broncomaniacのブログ版

20.08.25 キャンプ9日目

現地月曜、Broncosの選手は筋肉の張りなどの軽傷練習不参加が8人。
DT Mike Purcell、WR Tim Patrick、CB De’Vante Bausby、S Alijah Holderらが新たに筋肉系の怪我で新たに月曜休み。
以前より筋肉系の怪我で休んでいるのがTodd Davis、Juwann Winfree、KJ Hamler, 、Michael Ojemudia。
骨の骨折や靱帯系ではなく、ハムストリング、太ももの張り、脚の付け根など筋肉系の痛みで休む選手が日々増加。
Fangioヘッドは
「軽い筋肉系の怪我がここまで多いとは予想外だった。今年のキャンプこの段階で、昨年より少ないキャンプ練習期間でもう昨年以上の怪我人となっている」と話している。
筋肉系の怪我が多い理由はコロナのため、オフシーズンワークアウトがなかったことが原因と見られている。通常4月から3ヶ月間はオフのワークアウトで体作り。しかし全てが今年はキャンセル。7月末に集合し、実質キャンプ練習が始まるまで約2週間のチームワークアウトでキャンプインとなっている。
月曜の練習は筋肉系の怪我人の他、病人ら含め11人が練習を休んだ。怪我人の多さのため予定変更。フルパッド練習ではなく、また練習時間も少し短めとなった。

新人LB Justin Strnadが手首を痛め手術を受ける。今季終了となった。脱臼に加え他にも損傷があるという。Strnadは今季パスカバー専用のニッケルILBとして起用される可能性が伝えられるほど良いキャンプを送っていた。Strnadの怪我でOLB Justin HollinsがILBに移り練習。

スポンサード・リンク

  1. 2020/08/25(火) 23:01:15|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)