broncomaniacのブログ版

2016.8.12 守備が凶暴すぎました

1234
Den7132022
Chicago00000

Talib
C Harrisの先発両コーナー、WareMillerの両先発OLBが出場せず。ほかCBではTaurean Nixon、加入したばかりのS Ryan Murpheyらも欠場。

 左から SchofieldGarciaParadiseWeemsStephensonOL先発。

 Bearsコイントス勝利しDefferBroncosレシーブ

放送はシカゴのテレビ局

 

前半

リターンはKalif Raymond

 1Q
Broncos攻撃1
自陣24yから。QB ChanchezいきなりおいかけられLT Stephenssonホールディングで下がる。逃げながらShachezは左手でパスほっぽってた。Shanchez初パスはSanders8y、CJ走って3rdダウン7、パスプロよくTE Greenへファーストダウンパスヒット。プレイアクションブーツでD Thomasへファーストダウンヒット。フィールド中央へ。3rdダウン8でTE Greenへファーストダウンヒット。敵陣32yへ。LT SchodieldがぶちぬかれてShanchezハードヒット受けるパス失敗、Garciaフォルス。Shancezヘビープレッシャーを受けながら、D ThomasがワイドオープンでShanchz32TDヒット。70と先制Broncos。このドライブ2度ほどTrevathanShanchezに迫っていた。Shanchezはこのドライブでパス8回内7回成功。プレッシャーの中おちついてプレイしていた。ランプレイは2度のみだった。

Chicago攻撃1
よいリターンで自陣32yから。最初のプレイでパスでファーストダウン。3radダウンでRay&Wolfeのカバレッジサックでパント。控えが多いセカンダリーがよくレシーバーをカバーしていた。Broncos守備は半分くらいが控え。

 Broncos攻撃2
早くも先発組どかっとさがる。OLSchoはぞのまま残って、RGに訛りが激しいDay、センターFerentezRGに新人McGorenRTWeemsRGから移動。書いているShancez順調にドライブを続けていたらブーツレッグでShanchezが少し浮かしたパスを手前の守備を越して投げようとするも越えずチップされ、浮いたボールをChicagoインターセプト。狭い空間に3人の守備がいてこれはいけないスローだった。

Chicago攻撃2
自陣39yから。3rdダウン7でブリッツ、WardCutlerサック。パント。Broncos守備MillerWareTalibHarris抜きでも圧倒的。

 Raymondリターン少し。

Broncos攻撃3
自陣28yから。さっきからRBに関して何も書いていないけど、今日は先発CJ Anderson2番手でHillmanSanchez3度目のドライブ登場。3アウト。このドライブはラッシュが激しく厳しかった。

 Colquitt今日初パント。まぁまぁのパント。

 Chicago攻撃3
リターン中に反則で自陣9yから。ほぼ控え組みのBroncos守備に3アウト。Chicago何も出来ず。

 Raymond良いリターン。今日はキックオフ、パントのリターンすべてRaymond

 2
 Broncos攻撃4
フィールド中央。Siemian登場。最初のパスはLatimer7y成功。さらに短いポストでLatimerへ素晴らしいヒット、さらにLatimerヒットでFowlerへのTDパス狙うも、Folwerが両腕に入れながら最後に守備に手を入れられてボールとれず。Siemianのボールは完璧だった。さらにエンドゾーンへJorday Taylorへボム、守備のHall2度目のナイスTD阻止でMcManusFGで終わる。これは一対一でレシーバーに勝利したコーナーバックのHallが頑張った守備がTDを阻止した。100Broncosリード。

 Chicago攻撃4
自陣15yから。QBBrian Hoyerが入る。去年Houstonで先発降格、オフにBroncos獲得も噂されたが果たして今日は。3アウト

 相変わらず全部のリターンを行っているRaymon。あまり穴がないのでちょっと難しいリターンばかりだけど無難に戻している。

 Broncos攻撃5
自陣36yから。RB Bookerが初キャリーで6y。次ぎゲインなし、3アウト。

 Colquitte2度目のパントもサイドライン際にリターンさせずおしこむパント。

 Chicago攻撃5
Hoyerがプレイアクションで27yパスヒット。Broncos陣へ。Hoyerはラッシュかからないなか良いパスをほうるもしかしChicagoは反則で下がっていく。反則で下がるもプレイは出ているので4thダウン3をギャンブルもブリッツ入り新人LBDoraがサック。新人Gotsisもこのドライブわりとラッシュ入れていた。

 Broncos攻撃6
SimienTDボム狙うも失敗。Siemianスクランブルからファーストダウンは反則とりけし。Weemsと誰かとこのドライブラインが2回反則。しかしLatimerのアクロスパターンでミスタックルもあり20yほと前進など敵陣へ。おぉ新人Bookerが見試合パスから一つタックルを外して前進。さらにBookerファーストダウンも新人のMcGovernがトリッピングの反則。このドライブ攻撃ラインが反則だらけ。Latimerへエンドゾーン狙うもチャンスなし。SiemianTDロングボム5回投げて全部失敗。McManus本日三本目のFGヒットで130とリード広げるBroncos

 Chicago攻撃6
自陣21yから。HoustonからFA加入したエンドCrickがサックかます。
前半残り2

次のプレイでもCrickHoyerを遅いパス投げだしに。一応スクリーンだったのかもしれんけど。

パント。ブロック。Broncosエンドゾーンでリカバー。200となる。Fowlerがエッジからブロック、リカバーしたのはLBZaier Anderson

 Chicago攻撃7
自陣25yから。インターセプトチャンスはWebsterとれず浮いたボールをChicagoキャッチで40yyへ。さらに次のファーストダウンでBroncos陣へ。Chicagoラストドライブで初得点めざし攻める。GotsisDoraHoyerへ襲いかかる。またサック。Hoyer悲惨。しかし次のパスは十分ラインがもつ、投げる、球が高い、レシーブチップし浮いたボールをDossインターセプト。

