broncomaniacのブログ版

20.09.15 開幕敗戦

2020w1

Tennessee@Denver 
マンデーナイト、気温20℃、
本日無観客試合ではあるが、500人の選手の家族・友人・関係者は観戦が許され観客席に。他観客席には販売されたファンの写真ボードが置かれている。樽おじさん他死去した有名だったBroncosファンの肩の写真ボードも置かれている。

Broncosの今季開幕戦。
出場登録から外れたのは
Courtland Sutton欠場、加えKJ Hammerもハムストリングで欠場。新人TE Albert Okuegbunamは怪我理由でなく、まだプレイ出来るほどの仕上がっていないと言うことか。
新人お勉強イヤーのG Netane Mutiも外れた。他DT McTelvin Agim、OLB Von Miller、ILB Mark Barron。

コロナのためゆるされる当日プラクティススクワッドからの試合登録で控えS PJ LockeとOLB Derrek Tuszkaを登録。2人は通常年とは違い、カットせずに直接プラクティススクワッドに戻すことが出来る。LockeはKareem Jackson、Justin Simmons、Trey Marshallに続く4人目セーフティー。TuszkaはBradley Chubb、Malik Reed、Jeremiah Attaochuに続く4人目OLBとして試合にのぞむ。

通年キャプテンを置かないBroncos。毎試合前の試合キャプテンが指名される。開幕戦は守備が対戦相手のTitansからFA移籍したJurrell Casey、攻撃からDalton Risner、スペシャルチームからJoe Jonesが選ばれた。

前半
第1Q
コイントスBroncosが勝ちディファー。
Titansレシーブ
McManus、リターンさせるゴロキックオフ、リターンを許さず成功。
Titans攻撃1
自陣20yから。QB Tanehillがプレイアクションブーツからランでファーストダウンで開始。Chubb& AttaochuがTanehillを襲いおしくもサックとはいかずパス投げ出し失敗。Titans攻撃陣、ファーストドライブでフォルス、ディレイと反則を繰り返す。しかしWR Correy Davisへのスクリーンで20y以上ゲインし繰り返す反則を取り消すファーストダウン。エースRB Henry今季初キャリーは3y。次ぎもHenryで3rdダウン5。BouyeカバーのWR BrownへのパスはBouyeが手を出して失敗、自陣中央近くでパント。
Broncos守備最初のドライブで、Miller不在にもかかわらず、かなりのプレッシャーをTanehillに浴びせた。

WR Spencerがリターナー、フェアキャッチ。

Broncos攻撃1
自陣10yから。最初の攻撃にRB LindsayとGordonが2人入る。Gordonのラン6yでスタート。Lindsayはレシーバーの位置に入っていた。Fantへのプレイアクションで自陣35yに早くも戻す。新しいセンターCushenberryのスナップが乱れLockファンブル、自分で拾いサック受ける。Tim PatrickへのラテラルスクリンみたいなパスはPatrick手に当てて弾くも自分でキャッチも、ロスになる。3rdダウン8はドラ一Judyへ長いパスを投げるもチャンスなしのパス失敗。色々選手を動かし、位置をかえ、選手がどこにいるかスナップ前に把握することが難しいオフェンスだ。

Sam Martinパント。
Titansリターナーは元BroncosのKalif Raymond。Broncosでもリターナーでロースター争いをしたことがある。PS枠にいたがロースター昇格されたことも。1年在籍。以降渡り歩き人生。

Titans攻撃2
自陣13y。WR Davisが16yゲイン。Davis今日はパスのメインターゲットに。ノーハドルで攻めるTitans。さらにDavisでBroncos陣32yに。FangioヘッドはTitans戦でノーハドルが来るだろうと話していたが、想定通り、ノーハドルで。エースRB Henryがいるため、パスのほとんどがプレイアクション。3rdダウン7でTEを新人コーナーMichael OjemudiaがストップしてFGトライに追い込む。というよりなんとかとどめた。

K Gostkowski、47yくらいのFG外す。

TitansはHenryへのフェイクを入れたプレイアクションが多い。Henryの脅威があるだけに、前に出ることになるILBの裏に走るレシーバーへのパスを止めるのは難しいぞと解説のGreise。

Broncos攻撃2
自陣37yから。Gordonラン2発でファーストダウン。JudyのNFL初キャッチは11yのファーストダウンパス。敵陣入る。Lindsay初キャリーはゲインなしかややロス。3rdダウン2でブーツからLock自分で走りファーストダウン。McManus確実圏内入る。Vannettのスクリーンは大ロスでMcManusぎり圏内に下がる。Lindsayドローで10yゲイン。復活のJake Buttが何か反則をされたようでBroncos今季最初のレッドゾーン。TitansのLB Rashaan EvansがButtをパンチしたということで退場処分受ける。
TE FantへLockがTDパスヒット。7-0とBroncos先制。こっちもTitansを同じ、プレイアクションとランアタック。ここまでGordonラン4回とLindsay2回のランだが、多分出ているスナップ数は同じくらい。

