broncomaniacのブログ版

2016.2.09 一夜明けて

スーパーボウルで勝利したことで2016年シーズンはBroncosがNFLのキックオフカードに登場することになる。Carolina Panthersとの対戦が決まっているので9月8日のNFLキックオフカードはCarolina@Denver、もしくはNE@Denverになるのではという予想が。

スーパーボウル試合後の会見を勝手に切り上げ立ち去ったCarolinaのCam Newtonに批判が出ているが、原因はChris Harrisだった?
試合後の会見は通常の試合と違い、多くの選手が呼ばれるためなんとNewtonのインタビューブースの横のブースでChris Harrisがインタビューに答えていた。HarrisはNewtonが横で取材を受けていることを知らず
「ボックスに選手を集め彼にパスを強いることが試合プランだった」と大きな声で話していた。このコメントを聞いたNewtonは口元をしぼめながら顔を横にふり立ち上がり去って行ってしまった。
Harrisは
「彼が横にいたなんて知らなかった。たいたいなぜ主催者が同じ部屋で隣の声が聞こえるようなインタビューブースを設置するのかがわからないよ。もし僕がCamだったら僕だって怒っていたよ。対戦相手が隣で話をしているなんてね。」と話している。
ただしNewtonの無言で立ち去るという行為については大人げないとしている。
「ただ起こることは起きてしまう。そういうことにもきちんと対応しないとはいけないと思う。僕たちも2年前は敗者で同じ立場にいたんだからね。今回は勝者という立場でよかったよ」とHarris。スーパーボウル後のインタビューは勝者敗者入り交じりで行うことが通常のようで、NFL.comはスーパーボウルの試合後のインタビューは時間差をつけてやる必要があるだろうと伝えている。

2015 Broncos Dは歴代最強Dだったのか。NFL Networkでも1985 Chicago、2000 Baltimore、2002 Tampa、2013 Seattleなどが最強候補で間違いなくBroncosもその議論の輪に入るクラスの守備などと伝えられた。
今季Broncosはプレイオフではスコアリングオフェンス4位のPitts、3位のNE、1位のCarolinaの強力オフェンスを粉砕した。失点はそれぞれ18、18、10点。
2013 Seattleはプレイオフで同順位10位のNO、11位SF、1位のDenverを倒し失点は15点、17点、8点。
2002 Tampaは14位のSF、4位のPhilly、2位のOaklandを倒し失点は6点、10点、21点。
2000 Baltimoreは2位のDenver(ただしQB Griese欠場)、13位のTennessee、3位のOakland、15位のNYGiantsを倒し失点はそれぞれ3点、10点、3点、7点。
1985 Chicagoは6位のNYG、15位のLA Rams、10位のNEを倒し失点は0点、0点10点。

守備はすさまじかったBroncos。攻撃でも歴史に残る記録を作った。オフェンストータルで194yの獲得はスーパーボウル勝利チームでは最小。これまでは2000 Baltimoreの244yがスーパーボウル勝利チームの最小攻撃獲得ヤードだった。これまでスーパーボウルで攻撃200y以下のチームは7チームあったが全て敗戦している。またオフェンス1TDも勝利チーム最小。

CarolinaのKony Earlyは3サックにインターセプトを記録。記録だけならVon Millerを上回るパフォーマンスだった。Missouri大ではBroncosのShane Rayとチームメイトだった。Rayは
「彼らは負けたけど彼のプレイは凄かった。MVP級の活躍だった。ただいたチームが悪かっただけだ。ミズーリからの兄弟を誇りに思うよ」とRay。

ESPNが2016年のアーリーパワーランキングを発表、
1. Panthers
2. Patriots
3. Seahawks
4. Cardinals
5. Broncos
まぁ来年は今年より守備の戦力は落ちそうだしね・・・・しょうがないね・・・・
ちょっとアンダードッグすぎない?

現地火曜日昼、DenverでBroncosの凱旋パレードが行われる。大変なのが白馬サンダー号。スーパー開催地から車移動でパレードまで急いで戻ってくるらしい。パレードはサンダーが先導する。
1998年のスーパーボウル初制覇の時は65万人のファンが集まったが今回はもっと多くのファンが集まると予想されている。天気予報も曇り、気温10℃と寒い地方のDenver住人にとってはまったく問題ない。

