broncomaniacのブログ版

20.12.07 KCに大健闘も攻撃及ばず

202012kc

Ed Donatell守備CがKC戦の遠征に参加せず。
ナイトゲームでDenverの戻りが月曜未明になるため体の負担を考えての決定。

先週QBでプレイしたHinton。試合でつけていたリストバンドがNFLの殿堂博物館に送られた。

試合直前に1973年から1986年までBroncosで187試合にプレイしたガードPaul Howardが死去。Broncos在籍14年はJohn Elwayの16年、Jason Elam、Tom Nalenの15年に次ぐロングタイムブロンコだった。

Broncos@KC
試合登録から外れたのは
Kevin Toliver
Jeremy Cox
Trey Marshall
Mark Barron
Netane Muti
McTelvin Agim


プラクティススクワッドからの試合登録は
LB Josh Watson、TE Troy Fumagalli、S Alijah Holder。
さらに怪我人リストにいたFB/TE Andrew Beckがロースター復帰している。

前半
第1Q
Broncos攻撃1
自陣25yから。RB Lindsayゲインほぼなしで開始。さらにLindsayで3rdダウン7。Lock初パスはFantロングヒットで37yゲイン。Lockまたもやらかす。ラッシュを一人交わしたところまではよかったが走りながら無理投げしてインターセプト。
ポジティブに考えると、攻撃が手づまったんでパントしてんだよ、と考えるしかない・・・。

KC攻撃1
自陣10yから。Broncosのラン守備が弱いとみてかラン多い。RB Bell多用。オープンのHillへQB Mahomesがオーバースローして運よく一度のファーストダウンでパント。
ただただ運がよかった。イージータッチダウンの場面だった。

パントリターナーはWR Hamler。

Broncos攻撃2
自陣23yから。LindsayもGordonもランがあまり出ない。でても2yくらい。しかしFant、Hamlerなどのパスでファーストダウン続ける。今日は珍しく3rdダウンショートの状況が多く、3rdダウンを次々コンバートして敵陣入る。ただしG Galsgowが傷んでSchlottmannが入る。Lock危うくインターセプト危機パスも失敗で終わる。ボールを守備ラインがチップしたおかげでインターセプトにならなかったのかもしれない。McManusが今日も53yを難なくヒットして3-0とBroncos先制。自陣23yから、時間を消費し、短いプレイを重ね先制した。爆発的オフェンスのKCにはまだまだ安心はできないが、このドライブの攻撃は今までのBroncosの無抵抗前半と違い良いドライブだった。

KC攻撃2
自陣25yから。RB Bell多用、ランでもパスでも多様のKC。TE Kelceヒットでたったの2プレイでBroncos陣へ。3プレイでレッドゾーン手前。しかし3rdダウン4でShelby Harrisが今日も元気にパスディフレクト。ミスターディフレクトいきなり炸裂でレッドゾーン侵攻許さず。FGで3-3と同点になる。

画面にブース席から見ているWR Kendall Hintonが映る。

Broncos攻撃3
自陣20yから。Gordonのスクリーンでファーストダウンで1Qおしまい。

今日のBroncosは短いルートのパスで、Lockに負担ない簡単なパスを多用。リズムを作ろうとしているのか。ほとんどのパスが短いルートでTEへのパスを多用している。
足を痛めたGlasgowが試合に戻る。

第2Q
Broncos攻撃中。Gordonこけてファーストダウンとれず。残った3rdダウン2でVannetヒットもすぐにタックルされてファーストダウン取れず。

Martinパント。
ここまでLockのパスターゲットはTE7、RB2、WR1.

KC攻撃3
自陣21yから。Kelceフリーで20yくらい前進される。Broncosはラインのパスディフレクトリーグトップだそう。KC今日初めて3rdダウンコンバージョン成功。3rdダウン10でブリッツ入れるBroncos。奥が開くと察したかMahomesがBouyueカバーのHillへロングボム。Hillエンドゾーンで落球しまたも運よくTDならず。しかしなんということか、リプレイではHillは一度ボールを落とした後に地面につかないでボールを確保している。判定は失敗、Andy Reedヘッド、チャレンジなし。チャレンジしていれば間違いなくTDだった。
パント。

Broncos攻撃4
自陣10yから。3rdダウン3からGordonが抜けて63yゲインでレッドゾーン入る。プレイアクションブーツでTE Fantヒットでファーストダウンゴール7y。Gordonであと1y。GordonでTDもイリーガルシフトで反則取り消し、罰退し残り6yに。WR Patrickへ、ランフェイクから反対側に出たとこLockが簡単キャッチボールパスでTD。Broncosが10-3とリードする。

KC攻撃4
自陣25yから。RB BellにDL Jonesがホースカラーで15y献上。Hillのエンドアラウンドで30yゲイン。恐るべしことになぜか30y進んだHillを止めたのはShelby Harris。Mahomesのスクランブルでさらに前進。またも3プレイでファーストダウンゴールとなるKC。がんばる守備。ランを二回止めHillのエンドアラウンドもストップ。Broncos、エンドゾーンは決して割らせない。10-6とKC追い上げ。

Broncos攻撃5
自陣35yから。残り2分台。時間を使い切り得点を取るのが理想の状況。Gordonは65yランもあり、早くも100yラッシュ突破。3rdダウン8で敵陣39y。ファーストダウンとれずもMcManusのためにあと5y前進したい。WR Patrick落球。しかしMcManusはMcManusの56yを警戒か、イリーガルフォーメーションの反則を取ることことを選択。McManusに蹴らしたくないらしい。Fantの短いパスで少し前進してMcManusの57FGトライへ。郷里はあるものの左に外れる・・。FantのパスはRT DotsonがうまくブロックできていればFantファーストダウンの可能性もあった。