Titans攻撃3
自陣25y。

第2Q
Titans攻撃中
3凡。Titansは今日3rdダウンは全部失敗、コンバージョンなし。

元BroncosのパンターだったこともあるBrett Kerenが66yのビッグパントかっ飛ばす。
ただかなり高いところから落ちてきたとはいえリターナーのSpencer、見送ってエンドゾーンに入れるという選択はなかったのか。高いパントゆえエンドゾーンには転がらないと思ったのか。

Broncos攻撃3
自陣3yから。3rdダウン1でWR Patrickでファーストダウン。エンドClowneyに追われながらLockパスヒット。Gordonがラテラルのバブルスクリンをファンブル、Titansリカバーする。

Titans攻撃4
Broncos陣23yから。DreMont Jonesが3rdダウン5でオフサイドの反則で3rdダウンショート、Henryがファーストダウン。ファーストダウンゴールとなる。2ndダウンゴール1でTE PruittにTanehillヒットで7-7の同点となる。

Broncos攻撃4
自陣25yから。LockフリーのButtミスる。3rdダウン9から、フリーのFantへダンプぽいパス、前に誰もおらず、Fant突進。30yくらいゲインする。Broncosは短いパスとランで前進しレッドゾーン入る。Lock今日2度目のスナップファンブル。今回はCushenberyyの責任ではなくショットガンからのスナップでボールに目を離したがファンブル。自分で拾って走りファーストダウン。Lindsayへのファーストダウンパスでファーストダウンゴール敵陣2yへ。Lindsayゲインなし、フリーのVannettをLockオーバースロー。さらに置くではJake Buttまでワイドオープンだった。ランでとれず4thダウンギャンブル1。TE Buttへのショベルパスは前にTitans守備があふれ、Buttキャッチも何も前進出来ず失敗。

Titans攻撃5
自陣1yから。WR Davisヒットで27yまで一気に戻す。
前半残り2分になる。AJ Bouyeが肩か腕痛めたようで倒れている。かなり痛そう。手をついて倒れたときに痛めた。コーナーはCallahanに加え2人の新人OjemudiaとBasseyが入っている。Attaochouがカバレッジサック。
44yFGトライへ。Shelby Harrisがブロック、キックしたボールは前に進むも左の大きくそれ失敗。

前半おしまい。
前半7-7で折り返し。
TitansはFG失敗2回。BroncosはLockがフリーのButtへ2回フリーの状態でパスヒット出来ず。Vannettエンドゾーンでオーバースロー。

BroncosスタッツはLockが17回で14回142y。1TD。WRは使わずほとんどがTEへの短いパスゆえ成功率は上がる。攻撃はLockのミススローとGordonのファンブルロストがなければ、かなり堅実な攻撃を展開していた。RBはGordonが6回30y、Lindsayが7回24y。レシーブはFantが5回81yと荒稼ぎ。WRでは新人Jeudyが2回37y。といっても実質は1回12y。前半最後の前に出られて相手が反則してくれればまぁFG圏内みたいなプレイで短いパスで25y走っただけ。ほかWR Patrickが2回9y。Lockが投げたロングパスはJeudyへのオーバースロー一度。基本はTEをたくさん入れてランと、短いプレイアクション。Lindsay、Gordonのロングランも出ていない。後半はどこでビッグプレイが決められるかが鍵になりそう。
守備はHenryのランはよく止めている。13回50ヤードと100yペースではあるが、ロングゲインを出さず、穴を確実に埋めてハードなランを一切させず。フロント7のランストップの健闘ぶりは素晴らしい。
その代わりTanehillのプレイアクションは止められない。HenryへのフェイクでLBの動きがとめられるため、アクロスしてくるCorrey Davisへの中央のパスをばかすか通されている。Tanehillは18回投げ11回成功135y、1TD。レシーブはDavisが4回72ヤードとメインターゲットになっている。パスラッシュは最初のほうはよくかかっていたが、2Qあたりからほとんどかかっていない。
CB Bouyeは肩の怪我で後半アウト。LB陣不足にCB陣も層が薄く若手ばかり。がんばれ若手。後半はパスで若手コーナーが狙われそうだ。

