broncomaniacのブログ版

21.05.04 ロースタームーブいろいろ

BroncosはQB Jeff Driskelをカット。RB Jeremy Coxにカットすることを伝え、今後カットされる。またTE Eric Saubertと契約。
Driskelは昨年Broncosに加入。Drew Lockが開幕2試合目で怪我をしたことでW3のTampa選に先発。しかしその後新人のBrett Rypienに出番を奪われた。
昨年のBroncosはLock、Rypien、Driskel、コロナルールによりPS枠にBlake Bortlesを置いたQB4人体勢だった。
現在のBroncosはDriskelカットでLock、Teddy Bridgewater、Rypienの3人のQBがロースターに。Driskelの今季サラリーは2.5ミリオンだった。
今後はBridgewaterとLockが先発争い、負けたほうが控え。コロナワクチンで楽観的ムードの今季シーズンだが、昨年同様PS枠にQBをもう1人置くこともあるかもしれない。
リリースすることを本人にすでに伝達済みと伝えられているRB Cox。昨年はPhillip Lindsayが怪我の間に主に試合出場。7試合に出場。FBとしてブロッカー役でもプレイした。Broncosはドラフト外新人FAでFB Adam Prenticeと契約している。ShumurオフェンスはTE多用、FBはあまり使っていなかったがブロッカーとしてはCoxよりPrenticeを評価しているということなのか。
新契約のTE Saubertは2017年のAtlanta Falconsのドラフト5順指名選手。渡り鳥選手でNE Patriots、Oakland(当時)Raiders、Chicago Bears、Jax Jaguarsに在籍。キャリアでは10キャッチ85ヤードレシーブ。主にブロッキングタイトエンド。昨年はJaxで8試合出場3キャッチ16ヤードのレシーブ。BroncosはこのオフにブロッキングTEのNick Vannettをカットしている。
Broncosの現在のTEロースターはNoah Fant、Albert O、Troy Fumagalli、Austin Fortがいる。Albert OはACL明けシーズン、Fumagalliは怪我が多く、またFortも昨年怪我。層は厚くない。

NFLライターMichael SilverによるとBroncosはMiami大のエッジラッシャーJaelan Phillipsを指名するため、1順20番代にトレードバックする試みをしていたという。
9番目でCB Surtainを指名したBroncos。全体15番目あたりまでPhillipsが指名されなかったことで20番中頃~30番代の指名を持つ球団と交渉開始、再び1順指名権を持つ球団に戻るためのトレードバック交渉を開始。うち一つの球団はAaron Rodgers騒動の渦中にある29番目の指名権を持つGreen Bayだったという。しかし全体18番目で地元Miami DolphinsがPhillipsを指名。BroncosのPaton GMはそれによりドラフト1順の仕事は終わり。翌日の2順3順のドラフト戦略へシフトしたという。Phillipsは脳震盪が多くの球団に嫌われ評価を落としていたが実力ではトップ10以内の選手と評価されていた。

GM職を辞し、今回のドラフトのウォールームではPaton GMを見ていたJohn Elway。Broncosが持っていた1順全体9番目を求めて、三つの球団がトレードアップのための連絡をBroncosに入れてきた。
Elwayは
「あの部屋では緊張したよ。でも自分で引き金を引かなくて良いということには少し嬉しい経験だった」とメディアの取材に答えていた。


ドラフト1順指名のCB Patrick Surtain。身長はCBとしては高い6-2。体重は208パウンドと痩せて見えるが、体はがっちりとしている。腕は長く40ヤードを4.47秒をプロデイで記録している。
BroncosはオフにCB Kyle Fuller、Ronald Darbyと契約。さらにBryce CallahanもおりSurtainのドラフト指名がなくとも質の高い3人のCBをすでに持っている。
体のサイズからアウトサイドコーナーとみられることが多いSurtainだが
「インサイドもプレイ出来る。2年生の時にはインサイドのニッケルコーナーでプレイをしていたんだ。自分は多くの場所を守れる選手。チームが求めている場所に僕はフィットするはずだ」とSurtainは話している。
Paton GMは
「Vic(Fangio)はもうプランを持っている。トップ3人は80%はプレイするだろう。Vicも彼の出番のプランを持っている。彼がどれだけのスナップでプレイをするかはわからないが、それでも彼には重要な役割が与えられる」と話している。
元BroncosのNFL殿堂入りコーナーChamp BaileyはCB Surtainは将来殿堂入りするレベルの選手と話した。
「彼の大学時代の試合はいつも見ていた。彼は特別な能力を持っている。彼がドラフト9番目まで指名されなかったことに驚いたよ。なぜ彼を指名しないのか理解出来ない。歴史を見ても良いコーナーバック陣がいないチームは成功していない。とくにスーパーボウルチームでは。Broncosがスーパーボウルに勝った時も素晴らしいCBが揃っていた。たとえ攻撃があったとしてもね。素晴らしい選手を指名出来たて嬉しいよ」とBailey。
BaileyとSurtainは面識があり、ドラフト前にも話しをしていたという。BialeyはSurtainにBroncosの指名まで残ってくれていたならいいな、と話していたという。BaileyはSurtainに、NFLキャリアの中で、お金の使い方などNFL選手の生き方の助言もしているという。
Surtainは
「Champは偉大なる、しかもオールタイムの偉大なるコーナーだよ。僕は彼とドラフト前からずいぶん話しをしてきたんだ。素晴らしい人だよ」と話している。
Surtainの新人年はフルプレイとはなりそうもない。すでに先発トップクラスのセカンダリーを抱えるBroncos。
「彼に何が出来るか、チャンスを与えるところからかな。時間の問題だ。皆が彼の能力に気づき始めるのは」とBailey。

ドラフト外新人FA選手で大金を得たのはOLB Andre Mitzeで契約ボーナス1万5千ドル、サラリー保障7万ドル。OG Nolan Laufenbergが契約ボーナス1万ドル、サラリー保障2万5千ドル。ILB Curtis Robinsonが契約ボーナス1万ドル、サラリー保障4万ドル


スポンサード・リンク

  1. 2021/05/04(火) 22:28:50|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)