broncomaniacのブログ版

21.02.24 Millerの警察捜査終わる

警察から事件の調査を受けていると伝えられていたVon Miller。警察が捜査を終え捜査資料を裁判所へ送り、事件となるかは裁判所の判断になるという。
現地1月15日に地元警察はMillerを詳細は明らかにしてはいないが調査の対象になっていると明らかにしていた。Millerの前ガールフレンドに関することとみられ、家庭内暴力かなにかなのではと予想されている。ただし前ガールフレンドは自身SNSで暴力的な行為はない、と発言していた。
Millerは21年が契約最終年。ただしBroncosにオプション権があり、オプション破棄、Millerカットの可能性もあると伝えられている。Millerは16年に6年約114ミリオンの当時守備選手最高額の契約を勝ち取り、長らくリーグ屈指のパスラッシャーとして活躍。しかし19年は8サック、20年は怪我でシーズン全休。来月32才になることもありピークは超えてしまっているとの声も多い。

現地火曜よりフランチャイズタグの指定が開始。Broncosは2年連続でS Justin Simmonsをタグ指定する見込み。2年連続のタグの場合、選手は前年タグサラリーの120%が保障される。Simmonsは20年シーズンが11.441ミリオンだったため21年のタグサラリーは13.73ミリオン。もしSimmonsにタグ指定されると2年連続タグはセーフティーとしては13年ぶり。元々セーフティーというポジションの選手がタグ指定を受けることは珍しく過去10年でも5人しか指定されていない。
John ElwayがGMとなってから2012年のMatt Prater、13年のRyan Clady、15年のDemarius Thomas、16年のVon Millerとタグ指定選手とはシーズン前までに長期再契約を結んでいたが昨年シーズンはSimmonsと長期契約を結ぶことが出来なかった。今年はGeorge Pattonが新GMに就任。果たして長期契約完了となるか。セーフティーの現在の最高給選手はArizonaのBudda Bakerで年平均14.75ミリオン。Simmonsの2年連続20%増額タグの13.73ミリオンとはそれほど差がない。Simmons側がポジションスケール額を大幅に超えるような額を要求しない限り長期契約は楽観的な予想となる。
Simmonsは16年のドラフト3順。17年から先発に昇格。19年シーズンに大ブレイクしオールプロ2ndチーム。20年シーズンはプロボウル選出。

スポンサード・リンク

  1. 2021/02/24(水) 22:34:38|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)