broncomaniacのブログ版

2016.1.22 Harris行けるの?行けないの?

現地木曜の練習もBroncos選手は全員フル参加。練習前にJohn Elway GMがChris Harrisの日曜の出場は当日判断と話したとNFLインサイダーAdam SchefterがTwitterで伝えたがKubiakヘッドはHarrisが日曜にプレイしないことはない、話している。Harris本人も”先週の木曜に比べると光年単位で良化している”と話している。ただしPhillips守備Cは控えめで
「彼は良化してはいるけど、土曜日にどれだけやれるかだね」と話している。
Harrisは14年シーズンのスーパーボウル出場の時はACLで怪我人リスト入れしておりスーパーボウルには出場していない。ほかVon MillerもACL、Derek Wolfeは頭部ヒットのダメージで怪我人リスト入りしていた。

AFC選手権当日のDenverの天気予報は悪化しつづけている。現在の予報ではキックオフ時気温は氷点下ぎりぎり、試合終了間際の夕方にはマイナス4℃ほど。さらに雨もしくは雪の可能性も40%。

Wade Phillips守備CがPro Football Writers Association of America選出によるアシスタントコーチオブジイヤーに選出された。
「自分は汽車に乗り込んでベルを鳴らしてるだけ。選手のおかげだ」と恐縮の様子。Phillipsは2011年のHouston時代にも受賞しており2度目。複数回受賞されたコーチは3人目で1994年のPitts、1999年のJaxでDom Capers。2004年、2008年のPitsでDick Lebeauが受賞している。Broncos球団からは初めて。
Phillipsは普段はロッカーで選手と馬鹿話をしてダンスを踊っている陽気な70代。
Pitts戦ではWR Martavis Bryantがアウトオブバーンズに出た後にPhillips攻撃Cと激突。倒れ込んだPhillipsはゆっくりと起き上がり、ヘッドセットを付け怪我も無かったが
「あれで先週ビッグヒット賞を受賞したよ。でもそれより僕が聞いたところによるとBryantはなんと、(出場停止で)来年8月までプレイ出来ないそうだよ。彼が大丈夫だといいんだけどなぁ。もうフットボール出来ないんだよ」とこっちの話題には饒舌。

DeMarcus Wareが11年のプロキャリアで初めてカンファレンス選手権でプレイする。
「僕は若い選手には”俺は13-3でプレイオフ出場で負けた、9-7でも負けた、12-4でも負けた。去年も負けている。俺は11年このリーグでやっている。若いおまえらは今年が初めてかも知れない。しかし先は長くともこのチャンスをけして逃してはいけない”って言っている。若い連中は僕に”準備はいいかい?”って聞くんだ。準備出来てるかって?今まで4回もプレイオフで負けてる。僕は今最大のチャンスなんだ。これまでいくら望んでも届かなかった所まで来ている。自分にとってはずっと緊急状況だった。オフのワーク、OTA、キャンプ。常に後がないつもりでやってきた。2年前(14年シーズン前)にTalibやWardらと共にFAでここにやってきたとき、Peytonがいて攻撃は揃っていた。チームには守備が必要だった。今それがある。若い連中には”今がその時だ、全ての力を出すんだ”と言うことが出来る」と話している。Wareは14年から3年契約。来季は契約最終年で10ミリオンのサラリーを受け取る。しかしShaq Barrett、Shawn Rayという若いLBの台頭。34歳の年齢。そしてVon Miller、Malic JacksonらFA選手が多数いること。来年の保障はどこにもない。
Wareは将来の殿堂入りする可能性は高い。
スーパーボウルリングはその選出を加速させてくれることにもなる。
「確かに偉大な選手を見るとね。個人成績も凄いけどやはりリングは大事だと思う。リングという存在はチームプレイヤーをいう意味を持っている。チームを燃えさせて皆をプッシュして次のレベルにいく。そいうことが出来る選手が偉大な選手なんだ。個人だけじゃない。チームプレイヤーであること。リングの意味はそれなんじゃないかな」とWare。

