broncomaniacのブログ版

2016.3.11 QB探しとCJ流出か

BroncosはBrock Oswilerの流出により、新先発QB獲得を目指しSFとColin Kapernickのトレード交渉を行っている。進度は不明。NFL NetworkのMichale Silvierは一時ほぼトレード成立、球団間の見返りにつめ、BroncosとKaepernickとの見直し契約交渉にまで話は進んでいるなど、トレード成立寸前と報道をしていたが、後にトーンダウン。”まだ決まったわけではない。Cleveland Brownsもまだ交渉の輪に入って居る”と伝えた。Kaepernick獲得にBroncos、Browns、Jetsの3球団が動いていると伝えられている。Denver Postの報道はかなり控えめで、Broncosは早急に動いて折らず、オプションはオープン、じっくりQB探しをする方向であると伝えている。
NYJetsのFA Ryan Fitzpatrickにも連絡を入れているという。JetsはFitzpatrickとの契約を最優先、Kaepernickは保険とみられている。

CJ AndersonがAdam GaseがヘッドのMiami訪問。オファーシートにサインした。
4年18ミリオン。契約ボーナスが5.25ミリオンで16年に6ミリオン受け取る契約。
元々Chicagoへ向かう予定だったがMiamiも割って入ったため飛行場で待機。午前11時から午後3時まで故郷の空港SFでぷらぷらし、代理人からMiamiが良い条件としMiamiへ飛べとの連絡が来た。Miamiへ向かった時点でほぼMiamiの契約オファーにサインと伝えられていた。
Andersonは喜び一杯で
「嬉しい。MiamiでやるにしてもDenverに戻ることになってもフットボールを続けられる機会に喜んでいるよ」と話している。制限ありFAのAndersonにBronocsは約1.6ミリオンのローテンダー。獲得球団には所属先球団へのトレード権譲歩がないだけにAndersonが他球団からオファーが出ることは濃厚とみられていた。Broncosは5日の間にAndersonへMiamiとマッチした契約を出せばAndersonの流出を防ぐことが出来る。多くの報道は流出となる見込みと伝えている。
Broncosはわずか90万ドル上乗せした約2.5ミリオンの2ndラウンドテンダーを出さなかったことでAndersonを失うことは予想されていた。
AndersonのMiami行きにChris HarrisはTwitterで
”Gaseヘッドに、CJおまえ太ってるなって言われそうだな”とつぶやいたところ、
Andersonは
”もう言われたよ!”とつぶやきかえしていた。Gaseヘッドが昨年Chicagoの攻撃C時代に、Broncos攻撃C当時の思い出話しの際に、CJは太り体質が問題で・・・との発言をしていたことからのつぶやきだった。15年シーズンもGaseとAndersonは近い関係を保っていたと伝えられている。
さてBroncosが5日の間にMiamiの契約にマッチするのかどうか。そもそもなぜ、Broncosは90万ドルをけちり2ndラウンドテンダーを出さなかったのか。
愚かな判断ミスか、それともAndersonを評価していなかったのか。評価していないとすると、Andersonの年を通して調えられないコンディションが問題だったことが考えられる。14年シーズンは体重過多で苦戦。15年シーズンはダイエットしてキャンプに臨むも、怪我がちで、Ronnie Hillmanとスナップを分け合っていた。両シーズンともシーズン後半の大事な所で大活躍だったが、BroncosはAndersonが年を通じて良い状態でいられないことで、控えクラスの評価しかしていなかったのかもしれない。とはいえわずか90万ドルのけちりで流出となれば新しいRBを探さないといけない。Hillmanも抜けているため2人のRBが必要となる。
ただしこちらがBroncosの本線だったかもしれない。BroncosはWashingtonのFA Alfred Morrisと交渉を始めている。Mike Shanahanがヘッドだった時代のWashingtonの2012年のドラフト6順指名選手。ゾーンブロッキングシステムで初年度から先発で活躍。3年間1000yラッシュ。15年は不調も751yを走っている。明らかにAndersonの格上でまだ27才。年間を通してWilliamsを先発と考え獲得を考えてのAnderson低評価だったのかもしれない。他James Starksも候補になると見られる。
今後は5日以内でAndersonへマッチする時間が与えられる、代わりの選手一人と契約を決められれば当然Andersonは流出となる。またMiamiはBroncosから回答を待たないといけない。Lamar Miller,が抜けて先発RBが必要なMiamiはその間、RB獲得競争に強く参加することは出来ず、AndersonがもしBroncosに戻ることになると、厳しい状況になることも。
BroncosがRB補強をドラフトするとなるとAlabama大のDerrick HenryがBroncosの全体31番目まで残る可能性がると予想されている。ただしBroncosはRBではHillman、Bontae Ballとドラフト2順指名を外している。

Jacksonvilleと6年90ミリオンの大型契約をしたMalik JacksonはBroncosのオフの戦略は失敗と批判している。
「Broncosは下手をうった思う。僕とだってDanny(Trevathan)やBrocksらと契約をたいした額でなしにまとめることが出来たはずだ。皆分かれることになった。彼らが何をやっているのか僕にはわからないよ。」とNFL.networkのインタビューで発言。ほか
「Mr Elwayのオフィスを覗いてみたいよ。一体何をやっているのかをね。まぁきっと素晴らしいプランを持っているんだろう」等々。

Houstonへ移籍したOsweiler。コーチやチームメイトの電話に出なかったことを
「あれは代理人の指示に従っただけだよ」と話した。
Peyton Manningに関しては
「僕は彼をずっと見ていた。彼は僕にどのようにプロとなるかを教えてくれた。」と話し、目標を
「僕よりワークする選手はいない。僕より準備する選手はいない。それは約束するよ」とManningの引退会見の言葉を引用し、早速Manningを見ていたことを証明した。後はフィールドでだ。なおJaxに移籍したMalik JacksonとはOsweilerと同カンファレンス同地区。年2試合対戦する。Jacksonは
「練習では彼をヒット禁止だったけど、次は違うよ。もちろん敵ではなくあくまでも試合の相手としてだよ」とかつての友人、チームメイトとの対決を楽しみにしていた。

KCから獲得したT Donald Stephensonが会見。3年14ミリオン。両タックル、Gもまもれるマルチタレント。Broncosは先発RT候補として期待している。StephensonはFA事前交渉期間に13ー15チームと話をしたという。Broncosを選んだのはゾーンブロッキングシステムだということ、西地区から離れたくないということだった。Stephensonは大学はOklahomaだがKC生まれのKC育ち。西地区の止まれば年に1度は必ず無料で里帰り出来る。
「僕は長いことこの地で生きてきたけど、次ぎにいくタイミングなんだと思う。故郷を離れるのは辛いよ。KCの全てが大好きだしね、でも今はDenver Broncosだよ」とStephenson。Broncosの選手にも顔なじみはおらず、Okalahoma大で一緒だったLB Corey Nelson程度だという。
攻撃ラインでありながら40yダッシュは5秒以下。クイックであり機動力がある。ここ数年毎年シーズン前は先発も14年シーズンは薬物違反、15年シーズンが怪我で先発の座をキープ出来ずだった。

TE Vernon DavisはWashington訪問。G Louis VasquezはTennessee訪問。

スポンサード・リンク

  1. 2016/03/11(金) 22:15:15|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)