broncomaniacのブログ版

21.09.14 Jeudy 4~6Wアウト見込み

NY戦で足首を痛めカートで搬送退場となったWR Jerry Jeudy。怪我の直後はシーズンエンドではと不安もあったが試合中に行われたX線で骨に異常なし。ハイアンクルスプレイン、重度の捻挫の診断。翌月曜日にMRI検査を受け、ここでもハイアンクルスプレインと初期診断と同じ診断。情報筋によると4~6週のアウトですみ、当初から考えるとかなり良い部類の怪我で済んだ。
先発ガードGraham Glasgowが心拍異常で試合後救急車で病院に。検査で問題はなく翌日朝に退院。医師が念のため最低24時間は飛行機に乗らないように、ということで現在チームが滞在していたホテルに戻り休養中。火曜日にDenverに戻る予定。NY戦では66スナップ中63スナップでプレイしていた。

NY Giants戦でAlbert OがNY陣5yでファンブルロスト。この判定は非常に微妙なもの。ファンブル後NYのS Logan Ryanがリカバー。リプレイではRyanの脚が確保前に外に出ているようにも見えた。フィールの判定はRyanのリカバーでその後オフィシャルリプレイ。今のNFLのオフィシャルレビューの判定はNY本部にいるリプレイオフィシャルが判定を下し、現場の審判は意見を言うだけの立場になっている。
Fangioヘッドは試合翌日の会見で
「審判は最初に君たちのボールになるよ、と言っていたんだ。リプレイではボールの置き場を確認しているということだった。ところがまたうちのところにきて“申し訳ないがNYのヘッドがスタンドって言うんだ”、って審判が言ってきたんだ」と内幕を。
フィールドでもFangioヘッドの言葉を裏付けるように、1度ファンブルロストということでサイドラインに下がっていらBroncos攻撃陣がリプレイ中にまたフィールドの戻ってきていた。その後攻撃陣は下がり守備陣が入ってきてその後にフィールドで審判がリプレイビデオ判定の結果をアナウンスしていた。

NY戦で攻撃陣がボールを持つ度にロングドライブをするので守備陣は休養たっぷりで守備につくことだ出来た。
Jose Jewellは試合後
「今日はあまり守備スナップが多くなかったしね。ガソリンもまだまだあまりまくってる感じだよ」と話していた。

NY戦の出場スナップ
新人CB Pat Surtain。NFL公式戦デビューもわずか16守備スナップの出場で終わった。CB Kyle Fullerがロングゲインを取られた次のドライブでアウトサイドコーナーで登場のSurtain。目立つ活躍はなく、カバー出来ず、タックルもミスして37yTDのレシーブをされ、その後サイドラインに下げられ出番はなかった。のかCB陣のスナップ数はDarby61、Fuller55、Callahan51スナップだった。
エッジはBradley Chubbの代わりに先発したMalik Reedが45、Millerが44、新人の2人、Cooperが17、Mintzeが16だった。
WRではJeudyが31スナップで怪我で退いてしまった。Suttonが53、Patrickが46、Hamlerが24。TEはFant51、Albert Oが37、Saubertが22。RBはGordon33、Williams33とまったく同じ数字だった。

次戦Jacksonvilleの遠征試合。Broncosは金曜日に現地に移動。東海岸遠征の試合は午後の第一時間帯での試合が多い。NY戦は911の20年試合ということで視聴率の見込みめる午後の第二時間帯(東部時間午後4時台)にスロットされていたが次のJacksonville戦は第一時間帯。東部時間午後1時試合開始でDenverの山岳時間帯では午前11時開始となる。ゆえ体を慣らすため一日早く現地入り。


スポンサード・リンク

  1. 2021/09/14(火) 22:28:45|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1996)