broncomaniacのブログ版

2015.10.05 Min戦 攻撃またも守備に大迷惑かけるも勝利

1234
Minnesota01001020
Debver3107323


Minnesota戦試合登録から外れたのは
Kenny Anunike
Lerentee McCray
Shelley Smith
Ty Sambrailo
Omar Bolden
Trevor Siemian
Mitchell Henry

Boldenが今日もアウト。T Tyler Polumbusが登録。FB Caseyも登録。

毎週試合に出る度に現在最も年寄りの先発QBだったPeyton Manning。今週は IndianapolisのAndrew Luckが欠場。Matt Hasselbeckが先発。二人とも1998年のNFL入りで同学年だがHasselbeckが1975年9月生まれ40歳、Manningが76年3月生まれ39歳。今週はManningが2番目に年寄りの先発QBとなる。

中継はFOX。解説はJohn Lynch.
Manning本日も手袋なしのよう。

コイントスにBroncos勝ち、キックオフ。

前半b
第一Q
McManusキックオフ。

Minn攻撃1
自陣20yから。Petersonのラン2yで試合開始。さらにWR Mike Wallaceのスクリーンで少し、3rdダウン3となる。QB BridgewaterがショットガンでフラットへWRをモーションさせて走らせクックリリースでファーストダウン。ブリッツ入りTJ Wardがサック。その前にWareもBridgewaterに迫っていた。3rdダウンでWareがサックでパント。

Broncos攻撃1
自陣37yから。CJ AndersonがWRに位置に動きノーバックから、AndersonがワイドオープンでManningパス1発で敵陣へ。D Thomasへの短いパス2発でレッドゾーンへ。さらに相手の反則で5y進むもここから進まない。ランで進まず、MinnのパスラッシュにManningパス早く投げ危うくインターセプト、次ぎもラッシュがかかり、ManningはTE Danielsにキャッチ&ランに託すもDanielsが落球。McManusのFGで終わる。Minnはパスラッシュにかなりに人数を入れている。不安の攻撃ラインはかなりの数でラッシュされているが一応個人個人のブロックの責任選手相手にはかなり踏みとどまってはいた。3ー0とBroncos先制。

Minn攻撃2
自陣20yから。3rdダウン5からBridgewaterファーストダウンパス。そういえばMinnの攻撃Cは元SDのNorv Turnerだよ。とにかくBridgewaterに早いタイミングのパスでラッシュがかからないようなプレイ選択をしている。このドライブ2度目の3rdダウン8はファーストダウンならずともあとボール一個。自陣でギャンブル、スニークのBrdigewaterでファーストダウン。次の3rdダウンもWalleceでファーストダウン。前回はRobbyがやられ、次はChris Harrisがやられた。Broncos陣35yまで侵攻。おまたせしました、Shane Rayが初サック。おまけにFG圏内から遥かに押し出すビッグプレイになった。3rdダウンロングは短いパスでおしまいパント。
MinnはPetersonのランではなくBridgewaterの短いパスで攻めるという意表をついた攻撃。ショットガンも多い。おかげで早くもBroncosはわずか2シリーズで3サックを記録。
ただBridgewaterも落ち着いて短いパスを決めてきている。13プレイもしてわずか37yしか進まなかったという珍しいドライブだった。

Broncos攻撃2
自陣12yから。AndersonランでもるなんとWR Latimerのホールディングで下げられる。たまに名前が呼ばれたと思ったらホールディング・・・。自陣ゴール間近でManning激しいラッシュを浴びる。D Thomasのフォルススタートでさらに下がる。

第二Q
Broncos攻撃中
3rdダウンロング、ディレイブリッツでノーブロックでLBが入ってきてManning自陣2yでサック。Minn守備は過去2試合で最もQBヒットを決めている強力守備が今日も炸裂。今日もディレイブリッツにはやられ放題のBroncosなるか。

