broncomaniacのブログ版

2022年、新Broncosへ

新ヘッド候補へのジョブインタ要請、各球団へのリクエスト要請は現地月曜からになるだろうとPaton GM。

会見では攻撃サイド、守備サイドどちらのサイドになるかはオープンな状態でヘッド捜しとPaton GM。

アシスタントコーチはまだ誰も解雇されていない。この後二日、三日の間にPaton GMと話をするという。

守備CのEd Donatellが地元メディアに
「Vicとは11年一緒に仕事をしとても尊敬している」としながらも
「自分はここに残りBroncosの使命を成し遂げない」と残留する意思が。
Fangio離脱でもっとも不安なことが、せっかく作り上げた強固な守備がやり直しになるのか、ということ。2011年からSF、Chicago、DenverとFangioヘッドとともに動いていたDonatell。Fangio守備のシステムを継承するならDC残留は良いアイデアか。

Joe Ellis CEOが
「不満はオールタイムワーストレベルまでに上昇している」と会見で。
6年連続プレイオフなしは現在はNY JetsとBroncosのみの最長プレイオフ連続不出場記録。観客離れも深刻で最終戦は14600人ものノーショウ。
「全ての人間にとって不満レベルは最高にまで来ている。私の話ではない。ファンの話だ。勝つ方法を見つけられない。これを変えないといけない。我々はファンが鼓舞するための期待とエネルギーを与えないといけない。満員のスタジアムを皆が覚えている。我々はファンがスタジアムに戻り興奮する道を見つけないといけない」と話している。
Paton GMは
「もっとも大事な要因はリーダーシップ。この組織。コミュニティ、選手を率いるリーダーを探す。もちろん攻撃のアップサイドが必要で優先事項だ。しかしスペシャルチームのアップグレードも行わなくてはいけない」と話している。

Denver地元メディアのTroy Renchがオーナー問題解決後Joe Ellis CEOは退任。またJohn Elwayも契約を更新しておらず球団を去り、アドバイザー的な役割でのみで去ると伝えている。
Elwayは新オーナーグループの一部に加わりマイノリティオーナーになるのではと伝えられている。Peyton Manningも同様にマイノリティオーナーに興味と伝えられている。

Broncosの22年のドラフトは9番目と決定。

Broncosの22年シーズンの対戦相手はAFC西のChiefs、Chargers、Raidersとホームアンドウェイ、加えて
ホーム
Texans, Colts, Cardinals, 49ers, Jets
アウェイ
Jaguars, Titans, Rams, Seahawks, Panthers,Ravens


スポンサード・リンク

  1. 2022/01/10(月) 21:50:26|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)