broncomaniacのブログ版

2016.8.1 キャンプ4日目

このキャンプ最大の4741人のファンがつめかけた中で、QB Mark Shanchezが魅せた。これまで3日間、Trevor SiemianとShachezのQB争いはイーブン。互いに安定といえば良く聞こえるが、安全なプレイに終始。あまり盛り上がりのないQB争いだった。しかし4日のフルパッド練習でShanchezが見せた。D Thomas、E Sandersがベテランオフで休みだったため先発組に入ったBennie FowlerとCody Latimerにプレイアクションブーツ、ショットガンからロングボムをヒット。さらにスロットのJordan Norwoodへも素晴らしいパスをヒットした。練習前半は強力守備の前にお粗末な攻撃組だったが、Shanchezの素晴らしいパスもあり後半は大いに盛り返した。
またPaxton LynchもWR Kalif Raymond、Mose Frazirに連続してロングボムをヒット。短いルートのパスも判断良くヒット。Kubiakヘッドは
「彼は毎日持って居る能力を魅せてくれている。他の部分も毎日良くなっている」と話した。

日曜のフルパッド練習に集まったファンは4741人。今季最大のファンを集めた。この数字は昨年であるなら、4番目に多いファン数。昨年最大は5507人。

膝を痛めたPhil Taylorが怪我人リスト入り。金曜に膝を痛めMRI検査で問題なし、日曜には練習復帰とKubiakヘッドが語っていたがリスト入り。Broncosは守備エンドBilly Winnと早々に契約した。Taylorの怪我の具合は不明。もしすでに戦力外とチームが考えているならTaylorは怪我が治り次第カット。怪我に時間がかかるがそれでも戦力と考えているなら、開幕後直ったところで怪我人リストから外れることも可能性がある。元々NFLのルールで復帰可能な怪我人リスト選手を指定することが出来たが、この3月のNFL会議で、前もって復帰可能と選手を指定しなくてはよくなったため、誰か一人を復帰させることが出来る。とはいえ少なくとも今季のTaylorがBroncosでプレイすることはなさそう。怪我が治っても戦力にはなり得ないと球団が判断したと考えるのが妥当。
契約したWinnは6-4に300パウンド。2012年のClevelandのドラフト6順。3年間Clevelandでプレイし昨年はIndy。キャリアサックは3。

パッド練習の本日は10人のベテラン選手がオフ。D Thomas、E Sanders、V Green、C Harris、TJ Ward、Darian Stewart、Brandon Marshall、Matt Paradis、DerekWolfe、そしてSylvester Williams。

センターParadisが練習休みだったためセンターに入ったSam Brennerが脳震盪でカートで下がった。
またRB Ronnie HilmanがZaire Andersonと激突の後に下がった。詳細は不明。

スポンサード・リンク

  1. 2016/08/02(火) 00:21:03|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)