broncomaniacのブログ版

21.04.22 Ward引退発表 Jeudy番号4番変更か

オーナー会議で新しいルールのいくつかが承認された。
これまでWRは80番台で80番台が埋まっている場合10番台をつけていたが、ルール変更によりRB、TE、WRは1~19、80~89をつけることが出来るように。
Broncosでは現在10をつけているWR Jerry Jeudyが大学時代の4番をつけたいことを明らかにしている。現在Broncosで4番をつけているのはQB Brett Rypien。裏で番号変更交渉が行われるかもしれない。
また通常ドラフト前に発表される公式戦のスケジュールが5月12日発表となることが明らかに。
昨年はコロナで開催されなかったイギリスでの試合も組まれる。すでにAtlanta Falconsは今季Tottenham Hotspur Stadiumでプレイをすると公式に発表している。Broncosは昨年Atlantaとイギリスゲームでの対戦だったがコロナで開催されずだった。今季BroncosはAtlantaとの対決がないためAtlantaとの仕切り直しイギリスゲームにならないが、Broncosもロンドン試合をリーグに求めているため今季組まれる可能性がある。今季BroncosはJacksonvilleの主催ゲームでの対戦がある。イギリス御用達チームJacksonvilleがロンドンホーム扱い、Broncosヴィジター扱いでの試合が組まれるのではと予想される。

元Broncosで50回スーパーボウル制覇チームのメンバーだったTJ Wardが引退を発表した。現在34才で最後にリーグでプレイをしたのは2017年シーズンのTampa。以降3シーズンは契約先を探しながらトレーニングを続けていた。NFL実働8年間。5-10に200パウンドという小型サイズには見えないハードヒットセーフティー。2010年にCleveland Brownsにドラフト2順でNFL入り。Broncosに2014年に4年22ミリオンでFA加入。同年BroncosはDeMacus Ware、Aqib Talib、Emmanuel Sandersも加入させ翌年シーズンのスーパーボウル制覇となった。Talib、Chris Harris Jr、Darian StewartとWardの4人はNo Fly Zoneのニックネームで相手パッシングアタックを制圧。Malik Jackson、Ware、Von Miller、Derek Wolfeがフロントを制圧。ランストップではDanny TrevathanとBrandon Marshallが活躍。15年のBroncosの守備はオレンジクラッシュ時代の再来と呼ばれるほど強力だった。
Wardは2017年シーズン前にBroncosをカット。解雇後すぐにTampaと契約。1年契約を終えた後は契約チームはなし。昨年10月、Arizonaと契約に至るも試合出場なしで同月20日にカットされていた。


スポンサード・リンク

  1. 2021/04/22(木) 22:02:23|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)