broncomaniacのブログ版

2015.9.28 守備が試合を作り攻撃最後に仕事する

1234
Denver01401024
Detroit066012

@Deetroit戦。

Broncosで試合登録を外れたのは

Kenny Anunike

James Casey

Shelley Smith

Kayvon Webster

Omar Bolden

Trevor Siemian

Michael Schofield

Caseyが外れている。今日の試合はBroncosはショットガンをメインにするかもしれないと伝えられている。FBCaseyが外れると言うことは、ショットガンがメインフォーメーションになるということか。レシータ-タイプのTE Mitchell Henryが試合登録されている。守備では新人のCB Doss、怪我から復帰のLB McCrayが入った。

またManningは練習でグローブを付けていない。ドームなのでかな。

 サンデーナイト。中継はNBC、解説は元CincyWR Cris Collinsworth

 前半

第一Q

McManusのキックオフ。タッチバック。

 Detroit攻撃1
自陣20yから。ラン、TJ Wardのロスタックルでスタート。Millerいきなりオフサイド。Wareサック、ノーブロックでTEがホットルート走るもまったく時間なし。3凡。パント。

 Sandersが少しリターン。

 Broncos攻撃1
自陣34yから。ピストル体型でスタート。D Thomasのの短いパスでスタート。次のThomasは落球、ノーハドルのBroncosNorwoodのスクリーンはボール一個ファーストダウンに足りず。パント。どうやら伝えられていた通りランが出るまでショットガンを中心にいくようだ。この攻撃全部ショットガン&ハリーアップでのプレイだった。

 Detroit攻撃2
自陣10yから。Calvin Johnsonの短いパス、RB AbdulahのランでDetこの試合初ファーストダウン。こっちもショットガン。Malic Jacksonがカバレッジサック。3rdダウン18はスクリーン、17yゲインもこちらも少し足りずパント。最初のドライブはQB Staffordはアンダーセンターだったがラッシュが厳しいからかこのドライブは全部ショットガンからだった。

 Broncos攻撃3
自陣522yから。Owen Danielsのスクリーンが読まれてロス、CJ Andersonのランはちびっと、Manningラッシュを避け前にステップアップしながらSabdersへファーストダウン。Hillmanへピッチて外を回って9yほど走りさらにHillmanが外に出た後突き飛ばされて15yもらう。このドライブはショットガンだけどハドル組んだり組まなかったり。3rdダウン4のプレイは2人のレシーバーがブロッキング、独りがそこにレシーブで入る予定も、そタイミングが合わず失敗。敵陣入るもパント。なおこのドライブ4WRセットがあったがCody Latimerのみ出番無し。

 Detroit攻撃3
Colquitte本日は調子いい。Det11yでダウン。ボールのバウンドが戻りすぎたが十分素晴らしいパント。3rdダウンロングはHarrisカバーのWR Tateのパスは失敗、しかしパスインターフェアでファーストダウンで大きく前進自陣35yへ。3rdダウン5Robbyがインターセプト、先週のKC戦は運だったけど、今日は実力でインターセプト。凄いインターセプト、リードもキャッチも素晴らしかった。

 Broncos攻撃3
Det36y。Sandersのアクロスでファーストダウン。CJ Andersonパスとって9y、次のプレイでランしてファーストダウン。しかしその後のランでAndersonダウン、おそらく脳震盪。自分の足で歩いてロッカーに下がっていく。脳震盪テストを受ける模様。

 
第二Q

Broncos攻撃中
DT Nghtaがパスディフレクト、浮いたボールをインターセプトされてしまう・・・。

 Det攻撃4
自陣9yから。ファーストダウンを1度取るも、RB AbdullahS Stewrtをヒット、ファンブルしてStewartリカバー。しかしリプレイでは微妙。Abdullahがダウンしてからファンブルしている。レビューで判定がひっくり返る。自陣38yまで戻すもパント。 

Broncos攻撃4
タッチバックで自陣20yから。Hillmanロス、本日もラン出ずのBroncos
3rdダウン7D Thomasでファーストダウン。Manningがプレイアクション&ロールアウトパスで4yほどゲイン。Manningが今季初めてロールアウトパスを決める。4yだけど。CJ Andersonは去年のプレシーズンで脳震盪を起こしておりそれ以来の脳震盪のようだ。
なんとWR Bennie Fowlerがパスキャッチ&ファーストダウン。ついにLatimerのみがWR今季未キャッチとなった。RB Josh Thompsonがドローで6yゲイン。3rdダウン4Fowlerがファーストダウンキャッチ。Virgil GreenLBCBのタックルを外し26yゲイン。まずい、RB Thompsonもヘルメットをヘルメットでヒットされ下がる。すでにAndersonは脳震盪で本日はもうアウト。Thompsonも脳震盪だとHillmanしかいない。そのHillman1TDラン。そのHillmanがサイドラインに戻る際に元気なCJ Andersonのセレブレーションしてる。脳震盪テストはパスしたため戻れるそうだ。

