broncomaniacのブログ版

21.07.13 Alex Gibbs死去

ゾーンブロッキングスキームの開拓者、Alex Gibbsが死去。80才。脳卒中からの合併症。Gibbs無しにはBroncosの97-98のスーパーボウル2連覇もなく、またTerrell Davisの大ブレイクもなかったであろうといわれた重鎮。
Gibbsは60年代から大学レベルでコーチ歴を開始。NFL初コーチは1984~87年にDan Reeves時代にBroncosの攻撃ラインコーチで。その後LA Raiders、SD Chargers、Indy Colts、KC Chiefsと攻撃ラインコーチとして渡り歩いた。Gibbsの名が知れ渡ったのはMike Shanahanが95年にBroncosヘッドに就任、GibbsをOLコーチ兼アシスタントヘッド職で招聘してから。
Gibbsは軽量アスリートタイプのOLを好み、大学時代の評価が高くない選手でも見事に完璧なゾーンスキームハーモニーを生む攻撃ラインを増産。就任当時のビッグネーム攻撃ラインだったT Garry Zimmerman、G Mark Schlerethが引退したあともまったく攻撃ラインのパフォーマンスを落とすことなくTom Nalen、Matt Lapsis、Dan Nielら傑作ラインを生み続けた。そのラインの後ろをTerrell Davis、Olandis Gary、Mike Anderson、Reuben Droughns、Tatum Bellらが走りまくり、1995~2003年のスパンでは一試合平均約140yラッシュ、1回平均4.5yと同期間NFLトップのランを誇った。03年Broncos退団後はAtlanta Falcons、Houston Texans、開幕直前に突然やっぱり引退します騒動のSeattle Seahawksでコーチ歴。数年隠退生活の後の13年にBroncosに1年攻撃コンサルタントをつとめたあと、本当に引退した。
オールドスクールタイプの熱血タイプのコーチでかなりの癇癪持ち。13年シーズンのスーパーボウルでSeattleに惨敗した時には当時のAdam Gase攻撃Cにぶちぎれ。スタジアム上段のブースからサイドラインのGaseに、アホみたいにパスを投げずランを使えとぶちぎれていた。
Broncos広報のPatrick Smythによると、Gibbsは数ヶ月前に脳卒中で倒れるまではとても健康でアリゾナのフェニックスで山登りなど活動的に過ごしていたという。
学生、NFLで44年間という長いコーチ人生。ヘッドコーチをつとめたのはコーチ歴最初のMount Airy高校での3年間のみ。残りの41年間はすべてポジションコーチもしくはアシスタントヘッドコーチだった。

Denverのクアーズフィールドで行われた大リーグオールスターゲームの前日イベント・ホームランダービーにPeyton Manningが盛り上げ役でゲスト参加。
元Colorado RockiesのLarry Walkerのジャージを着てホームラン競争の際にはフィールドでフライキャッチに参加していた。
Manningは大学では野球はプレイしなかったが高校までは野球もプレイ。
「野球は大好きだよ。フットボールとは違うメンタリティもあるからね。試合数も多いし雰囲気も違う。いつも野球の試合を楽しんでいたよ。ショートを守っていたんだ。まぁプレイし続けるほど野球はうまくなかったんだ。でもプレイするのは大好きだったし、遠征のバスの旅も大好きだった。高校の時、フットボール部のレシーバー達もみんな野球をプレイしていたんだ。だからサマーリーグで野球の試合が終わるとそのままスパイクを脱がずに、今度はフットボールを投げていたんだ。いつもフットボールのボールをカバンに入れて移動してたんだよ」とManning。
なおManningが着ていたジャージのWalkerは20年にMLBの殿堂入り。Rockies球団初の殿堂入り選手。コロナで殿堂式典の予定はずれており、9月8日にNYでセレモニーが行われる。ManningがWalkerのジャージを着ていたのは殿堂入りを祝う目的と思われる。
ManningのRockies選手とのかかわりといえば、やはりTodd Heltonが思い浮かぶ。今回もHeltonのジャージでない、ということに驚きの声も。HeltonはTennessee大学のManningの1年先輩。QBとして同大に奨学金を受け入学も1年遅れて入ってきたManningにポジションを奪われにフットボール断念。Heltonは97年のRockiesにドラフト1順で指名された。生涯Rockiesで引退。生涯打率3割1分6厘。首位打者1回、打点王1回、オールスター選出5回。背番号17はRockiesの永久欠番になっている。
Helton はColorado州在住でManningとはしょっちゅう山に入り鹿狩りやら釣りやらを行っているお友達関係。この春Manningはラジオで好きな歌手はカントリーのErick Churchと答え、もともとHeltonに進められて聞くようになったと話していた。
なおホームランダービーには日本の大谷翔平も参加。おしくも一回戦で敗退。Denver地元メディアのMike Klis、元々野球大好きのTroy RenchもTwitterでは大谷に関するつぶやきばっかり。特にRenchは本人のルーツがアメフトより野球のほうなのでずっと前から大谷の話題ばっかりつぶやいている。

情報筋によるとBroncosの選手のおよそ95%がワクチン1回目or2回接種済みだという。NFL全体で選手が1回もしくは2回接種済み選手85%以上のチームは5球団。リーグ全選手で少なくとも1回ワクチン接種の割合は68%。これは米国民の少なくとも1回接種済みの人67.1%とほぼ同じ割合。


スポンサード・リンク

  1. 2021/07/13(火) 22:02:03|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)