broncomaniacのブログ版

21.03.31 17試合制正式決定

現地火曜日、リモートによるオーナー会議でシーズン17試合制が承認。すでに21年シーズンは17試合制と想定されていたが正式なものになった。Broncosは17試合目はこれもすでにフォーマットから予想されていたようにDetroit Lionsとの対戦に。Broncosのホームで開催される。シーズン17試合と1試合増え、かわりにプレシーズンが3試合と1試合減ることになった。試合数は結局同じも、リーグからすれば収入にはあまり見込めないプレシーズン試合が減り、収入が大きい公式戦が一試合増え、また将来さらに試合数拡大するプランに前進したことになる。
しかし選手からの反発も少なくない。
Kareem Jacksonはシーズンが1試合増えたことにTwitterで
“17試合制は完全にクソ”とつぶやいている。昨年3月に選手会で17試合制の認否投票が行われ1019票対959票と選手間でも試合数増の意見は割れていた。投票ではすでにシーズンを経験しているベテランは反対票を当時、逆に若くロースターぎりぎりの選手はチャンスが増えること、少しでも多くの金額を受けれると賛成票を投じたと分析されている。
2021年はAFCがホーム開催、NFCがロード試合で22年は反対にAFCがロード、NFCがホーム開催で1試合が増やされる。
2021年は9月9日の木曜がキックオフゲーム。各チーム1Wのみのバイで17試合を戦いシーズン最終戦が22年1月9日。1試合増えたためすべての予定が1週間遅くなりスーパーボウルは2月13日となる。

現地月曜行われたNorth Carolina大のプロデイにBroncosはCurtis Madkins RBコーチをスカウティングとして派遣していた。
同大にはJavonte Williams、Michael Carterと2人のドラフト候補RBが在籍している。
今年のドラフトではWilliams、CarterはRBのランクではトップ5以内の評価がされている。BroncosはPhillip Lindsayが退団。エースMelvin Gordonは21年が契約最終年。他Mike BooneとFAで契約。3rdダウンバックのRoyce Freemanがロースターにいる。20年シーズンはLindsayが怪我で出場数が限られ、また出場した試合もあまり活躍出来ず、Gordonのワンマンアーミー状態のRB陣だった。Williams、Carter共にドラフト2順指名が予想され、新人年からある程度活躍が期待出来る選手達。

現地火曜にOhio Stateのプロデイに参加したGeorge Paton GMは水曜にはNotre Dame大のプロデイに。ドラフト2順評価のILB Jeremiah Owusu-Koramoah、2~3評価のOL Liam Eichenbergらがいる。


スポンサード・リンク

  1. 2021/03/31(水) 22:07:57|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2018 よてー

残り試合 
13 @Cin
12月03日(月)朝3時

14 @SF 
12月10日(月)朝6時5分

15 Cle  
12月16日(日)朝10時20分

16 @Oak
12月25日(火)朝10時15分

17 LAC
12月31日(月)朝6時25分

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1475)