broncomaniacのブログ版

21.06.29 Demaryius Thomas 引退発表

元Broncos WRのDemaryius Thomasが引退を発表した。
「辞める決断をした。僕はDenver Broncoとして引退する」とThomasはビデオメッセージを発表。情報筋によると、Broncosは9月26日のNY Jets戦をThomasのための試合とし、Thomasは名誉キャプテンをつとめるという。
20年シーズンはプレイ出来る球団がなく、今年も契約出来ずにここまで来ていた。
「引退は辛い選択だった。子供の頃からフットボールをしていたから。だけどNFLで10年出来たことは素晴らしいことだった。そして次の人生にもね」とThomas。
2010年のBroncosのドラフト1順指名選手。18年途中にHouston Texansにトレード。19年はNY Jets、20年はNEと契約もカットされ出場がなかった。
キャリア最初の2年は怪我が多く、新人時が10試合出場22キャッチ、286y。2年目が11試合出場32キャッチ、551y。
「入団してから脚を骨折し、次はアキレス腱。ちゃんとプロでやれるのか疑いもあったことは本当に僕を悩ませたよ。でも頭を上げて、皆に助けられ僕は目標を追い続けた。リーグ最高のレシーバーになること。スーパーボウルで勝つために」とThomas。
2年目の11年シーズン途中からHouston Texansにシーズン中にトレードされた2018年までプレイオフ含め132試合連続出場。Thomasは鉄人となりプレイを続けた。
Broncos在籍での記録はレシーブは9055ヤードで球団2位、TD60も2位。665キャッチは3位。レシーバーとしてはRod Smithに次ぐBroncos球団史上2番目の好成績選手。
Thomasはドラフト1順の時はサイズはあるものの経験からNFLでの活躍には時間がかかると評価されていた。大学はオプションチームで走れるルートは少なくプロスタイルのWRとして活躍するには相当の勉強が必要と見られていた。加えて新人時、2年目と開幕前に怪我をして大きく出遅れるシーズンが続いた。しかし11年シーズンはThomasにはチャンスとなった。Tim TebowオフェンスでNFLなのにオプションスタイルのオフェンスを展開することになったBroncos。Thomasのサイズに富んだブロッキングがRB Willis McGahe、そしてTebowの走路を作りBroncosは躍進。プレイオフのワイルドカード、vs Pittsで延長戦最初のプレイでTebowからの短いスラントパスをThomasは一気に80yの決勝TDランとし、このプレイはBroncos、NFLにおいても歴史的ハイライトになるプレイになった。延長戦最初のプレイでのTDのため延長僅か10秒での試合終了はNFLの延長最短試合。またこの試合までは延長はサドンデス。しかしこの試合から延長で最初のチームがFGの場合、後攻のチームももう一度攻撃が出来るルールに変更された最初の試合だった。Thomasのプレイは新ルールには関係ないものであったが、新ルールの初めてのプレイオフ延長戦。延長前に新しいルールのため、いつもとは違う雰囲気での延長突入。そして最初の攻撃プレイで終了。Thomasの80yTDで見せた強烈なスティフアーム、大型レシーバーとは思えないスピード。まさにThomasのNFLでの出世プレイになったシーンだった。
翌シーズンの12年はPeyton ManningがFA入団。以降Manningが引退するまでの4年間のThomasはNFLの最高クラスのWR記録を続け、平均101キャッチ、1447レシーブヤード、10TDと凄まじかった。
Thomasはプレイヤーとしてだけではなく人格者としても知られている。
元BroncosのT Ryan Harrisは
「彼は自分がプレイした選手として、最も自分を主張しないレシーバーだった。彼は常にハードワーカーで、自分がボールを持っていない時でも他人のために(ブロッキングをして)努力をしてくれた。彼が入団したころに毎年大けがをしていたのにもかかわらずこれだけの成績を残したことも言うまでも無いことだ」と話した。
Broncos CEOのJoe Ellisは
「我々はDemaryiusを”永遠のBronco”と呼べることに誇りを思う」と声明を出している。
なおThomasの次のキャリアはなにも決まっていないという。



スポンサード・リンク

  1. 2021/06/29(火) 03:15:09|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)