broncomaniacのブログ版

スロットコーナーCallahanでない選手になる模様

スロットコーナー獲得。
BroncosはSFからFAとなっている31歳のCB K'Waun Williamsと2年7ミリオンで契約合意。Broncos守備CのEjiro Everoは昨年までLA Ramsの守備バックコーチだった。NFC西の同地区ライバルのSFの選手ゆえ、Everoも知った選手。WilliamsはBroncosからFAとなっているスロットコーナーBryce Callahanの後釜とみられている。怪我をせず出場できればリーグトップクラスのスロットコーナーと評価されている。2014年のClevelandのドラフト外新人FA選手。ドラフト外新人ながら初年度からロースター定着。14年に4試合、翌年も6試合に先発。16年は膝を痛めシーズンアウト。17年にSFと1年契約、活躍が認められ18年に3年9ミリオンで再契約。20年はまた膝を痛めるなどしシーズン中盤を欠場。21年もSFと再契約でプレイ。SFではコーチ陣からはShark、サメのニックネームをもらっていた。
Broncosは現在ロースターにCBはPat Surtain、Donald Darby。ほか控えで先発経験のあるEssang Bassey、Michael Ojemudiaがいる。自軍からFAとなっていたCB Callahanは怪我をしなければ最高のリーグスロットコーナー。その額は高くなる。怪我をしなければリーグ有数のスロットコーナーWilliamsは額は少し抑え目。Williamsが元気でプレイをしてくれれば十分な補強。Bassey、Ojemudiaは20年シーズンに大けがでシーズンエンド。21年は回復に時間がかかりほぼ戦力にはならなかった。Ojemudiaは20年に先発11、昨年シーズン最後に1試合先発。Basseyは20年に3試合先発。昨年はシーズン中に一度LA Chargersにロースター契約でさらわれたもののすぐにBroncosに出戻っている。2人、特にOjemudiaが20年シーズンの活躍プラス成長の期待。Patom GMは先週CBは二人補強の必要があると話していたため、低予算FAでもう一人、もしくはドラフトでもう一人補強するとみられる。
FA契約のS J.R. Reed。Broncos施設で契約書にサイン。ゴットファーザーのマーロンブランドのプリントがしてあるパーカーを着ていた。本人の顔はエディーマーフィーに似てた。

Russell Wilsonが自身TwitterでCourtland Suttonとの練習風景の動画を公開。

スポンサード・リンク

  1. 2022/03/23(水) 22:08:15|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (1999)