broncomaniacのブログ版

Wilson入団会見

現地東部時間水曜午後4時、NFLは正式に2022年シーズンキックオフ。FA選手との契約も可能となった。そしてBroncosとSeattle Seahawksとの間のトレードも正式なものに。Russel WilsonがDenver Broncosのロースターに正式に登録された。新リーグイヤーとなった3分後、Broncos球団施設でWilsonの入団会見が開始された。WilsonはBroncosで引退し、その時期は10年~12年後、数回のスーパーボウル制覇を目指すと話した。当面の目標は新しいシステムを覚えることとWilson。
紹介会見後に地元メディアの取材に答えたWIlson。WilsonはBroncosレシーバー陣とオフシーズンワークアウト前にスローイングセッションを行う予定。Denverエリアではまだ雪が残っており、Wilsonの家のバックヤード、つまりぽかぽかのサンディエゴで行うことになるとWilson。
NFL入りして初めての移籍。新しい場所での対応。相談相手はPeyton Manningだった。
Manningに移籍の対応、Broncos球団、組織。Denverの学校のこと、生活のこと。フットボール以外のことも家族のために大事だったとWilson。地元メディアのMike Klisは取材でWilsonと握手。その際に手の大きさに驚いたという。Wilsonの手は10と1/4インチ。NFL QBの最大サイズの持ち主。Wilsonはその巨大サイズの手からBroncosのレシーバーに投げることを楽しみにしている。
Wilsonはなんと14もの球団からBroncosを選んだと伝えられている。
Wilsonは
「なぜって?なぜっていっても、逆にいうなら、なんで駄目なんだ?ここはは素晴らしいチームだ。このチームはチャンピオンシップに勝てる準備が出来ている。自分はその度の一部になりたいと思っている」と話している。2016年の9-7シーズン以来5年連続負け越しシーズンを送っているBroncos。WilsonはそれでもBroncosが勝てる球団だと思っている。

Broncosは32才のSFの控えOL Tom Comptonと契約合意と現地メディア。現地掲示板で見たら、ProFootballFocusの評価では昨年リーグ4位のランブロック攻撃タックルだったという。タックルだけでなくガードも守れる多様性のある控えとしては完璧レベルな選手。
2012年の当時のWashington Redskinsのドラフト3順指名。その後Atlanta、Minnesota、NY Jets、SFと渡り歩いている。キャリア先発数は44。基本は控えだが毎年数試合先発している選手で特に17年以降は先発数がふえ、それぞれ5、14、5、3、そして昨年が7試合先発。過去2年SFに在籍ということでShanahanのゾーンブロッキングシステムでプレイをしていたことになる。Broncosは先発RT探しをしているが、Comptonもその候補としての契約なのか。ほか控えクラスではCalvin Andersonと再契約している。FAで今後タックルを補強しない場合はドラフトでの指名も予想され、Anderson、Compton、新人での争いとなるのか。
BroncosはブロッキングTEのTomlinsonとも契約しており、ランを出すためのブロッカーを強化している。

Russel WilsonがBroncosにトレード移籍でAFC西のQBは超豪華。
KC Mahomes
LA C Herbert
LV Carr
Broncos Wilson。
ところが・・・・恐ろしいことにエッジラッシャーまで続々AFC西に集結
LA C Bosa&Mack
LV Crosby&Chandler Jones
Broncos Chubb&Gregoryとめちゃくちゃなことに。KCのMahomesを倒すんだ!と各チームが頑張った結果自軍QBが苦しむことに。

Broncosが獲得するかも、といわれていたFAエッジラッシャーの大物二人、Von MillerとChandler JonesはそれぞれBufallo Bills、LV Raidersと契約。

スポンサード・リンク

  1. 2022/03/17(木) 22:09:05|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)