70Broncos先制。このドライブ、二つのファーストダウンレシーブ(といっても一個はバブルスクリン)を見せたFowlerが主役となった。

 

Det攻撃5
自陣20yから。Talibインターセプトかと思ったらCalvin Johnsonに奪い取られる。25yゲイン。さらにTalibJohnsonにやられついでにMillerがラフィングパサーで一気にBroncos30yへ。Det凄いな、MillerWareの二人に4人のブロッカーを使っている。またTalibカバーのJohnsonでファーストダウンでレッドゾーンへ。前半残り2分となる。さらにRB Riddickの素晴らしいパス&レシーブでファーストダウンゴール。C JohonsonへのTD狙いはTalibのインターフェアでファストダウンゴール1y。Bellが飛び込んでTDMatt Praterのエクストラポイントはブロック、新ルールでは守備チームが得点出来る。Chris Harrisがリカバーして走る、しかしエンドゾーンには持ち込めず。76Det追い上げ。Calvin Johnsonオンステージなドライブだった。ブロックしたのはTalibだったそうだ。

 

Broncos攻撃5RB Thompsonは脳震盪ではなく首だそうだ。D Thompsonまた落球。Fowlerが体をつかまれながら引きずりながらファーストダウンとる。CJ Anderson試合に出ている。さらにD Thomasでファーストダウン。しかし3rdダウンショートでSandersがファーストダウンパスを胸に当て落球。敵陣入ったところで4thダウン1、前半残り13秒。マンツーマンのD Thomasへぶん投げるManning。なんとThomasがジャンプ1番ボールをキャッチ、取った後は余裕でゆっくりエンドゾーンへ。45yTDとなる。ただしThomasがトーンティングの反則でなんとエクストラポイントが48yになる、えぇええ。と思ったら審判がルール確認して、15yの反則はキックオフで適用になる。審判もルール完全に把握していなかった模様。146となる。

 前半終了

ランが出ないからショットガンの
Manningオフェンスでがんがん行くBroncosManning24回なげて17回成功で195y、1td1int。攻撃ラインのパスプロが当てにならないので短い早いタイミングのパスが多い。サックはなし。ただインターセプトされたのは中央をNgataに割られたものだった。D ThomasSandersと落球があり、また早いタイミングのパスでレシーバーとタイミングが合わないプレイが多かった。ただそれはManningがラッシュのためタイミングより早くなげざるをえないからでしょうがない。

ランは今日も駄目。AndersonThompsonHillman3人で11キャリー18y。CJ Andersonは脳震盪テストで問題なく試合に戻っている。Thompsonは脳震盪ではなく首。リターンはクエスチョナブル。今日はショットガンメインのためWRの数が過去2試合より多いため、Fowlerに多く出番が。3キャッチ37y、全部ファーストダウンと活躍。

守備はガンガンStaffordにプレッシャーを掛けている。序盤の外からMillerWareががんがんStaffordに襲いかかったため2人にはしばし2人ともダブルカバーして止めにかかっているDet。ゆえ真ん中からSylverster Williamsが割って入るなどしている。正直DetCalvin Johnsonにぶん投げてなんとかキャッチしてくれ、のみのオフェンス。しかしBroncosはそんなんかまわないとカバーにはTalibのみをつけている。

Matt Praterのエクストラポイントブロック&Harrisがリターンを試みるなど見所も満載。ThomasTDプレイの際のトーンティングで48yのエクストラポイントをMcManusがセットするも、審判が集まりだして、間違えました、キックオフ時に反則適用です、と大移動開始なども面白いシーンだった。

Thompsonは首でクエスチョナブルとなっていたが本日アウトとなったとリポート。

 

後半

第三Q
Broncos攻撃1
自陣20yから。HillmanRBで開始。3rdダウンショートでD Thomasへの短いパス、タックル後もファーストダウンとろうと手を伸ばす。ファンブルしリターンTDになるも判定はダウン。しかしリプレイを見るとThomasは倒れている途中でファンブルで手の平しか地面についていない。こりゃファンブルに判定リバースされそう。DetCaldwellヘッドチャレンジ。判定はファンブル。ただし審判が笛を鳴らしてしまっていたためファンブル&リカバーDetでプレイ終了。リターンTDはなしとなる。

 

