broncomaniacのブログ版

21.06.16 Manning オマハーオマハー

現地火曜から参加義務のあるミニキャンプ開始。
QB争いでは本日の練習序盤は苦しんだDrew Lockが徐々に調子を上げ、Teddy Bridgewaterを圧倒と現地メディア。
Channel7のTroy Renckは、練習が公開されメディア解放日で初めてLockが素晴らしい練習ぶりを見せたと伝えている。今回がメディア公開の練習は3日目。
終始安全な保守的なパスに終始したBridgewaterと違いLockはガンスリンガーぶりを見せつけ、パス成功率も80%超え。3つのTDパスをヒット。積極的なパスが多く、ファーストターゲットよりも次のターゲットが良いと判断すれば、迷わず投げ込んでいた。
一方Bridgewaterはパス成功率は65%程度。正しいチェックダウンパスを使い、ファーストリードのレシーバーに多くパスを投げていた。しかしレッドゾーンなどTDパスの場面では不調。パス投げだしや、自分でボールを持ちサイドラインに出るなど安全圏オフェンスだった。

参加義務のないオフの練習はすべて自主トレを行っていたRB Melvin Gordonがミニキャンプでようやく合流。昨年の今頃に比べかなりスリムな体型だったが体重は変わっていないとGordon、球団施設に入らないことで練習場探しに苦労したという。コロナのため多くの施設が閉鎖。いろいろ調整が必要だったそうだが、概ね順調な自主トレが行うことが出来たとGordon。
「球団施設にいなかったからって練習していなかったわけじゃないよ」とGordon。

Fangioヘッドによるとコーチ陣全員2度のコロナワクチン接種完了。
61人の選手が2回、もしくは最初のワクチンを接種すみ。来月の夏のトレーニングまでには70人以上の選手がワクチン接種完了の見込みという。NFLは選手のワクチン接種を奨励しているが強制はしていない。90人ロースターの現在、選手の接種率は5割程度の状況。Broncosは他球団に比べると選手の接種率は高い。

Fangioヘッドは怪我からのリハビリ、回復途中のBradley Chubb(足首)、Courtland Sutton (ACL)、Albert Okwuegbunam (ACL)、Essang Bassey (ACL)、Duke Dawson (ACL)らはキャンプをPhysically Unable to Perform listで迎えるとは思っていないと話した。

Peyton Manningの新作オマハ・スキット完成。
母校テネシー大学の野球部がユタ州オマハで行われる大学野球のワールドシリーズへ進出決定。お祝い用ビデオにManning出演。撮影はBroncos球団施設のロビーで撮影された。
https://twitter.com/Vol_Baseball/status/1404958386194718745?s=20

omahamanning2020

スポンサード・リンク

  1. 2021/06/16(水) 22:45:25|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)