broncomaniacのブログ版

2015.10.11 @Oakland戦速報は月曜朝9時頃

Broncos ILBのBrandon Marshall。Jacksonvilleを3回も解雇された単なるJAG(Just Another Guy)扱いの選手だった。なにせポジションコーチからは"NFLのレベルではない”とまで言われてしまったのだ。最後に2013年にJaxを解雇された後に3つの選択肢からBroncosを選んだ。他の二つは引退とOaklandからのオファーだった。
「DenverはLBの層が厚いことはわかっていた。Von(Miller)もDanny(Trevathan)もいたし、Raidersのほうがプレイするチャンスはあった」とMarshall。Broncosを選んだのはJaxのチームメイトでBroncosに加入していたTerrance Knightonからの電話が理由だったという。
「彼が言ったんだ。ハードワークで素晴らしいチームでプレイすることが出来る。何が起こるかわからないだろう?って」とMarshall。
Broncosのプラクティススクワッドで過ごしていた2013年の12月、Von Millerが靱帯断裂。ロースターに昇格した。12月の24日のことだった。
「人生で最も素晴らしいクリスマスプレゼントになったよ」とMarshall。Marshallはそのシーズン、プレイオフを勝ち抜きスーパーボウルでプレイした。2014年はTrevathanが膝を痛め、代わりに先発となったMashallは9試合に先発。110タックルはチームのリーディングタックラーとなった。今年は3ー4守備のILBの先発。ProFootballFocusのグレードでILBではリーグ最高の評価点をつけられている。3ー4守備のILBとしては小型の6ー1、238パウンド。相棒のILBのTrevathanと小型コンビはそれぞれ33タックル、22タックルでチーム1位、2位のタックル数となっている。Broncosの歴代3ー4ILBといえばRandy GradisharとBill Romanowskiが思い浮かぶ。Romanowskiは
「彼はスピードがありクイックネスもある。ランもパスも守備出来る。彼は特別な選手だよ。あとは彼自身がどれだけ偉大になりたいかだよ」と高く評価している。

開幕から4試合、出場停止処分のDerek Wolfeの代わりに先発していたAntonio Smith。Kubiakヘッドがヘッドをしていた時のHoustonでプレイしていたが、昨年はOaklandでプレイ。昨年のOakland時代を振り返り
「覚えているのは、本当にBroncosと試合をするということはOakland Raidersにとって大イベントであるということだったよ。僕はOaklandとBroncosのライバリーの歴史にはあまり関わっていなかったけど、もう部屋中がぴりぴりムードだったよ」とSmith。Oaklandのスーパースター候補Khalil Mackと一緒に昨年はプレイしたが
「彼は練習初日から凄かったよ。ただただ凄かった。TEなんて彼をブロックしようとしたら10yも15yも後ろに押し込まれていた。皆彼をパスラッシュ専門と考えているかもしれないけど、彼は暴れ牛のよな強さを持ってるよ」と話している。

スポンサード・リンク

テーマ:NFL - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/10/11(日) 21:19:05|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (543)