Pitts戦でスペシャルチームで大活躍だったCB Kayvon Webster。MinnesotaのQB Teddy Bridgewaterとは10代からの付きあい。マイアミビーチの北西の犯罪の多い危険地帯で過ごしたWebster。PittsのWR Antonio Brownも育った地域だ。Websterはプロ入り3年目で2度目のスーパーボウルを目指している。
Bridgewaterは
「僕やKayvonはあの地域の人間では運がよい人間だ。僕たちには学校とスポーツがあったからね、あそこはギャングとドラッグの町だった。皆刑務所行きが人生の場所だ。なかには犯罪を知る前に死んで終わる人もいる。Kayvonはとてもスマートだったんだ。彼はすべてを理解していたんだ」と友人の状況を話している。BridgewaterのMinnesotaも今季プレイオフに出場。Seattleをあと一息というところまで、いや実際完全に勝利する所まで追い詰めていた。

AFC選手権でBroncosが敗戦したら。Peyton ManningのBroncosとしてのキャリアが終わるのか。NFL選手としてのキャリアが終わるのか。ManningはPitts戦の後に自分が予想していたかった出来事を経験した。Manningは長々と話した。
「Pitts戦の後に本当におかしな感じな出来事があったんだよ。僕がプロに入り2年目にTitansと試合をしたんだ。コイントスに前にBruce Matthews(NFL在籍1983-2001)に声を掛けられたんだ。”俺は君の父さんとプレイをしてたんだぜ”って。僕は父(Archie Manning(1971-1984、MathewsとHouston Oilersで82-83チームメイト)からその話を聞いていたんだけど実際にフィールドで並んでみるとものすごい変な感じだった。僕は”父のチームメイトとプレイ?”。本当に頭に一発くらった気分だったよ。まぁ軽い一撃ではあったけど。それでPitts戦の試合終了後に僕はBen Roethlisbergerと握手をしてJames Harrisonと握手をした。そしてCameron Heywardがお祝いを言うために近づいてきたんだ。僕はCameronに”君はいい選手だ”と言ったんだ。そしたら突然閃いたんだ。”僕は君のお父さんと一緒にプレイしてたんだよ。お父さんのIronHead(Craig Iron Head Heyward、1988-1998)とね”と彼に言ったんだよ。これはいったんどうしたもんだろう。はるか昔にBruce Matthewsが僕に僕の父とプレイをしていたと言われた時には、僕がこんな言葉を言うことになるなんて想像もしていなかった。時が一周したんだよ」とManning。
この話は現地水曜日、次戦のNE戦の準備練習開始日の午後、Denver PostのMark Kiszlaに語られた話。KiszlaはNE戦の準備周のまっただなかの午後にManningが感傷的な話をすることは珍しいとコラムで書いている。

2013年シーズン、Cleveland戦で膝にヒット受けシーズンエンドを経験したNEのTE Rob Gronkowski。ヒットしたのは現在BroncosのTJ Ward。GronkはWardから謝罪はなかったと話している。今回の対戦でも膝元へのヒットを巡りBroncos選手とTwitter経由でのトラッシュトークが話題になっている。Gronkは木曜の取材で
「何が起ころうともそれがフットボール。観客も最大の衝突を望んでいる。僕はその準備が出来ている」と発言。フィジカルな試合を歓迎。

ディビジョナルラウンドのKC@NEで審判が大失態。試合ボールをホテルの部屋に忘れてため一騒動。マサチューセッツ州警察によると、試合当日午後2時半に宿泊ホテルのHyattにNFLオフィスから連絡。部屋にキッキングゲームで使用するボールとボール圧を計る器具を忘れてしまったという。ホテル従業員が部屋に入りボールなどを集め州警察へ手渡した。州警察が試合開始30分前に無事試合会場ジレットスタジアムに届けたという。
NEの昨年の"Deflategate"問題でリーグのボールの取り扱いプロトコルが変更されていたためうっかりしちゃったらしい。


スポンサード・リンク

  1. 2016/01/23(土) 00:39:15|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (541)