broncomaniacのブログ版

2016.9.30 MVP2人

QB SimianがW3のAFC攻撃部門週間MVP。OLB MillerがAFC守備部門月間MVP。

日曜のTampa戦怪我人リポート。水曜、木曜と二日練習を休んだのはTE Virgil Green、RT Donald Stephenson、OLB DeMarcus Ware。S Shiloh Keoは膝で水曜休み、木曜はlimited。両日limitedはSの2人手のJustin Simmonsと首のTJ Ward。

Tampa球団が今週のDenver戦用のプレス用リリースにTampa(1ー3)と記載してしまった。今季開幕でまだ3試合。Tampa球団自ら今週の試合の敗戦を予想しているとSNSを通じ拡散されている。Denverメディアも喜んでTwitterなどでわーいわーいとこのことをつぶやいている。

元BroncosのスーパーボウルメンバーのG Mark Schreleth。昨年の先発RT Michael Schofieldへの批判は凄かった。
「彼はNFLレベルでない。控えレベルにもない。自信というのは重要なんだ。自信が無ければ惨めなもんだ。いちど自分の自信が揺らげばプレイすることは出来ない。彼がフィールドで攻撃ラインとして、自信をもって彼自身の仕事が出来るという自信がもてることはまず不可能だ。僕は彼の悪口を言っているのでは無い。僕が彼が一生懸命練習しているのを知っているからね。ただ彼には無理なんだ。NFLのレベルにはいない選手は多い。現時点の彼は、試合でプレイ出来るレベルに無い」
Michael Schofieldは昨年を振り返らないよう努力している。12月のOakland戦ではKhalil Mackに集中砲火を浴び4つものサックの責任者となった。昨年多く浴びた批判の中でもこの試合の批判が最高潮だった。15ー12でOaklandに敗戦。Schofield1人で4つものサックの責任ブロッカー。当時控えの攻撃ラインのTyler Polumbusは試合後Schofieldを抱きしめて”お前のことだ大好きだぞ”と声をかけた。Broncosのコーチ、選手は常にSchofieldを信じ、バックアップしてきた。昨年の先発RTは今年Gへコンバート。Ty Sambrailoの怪我もありRGの先発の座を開幕から維持。Polumbusは
「メディアの声から逃げるのは難しい。新聞もよまずとも、今はネットメディアが全盛。外のノイズを完全にシャットアウトをするのは難しい。彼も人間だ。彼はとても傷ついた。回りが何を言っているのか、本当に彼を傷つけた。でもどれだけ彼が精神的にタフなのかは言い尽くせないほどだ。これだけの批判に耐え、今季は強くなって戻ってきた」と話している。Schofieldはタックルとガードと多くの位置を守れる多様性と怪我がなく常に毎日練習フィールドでワークをこなし、Sambarilo、Weems、新人のMcGovernらとの競争に勝ってきた。
「昨シーズンは考えすぎてしまった。プレイで、自分の担当は、自分のアサイメントはなにか、プレイすることよりも考えすぎてしまったんだ」とSchofield。昨年は自分より小さいスピードのある守備エンドにぼこぼこにされたSchofield。しかし今季は選手の怪我でTにもまわるが主にGで自分より巨大なDTを相手に大健闘している。元々Gのほうが向いているとは言われていたSchofieldだがその順応ぶりは早かった。体重もGがメインになることで増加してキャンプに臨んだ。今季3試合、Schofieldは許したサックゼロ、反則もゼロ、右サイドのランのキーブロッカーになっている。一度自信がついたSchofieldは試合中にローテーションでTへ回ってもトラブルにはならない。Polumbusは
「NFLの大抵の先発ラインは試合中にポジション変更、特にその練習週に練習していなかった位置に移動されると小さいパニックになるんもんなんだけどね」と話している。Schofieldはファンが一度もったイメージを変えることは難しいとわかっている。
「出来ればいいと思ってるよ。そのために僕は努力している」とSchofield。

スポンサード・リンク

  1. 2016/09/30(金) 23:37:57|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (547)