broncomaniacのブログ版

家庭内暴力で逮捕のJeudy 法的な問題解決

現地5月12日に家庭内暴力で逮捕されたWR Jerry Jeudy。検察が裁判所に事件の棄却を要請。裁判所が認めたため本件は法律的には終了。
NFLのポリシー違反で制裁の可能性はあるものの、法律的に完全クリア。被害者の女性も当初から事件沙汰にすることを求めておらず、またJeudyも逮捕からその後の裁判所での公聴会にいたるまで非常に穏便協力的。リーグからの制裁処分もないと予想されている。
Broncosは現地月曜がメモリアルデーの休日で火曜からOTAの2週目。先週は腰のハリで休んでいたJeudyは練習復帰している。

RT Calvin Andersonが数週間前に鼻骨骨折の手術を受けていたことが明らかに。現地火曜のOTAでは鼻を保護するプロテクターを使用していた。

先週の3日間のOTA練習ではインターセプトを一度も食らわなかったQB Russell Wilson。火曜のOTAでPat Surtainに長いパスでインターセプトされてしまった。

OTAは参加義務のないヴォランタリー練習。先週は複数施設に入らない選手もいたが、2週目はMelvin Gordon以外は施設入り。怪我で練習不参加の選手も施設内でリハビリやワークを。先発LT 先発LT Garrett Bollesは火曜に施設入りしなかったがこれは家庭の事情のため。

S Kareem Jacksonは21年シーズンは33歳でチーム最高齢選手だったが、今年は36歳のQB Josh Johnson加入のため2番目の高齢選手に。

音楽好き、ダンス好き、映画好き、それをチーム施設に持ち込むのも大好きのNate Hackettヘッド。ミーティングに教育、クイズアプリKahoot! を導入している模様。いろいろなテストをミーティングで行っており、Kahoot! はHackettヘッドの子供たちが学校で使っているものだという。そのテストでトップ成績はセンターLloyd Cushenberry。Cushenberryはゾーンシステム初体験ながら、テストの上ではOL最強。
「攻撃の連中には大きな挑戦だ。我々は誰がこのクイズで彼を打ち負かせるか探しているからね。彼のシステムの知識や理解は素晴らしい、毎日よくなっている」とHackettヘッド。
Cushenberryは
「皆、センターはすべてのことを理解していることを求めている。そうなるために毎晩がんばっている。家に帰って最初にすることはフィルムスタディだ」とCushenberry。
Cushenberryはアスリート能力も高くどのシステムでもプレイ可能と本人は信じている。しかしシステムの理解と習得こそが大きな利点になると話している。
Broncosの新オーナー決定オークションは2回目の入札へ。来週月曜の6日が締め切り。情報筋によると1回目の入札に10のグループが参加。その後5つのグループに絞られたという。現在のところうち4つのグループが有力候補と情報筋。
4つのグループはRob Walton、Josh Harris、Mat Ishbia、Jose E. Felicianoらのグループとみられている。4候補は一回目の入札後、Broncos施設訪問をしBrocnos球団と話し合いなどを行っていた。
メディア王で当初Broncosオーナーシップ争いでトップ候補とも予想されたByron Allenは4候補から外れ5番手予想。上記4人が球団施設訪問をしているのに対してAllenは球団施設訪問をしていない。


スポンサード・リンク

  1. 2022/06/02(木) 00:12:08|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2021 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2002)