現地月曜日、Peyton Manningがディズニーランドへ。スーパーボウル勝者チームからディズニーが選手を選出しパレードに参加する恒例行事。ディズニーのCMの撮影もかねており、Manningはカメラに向かい"I'm going to Disneyland!"と叫ぶことになる。
以前はMVP選手が参加していたが、現在はディズニー側からのリクエストになっている。なおMVPだったMillerは試合後CBSのインタビューで、このあとどこでお祝いしますか?という質問に
「ファックディズニー!俺はストリップクラブに行くぞ」とぶちまけていた。このMillerの試合後のコメントがディズニー側に伝わり、Manningになったのかは不明。試合後MillerはナイトクラブThe GrandでチームメイトAqib Talibらを従え大パーティーを開催した。球団広報は”Millerが断ったのではなく、またMillerがディズニーに招待されなかったことに不満ももっていません”と大人の説明をしている。Millerは大騒ぎの翌日早朝早々にサンフランシスコへKubiakヘッドらと会見のためホテルを出て、ちゃんとお仕事をこなしていた。
Broncosディズニーパレード参加選手は1998年にJohn Elwayが(MVPはTerrell Davis)、1999年にJohn Elway(MVP)&Davisが参加している。

月曜の会見でMillerは
「MVPよりもスーパーボウルの勝利リングが嬉しい。一生つけるものだよ。僕はこの仲間を永遠に忘れない。勝利をわかちあった仲間とずっと一緒ということなんだ」とスーパーボウルの勝利が一番と話した。そうはいってもMVPは嬉しいに違いない。だって毎年商品はカッコいい新車がもらえる。
ManningはMillerのMVPに
「賞品の車は守備の皆でシェアして練習に来るときに皆が使って欲しいよ。皆がMVPをわかちあうなんて素晴らしいだろ。皆が車をのって楽しんで欲しい}と話していた。
しかしMillerは常にタイミングが悪い。2011年にNFL入りしたときも新しい労使協定が結ばれ新人キャップ枠というものが導入され大金を受け取れなかった。前年ドラフト全体2位のNdamukong Suhは5年68ミリオンだったがMillerは5年30ミリオンと半分だった。今回もタイミングの悪さが出てしまった。スーパーボウルMVP賞の新車が貰えなかった。え?毎年もらえるんじゃないの?そう昨年までは毎年もらえた。去年のTom Bradyもシボレーコロラドを受け取っている。第1回から2回連続MVPのBarrt Starはコルベッツの車をもらった。John Elwayもフォードをもらった。Peyton ManningはIndy時代にキャデラックの車をもらえた。しかしなんと今年はシボレーがスポンサーから降りていた。シボレーの前はキャデラックがスポンサーで賞品に車が用意されていた。今年のスポンサーに車メーカーはなし。Millerはティファニー製のシルバーフットボールの置物をもらっただけ(これは車の代わりではなく去年Bradyももらっていた)。FAで大金をもらえるとはいえ、MVPでもらった新車は思い入れも違うだろう。MillerはCamaro SSとBMW i8をもってるけどMVPの車はやっぱり欲しいだろう。めげるなボン!FAでお金一杯貰えるから!


Millerは日曜の試合後、警察にお世話になる暴力行為をやらかしたClevelandのQB Johnny Manzielへ暖かいメッセージを送った。
「僕は2年前(薬物テスト問題)に苦しんだ。でもチームメイト、家族Mr Elway。皆が僕を諦めずに応援してくれて信じてくれた。それが今の僕を作ったんだ。もし君が問題を今かかえていても戦い続けるんだ。僕が苦しんだとき、メディアは僕の友達ではなかった。でも今日は皆僕の友達だ。Johneyへのメッセージだ。僕はまっとうな君がみたい。心から応援している。さぁいこう!真面目にいこう。可能性は天井知らずだ。もし君が戻ってくるなら、まだまだ可能性はあるぞ」
Millerのコメントの後にManzielは自身のインスタグラムにMillerがロンバルディトロフィーを掲げる写真を”Champ"というキャプションで投稿した。

Manningは月曜にディズニー、火曜はDenverでパレード。
勝利チームのキャプテンは大変。
守備キャプテンのDeMarcus Wareと攻撃キャプテンのManningは朝3時からCBSやNBCの朝の番組のためホテル前で撮影を行っていた。

Miller、Manning、Kubiakヘッドらメディアの仕事がある一部を除いて、Broncos一行は月曜午後3時40分、チャーター機でDenverに戻った。飛行機の着陸を花火で出迎えた。パイロットは窓を開けBroncosの旗を振っていた。飛行機のドアが空き、選手はロンバルディートロフィーを挙げながらタラップから降りてきた。

やっぱり活躍出来なかったDemaryius Thomas。しかしThomasにはフィールドではなく別の場所で大事な仕事があった。忙しいManningのために、Manningの息子のお守りをしていた!


スポンサード・リンク

  1. 2016/02/09(火) 21:05:06|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (486)