broncomaniacのブログ版

2016.10.05 Talibの脚を撃ったのはTalib

6月5日にDallasで起きたAqib Talibの銃撃騒動。情報筋によるとDallas警察は捜査完了、被疑者はおらず、Talib自身で自分の脚を撃ったと結論づけた。DallasのWEAA局が伝えたもの。Talibにもなんら刑事的な罰は適用されないという。
8月にリーグはTalibのこの件に関して処罰はないとメディアが伝えたが、NFLの広報のBrian McCarthyは現地火曜日、Talibの処遇に関してはまだ結論は出ていない、と話した。
Talibは事件当時、”酔っ払いすぎて何も覚えていない”と話していた。なおTalibの事件当時、他に2人の人物がナイトクラブで銃撃を受けているが、これはTalibとは別の事件で2人は他の誰かによる銃撃となっている。当時の目撃者はTalibが怪我をしたのはナイトクラブではないと証言している。

次の対戦相手のAtlanta。Broncosに関わりがある人物は、攻撃CがKyle Shanahan。守備CがRichard Smith。SmithはBroncosに1993ー96にスペシャルチームコーチ、2011ー2014にLBコーチ。また06ー08年にもKubiakヘッドのHoustonで守備C。RBコーチにBobby Turner。Turnerは95ー09にBroncosのRBコーチ。選手ではTE Jacob Tamme、Ben Garland。

今季リーグ4位のランオフェンスを持つAtlanta。Tevin Colemanは4試合で40キャリー129y。1試合平均10キャリー。エースRBはDevonta Freeman。ここまで55回で323y。Colemanは鎌状赤血球貧血症で高地でのプレイに健康的な不安があるため、Denverでどれだけプレイするか不明。以前にはPittsburghのS Ryan ClarkがDenverでの試合に出場したが、同じ病気により一時危険な状態に。その後2試合欠場し、それ以降Denverでの試合は欠場した。CincyのDT Gino Atkins同じ病気を持っているがDenverでの試合は問題なくプレイしている。Colemanは今のところDenverのプレイがどれだけ自分の体に及ぼすか不明。チームのドクター、コーチ達と注意深く体の状態をモニターしながら対処していくプランとColeman。AtlantaのロースターにはColemanとFreemanの2人しかRBがいない。

Tampa戦で先発QB Siemianの怪我で途中からQBに入ったPaxton Lynch。NFL公式戦初出場も素晴らしいパフォーマンスだった。Kubiakヘッドは
「彼は練習でいつも素晴らしいからね。彼は練習ではスカウトチームのQB。毎日それが彼を上達させている。それに彼のプレイぶりが守備の皆にも良い影響を与えている。彼はダウンフィールドにもばんばん投げ込むタイムだからね。Aaib TalibもChris Harrisもセカンダリーは彼に鍛えられることになる。今回のPaxtonの緊急出場ということだったがそのメンタリティも素晴らしかった」と話している。スカウトチームで毎日Broncosの守備先発組を相手に練習しているLynch。今季Siemianは短いパスが多かったが、Lynchは新人の途中出場にもかかわらず、長いパスが主体だった。チームがリードしているのもかかわらず試合の半分少しで24回ものパスを投げた。Kubiakヘッドは普段の練習で一番やりやすいLynchのプレイをコールし、その反応を見てみたかったという。

スポンサード・リンク

  1. 2016/10/05(水) 23:08:42|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2007 よてー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (486)