broncomaniacのブログ版

20.03.15 合法タンパリング開始まであと数時間

新労使協定は選手間投票で可決。2011年に結ばれた旧労使協定は20年シーズンまでだったが、今回の可決で20年シーズンから新労使協定が適用。30年シーズンまでの11年となる。選手間投票では1109の可決、959の否決とわずか60票差だった。
今回の最大のポイントは試合数増加。
Broncosの選手会代表のBrandon McManusは
「障害となったのは100%試合数の増加だった。試合数増加の流れは続いていいる。昔は14試合、そして16試合となりまた増加。それを止めたいという動きが多かった」と話した。
また可能性として全米で広がり始めたコロナウィルスの影響が否決に投票した選手を増やしたかもしれないとMcManus。3月18日に新シーズン開幕はNFLは動かさないとすでに表明している。4月からチームのワークアウトが開始する。もし労使協定が選手会で否決されればオーナー側は選手施設締め出しのロックアウトをすることになっていた。コロナが流行する中、選手はあまり動きたくなかったのではとMcManus。
「コロナの影響は間違いなくあるよ。多くはコロナの影響が出る前に投票されていたけど先週の火曜から締め切りの土曜までに750票くらいの投票があったんだ。もしコロナの影響が一週間遅かったらもっと可決に投票した選手が多かったと思う」とMcManus。
なおMcManusは否決に投票したという。
新労使協定だいたいのポイント。
〇 サラリーが増加。新人ミニマムが49万5千ドルから61万ドルなど。年数により最低10万ドル~20万ドル増える。
〇 17週に分けてではなく34週間に分けてサラリーは支払われる。
〇 収入から選手への配分が47%から今期は48%、21年は48.5%に。今季のサラリーキャップは198.2ミリオンとなった。
〇 プレイオフ進出チームが12から14チームに増えバイチームは各カンファレンス1球団のみ。試合数で2試合増えることで結果選手側の全体の収入が70ミリオン~75ミリオン増えることに。
〇 試合の出場登録選手が46から47人に。ロースター枠が53人から55人に。プラクティススクワッド選手のロースター昇格からまたPSに戻す際はウェイバーカットは不要。PS枠が10から今季は12人、来期は14人。
〇 シーズン怪我人リストからロースター復帰可能が2人から3人。
〇 オフシーズンワークアウトは5年目以上の先週は5回まで休める。有給休暇で5日の休みでもワークアウトボーナス満額もらえる。
〇 キャンプ中に6日を休日に。17試合に移行後は8日休日に。パッド装着練習は16回に減る。
〇 海外試合の出場した選手は5000ドルボーナス。

コロナの広がる中NFLはリーグイヤーは米東部時間3月18日午後4時は動かさないことを決めている。午後4時をもって19年までの契約は失効。20年シーズンの契約のない選手はFA選手となる。それに先立って現地16日午後12時を持ちFAになる選手への合法タンパリング期間が開始。
今年のFA戦線はかなり大変なことになる。コロナの影響でBroncos施設は一部職員を除き閉鎖。まもなくFAが始まるがアシスタントコーチも施設立ち入り禁止。
FAのため施設入り出来るのはJohn Elway、Elwayの右腕Matt Russell、Vic Fangioヘッド、スカウト部のAJ Durso、契約アドバイザーでBroncosに加入したばかりのRich Hurado、メディカルヘッドトレーナーのSteve Greek Antonopulos他数人のみ(選手で施設でのリハビリが必要な選手はGreekらメディカルの指導環境下で施設入り許可を受けているという情報も)。FA選手の移動も制限され、すべては電話、メールなどの通信に頼る交渉になる。BroncosとしてはかつてElvis Dumervileの契約見直しの書類を期限内にリーグの提出来ず、DumervileをFA流出というFAX Gate事件を起こしているだけに、誰かが間違えてやらかさないかと、不安が・・・。

スポンサード・リンク

  1. 2020/03/16(月) 22:33:54|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)