broncomaniacのブログ版

次戦LA Chargers、コロナで大変らしい

DeShawn Williamsが肘を痛めシーズンエンド。4Q終盤にランプレイの際に痛めていた。同じく守備ラインのMike Purcellはコロナリスト入り、他OLB Andre Mintzeもコロナリスト入り。LV戦を脳震盪で欠場したQB Teddy Bridgewater。現地月曜のFangioヘッドの会見によるとBridgewaterはまだ脳震盪プロトコル下にあり
「現状では我々も何も新情報はなく彼が今週末にプレイ出来るのかはわからない。彼がメディカルでクリアされない限り我々も彼がプレイ出来ないことを想定して準備する。我々は彼の最善となるようにするだけだ」と話している。
今週末対戦するLA Chargersは現地月曜、元BroncosのChris Harris Jr他併せて7人もの選手をコロナリスト登録。現在18人のロースター選手がコロナリスト、4人のプラクティススクワッド選手がコロナリスト入りとなっている。うちWR Mike Williams、Harris、S Nasir AdderleyはBroncos戦アウト。ワクチン接種済みの選手は2回のテスト陰性でリストから外れることが出来る。この段階でアウトということは三人はワクチン未接種最低10日アウトのルール適用とみられる。LAは現在8-7とプレイオフ争いの中にいる。とはいえ先週はHustonにまさかのアップセット敗戦。厳しい終盤を迎えている。

今季プレイオフ絶望的。Fangioヘッド3年目のシーズンも負け越しに終わった。
Fangioヘッドは自身の解雇の可能性について
「状況はわかっている。しかし心配などしていられないたくさんの理由がある」と話している。Fangioヘッドは来年の指揮の意欲に関し
「当然ある。簡単な答えだ。それだけだ」とFangioヘッド。
Fangioヘッドが来期も指揮をとるのか、新体制になるのか。答えはシーズン終了後となる予想。今年は新ヘッド候補のインタビューが現地火曜から出来る。条件はその時点でヘッド不在の場合。つまり月曜にチームの会見にFangioヘッドが出てきたということはBroncosはシーズン終了後まで新ヘッド候補のインタビューはなし。Fangioヘッドは今季最後まで指揮をとるということになる。Fangioヘッドが来季も指揮をとるのか、チームを去ることになるのか。Fangioヘッドのチーム離脱は守備に関すれば大打撃になる。怪我人だらけの守備でも今季平均失点が17.3。これはNEとならびリーグ最少。許したヤードは1試合平均で約320y。リーグ6位という少なさ。ヘッドを退いて守備Cで残ってもらう・・・という高校フットボール界ではしばしあることなれど、NFLでは非常に希なケースになる。現地メディアのMike Klisは情報筋からの話として、Ellis CEO、Paton GMはまだ判断を下していない、と伝えている。Klisはオーナーシップ問題も来季コーチングスタッフに影響を与えるとしている。故Pat Bowllenオーナーの信託委員が現在Broncos球団を運営。現在新しい身売り先が合意に近いと伝えられ、3月のNFLオーナー会議での認証で新体制になるのでは、と推測されている。
今オフ現コーチングスタッフを解雇。新スタッフと長期契約をして新オーナーに球団を渡すとして、もし新オーナーの意見とはまったく合わないコーチ陣だったとしたら。それよりもFangio体制のまま22年は新オーナーとFangio体制で、23年から新オーナーの意見が入った新コーチ陣体制のほうがビジネス的な効率が良い、ということもあるのではとKlisは考えている。
また同じく現地メディアのTroy Renckは、Klis同様オーナー問題が関わってくるとし、またPaton GMはコーチング人事に関しても大きな発言力を持っていると伝えている。
Fangioヘッドと守備コーチ陣は残っても文句はあっても歓迎の声は少なくない。一方攻撃サイドは・・・。Fangioヘッドは月曜の会見で、Shumur攻撃CはNFLで長らく成功をしてきた、残り2試合に期待、と話している。
しかしShumurの攻撃C、ヘッド時代の攻撃ラインキングは地元メディアのAndrew Masonによると
09: 29 QBはMarc Bulger
10: 26 Sam Bradford
11: 29 Colt McCoy
12: 25 Brandon Weeden
13: 2 Nick Foles
14: 5 Foles/Mark Sanchez
15: 12 Bradford
16: 28 Bradford
17: 11 Case Keenum
18: 17 Eli Manning
19: 23 Daniel Jones
20: 23 Drew Lock
21: 19 Teddy Bridgewater
13年と14年は成功、に見えるもこの2年はPhillyでChip Kellyがヘッドだった時代。プレイコーラーはKellyヘッドだった。ただしShumur、QBに恵まれていないという意見も。

ProFootballFocusがLV戦でのBroncos選手のトップグレードを発表。まさかの・・・
1. Drew Lock - 88.5
2. Jonas Griffith - 81.1
3. Shelby Harris - 74.1
4. Javonte Williams - 71.0
5. Garrett Boles - 70.9

スポンサード・リンク

  1. 2021/12/28(火) 21:51:08|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)