Minn攻撃3
自陣48yから。Malic JacksonがBridgewaterサックしかかるもスピンされ逃げられる。Bridgewaterが3rdダウンでMillerにヒットされ倒れながら投げたらRobbyカバーのレシーバーに30yパスヒットになる。恐るべき運動能力。Bridgewaterがスペル長すぎるので次からBridgeに短縮。K Walshの38yが外れる。3ー0とBroncosリードのまま。
Minnはほとんどショットガン。Petersonは3シリーズでラン6回20y。Bridgeは15回投げ10回80y。タイミングの早いフィールドを横切るルートでカバーしにくいコースをついて稼いでいる。HarrisもWallaceの短い横を広く使ったルートに苦労中。

Broncos攻撃3
28yかr。
Hillmanの72yのランTD炸裂。ピストルから左サイドのトスからHillmanがDanielsの良いブロックの横を抜けサイドライン際を一直線。Ryan Harrisも足下のタックルで守備を抑えた。
Broncosは開幕から3連勝ながら全試合のランが70y以下というリーグ初めての珍記録中だったが4試合目で不名誉な記録に終止符を打った。59試合連続で50y以上のラン無しという記録もこれでストップ。

Latimer活躍、リターナーを仕留めた
Minn攻撃4
自陣5yから。3アウト。

Broncos攻撃4
自陣46yから。D Thomasで31yヒット、敵陣22yへ。MinnがManningオマハーに引っかかりレッドゾーンへ。3rdダウンでSandersでファーストダウンとるもRyan Harrisがサイドラインから下がりすぎていたということでスクリメージに7人並んで折らず反則、ファーストダウン取り消し。気を取り直してさぁ3rdダウンでSchofield.がやられManningサック。McManusの47yFGヒットで終わる。13ー0となる。McManus未だFG失敗無し。攻撃ラインがこのドライブを終わらせることになってしまった。

Minn攻撃5
自陣20yから。1度ランでファーストダウンもMiller&Wareのサンドイッチサックでパント。と思ったらTalibがホールディングしててオートマチックファーストダウンを与えてしまった。Millerサックダンス踊ってご機嫌だったのに。Robyがやられ26yパス許す。Darien Stewartがそのプレイでファンブルフォースするも自分で拾う。Robyもいいカバーだったが間一髪でやられてしまった。3rdダウン10でBridgeがスクランブルで走りファーストダウン。レッドゾーン手前まで来る。Manningと違い機動力のあるBridgeはプレッシャーを与えれば終わりで無いのでたいへん危険だ。しかしここからパス3発外しFGトライ。Walshがさっき外したと同じ38yFGを今度は決め13ー3とMinn追い上げる。

Broncos攻撃5
自陣20yから。前半残り1分39秒、タイムアウト1つ。Sandersへの長いパスはSandersの手を抜ける。難しいパスだったが取って欲しかった。3rdダウンロングからD Thomasへ、毎度毎度の、高いボールで取れThomasパス、32yパスとなる。最後のタイムアウトとり残り前半32秒。LB Barrがパスを読みCadlwellの前に出てインターセプト。

Minn攻撃6
Broncos陣22yから。HarrisがWallaceにまたやられファーストダウンゴールとなる。Wallaceが右サイドから左へ横切り、Talibが密集でカバーについていけずTDとなる。楽勝ムードが一気に13ー10とMinn3点差に追い上げ、流れを持って後半へ。

攻撃は相変わらずランがHillmanの1発TD以外出ない。ゆえManningが激しいラッシュを受け続けるという毎度の展開。それでも13点をとりまぁまぁの前半と思いきやManningがインターセプトされえらい展開に。MinnはPetersonのランを使わずショットガンで短いパスをばんばん投げる展開。とくにWallace無双となっており短いパスをいい所でばんばんキャッチ、6回で54y。ずっとHarrisをぼこり、最後はTalibを振り切りTD。
Bridgeも激しいプレッシャーの中身体能力の高さから時折長いゲインを見せるなど、けしてあきらめずまた冷静にプレイを続けている。
今日も攻撃サイドが守備サイドを苦しめる展開になっているBroncos。