Det攻撃1
Broncos29yから。Sylvester WilliamsがスライディングするStaffordにヒットしアンネセで15y献上する。TalibカバーのJohnsonでファーストダウン。エンドゾーンまであと少し。ラッシュが入る前にStaffordRB Abdullahへパスヒット、TDとなる。Trevathanがカバーしていた。2ポイントトライへ。BellのランはTJ Wardがロスタックル。失敗。1412Det追い上げ。

 

Broncos攻撃2
自陣20yから。CJ AndersonRBに入る。D Thomasまた落球してる。ファンブル&落球のThomasを慰めるためか自信付けさせるためかThomasのクイックスクリーンでファーストダウン、敵陣入る。しかし新人Sambrailoホールディングで自陣戻る。反則ひびきフィールド中央手前でパント。

 

Det攻撃2
自陣14yから。Golden Tateのクイックスクリーンをさっさっと交わして一気に自陣48yまで戻す。しかし攻撃サイドの反則でBroncos陣超えられずパント。Staffordはディフレクトされて戻ってきたボールをレシーブ、レシーブ記録がついた。

 

Broncos攻撃3
自陣8yから。20yまでボール戻したとこで、CJ Andersonがパスブロック失敗、Manning本日初サック受ける。Sandersへの19yパス成功、しかし球が倒れている時揺れているとチャレンジのDet Caldwellヘッド。判定リバースでパス失敗。3rdダウン21はコンバート出来ずパント。

 

Det攻撃4
自陣22yから。

第四Q
Det攻撃中。JohonsonでまたファーストダウンとられるもTalibやり返して次の3rdダウンではJohnsonへのパスをカット、パント。Talibは最後のカットまではJohnsonとのマッチアップで8回で7パス成功とやられまくりだった。ここ暫くWareMillerのラッシュがまったく届かない。

 Broncos攻撃5
自陣24yから。Sambrailoが腕を痛めているようで、プレイしていない時は腕を曲げないで伸ばしたまま。本日はタックルは控えのSchofieldが登録から外れている。センターParadisオフサイドで下がる。Hillmanのスイングパスでファーストダウンに1y足りずパント。

 TJ Jonesが良いリターン、フィールド半分まで戻す。

Det攻撃5
自陣45yから。Shaqアタック炸裂、BarrettStaffordをサック&ファンブル、リカバーBroncos。しかしリプレイではStaffordの手は前に出ている。またリプレイでひっくり返るのか・・・。ただ前に出ているけどなげているモーションというよりはBarrettに押し出されているような。Broncosボール。前に出ているのはなげるモーションではなくボールをヒットから護るためボールを抱えようとして前にでた動きと判定。

Broncos攻撃6
1度ファーストダウンも次の3rdダウンでThomas取れない。McManus53FGトライ。失敗。しかしDet側にイリーガルフォーメーション。48FGトライへ。成功。1712Broncos5点リードとなる。

 

Det攻撃6
自陣20yから。まずBellのランでファーストダウン。TE Ebronへ久しぶりに素晴らしいパス、David Brutonの頭を越えてBroncos46yに入るパス。そのBrutonがインターセプト!。

 

Broncos攻撃7
フィールド中央から。残り335秒くらい。マンツーマンのSandersへハイボール、コーナーとSanders2人がジャンプ、後ろからSandersがボールをキャッチ。敵陣15yへ入る。Owen DanielsTDパスヒット。Thomasばかり落球と書いていたけど、Danielsもわりと本日落球していた。Danielsなんとかやり返した。2412とだめ押しTDBroncos

 Det攻撃7
自陣20yから。タイムアウトは使い尽くした、残り230秒くらい。プリベントのBroncos守備。ぱんぱん進むDet、どんどん減る時間。レッドゾーン入るもそこまで。4thダウンギャンブルとなり失敗。

 Broncos攻撃8
Manning膝ついて時間流しておしまい。

 解説のCollinsworthCalvin JohnsonをカバーしたTalibを賞賛したいとコメント。なげられたパスはほとんどとられたが、ほとんどが短いパス。ダウンフィールドのものでなくファーストダウンをとるだけのパスで、取られた後も確実にタックルでJohnsonにゲインさせなかった。Johnson8回レシーブしたが距離は77y。レシーバーに落球が多いのでランプレイがまったく出なかった。一方Manningオフェンスの中のManningは不思議と足も軽やかに見えた。何度かプレッシャーも動いてパスをなげるなど、開幕2戦と比べると動きは30%くらいスピーディーな感じ。プレイセレクションはパス42回、ラン18回だった。WR Lowlerの活躍、Barrettのファンブルフォース、Brutonのインターセプトと脇役組の大活躍だった。



スポンサード・リンク

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/09/28(月) 12:59:11|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)