broncomaniacのブログ版

2016.9.9② 試合後記

FB Jonovichが3rdダウンショートでファーストダウンをとりにいったところ、まさかの28yTDラン。これがNFL初キャリーだった。Broncos選手で初キャリーでTDとなったのは2005年のQB Bradlee Van Pelt、FB Kyle Johnson以来。またBroncosでFBがTDを記録したのは2010年のSpencer Larsen以来。JonovichはNebraska大時代はトータルで45キャリー271y3TDの成績だった。

試合日前日の現地水曜に3年間33ミリオンの延長契約に合意していたEmmanuel Sanders。試合日午前に球団施設で息子を伴い書類にサインした。

6ー5の長身WR Benjaminにカバーについていながらも何度もパスを通された5ー10のChris Harris。
「今季はもうあんな馬鹿でかいレシーバーとやることはないと思うよ。終わって良かった」とHarris。またこの試合は守備選手が12人フィールドに入るなどやや混乱状態になることが多かった。Harrisは
「今日は醜かった。うちの標準でいえば3rdダウンは特に。コミニュケーショントラブルで選手やコーチが大慌てになってしまった」とHarris。しかし前半は苦しんだ守備も後半は昨年のスーパーボウルモードだった。
「魔法なんてないよ。ただ僕たちには他にチームにはない強いハートがあるんだ、感嘆だよ。ただそれだけだ」とHarris。

NFLで公式戦初パスを含め、初先発、初パスTDと新しいことだらけだったQB Trevor Siemian。地元ファンからの初ブーイングも受けてしまった。しかし後半17ー7からの逆転勝利を演出。2つのインターセプトを受けてもけして心が折れることはなかった。Kubiakヘッドは
「ほとんどのBroncosの選手はSiemianのことを、厳しい状況になっても常に落ち着いて正しく判断を下す、というんだ」と話す。
第3Q10点差を追いかけるBroncos。Siemianは8プレイをかけ25yのAndersonのスクリーンTD、更に10プレイをかけAndersonのTDランのドライブを見事に完遂。
「僕はあのキッドを信じている。僕は彼にリズムに乗れるよう乗れるようにしたんだ。彼に僕は彼を信用していると理解出来るようにね。選手を上達させる唯一の状況は、コーチが選手を信じていると思わせる状況の置くことなんだ」とKubiak。Broncosは昨年の勝利のうち11が1TD以内の差での勝利だった。SiemianはPeyton Manningから厳しい戦いで生き残るコツも学んだようだ。

Miami移籍を阻止してよかった。CJ Andersonが2つのTD。シーズン開幕戦ででランとレシーブでのTDはBroncosの歴史では2004年のQuentin Griffin以来。ランでは92y、パスレシーブでは47yの活躍だった。

第4Qまで押さえられていたVon Miller。
「僕にはチッピングやらダブルチームでよくカバーしていたよ。でも彼らが最後までそれが出来るとは思ってないかったし、結局最後には穴を開けることが出来たよ」とMiller。後半のCarolinaは攻撃123y、得点は3点だけだった。

LB Brandon Marshallが試合前の国歌斉唱で起ち上がらず片膝を地面についたままの姿勢で国家を聞いていた、
「自分は軍隊や国に反抗していわけではない。これは社会正義に対しての行為だ。後悔はしていない」と試合後に話した。警官による黒人への過剰な暴力行為への講義行為で、大学時代のチームメイトでSFのQB Kaepernickもプレシーズンで国歌の際に片膝をついた姿勢をとっていた。この行為は物議を醸したが、その後SFのS Erik Reid、SeattleのCB Jeremy LaneらもKaepernickに同調、国歌の際に片膝をつく姿勢をとっていた。Kubiakヘッドはプレシーズンの間に”選手がする判断を尊重する”と話しており、また球団もCarolina戦の際中にすぐに声明を出し、Marshallの判断を尊重しているとした。MarshallはTE Vergil Greenだけに、自分のとる行動を伝えていたという。その際には結果多少の問題になることも覚悟をしろと言われたという。

QB Newtonが5回もヘルメットtoヘルメットのヒットを受けながら1度しかBroncos選手に反則の旗が投げられなかったことが話題に。特にQBに対してのヒットは厳格にとるものだが、やはりNewtonのように、QBであったとしてもRBのようなプレイが多くなると審判も反則を適用しずらいのか、などの意見が。

NFL networkのIan Rapoportがプレシーズン初期にBroncosはLA RamsとCase Keenum獲得すべくトレード交渉を行ったと伝えた。ただしRams側が高いドラフトピック、もしくはかなりのレベルの選手を見返りとしたため破談。Rapopor のリポートでは、RamsがBradley Roby、Aqib Talibクラスを求めていたということを匂わせている。


スポンサード・リンク

  1. 2016/09/09(金) 22:41:39|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (544)