broncomaniacのブログ版

2015.10.06 次はDel RioのOakland

金曜日になって初めて揃った練習を行ったMinnesota戦での先発攻撃ライン。Ryan HarrisがLT、Michael SchofieldがRTで先発したニューラインが今季4試合では1番ランを出すことが出来た。Minn戦ではRonnie Hillmanは72yのホームランTDが炸裂。その72yを引いてもAndersonと合計して21キャリー74y。平均3.5y。前の3試合の平均は2.2yだった。

Minn戦で4thダウン敵陣1yの状況。ギャンブルでManningからOwen DanielsへのTDパスが決まったプレイ。ミスディレクションプレイで攻撃が皆右に走りDanielsは左へ、Minnの選手は誰もカバーせずワイドオープン。Manningいわく”誰もカバーしていないフリーの選手に投げるのは難しいんだよ”などと話しているが練習通り、Danielsへ緩やかな優しいボールが投げられTD。Kubiakヘッドは
「土曜日にあのプレイを練習したんだよ。あのプレイは毎週何度か練習で使っているんだ」と話した。Manningは
「彼は完全なオープンだったからオーバースローしたくないからね。ところがDanielsは”早くよこせ、ボール投げろ”っていう感じだったんだよ。ちゃんと投げて彼の手にボールが収まって良かったよ」とManning。
Owensは
「とにかくキャッチしなくちゃいけない。ボールが空中に永遠に漂っているような気がしたよ。でもPeytonがちゃんとうまく投げてくれたからね」と話している。優しいプレイほど選手へのプレッシャーが大きいようだ。

72yのホームランTDランを見せたRonnie Hillman。ファンタジーフットボールでそろそろCJ AndersonをカットしHillmanを加えるか・・・と考えている人はその考えを捨て、BroncosのRBを凡てカットしたほうがいいかもしれない。KubiakヘッドはHillmanを先発に、Andersonを控えにというプランはないと話している。
「これまでと同じだよ。僕は両バックを先発級と考えている。だけど実際に試合で先発するのは一人なだけ」とこれまで同様Anderson先発、ローテ-ションでHillmanで行くとした。4試合を終えてAndersonは43回キャリーで117y、Hillmanは39回キャリーで191y。

Minn戦では7サックを記録したBroncos守備陣。今季18サックとなりリーグトップ。
しかし次の元Broncos守備Cから栄転となったJack Del Rio率いるOakland戦は試練になる。Oaklandは現在2-2と五分の成績。攻撃得点はリーグ12位、獲得ヤードは17位、パス11位、ラン22位。あまり冴えない数字だがOakland攻撃ラインは大きく軽量揃いのBroncosのライン及びILBはランストップに重量的に苦労するかもしれない。ラン獲得ヤードはリーグ22位と低調だが一回当たりのラン平均獲得ヤードは4.4ヤード。これはリーグ7位の数字。Latavius Murray がエースで68回で297y、平均4.4y。ただし肩を痛めている。パスプロテクションも悪くなく4試合で僅か5サックしか許していない。
Broncosはここまで相手のランを止めパスを強い、強力なパスラッシュで相手攻撃陣を押さえている。Broncos攻撃陣がやらかし、Oaklandに先手を許し、ランを出されることになるシナリオは避けたい。
Oaklandの守備は苦戦している。守備得点はリーグ26位、ヤードは31位、パス31位、ラン10位。特にTEのカバーに苦労しており今季4試合でリーグ最多の388y をTEにレシーブされている。またこの2試合はパスラッシュが強烈に目立っている。2試合で8サックを記録。OLB Khalil Mackはこの2試合で3サック。

薬物違反でリーグより4試合出場停止だったエンドDerek Wolfeが処分が明け、月曜からチーム合流。KubiakヘッドはWolfeがコンディション的に今週末のOakland戦で間に合わない場合、一週間の猶予をWolfeに与えることもあると話した。Wolfeを今週末に試合に出すには枠を空けるため誰か解雇しなくてはいけない。しかし試合に出さないのであれば処分明けのためWolfeは練習には参加、ロースター登録は1週間待つことがリーグから許されている。とはいえ実際は練習の鬼、ハードワーカーWolfeが試合コンディションにない筈も無く、直ぐにもロースター登録となる見込み。Kubiakヘッドは
「彼が今週いけるか判断するのは我々だが僕は彼は出場すると思っている」と話している。
Wolfe欠場中は守備ラインの層の薄さが不安視されたが、Wolfeの代役Vance WalkerがMinn戦では今季ベストの活躍ぶり。膝の状態も良くなり試合登録出来るKenny AnunikeもMinn戦では試合登録されなかった。それでも守備ラインではもっとも多様性がありタフでランストッパーとしてもラッシャーとしても使える守備ラインで最もエブリダウンプレイヤーに近いWolfeの復帰は大きい。
「ラインは今最も競争が熱いポジション。それがチームを強くする秘訣だ」とKubiak。
Wolfeは自身を
「檻に入れられている野獣」とたとえており、一度フィールドの放されれば大暴れすることを約束。球団を離れ、ワークアウトスタッフを集め、試合のテンポの中でワークを続けていたWolf。開幕から制裁処分の最初の2週間はワークをやり過ぎるほど激しいワークをしてきた。開幕から一ヶ月、試合に出られない間に関し
「辛かったよ。怪我で欠場してテレビを試合を見る経験はあった。でも今回は健康で試合に出れないでテレビで試合を見ていたんだ。」とWolfe。仲間はずれの気分を味わっていたWolfeは試合前にはチームメイトにメールを送り、試合日以外はVon Millerと連んでいた。

スポンサード・リンク

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/10/06(火) 22:41:19|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)