 Broncos攻撃7
Siemian本日最後のドライブは30秒もないもFG圏内まで目指しドライブ開始。3rdダウンになりSiemian追っかけ廻されるも華麗にロールアウトしながら時間を稼ぎライン際のJordayへヒット。素晴らしいプレイでFG圏内へ持ち込む。48FGトライはブロックされる。

200で前半終わり。

QB Sanchezはドライブ3回。オープニングドライブはキレッキレのSanchez、ほとんどパスのみで85yくらい進み最後はワイドオープンのD ThomasTDヒット。しかし2度目のドライブは相手守備が密集した厳しい場所へインターセプトを投げる。3度目が攻撃ラインがラッシュに負けパント。と良い、悪い、しょうがない、で出番を終えた。13回投げて10回成功99y。1TD1Int
2番手Simienは短いパスは精度高いが長いパスは全部通らず。元々今日の先発組も控え組みが入るスタートで、さらにそこから落ちるメンバーだったゆえ、攻撃ラインが安定せず、反則が多くかなりのドライブを無駄に終えてしまった。Simien本日の見せ場は機動力。外から来るエッジラッシャーに終われるも、すたころ外に回り、時間を稼ぎパスをヒットさせていた。12回投げて7回成功88y。4回のドライブで3FG圏内のボールを運んだ。
Broncos
守備はトップコーナー、トップラッシャーと4枚欠けながらChicagoオフェンスを圧倒。セカンダリーがレシーバーを押さえ込み、雨あられのラッシュを浴びせ都合5サック。Cutler4回投げて3回成功18y、Hoyer10回げ7回成功81y。Hoyerは成績は悪く見えないがラストドライブで稼いだものがほとんどで投げていないときはサックされているので見た目だけの成績。Malic Jacksonが抜けたエンドが心配されるもCrickGoatsisら新加入組が激しいラッシュを入れていた。トータルヤードはBroncosオフェンスは216y、Chicago78y。
なお両チームQBパスが多くRB陣は目立つ活躍なし。

後半

 3
Chicago攻撃1
自陣25yから。QB3番手Fales。いいパス投げるもレシーバー落球もあり3アウト。

 後半はリターナーがAddisonが行う模様。

 Broncos攻撃1
Lynch登場。ラッシュ受け逃げて逃げてゲインなしのラン獲得0yでがNFL初プレイになる。3rdダウン7Lynch投げると来ないと判断し中央走るもロス、サックとなる、3アウト。

 新人パンターDixon登良いパント。

 Chicago攻撃2
自陣10yから。DT Kilgoが異端で下がる。7年めのDekoda WatsonがエンドゾーンでFalesサックしてセーフティー。220となる。都合6サック目のBroncos守備陣。

 Broncos攻撃2
自陣23yから。RB Bibbs12yラン。Lynch初パス成功はLatimerへスラントファーストダウン。さらにLatimerスラントでファーストダウン。しかし敵陣入り攻撃ラインのCameron JeffersonのホールディングなどもありMcManus46yトライで終わる。バーにヒット、McManus本日二つ目の失敗。Lynchは第一リード、ファーストターゲットのタイミングの早いパスがほとんどのドライブで4回投げ4回成功39yだった。

 Chicago攻撃2
自陣35yから。新人Will ParkがSブリッツからサック。本日7つめのサックのBroncos守備。パント。

 Broncos攻撃3
反則もあり自陣15yから。WR Posey13yパスヒット、Lynchブリッツを察したのかとっととロールアウトスクランブルしてファーストダウン。次のプレイはLynch二人のタックルをかわすも三人目でサックされる。3rdダウンロングはムリしないでBibbsのドローでパントで終わらせる。

 Chicago攻撃3
Falesのファーストダウンパスで3Q目終了。

4Q

もう1度ファーストダウンとるもパント。

 Addisonフェアキャッチ

Broncos攻撃4
自陣13yから。Bibbs3連続ランでファーストダウン。プレイアクションからTaylorへ22yヒット。フィールド中央へ。さらにTaylorへサイドライン際長いパスは失敗もTaylorカバーのパスインターフェアで敵陣へ。ChicagoLBに去年のキャンプまでBroncosにいたLamin Barrowが出てる。Trevathanも当然出てた。Vernon Davisはみなかった。WR Durron Nealがタックル交わしファーストダウンもFerentzのパーソナルファウルで取り消し罰退。パント。

Chicago攻撃4
QBは四人目Connor Shaw。2回のファーストダウンでパント。

Broncos
攻撃5
残り試合時間3分31秒。自陣20yから。もう無理しないで時間つぶしにかかっている。2回のランで残り2分。さらにBibbsもってファーストダウンとる。Chicagoもタイムアウトとることなく時間が流れおしまい。

Broncos
のドラフト1順。Paxton Lynchは7回投げて6回成功74y。得点はゼロ。無理したプレイはなくする必要もなく、決められる早いタイミングのパスを無難に通していた。目立つプレイはないが、ただ落ち着いて、また機動力もあるところを見せた。

SanchezSimienの争いは決着がつく差はなく、来週も先発争いが続く。

スポンサード・リンク

  1. 2016/08/12(金) 12:07:03|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)