポンサード・リンク

  1. 2019/11/02(土) 22:39:15|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1127)