後半
第三Q
Broncos攻撃1
自陣20yから。HillmanがHBでスタート、パスとりランでファーストダウン。D Thomasへのパスインターフェアで自陣46y。Andersonもう少しで穴を抜けるところ抜けられず4y、ブリッツ入るもSandersへ本日初パスヒット、さらにホースカラーもらって前進。43y進んでファーストダウンゴールへ。パス失敗、Hillmanであと半ヤード、Hillmanであと半ヤード、4thダウンギャンブルでHillmanフェイクでDanielsが左サイドからスクリメージ手前を横ゴリフラット走りワイドオープン、Manning落ち着いてTDパスヒット、20ー10と差を広げるBroncos。しかし正直な所、4thダウン前のラン2回で決めたかったところ。

Minn攻撃1
なんだかMcManusのキックが先ほどから距離が出ていない。Minnリターンして自陣32yから。3凡。パント。Lynch解説だと、マンツーマンでアクロスパターンで苦労したんで今回はゾーンで守り3rdダウンからファーストダウンを許さなかったと話している。

本日スペシャルチームでタックル決めたCody Latimerは脚の付け根を怪我してクエスチョナブル。

Broncos攻撃2
自陣16yから。今度はSchofieldがへっこみすぎてイリーガルフォーメーション取られる。3凡。

ヘルメットにハードヒットを受けたD Thomasがロッカーに戻ったそうだ。

Minn攻撃2
自陣40yくらいから。3凡。

D Thomasは首でクエスチョナブル。
Broncos攻撃3
自陣12yから。Thomasの代わりにはCaldwellが入っている。ランは少なくともロスしない程度には出ているこのドライブ。なんて書いていたらAndersonがロス、。

第4Q
Broncos攻撃中
フィールド中央でパント。陣地を大きく回復しただけで良い攻撃だった。

Thomasサイドラインで笑顔、プロバブル

Colquitt本日絶好調
Minn攻撃3
自陣3yから。
あらRobyファンブルフォースもMinn自分でリカバー。Minn短いパスでファーストダウンを重ねる。Sylvester Williamsサック。4thダウン1でBroncos陣49y、ギャンブル。Petersonがど真ん中抜けて49yTDランになる。人厚めすぎて穴あけて抜かれてSのStewartがいたけど、さすがに全力で走るPetersonにタックルを決められるわけなく、スクリメージを抜けたらあとはエンドゾーンまで独走TD一直線だった。Minnが自陣3yからの攻撃をTDまで持って行く。20ー17となった。基本的にBroncosは相手攻撃のプランは崩壊させているも、どでかいプレイをどーんと決められて得点されるパターンとなっている。HillmanのロングランTDとこれでおあいことなった。

Broncos攻撃4
自陣20yから。D Thomas戻っている。早速ファーストダウンキャッチ。Lynch曰く、ランは出なくとも続けているのでプレイアクションが少しでも効いている、と書いていたらThomasに投げたパスが遠くインターセプト。

Minn攻撃4
自陣48yから。Wallaceでファーストダウン、Broncos陣35yへ。WallaceのリバースをWareが読みロス、WallaceがWareにフェイスマスクで下がるMinn。しかし新人WR DiggsがTalibに勝ちファーストダウンキャッチを見せる。Diggsは本日80y以上キャッチしている。しかしWalshの33yでなんとか守備が止める。20ー20と同点に追いつくMinn。Minnの攻撃ラインもラッシュを許さなくなってきている。

Broncos攻撃5
自陣25yから。残し試合時間5分。Sandersファーストダウンで自陣40yへ。Fowler本日初キャッチでファーストダウン。敵陣入る。Anderson13yラン。SchofieldのブロックがLynchの褒められる。さらにHillmanランで5y、多分Hillmanは100yを超えた。78yランがあったからそれ以外は少しなんだけど。残り2分となる。McManusの39FGで終わる。23ー20とBroncosリードする。

Minn攻撃5
残り時間は1分51秒。タイムアウト2個。自陣20yから。Millerサック、タイムアウトとるMinn。Bridgeスクランブルから走りファーストダウンとる。TalibこけてWallaceファーストダウン。まだ自陣。サック、ファンブル、リカバーBroncos。TJ Wardがブリッツで入りファンブルフォース、Millerがリカバー。
Manningひざをついておしまい。

最後はもうほぼ毎プレイBridgewaterにラッシュを浴びせるというすさまじい守備だった。



スポンサード・リンク

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/10/05(月) 08:36:14|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)