KC攻撃5
自陣46yからKCが残り25秒から攻撃。さっそくパス通してBroncos陣38y。Kelceヒットで2つのプレイでファーストダウンゴールに。Hillのパスで少し前進。残り7秒であと5y。ミスターパスディフレクトShelby Harrisがまたもパスディフレクト。残り3秒でまたもBroncos守備、エンドゾーン死守。FGで10-9とKC追い上げて前半終わり。

10-9とBroncosリードで前半終わり。
ちびちび進むBroncosオフェンスととばとば進むKCオフェンス。
Lockは15回で9回成功88y。短いパス中心。3rdダウンでショートが多く、コンバージョンも多い。攻撃の中心はRB Gordon。9回105yラッシュ。65yランがあったのでそれを除くと8回40y。平均的にゲインが出ている。Lindsayは9回21yとほとんど出ていない。
5回の攻撃でTD1、FG1、FG失敗1、パント1、インターセプト1。前半戦は何もしないといわれれいたBroncosオフェンスとして珍しく良いドライブが多い。3rdダウンコンバージョンは7回中4回。3凡ゼロ。
KCはMahomesが20回で13回成功154y。ランはRB Bellが7回21y。序盤こそランが多かったが結局Mahomesが投げまくっている。一回当たりのゲインが長く、とにかくあっという間にBroncos陣に入ることが多い。しかし守備がゴール前から力を発揮。エンドゾーンを割ることが出来ない。レッドゾーン3回でTDゼロ。
サードダウンコンバージョンは5回中1回しか成功していない。5回の攻撃で3回FGで終わっている。

後半
KC攻撃1
自陣25yから。Bell16yランで開始。Kelceでまたも20y以上ゲイン。Hillヒットでレッドゾーン手前。KelceでないTE Keizerヒットでファーストダウンゴール。CB Bassayが膝を痛める。Duke Dawsonが入る。
3rdダウンゴールでAttaochuがMahomesにサックかまして、またもエンドゾーン死守のBroncos。FG成功でKCが12-10と逆転。

Broncos攻撃1
自陣27yから。3rdダウン7でHamlerがファーストダウン前にヒット受けるもふりほどきファーストダウンとる。プレイアクションでPatrickヒットで20y前進。WR Clevelandでファーストダウン。新人Cleveland、プロ入り2回目キャッチくらいか。Hamlerのエンドアラウンドでレッドゾーン入る。3rdダウンインチでプレイクロックなくなりタイムアウト。接戦でタイムアウト消費はもったいない気がするがしょうがない。Lockスニークでファーストダウン。WR Jeudyに初パスするも失敗、しかし守備のパスインターフェアをもらう。ファーストダウンゴール10y。Patrickへのマンツーコフィンコーナー浮いたボールをPatrickがキャッチ&二本足インさせる。16-12となり2ポイントを狙う。Lock誰に投げたのか、誰もおらず失敗。16-12のまま。

CB BassayアウトでDuke Dawson入る。

KC攻撃2
自陣25yから。Hillへのヒットで一発でBroncos陣。Kelceヒットで30yに。
3rdダウン6でMahomesスクランブルでファーストダウン20yに。Broncosは今季レッドゾーン守備リーグ4位だそうだ。崩れたプレイでフリーのKelceにMahomesTDヒット。KC今日初めてのTDを奪う。19-16とKC逆転。Kelceは今日レシーブ6回で119y。

Broncos攻撃2
自陣25yから。最初のファーストダウンとったところでこのQ終わり。

第4Q 
Broncos攻撃中
一度のファーストダウンでパント。

KC攻撃3
自陣26yから。3rdダウン7になるもKelceでファーストダウン。S JacksonインターセプトチャンスもKelceとぶつかり出来ず。3rdダウンロングでHillへのロングボムはDawsonぶち抜かれてTD。しかしShelby Harrisがホールディングされてて取り消し。3rdダウン20で危うくKelceに通されそうになるも失敗。パント。

15yでフェアキャッチ後、Duke DawsonがKC選手と喧嘩して反則とられる。

Broncos攻撃3
自陣8yから。3rdダウン4でGordonのランでファーストダウン。WR Patrickへのパスインターフェアでファーストダウン。3rdダウン3でHamler少しリード気味のパス、両手に当て取れず。落球というには厳しいが、状況が状況だけにとってほしかった。ギャンブルいかずパント。守備のストップにかけるFangioヘッド。

KC攻撃4
自陣15yから。試合残り6分台。ファーストダウンまず1回。ランでBroncos陣入りファーストダウン2回目。WR Atkinsでファーストダウン3回目。時間はもう2分台。Broncosタイムアウト全部消費、3rdダウン12で残り2分になる。ただしすでにFG圏内。
守備がとめれば1分強、ラストドライブが出来るBroncos。
KCランで時間つぶさずパスで取りにかかる。パス成功もファーストダウン足りず。KCはディレイオブゲームとられ5y下がり、48yのFGトライ。成功で22-16と6点だ。

Broncos攻撃4
自陣25y、1分4秒、タイムアウトなし。得点差6点。Broncos厳しいラストドライブ開始。4thダウン5、インターセプトで終わる。

以外にも健闘したBroncos。主なる理由は守備だが、一応攻撃もショートパスアタックとGordonのランが良く出て、3凡はないし、ロングドライブも何度もあって、守備に負担をかける攻撃も少なかった。ただ16点しかとってないけど。
Fangioヘッドは「理論上の勝利などない。ここに勝つために来た。勝利と信じていたが一歩足りなかった」と試合後に。

スポンサード・リンク

  1. 2020/12/07(月) 13:39:58|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)