broncomaniacのブログ版

2016.9.10 今日は曇りな気分

Brandon Marshallの膝付き姿勢やら頭部へのヒットやらで、なにやら試合翌日はすっきりしない雰囲気に。

開幕のCarolina戦の試合前の国歌斉唱を片膝をついた姿勢でいたBrandon Marshall。スポンサーを失った。今年5月からのエアアカデミー連邦信用組合の公式広報としての契約を打ち切られた。コロラド州にある空軍士官学校に関連がある組織で
「我々は60年に亘り軍に従事している人達の組織であり、彼の行動は我々の組織にあった行動ではない」と声明を出している。Marshallは
「そのような出来事が起きると思っていた。でも僕はた正しいことをしたと思っている」と話している。

Carolina戦でのBroncos選手のQB Newtonの頭部へのヒットが多く、審判がうち一回しかイエローフラッグを投げなかったことが大きな話題。情報筋の話として、NFLリーグはBrandon Marshallが放った頭部へのヒットはイエローを出すべきだったという結論を出しているという。リーグは試合後すべてのプレイを見直している。ほかVon Millerの頭部へのヒットは、DeMarcus Wareのサックのどさくさに頭があたっただけで問題ないという。リーグは頭部へのヒットにイエローを出さなかったこと、またヒットを受け続けたNewtonに正しい脳震盪プロトコルを踏まなかったのでは、などメディアから説明が求められている。リーグは時間をかけなんらかのコメントを出すことになる。
Carolina球団はNewtonは守備がプレイをしている間に脳震盪チェックはしたと話し、脳震盪はなかったと話している。
唯一イエローが投げられたDarien Stewart(Newtonのインテンショナルグラウンドもあり反則は両チームにあり相殺された)は
「僕は肩からいったつもりなんだ。しかし彼は試合を通してパサーなのか、ランナーなのかわからない状態だ。だから僕はとにかく彼にヒットを浴びせないとしょうがなかったんだ」と話している。
Stewartはリーグから罰金が課せられた場合、リーグに上告するという。
リーグはQBに対しては保護の目的でRBへのヒットより厳しく反則をとっている。しかしBroncos選手は、NewtonにはQBという意識はなく、RBと見なしヒットをしていたと話している。
「ヘルメットに当たろうが肩に当たろうが、我々はタックルにいっただけだ。走ってスライディングしないだったら我々はやるしかない。彼は脚を引きずったりしているのは見ていたよ。QBでそんなプレイを続けることは出来ないってことだ」とTJ Ward。
Marshallは、リーグがMarshalのNewtonへのヒットは反則にすべきだったと考えていると伝えられると
「それはつらいな。彼は守備エンドみたいなでかさでQBをプレイしているんだ。どうすりゃいいんだ?脚をヒットしろったって脚も強いんだ。我々はRBと同じように彼にヒットしないといけないんだ」と話している。
Kubiakヘッドは
「彼(Newton)は素晴らしい選手だ。Carolinaは彼に走らせるプレイをデザインしていた。我々は彼をRBと同じにタックルにいかないといけない。そのようにしなければ守備は長い夜を過ごすことになる」と話した。
Shane Rayは
「彼を止める唯一の方法は激しいヒットを浴びせるしかない。彼が後半よく走れなかったのは僕たちがヒットを続けたからだ。彼は一試合を通じて走り続けてスーパーマンになろうとしたがそんなことは無理だ。それが彼を止める方法で僕たちがやったことだ」と話している。
「僕たちが汚いプレイヤーだって言っているのを聞いたよ。でも僕たちは同じようにアグレッシブにプレイを続ける。だから僕たちは去年リーグ最強の守備となったんだ。僕たちはフィジカルだった。それは今年も同じだ」とStewart。
Kubiakヘッドは
「頭部へのヒットが何回あったとかいうが、その意見には僕は賛同しないよ。頭にいっているといわれているプレイの二つは彼はポケットを出て、大きな衝突の中で怒ったこと。試合を通じて大きな衝突はいたるところで起きていた。選手は激しくプレイをしていただけだ。だからリーグがなんて言うか待ってみたい」と話している。

多くの話題がBroncos守備選手のヒットとなってしまった現地金曜日。首を痛めたDerek WolfeはCarolinaの攻撃ラインを批判。Denver地元メディアのTroy Renckの取材に
「あいつらは狙っていた。70番の奴は罰金を課されるべきだ。これは書いておいてくれ。ハードフットボールは大好きだがプレイ後にヒットをしてくる連中は別だ。もし選手の安全が云々いうんだったらリーグはライン戦で起っていたことを見直して欲しい。やつらは俺達を明らかにターゲットにしていた」とWolfe。Wolfeは試合後半に一時首を痛めサイドラインに下がっていた。なお70番とはTrai Turnerとのことで、試合前半にトーンティングの反則で1度反則をとられており、その後Chris Harrisのインターセプト後に、Harrisにヒットを食らわしている。Wolfeはリーグの新しい、2度のパーソナルファウルで退場なら、レフリーが真面目に仕事をしていればCarolinaは3~4人の選手が退場となっていたと話している。

Denver公式サイトにも記事を書いているAndrew Masonが最悪の判定とおかんむりなのは試合終盤、Carolina 最後の攻撃の4thダウン21の場面。パス失敗でBroncos勝利と喜んだところ、Chris Harrisがイリーガルハンドの反則でファーストダウンを与えてしまった。しかし実際はHarrisもフェイスマスクをされていたという。
Kubiakヘッドは
「あれは両方の反則になるべきだった。リーグにもあのプレイの見直しを求めている。4thダウン21を5yの反則でファースダウンというのも厳しいよ。どういう応えが帰ってくるかわからないけどね」と話している。
こんな感じ 


スポンサード・リンク

  1. 2016/09/10(土) 21:43:59|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (487)