Lindsayが脚を痛めクエスチョナブル。

後半
第3Q
Broncos攻撃1
自陣25yから。LockからPatrickへロングはオーバースローでチャンスなし。
3rdダウン3でJeudyが簡単なファーストダウンパスを落球。アクロスしてきてキャッチ前に走路を確認してしまっているようだ。
パント。

Titans攻撃1
自陣21yから。Ojemudiaロングパスをインターセプト、しかし残念ながらインターセプトする前にILB Alexander Johnsonがアンンセセやっててインターセプト取り消し。Titans大きく前進してフィールド中央で攻撃続行。JewellがHenryをロスタックルする。3rdダウンショートを短いパスで更新し前進を続けるTitans。しかしなんとレッドゾーン前でストップ。Gostokowskiの今日3度目のFGトライへ。
失敗、42yを失敗。本日3度目のFG失敗。

Broncos攻撃2
3凡、3rdダウン14でLock危うくインターセプト。解説Griese、フィールド中央でHamiltonがファーストダウンでワイドオープンになっていたことを指摘。

Sam Martinパント。毎回きちっと滞空時間の長い高いパントを蹴り続けている。

Titans攻撃3
自陣18yから。S Simmons惜しくもインターセプトならず。3rdダウン7でTannehillまたDavsでファーストダウン。Jewellがタックルの際に相手のヘルメットに手をかけ脱がしてしまい15yのフェイスマスク反則。Broncos陣入る。Correy Davisとまらず。2人のカバーの小さいウィンドウでもTanehillからDavisにパスが決まる。レッドゾーン入る。Broncos守備、まったくフィールドから出ることなく後半はほとんどフィールドに出ている。後半Titans3回目の攻撃ですべて10プレイ以上している。
3rdダウンでさらにファーストダウン。ファーストダウンゴール8y。

第4Q
Titans攻撃中
4thダウンボール半分ギャンブル。パスでTD。Gostkowskiがエクストラ外す。13-7とTitansリードするも1TDで逆転出来る得点差に。

Broncos攻撃3
自陣25yから。後半2回の3凡の攻撃陣。Gordonが25yラン。Judyがゲイン後走り21yゲイン。WR Patrickでさらにファーストダウン、レッドゾーン入る。RB Freemanへのパスでファーストダウンゴール1y。Freemanゲインなし、GordonでTD。13-13と同点になる。McManusエクストラ決めて14-13と逆転する。

Titans攻撃4
自陣25yから。自陣34yで4thダウン1ベリーショート。パント。3凡。

Broncos攻撃5
自陣20yから。Gordonのランで前進、時間も消費。残り6分切る。3rdダウン3、ロング狙うもLock、RT WilkinsonがやられLockまともに投げられずヒット受け失敗。パント。

Martin良いパント。

Titans攻撃5
自陣4yから。3rdダウン10、Kareem Jacksonがパスを叩き3凡パント。

Spencerフィールド中央からリターン少し。

Broncos攻撃6
敵陣44yから。Jeudyスラント落球。3rdダウン8、Hamiltonへのロングパス、Hamilton抜く、Lockオーバースロー。落としどころよければTDだった。Jeudy落球、Lockオーバースローとミスで終わってしまった。

Titans攻撃6
自陣10yから。前進するTitans。残り2分で自陣49yでファーストダウンのTitans。OjemudiaのパスインターフェアでBroncos陣35yでファーストダウンのTitans。さらにレッドゾーン入るTitans。Broncosはタイムアウト取らない。逆転されたらそれで終わりにするのかFangioヘッド。TDパス狙うも失敗。
Gostkowski 25yのFG成功。

Broncos攻撃7
自陣25yから。
試合17秒。Fangioヘッドなぜかタイムアウトとらなかったのでタイムアウトは3つ。
Lock危うくインターセプトのパス失敗。パス成功で自陣43y。残り1秒。最後のプレイはLock追っかけまくられてパス失敗終わる。
最後Fangioヘッド、タイムアウト一度もとらず時間ながしまくったんだけど、この時間琴ロールは失敗だったのではなかろうか。

守備は大健闘FG失敗の山に助けられたが、Henryの穴を開けず、なんとか試合を作った。攻撃は悲惨というわけでもなくJeudyの落球、Lockのミスが何個か無ければ20点は取れていた、と言う風に見ればまぁ今後に期待ともいえるが、しかしこの攻撃でKCのハイパワーオフェンスに立ち向かえるのかというと非常に厳しい。エンドゾーンでVannett、Bur2人がワイドオープン、Hamiltonがぶち抜いていたロングパス。どっちかをLockが決めていれば勝てたかもしれない試合だった。

スポンサード・リンク

  1. 2020/09/15(火) 14:39:39|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1325)