broncomaniacのブログ版

19.11.12 バイ明け

バイウィーク明け次戦は@Minnesota。ドームゆえ寒さは関係なし。10ポイントBroncos不利予想。Gary Kubiak、息子Klinが在籍している。昨年までNFC北地区のChicagoの守備CだったFangioヘッド。同じ北地区のMinnesotaだけに知識は多い。現在NFLのラッシングリーダーRB Dalvin Cookを止め勝利したい。

怪我人情報いろいろ。
CB Bryce Callahan、S Will Parks、QB Drew Lockが火曜からチーム練習復帰。オフの補強の目玉CallahanはまだBroncos入りしてから試合に出場していない。昨年Chicagoで最後4試合を足の骨折で欠場。今季はキャンプでも調子がよかったが7月下旬のスクリメージ練習で足を悪化。以降ほとんど練習に参加出来ていない。ここまでも何度か練習復帰を試したが状態が悪く駄目だった。9月に回復を促す幹細胞注射を受けていた。それでも予定より回復は遅れている。今回の練習参加もあくまでも練習に耐えられるか試すもの。試合出場のための練習とはいかないかもしれない。Parksは現地10月18日のKC戦で腕を骨折、2試合の欠場の見込みとその時点で伝えられていた。Parks本人はMinnesota戦で復帰刷るとバイ前に宣言していた。出場となっても腕は大きなキャストで固められての出場になりそう。そしてBroncosの未来を担うことになるのか。今年のドラフト2順指名のDrew Lockも8月半ばに投げる手の親指を痛めて以来3ヶ月ぶりに練習復帰する。
月曜の会見でFangioヘッドは
「出来るだけ彼に多くの練習スナップを与えたい。スカウトチームでもプレイする。ただ彼は8月中旬から何も練習参加していないことを忘れないでほしい」と話した。
今後のLockの復帰のタイムテーブルは設置しておらず、まずはLockの練習で状態を確認が先とFangio。今のところおおよその予想としてはLockは最終戦2試合の先発か、と見られる。
現在怪我人リストのLock。練習復帰からロースター登録の期限は21日。
BroncosはLockにはこの期間を全て使いLockに練習をさせ、ロースター復帰はW14のHouston戦で。ただし試合出場はなくHouston戦、W15のDetroit戦は控えでサイドライン。恐らくシーズン最後の2試合、@DenverのDetroit戦とOakland戦の地元2試合先発が最も現実的だろうと見られている。もちろん状況にもよる。QB Brandon Allenがまさかの爆発。現在3-6のBroncosが今後3連勝で6-6の5割に成績を戻すとプランは大きく変わる。シーズン9勝7敗となるとプレイオフの可能性も出てくる。6-6と成績を盛り返せば当然チームは今季をかけた戦いに全力を注ぐ。そうなった場合、勝ち続けるAllenを下げることは考えられなくなる。また逆にAllenが今後沈没を続けるとなると、もしかすると、Lockの出番も早くなるかもしれない。また3ヶ月練習を離れているため、もし良いプレイが見せられるような状況ではないと判断されればAllenの調子が悪くても出番を与えられないことも。何はともわれLockが練習というテストをクリア出来るかが先になる。
開幕戦で手を骨折したWR Tim Patrickは怪我人リストを外れロースター復帰しMinnesota戦に出場する見込み。RT Ja’Wuan JamesとTE Jeff Heuermanはともにバイ前から欠場中。Minnesota戦復帰も今のところクエスチョナブルと見られている。

スポンサード・リンク

  1. 2019/11/12(火) 22:24:11|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)